So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

バンディット "RACK-IT" [プラドコ]

7/10よりいよいよアメリカでI CAST SHOWがスタートします(日本との時差は-13H)。

PRADCO社が擁する各ブランドからも多数の新製品が発表となります。バンディット、ボーマー、コーデル、ブーヤ・・・色々と出てきます!

まずはバンディットが放つ新たなシャロークランク"RACK-IT"から紹介します。この記事が日本初公開になると思います。

180710-5.jpg

PRADCO傘下に入ってからの新製品となります。まだまだBANDITのやる気を感じさせますね。

全長は2.75"(6.85cm)でウェイトは5/8oz(17.06g)。
いつも思うんですがPRADCO社のスペックは小数点以下第2位まで出てるんですけど、特に自重は色によってもバラツキがあるので意味ないと思いますが(笑)。
サイズ的にはちょっと大きめのシャロークランクで、カバーコンタクトを意識したスクエアリップ。前後のフックは内向きシャンクの#4。潜行深度は4~5ft。

コレ、てっきりバンディット100のサイズアップモデルかな?と思ったのですがそうではないみたいです。ボディー形状は似ていますが、リップ形状はバンディット100と比較して角が鋭角な正真正銘のスクエアリップ。バンディット100は角が少し丸みを帯びていますからね。RACK-ITはリップ厚も薄く設計されているようです(現物は未確認)。

また、バンディット100は鉛製ウェイトのラトルサウンドを1つのウリにしていましたが、どうやらこのRACK-ITに関してもサウンドが1つのキーポイントとして開発されているようです。

カラーは全12色とバンディットとしては少な目。今後の拡充に期待したいところ。

02 Tennessee Shad
180710-1.jpg

03 Pearl Black Back
180710-2.jpg

20 Fire Tiger
180710-3.jpg

36 Chartreuse Blue Back
180710-4.jpg

38 Red Crawfish
180710-5.jpg

43 Pearl Splatter Back
180710-6.jpg

58 Mistake (反対面はレッドです)
180710-7.jpg

82 Chartreuse Black Back/Scale
180710-8.jpg

A87 Yellow Orange Craw
180710-9.jpg

D66 Chartreuse Fleck
180710-10.jpg

D73 Viral Perch
180710-11.jpg

D74 Bone Orange Belly
180710-12.jpg

発売時期等は未定。
太目のライン、硬めのロッドといったパワータックルでも扱いやすそうなクランクですね。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ピシーズ スプリットリングプライヤー SP125 [自社製品]

ルアーアングラーの必須アイテムであるスプリットリングプライヤー。ただ、スプリットリングといってもサイズは様々。エリアトラウト用のルアーに付いているリングは極小ですし、オフショア用のルアーに装着されているものは大きくて強いものが装着されています。ですから、幅広い釣りをする人ほど何種類ものスプリットリングプライヤーを必要とします。

バスアングラーであれば#2~3のスプリットリングに対して使い勝手の良いものが一番幅広く使えるでしょう。でも、出来れば大型リング用のものもあるといい。例えばスピナーベイトのブレードにスプリットリングを装着したりする時などはリング自体を大きく開けたいと感じることがある。こうした際にはむしろ大型リング対応のプライヤーが向いています。ブレードだけでなく、径の太いヒートンにリングを組みたい時も同様ですね。

そして何より、最近は大型ルアーを多用する人も多くなった。ビッグベイト、クローラーベイトなどです。こうしたルアーには当然フックやリングも大きなものが付いている。だからより大型のスプリットリングプライヤーがあると重宝するのです。

OFTさんで販売されていたピシーズブランドのプライヤーをスミスで継続販売することになったわけですが、その中にちょっと変わったカタチのスプリットリングプライヤーがありました。

180709-1.jpg

ピシーズのSP125。大型リング専用のスプリットリングプライヤーです。

180709-2.jpg

ほう、先端がちょっと変わったカタチをしているな。どれどれ・・・

180709-3.jpg

ん?ちっともリングを開けないんですけど。そうこうしているうちにリングを飛ばしちゃうし。もしかしてこのプライヤー、ダメツール?だとしたら人には勧められないな。

「オイオイ、そこのオッサン!使い方が違ってるよ」 え、そうなの?!

180709-4.jpg

おぉ!なるほど。こっち向きで使うのが正しいのね。このプライヤーを使うと2点でリングを開けることになるんですね。大きいリングは弾性も強いので、こりゃいい。

バスメインの自分にとっては使用頻度は高くない。でもやっぱりあると便利なプライヤーです。

・全長:12.5cm
・標準小売価格:¥2,000+税

gill-mossa.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

7/8 今日のご近所 [釣行記]

しばらく釣行していなかったのですが、ウチの近所のドブ川にもシーバスが遡上してきている時期です。また、とある筋からもドブシーバスが好調との話が伝わってきました。釣っているポイントは違いますが川筋としては同じ。そちらのポイントには魚がまずまず入ってきているようです。自分のポイントはどうかな?

先週は朝マヅメの時間帯が上げ潮だったので見送りましたが今週は上手い具合に朝マヅメと下げの流れがリンクしており明らかにチャンス。昨日は金曜日までの雨の影響が残っているかもと思い釣行しませんでしたが今朝は出撃。

180708-2.jpg

雨の影響はもうなくなっていましたが、油膜と浮きゴミの量は相変わらず。ドブ川なのでいつもこんな感じです。でもこんな中でもシーバスは釣れます。

護岸沿いをディプシードゥ1でトレースすると足元までシーバスがチェイスして反転していきました。いるいる!

180708-1.jpg

数歩下がって再キャスト。すると狙い通りにヒットしました。同じ魚でしょう。40cmちょっと。大きくはないですが今シーズンの初物という事で嬉しい。

この魚がヒットした場所は普段はあまりヒットがない場所です。こんな場所にまで魚が居るんだったら、本命場所にはもっといるかも?

そして本命場所の水門。ここでも40cmクラスがチェイスしてきましたがその後喰わせられず。さらにはスレ掛かりでコイを掛けてしまい、そのファイトでモロにポイントを荒らしてしまったこともあってその後はノーヒットでした。

暑さが苦手という理由もあるのですが、実は今、諸事情でなかなか釣りに行けません。ウチの近所で遊んでくれるシーバス達は本当にありがたい存在です。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2018-07-07 [災害ボランティア]

関東にいると別世界のようにも思えてしまいますが、ニュースの映像から飛び込んでくる各地の大雨被害が気掛かりでなりません。被害が局所的ではなくこれだけ広域に及んでいるという点にも驚きました。関東は今日も雨なんて降らなかったけれども、それは梅雨前線の位置がたまたま関東にはかからなかっただけ。関東だっていつ同じようなことになってもおかしくないと思います。

今回は特に亡くなっている人や行方不明者も出ていますので、水害の中でも特に酷いものに思えます。

151010-1.jpg

冠水した住宅は水が引いてからも大変です。畳は泥臭くなって駄目になります。濡れた畳はとても重く、廃棄するにも大変です。家財道具なども多くの物が使えなくなり廃棄するしかなくなる。町のゴミ処理能力がパンクして町中に幾つものゴミや瓦礫の山が出来ていきます。

151010-4.jpg
151010-6.jpg

そして住宅の床下には大量の泥が溜まっています。この泥出しを行わずにいると、いつまで経っても家の中から湿気が抜けず、カビ臭さや泥臭さが抜けません。虫も湧きやすくなる。でも床下の泥出しは簡単ではありません。まず床板を剥がす必要があります。そこから人が入って作業をしますが、体の自由が利かない狭い空間で、しかも真っ暗です。勿論泥も重いです。体力のある男性でもキツイ作業です。年配の方には無理だと思います。ましてや高気温下での作業は相当厳しい。

自分は2015年に鬼怒川が決壊した際、茨城県常総市の水害地域へ災害ボランティアとして何度も入っていましたので、その大変さというものは経験で知っているつもり。冠水した街は、水が引いてからも本当に大変なんです。

関東の人もこれを他人事と捉えず、せめて自宅近くの避難所の場所位は確認しておいた方がいいと思います。特に川の側にお住いの人。普段は水量のない川でも甘く見ない方がいいと思います。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

7/3 戸面原ダム ビバーチェで54cm! [釣果報告]

これまではアルミボートやフロートボートでの釣行がメインだった下町の爆釣王Tさん。でも今シーズンからはレンタルボートでの釣りにも力を入れていくようです。Tさん曰く、マイボートで釣りができる場所は減っており、むしろレンタルボートで釣りができる場所の方が多くなってきたとのこと。確かに関東でレンタルボートに乗るとなると、今では相当な選択肢がありますよね。

そしてTさんは器用なのでバウデッキやハイデッキなども自作してしまいます。特にハイデッキは今回の釣行前日に製作したというのですからスゴイ。普通に買ったら高いものですからかなり節約にもなっていますよね。

前回は戸面原ダムで39本という爆釣ぶりだったTさんですが、Tさん的には全く納得のいく釣行ではなかったそうで、今回はリベンジ?!釣行のようです。いや、39本って凄いですよ・・・

戸面原ダム 2018年7月3日(火)  5:40~17:00

天気:ドピーカン 気温:28~36℃ 水温:28~29℃ 風:3~5m 水位:55cm減水 水色:スティン 潮:中潮

 前回狙っていたサイズが釣れず、悔しい思いをした戸面原ダムに再度挑戦してきました。前回はハードベイトでよく釣れましたが、さすがに夏日のどピーカンの今回はワームでもかなり厳しく3時間以上ノーフィッシュが続きました・・・

180706-1.jpg

 そこで今時期最強の虫系ワーム『モッサ』を入れたら瞬殺です!オーバーハングでも岩盤でもカバーでも見えバスでも簡単に食ってきます。正直『モッサ』を使えば延々とバイトを得られそうでしたが、今日は風が強いためにラインが煽られてちょっと釣りになりませんでした(^_^;)

180706-2.jpg
180706-3.jpg
180706-4.jpg

 そこで0.3gのネイルシンカーを入れた『スパイニーアックス』のネコリグで表層近くをフワフワと泳がせると、これにもパクパク食ってきます!『スパイニーアックス』は毛が生えているので抵抗が大きくフォールスピードが遅いため、表層近くをモジモジ動かすのがとても簡単です。

180706-5.jpg
180706-6.jpg

 その後はパワーフィネスの釣りでポロポロと釣れますが、イマイチしっくりときません。ちなみにスモラバのトレーラーには『イモ40』が非常にいいですね!操作性が格段にアップします!

180706-7.jpg
180706-8.jpg

 お昼になると『バンドゥクロー』ビフテキリグ5gのカーブフォールやスイミングでのバイトが目立つようになりました。

180706-9.jpg

 そこで『ビバーチェ』9gウィローリーフシングルを水深のある岩盤やカバーにカーブロールで落とし、任意の水深まで沈めたら比較的早めに巻いてくると、夏のドピーカンの真昼間にバックリとはまりました!

180706-10.jpg
180706-11.jpg

 ほとんどのバイトはカーブロール中やストレートリトリーブにはいった瞬間に集中していました。『ビバーチェ』は小さいから釣れる!わけではなくて、コンパクトで重いためにフォールやカーブロール、ストレートリトリーブにおいてもスピード感があるためスティン位の水質でも見切られにくいんですよね!

180706-12.jpg
180706-13.jpg

 さらにはとても浮き上がりにくいので深い場所でもレンジキープ力がずば抜けており、ダムや川、スモールマウスバスには滅法強いオンリーワンのスピナーベイトなんです!そのためスピナーベイトとしてだけではなく、ジグスピナーやワーム的なイメージでも使っています。

180706-14.jpg

 せっかく調子がでてきましたが、軽い熱中症っぽい症状が出始めたので無理をせず2時間半以上木陰で休息に充てました(^_^;)

 残り1時間を切った4時にリスタート。最後は『ビバーチェ』でビッグバスに狙いを絞ります。すると夕方になりビバーチェが更にパワーアップ、アベレージサイズがガンガン食ってきます!

180706-15.jpg
180706-16.jpg

 そして最後絶対にここでデカバスがくる!と確信して入った岩盤に『ビバーチェ』を斜めにキャスト、着水後ラインを張らず緩めずのカーブロールで2m程落としていくと、ジグやワーム系のようなコン!という明確なバイト!迷わずフッキングを決めた瞬間、ビッグバスであることを確信しました。

 そしてデカバスならではのダッシュ力と見事なハイジャンプを何度も見せてくれた本当に素晴らしいファイターでしたが、無事ネットに収めることができたのは54cmのビッグバスでした!\(^o^)/

180706-17.jpg
180706-18.jpg
180706-19.jpg

 今回前半は全くノー感じで厳しい釣りが続きましたが、昼から『ビバーチェ』での釣りを掴み状況が一変しました。スピナーベイトはシチュエーションベイトゆえいつでも釣れるルアーではありませんが、やはりハマると爆発力を持っています。

 他のスピナーベイトでは代替えが効かない『ビバーチェ』、房総リザーバーにも相性抜群なので是非使ってみて下さい!今回のようなフォール主体の釣りでは1/3oz(9g)のウィローリーフシングルがオススメです!

本日 ラージ:50up×1本・40cm以下×27本 total 28本

ビバーチェでの54cm、お見事です!魚体も黒ずんでいて、さぞやパワフルなファイトを見せてくれたのではないかと。戸面原2回目でこのサイズを仕留めるなんてさすがです。
でも、28尾も釣れたのに40cmクラスが1尾も混ざらなかったというのもある意味このフィールドの特徴なのかもしれません。戸面原、30cmクラスはやたらと多い気がしますけど。

今回、Tさんも途中で熱中症っぽくなってしまい、身の危険を感じて木陰で休んだそうです。木陰でもいいし、戸面原だったらボートハウスまで戻って来て建物の中で休んでもいいと思います。これからの季節は無理をしない事も大事です。飲み物も充分に積みましょう。

gill-spiny2.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

レンタカートーナメントスタイル [タクティクス]

最近の若い人は車を持っていない人も多いです。確かに、将来的に収入面での不安が大きく、維持費の掛かる車は買わないというのも理解できなくはない。車自体の購入費はもとより、駐車場、車検、税金といった維持費も掛かりますからね。
都内の月極駐車場なんて2~4万は普通。この駐車場代を家賃に置き換えれば数ランク上の部屋に住むことが出来る。そもそも都市部での日常生活だったら電車の移動で事足りる。

でも、釣り人にとって車は欠かせない足です。夜中~早朝に出掛ける、大量の道具を積む、僻地にも行ける、時には車中泊だって。こうした点は、公共交通機関では難しい。

自分は大学進学と共に免許を取得して車に乗るようになりました。あちこちの釣り場に自由に行けるようになった喜びというのは今でもはっきり覚えています。
そしてバスアングラーたるもの、車の次はボートです。カートップ出来るアルミボートも手に入れ、気分はすっかり一流のバスプロか(笑)?!

この頃は楽しかったなぁ~。自由を手に入れた喜びで溢れていました。

自分はそういう世代ですから、釣り、特にバストーナメンターともなればマイカー、マイボートが必須と思ってきたわけです。

ところが最近はトーナメントの世界が変わってきました。今一番盛り上がっているのはレンタルボートでのトーナメント。正直、自分の世代から見れば、マイボートも所有していないトーナメンターなんてどうなのよ?という見方をしてもおかしくないと思う(そういう時代を経験してきた世代なので許して下さい)。

でも今の時代はレンタルボートアングラーの装備というのも凄い。3Dの魚探なんて当たり前のように付いている。そしてマイボートを持たないとなれば車に求める条件も厳しくなくていい。キャリアやヒッチなんて付けられなくてもいいのですから車種だって何でもいい。考えようによってはマイカーである必要性すらないのでは?

スミスのモニターの人に、関東圏のNBCチャプターで好成績を収めている人がいます。昨年も準優勝を2回、年間ランキングも2位でした。誰がどう見ても申し分ない成績です。他の方からの推薦で採用したのですが人格面も素晴らしいですし、成績面でも文句の付けようがありませんでした。当然、即採用でした。

で、実はこの方が車を持っていないという事をつい先日知ったんです(驚)。確かに都内の一等地にあるマンションにお住まいなので駐車場とかどうしているんだろうとは思っていました。聞くと、何と毎回レンタカーでトーナメントに出場しているそうです。それでこんなに素晴らしい成績を出してしまうわけ?!もうビックリしてしまいました。

で、このレンタカートーナメントスタイルというものに興味が沸きまして、色々と教えていただきました。

Q.どんな車を借りているんですか?

A.車種は燃費の良い軽自動車が中心で、ワゴンRやN-BOX、アルトワゴンなどです。
一人でエレキ&トーナメント装備であれば十分ですし、高速代も安いので軽を選んでます。
カラーはたまにピンクやイエローの車になる時もあり、恥ずかしいと思うこともありますが、今は割り切ってます。
たまに空いていない時はADバンなども借りますが、ビジネスでも使われる仕様のため、広くてフラットで釣りには実は便利です。

Q.ズバリ、レンタカーを借りるのに幾ら掛かるんですか?

A.費用については、軽自動車が3日間借りて8,000円弱です!
金曜の夜から借りて、土日使用し、日曜返すプランです。
保険費用を加えると6,000円ほど上がりますが、僕は付けてません。
ADバンでも9,000円程なので、本当に安いと思います。
※このレンタカー屋さんは安いです。一般的な相場はもっと高いです。
それ以外には高速代やガス代などがかかるので、プラス6,000円位ですが、これはマイカーの方も同じかと思います。

なお、お住まい周辺の駐車場代はマンション敷地内で4万円台とのこと。
以前は、実家(埼玉)に車を取りに行き、都内でタックルを積み込んで出発。帰りは都内でタックルを降ろして、実家まで車を戻しに行き、そこからまた都内に帰る、という手順だったそうです。それを毎回繰り返していたらキツイですよね。
ですがふと、お住まいのマンション近くに格安のレンタカー屋があることに気付いたのだそうです。

都市部にお住まいでマイカーをお持ちでないという方でも、レンタカーを利用すれば釣りにも行けるし、トーナメントで成績を出すことも出来る(腕次第ですが)。

素晴らしい参考例ではないかと思いましたので紹介してみました。

gill-bf.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

7月上旬 モッサで狙う?!若狭湾ロックフィッシュ [釣果報告]

先日、スミス パフォーマンスベイトモニターである丸古さんが沖縄のルアーショップでモッサを発見したということを記しました。バス用に売っているということはありえないので、海で根魚系を釣っているのかな、と。見た目もフナムシに見えなくもないですし。

180625-2.jpg

それじゃあってんで、M野さんが若狭湾のロックフィッシュゲームにモッサを実戦投入!!本当にやるところが凄い(笑)。果たして結果は?

この度は福井県・若狭湾でのアコウ(キジハタ)&ガシラ(カサゴ)釣りで 根魚大将2.8インチモッサ2.2インチを使わせて頂きました。

午前6時過ぎに釣り開始。正確には夜明けとともにアジングをやっていたのですが、こちらはノーフィッシュ(苦笑)
若狭湾のアジはいったいどこに消えたのやら・・・。

しかし、そんな時でも期待に応えてくれるガシラと根魚大将2.8インチ。

アジはさっぱり釣れないので、ロックフィッシュゲームに切り替えることにします。
今回のフィールドは浅い砂利浜での釣りでしたので、5gシンカーのテキサスリグで挑みます。

根魚大将2.8インチはロックフィッシュゲームには欠かせない心強い存在で、これさえ使っていれば、どんどん釣ることが出来ますが、ちょっと気になっていたモッサ2.2インチも使ってみようと思いました。

今回、バス釣り用、しかもトップウォーター用のモッサをロックフィッシュゲームに使おうと思ったきっかけは、先日の池島さんのブログ記事で「ブラックバスのいない沖縄でモッサが販売されている」という内容が書かれていたため、気になってロックフィッシュゲームに使ってみたわけです。

180704-1.jpg
180704-2.jpg
180704-3.jpg

これが大正解。

キャストして、少しボトムに放置しているだけで、「ゴン!」と勢いよくバイトしてきます!

180704-4.jpg
180704-5.jpg
180704-6.jpg

少し放置してバイトがなければ、ずる引き気味(根がかりしそうな場面では、メリハリあるアクション)で少し動かしてから、止めると「ゴン!」という感じに次々釣れます!

180704-7.jpg
180704-8.jpg
180704-9.jpg
180704-10.jpg
180704-11.jpg
180704-12.jpg

元々トップウォーター用で浮力の強いワームだからか、シンカーの力である程度沈んでから、ユラユラとワームが落ちていき、さらに、着底してからボディ全体が波などの水流によって、いかにも小動物がチョコマカしている動きで、釣れない理由が見当たりません!

180704-13.jpg
180704-14.jpg

フナムシが多いところでは大活躍する予感がします。

その後、根魚大将2.8インチにチェンジしましたが、これも安定の釣れっぷり!

180704-15.jpg
180704-16.jpg
180704-17.jpg
180704-18.jpg
180704-19.jpg
180704-20.jpg
180704-21.jpg
180704-22.jpg

まさに信頼と実績の証!(笑)

今回の釣行で感じたのは、基本は根魚大将を使っていれば、安定して釣れる。

しかし、モッサなどのロックフィッシュ用ではないワームを変則的に投入することで、魚のスレ防止になるのではないかと感じました。

このたびは根魚大将2.8インチとモッサ2.2インチのおかげで楽しい釣りが出来ました。
ありがとうございます!

ガシラのみならずアコウまで!モッサって海でも凄かったのね・・・

gill-tentacrawler.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

6/16,17 若狭湾デイシーバスゲーム [釣果報告]

若狭湾でシーバスのデイゲームを楽しんでおられるおもちさんから釣果報告をいただきました。いつもありがとうございます。

まずはベイブル70S (53.Lイワシ)でキャッチした69cm!ちなみに釣ったのはおもちさん本人ではなくお父様。

 ご無沙汰しております。何かとバタバタとしており遅くなってしまいましたが、スミスルアーでの釣果がありましたので報告させていただきます。

 釣行日は六月十六日。この日はかなりうねりが強く、なかなか攻めるのが難しい状況でした。

180703-1.jpg
180703-2.jpg

 そんな中、おもち父が見事、この時期にしては珍しいグッドサイズをキャッチしました。ヒットルアーはベイブル70Sで、ミノープラグでは波に押されてしまい、しっかりと引き切れないとの判断からこれを選択したのだそうです。

 じつは実釣開始すぐ、私が投げていたハルカ125Sにもアタックがあったのですが、残念ながらミスバイト。この時のイメージが強く、内心やり辛さを感じながらもついついミノーにこだわってしまいました。無念!

荒れている時はバイブレーションが効きましたかね。お父様のルアーセレクトさすがです。いい掛かり方をしていますね。

続いてはウェイビーS85 (04.イワシレッドベリー)で釣った43cm。こちらはちゃんとおもちさん本人が釣ったとのことです(笑)。

180703-3.jpg

 翌日、湾奥のポイントではウェイビーで一匹。満潮後、潮が流れ始めたタイミングでのヒットでした。これまで湾奥向きのプラグはあまり持っていなかったので、実はつい最近購入したばかりなのですが、不思議ととてもよく釣れるルアーですね。

 いつも通っているポイントですが、六月末ごろになると魚のサイズもさらに下がり、また回遊も少なくなってくるためデイシーバスはそろそろ終了といった感じです。
 とはいえ狙える魚はまだまだたくさん居ますので、楽しい釣りができましたらまた報告させて頂きたいと思います。

ウェイビーはスミスのソルトルアーの中でもかなり古い部類です。そもそもシーバス釣りが生まれた最初の頃はラパラCDなどが全盛だったわけで、シンキングミノーの9cmクラスというのは一番スタンダードだったんですよね。
最近はシンキングミノーを使う人は少なくなった印象を持ちますが、投げて巻くというシンプルなスタイルで一番無難に結果が出せるのはシンキングミノーではないかなと思います。

皆様からのスミスルアーでの釣果報告をお待ちしております。 釣果報告はこちらから。よろしくお願いいたします。

gill-mossa.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

6/30 メバピンピンで狙う東京湾沖提ライトゲーム [釣果報告]

すっかり沖提ライトゲームの虜になってしまったボートメバルチャンプのS野さん。先週末ももちろん出撃。でも、先週末ってかなり風ボーボーでしたよね。あの沖提はさぞや波飛沫を被っていたのではないかなぁ。

今週も某沖堤へカサゴ・メバル釣りに行ってきました。
渡船の都合で夕まずめまでしか釣りができなかったのですが、夕まずめの短時間はカサゴもメバルもヘチ近くに浮いてきて、ジグヘッドリグで狙い撃つことができました。

180702-1.jpg
↑メバル。ルアーはメバピンピン+1.5gジグヘッドです↑

180702-2.jpg
↑カサゴ。ルアーはメバピンピン+1.5gジグヘッドです↑

メバピンピンはただ巻き、フォール、トゥイッチいずれの使い方でもよく釣れる標準的なピンテールワームです。
形は「普通」に見えますが、色合いは「特別」です。コアショットカラーはとても綺麗で魅力的です。
形は素人目にはいたって「普通」ですが、設計が良いのでしょう。とてもよく釣れるワームだと思います。

ちなみに、昼間はボトム付近のカサゴ狙いを楽しみました。
ボトムの根周辺を狙うので、根掛かり回避優先で3.5〜5gシンカーを用いたライトテキサスリグをメインに釣りをしました。

メバピンピン、メバピョンピョンはメバルゲームのエキスパート、武田栄さんの要望を具現化させた製品です。製品開発は私が担当しました。

武田さんが第一に挙げた絶対条件というのが「ツートンカラーであること」でした。金型を工夫してワームの前後を色違いにする、軟質の塗装を施す、といったトライアルを行いましたがいずれも合格点に達することが出来ず、唯一残された道がコアショットでした。ただ、少なくともバス用のワームでコアショットなんてどう考えても昔のワームです。今時の技術じゃない。もちろんソルトの世界でも特別支持されているは思えない。そして需要自体もないのでこれが出来る工場は限られていました。ましてやメバル用のワームは小さいですしね。

で、ようやく出来上がったコアショットカラーのメバル用ワーム。正直、こんなことがセールスポイントになるんだろうかと思いました。全然流行りじゃないですもの。

でも、フィールドに持っていったら驚いた。いい意味でワームの輪郭がぼやけるのです。全体がビカビカに光るグローカラーというのは夜でもシルエットがはっきり出る。でも、グローカラーのコアショット、或いはグローボディーにノングローのコアショット。このシルエットのファジーさ加減とほんのりとした部分的な発光はこりゃ釣れるなと直感出来るものがありました。その後のこのワームでの釣果というのは御存知の通りです。

メバル用のワームというとグローやパールホワイト一辺倒の人もいるのですが、コアショットカラーも是非試してもらいたいところです。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

キャスティング南柏店バスフェスタ2018出展 [イベント]

7/1(日)キャスティング南柏店さんで開催されるバスフェスタにスミスも出展致します。このイベント、6/29よりスタートしているのですがスミスの出展は7/1(日)のみになります。

180630-1.jpg

当日はトップウォーターフリークでもあり、千葉茨城地区の担当営業員であるF君がスミスコーナーに常駐します(※私は出向いていません)。

展示品はF君の得意分野でもあるトップウォーター関係を中心にしつつも、ゲーリー製品の定番外カラーなども販売するようです。

お時間のある方は是非お立ち寄り下さい。出展メーカー各社、限定品やら特価品やら準備しているようなので財布の紐が緩みそうなイベントですね。

gill-spiny2.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー