So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

5/22 今日の北浦水系 [日記]

本日はTOP50川又プロの北浦戦プラクティスに同船させてもらい、写真撮影を行ってきました。

荒れない日で良かった(笑)。

180522-1.jpg

ちなみに昨日はノーフィッシュだったそうです。もっともこれは可能性を求めてあれこれと試しているためでもありますが、それを加味してもここのところの北浦水系のデスレイクっぷりはTOP50の選手でさえもかなり手を焼いている様子。

今日ももしかしたら魚の画は抑えられないかもしれないな・・・なんて思っていたのですが、そこはプロ、しっかりと複数のバスをキャッチしてくれました。

バックシートから「早く釣れよ」オーラを出されている中でのプラクティスはさぞややりにくかったことでしょう(笑)。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2018-01-17 [日記]

今週末のジャパンフィッシングショー2018出展の為、明日より横浜入りです。とりあえず明日は商品の搬入、展示物の陳列、カタログの準備などを行います。

期間中、埼玉から横浜まで通う気力もなく(苦笑)3泊を自腹で横浜宿泊です。ブースに立つ以上、その時点で疲れていたらイカンと思うので。

お時間のある方はジャパンフィッシングショーにご来場いただけましたら幸いです。お待ちしております。

ks-vspec.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2018-01-15 [日記]

早いもので今週末には横浜でジャパンフィッシングショー2018が開催されます。ショーに出展する釣具メーカーの関係者はどこも今頃大忙しのはずです。自分も木曜日から現地入り。

そして横浜の翌々週にはフィッシングショー大阪です。心斎橋の某店がなくなってしまってからというもの、大阪出張が楽しくない(苦笑)。いかんいかん、ルアーを買いに行くんじゃなくて仕事で行くんだった・・・

今年のフィッシングショーでは、皆さんにお知らせをしなければいけないことがあります。実は自分自身も予想だにしなかったことになっています。本当はフィッシングショーで大々的に発表しなければいけないことなのですけれど、いかんせん昨年末に急に決まったことでもあるのでフィッシングショーのレイアウトに組み込むのに間に合いませんでした。せいぜいブース内に告知ポスターを貼るくらいになってしまう。でも、大きなニュースです。

良いニュースなのかというと、スミスにとっては将来的に良い結果に繋がることなのかもしれない。でも今は正直、とても複雑な気分・・・

今はまだ口外することが出来ず申し訳ありません。フィッシングショーの際、ブース内に告知ポスターを貼っておきますのでご確認いただけましたら幸いです。

gill-bf.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017-12-31 [日記]

2017年も公私ともに慌ただしい年でした。まぁ、仕事をリタイアしたお爺さんというわけではなく一応はまだ働き盛り(だいぶ疲れやすくなりましたが)なのでそれはそれで悪い事ではないでしょう。ただ、もういい歳なのでちょっとはラクしたいというのが本音です(笑)。

年内はとうとう合格点を出せるものが出来なかった新作のクランクベイトも来年には何とかしないと(汗)。

そして個人的に取り組んでいる大きな案件に関しても2017年中に良い結果を出すことが出来ず、こちらも2018年に持ち越し。情勢としてはかなり厳しい、けれどもやれることはきっちりやる。結果はどうあれ、来年の早い時期に皆さんに公表することになると思います。

2017年は色々なものにケリをつけることが出来ないものが多かった。来年は少しでもカタチに出来るものを残していきたいところです。

それでは皆様、良いお年を!明日に吉羽園でお会いする方はよろしくお願いします。寝坊すると大変なことになるので、もう寝ます!

gill-spiny2.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

根魚大将3.4インチ入荷しました! [日記]

10月に入荷してきた根魚大将3.4インチ。自分が多忙で入荷の際に検品に出向くことが出来なかったのですが私の代わりに検品をしてくれた商品センターのスタッフが箱を開封して絶句。全数がありえないパッケージミス。

工場では複数の工員が作業にあたっていると思うのだけど、誰一人としてミスに気付かないというのもありえない。根魚大将、サイズ違いの方はもう何度も生産しているんだから。

「こんなの販売店に出荷できるか!!」と私が怒り狂って即時全数返品。速攻でパッケージ作業のやり直しをしろ!出来たらすぐに航空便でよこせ!!(実際はそこまでキツイ言い方はしていませんがこちらの怒りは伝わったはず)

171108-1.jpg

ということで本日根魚大将3.4インチ再入荷しました。心配なので今回は私が直接検品を行いましたが今度は大丈夫でした。いつも大丈夫じゃなきゃ困るんですけど。

というわけで製品の発売を待って下さっている皆様、大変お待たせいたしました。根魚大将3.4インチ、いよいよ発売です。ハタ系のシーズンはほぼ終わってしまいましたが、シーズンインした東北のロックフィッシュに絶好です。そしてバスにもどうぞ。Feco認定を受けていますのでトーナメンターの方でも使えます。フックサイズは#1をお勧めします。

ks-bandocraw.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

日々の削り [日記]

自分が釣りに行ける日に限って荒天だったり強風だったりするのは何故なんだ?と天候を恨めしく思う日が続きますが、出撃しない日は自宅での作業日に充てており、作業がはかどっているのも事実です。

ここ数ヶ月、自宅でひたすらバルサを削ってはルアーを作っています。今日のように強風でボートが出せないような休日もそうですし、お盆休みもひたすら作っていました。どういうわけだかふと木を削りたくなる時があって、そういう時にはいいものが出来る気がするので平日でも夜中の2時過ぎまで作業している日もあります。

作っているルアーはシャロークランク。1つは自分用のもの、もう1つは将来的にスミスから発売することを目指しているものです。

自分用のものを作るいきさつというのは、バグリーのキラーB、ハニーBがプラ化してしまったこと。これは本当にショックだった。中古で探すというのも手ではありますが、当たり個体且つ自分の好きなカラーに巡り合えるかなんて気が遠くなる話です。他社製でも良いものがあればそれを使えばいいのですが自分の知る範囲内では該当する物がない(自分が詳しくないという理由が大きい)。だったら自分自身で作ってしまった方が手っ取り早いのでは、という考えによるものです。

ですので、自分用のものとしてはキラーB1をアレンジしたものを作っています。個性もへったくれもないんですが、あくまで自分用なのでまぁいいかなと。

170923-1.jpg

問題はもう1つの、将来的に市販化の可能性を有している方です。量産化の際にはABS製とする考えです。既に自分の頭の中ではイメージは出来上がっています。ですが、20個以上の試作品を作ったにも関わらずまだ納得できる出来に達していない。

既に市場には多種多様のシャロークランクが溢れています。完成度の高いものも多い。人気の高いものもある。で、その人気製品を凌ぐようなものを作ろう、というのなら開発理由として理解できなくもありません。でも、それと同じようなものを作るというなら開発する意味なんて何もない。

どこかに個性が必要だと思う。ただ、奇をてらっただけの個性では意味がなく、それが機能面での特徴に繋がっていなくてはいけない。でも、あまりにも奇抜過ぎる個性を持たせると今度は売れなくなる。

自分自身でハードルを上げ過ぎている気がしないでもないのですけど、納得できるものが出来ないものかもう少しあがいてみようと思っています。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

栃木渓流写真撮影 [日記]

あんたは会社で何の仕事をしているの?とよく聞かれます。一応メインはルアーの開発ですが、まぁ「何でも屋」的な感じです。

そういうわけで、本日は撮影の仕事で栃木県の渓流に行ってきました。被写体は本山博之さん。

170914-1.jpg

自分自身渓流の釣りはやりませんが、過去にも渓流アングラーの撮影をしたことがありますのでおおよそのイメージはあります。動画などで著名なアングラーの釣りを目にすることもある。大体どういうものなのかはわかっているつもり。

本山さんの釣りは言わずと知れた渓流ベイトフィネス。バックハンドやショートピッチで次々とアキュラシーキャストを決めていく。今日行った川は倒木が多く、魚が倒木の際に潜んでいるケースが多かった。だからなおのこと、本山さんは倒木際に目掛けてベイトフィネスでのアプローチを続けていました。

これが何というか、実にバス釣りっぽいなぁと思いました。他の渓流アングラーの人達とは全然違う。

釣りですから、やっぱりある程度は魚が着いているポイントを意識して誰もがキャストをするとは思います。でも、普通の渓流ルアーだと投げて、ポイントを通過させて・・・駄目ならまた投げて。数投して出なかったら次のポイントへ、でしょう。それが普通の渓流ルアーのポイント攻略法だと思います。

本山さんは時に、ベイトフィネスタックルでルアーを直接ポイント際へ撃ち込んだりもする。条件のいい時には着水ヒットすることもあるのだそう(ベイトフィネスタックルだと、着水ヒットにも対応できる)。そしてその場で執拗に誘いを入れる。必要とあれば枝などにわざとラインを掛け、提灯釣り風の誘いをかける時もある。

渓流釣りなのですが、ふと、まるでバスを狙っているかのような錯覚に捉われました。自分、人の釣りを見ていると飽きちゃうんですが(苦笑)本山さんの渓流ベイトフィネスは見ていて飽きなかったです。

ボトムノックスイマーⅡの使い方もしっかりと教わってきました。惜しむらくは自分が渓流ルアーをやらない人間ということ(汗)。でも宝の持ち腐れという事はありません。少し先のことにはなりますが、スミスのホームページ上にボトムノックスイマーの特集記事がアップされる予定です。もしまだ使ったことがないという渓流ルアーアングラーの方が居たら、是非一度使ってもらいたいルアーです。

ks-bf34.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017-08-09 [日記]

雑誌取材の仕事でちょっとばかり遠征の予定。今はその準備で大忙しです(汗)。
そのため数日間ブログの更新はありません。悪しからずご了承ください。

ロングドライブなので無理せず行こうと思っています。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

6/17 今日の霞ヶ浦写真撮影 [日記]

本日は篠塚プロの写真撮影の為、霞ヶ浦に行ってきました。なお、仕事という事で自分は一切ロッドを振ることなくカメラマンに徹しました。陽射しは強かったですが北東の風が吹いており、釣りがしやすい状況とは思いませんでしたが暑くもなく寒くもないという自分的にはラクな気温だったのが幸いでした。

170617-2.jpg

篠塚プロといえば霞ヶ浦水系で強いという印象があります。マスターズ霞ヶ浦戦を控えたプラクティスという意味合いも少なからずありますので場所や釣り方に関しては伏せさせていただきますが、今日はなんとグッドサイズ3尾を含む計8尾のバスを釣り上げました。当たり前ですが自分だったら霞ヶ浦でこんなに釣れません。さすがの実力で本日のミッションも無事完了。頼れるねぇ、さすがです。

170617-3.jpg

魚の写真が全くないのは寂しいのでキャットフィッシュを掛けた時の写真を載せておきます(笑)。ちなみにキャットフィッシュは2尾でした。

170617-1.jpg

こちらの写真は途中で見付けたライギョのスポーニング行動。2尾います。特に何もない浅場でした。人や鳥などに邪魔されなければいいのですが。

先週は仕事が激務でした。今日も朝2:30起きだったのでフラフラです。ボートの上で何度か意識を失っていました。明日は休養に充てたいと思います。週明け、廃人になってしまわないように。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017-01-18 [日記]

自分は本日、ジャパンフィッシングショー準備のためパシフィコ横浜に出向いていました。

170118-1.jpg

自分は今回からフィッシングショーのブース責任者から外れているのですが、後任の担当者に色々と教えておかなくてはいけないことがあったり、ブース設営の立ち合いが必要だったりしたので社内でも一足早く現場入りをしていたというわけです。でも今日は帰宅しています。

明日はブースの設営、展示品の搬入・陳列です。カタログが現地にドッサリ届くので、その積み下ろしがオジサンにはなかなか辛い重労働だったりします。

本番までに準備万端整えて皆様のご来場をお待ちしています!!

gill-spiny2.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー