So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
スミスルアー ブログトップ
前の10件 | -

ライバルから仲間へ。 [スミスルアー]

自分がかつて開発を手掛けたメバル用のワーム「メバーム」。
初代のメバームは当時スミスと契約していたとあるエキスパートアングラーからの要望を具現化させたものでしたが、2世代目のメバーム(ピンテール、ミール、シャッド)は私がデザインしたものです。



ただ、自分はメバル釣りのエキスパートではありません。フィールドテスターの人達から色々な意見を集めるとともに、自分自身も各社のメバル用ワームをお店で買ってきては泳がせてみた。研究自体はかなりやりました。

但し、バス釣りの概念で言う「良いワーム」とメバル釣りのそれとでは開きがあるようにも思えました。

180606-1.jpg

当時、最も研究した製品の1つがOFTさんのスクリューテールグラブでした。私が知る限り、スクリューテールグラブはメバル専用ワームの草分けでしょう。実績もズバ抜けていたし、多数のコピー品もある。

でも自分はスクリューテールの何が良いのか理解できなかった。ピンテールなのに太いから自発的な動きも出にくい。よっぽど後発のアレとかソレとかの方がいいよな・・・と。ただスクリューテールはパイオニアゆえの知名度の高さがある。だから今でもある程度は売れているのだろうな、そう思っていました。

ところがいざ実戦投入してみるとその考えは根底から覆されることになる。スクリューテール、実に良く釣れる(汗)。

スクリューテールよりも動きのいいワームなんてたやすく開発できる。難しくはない。でも何故か釣果でスクリューテールに勝てないことがある。どうしてだ?!
理由がわかれば超えるための手段はある。でも理由が今一つはっきりしないからその手段さえもわからない。自分にとってスクリューテールは難敵とも言える存在だったのです。

それから長い年月が経ちました。全く思ってもみなかったことなのですが、スミスでスクリューテールグラブの販売を手掛けることになった。しかも自分が色々と担当することになった。何という奇遇だろうか。

そして知った。スクリューテールグラブはアメリカで作られているものでした。そして何とバスアングラーにはおなじみの、あの工場で作られているものだった(企業秘密ゆえ具体名を挙げられない事をお許し下さい)。知らなかった、そりゃあ釣れるわな・・・

180310-6.jpg

3ヶ月ほど前、久し振りにスクリューテールグラブを投げた。今でもやっぱり釣れてしまう。自分が開発したものではないから悔しい気持ちもあります

でもこれでいいかな。もうライバルではなくて、仲間になったから。

gill-bf.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

バス用スピナーの新スタンダードサイズ [スミスルアー]

トラウト用のスピナー、スミスにはARスピナーニアキスがあります。現在は取り扱いを止めてしまいましたが、ヤキマベイトのロースターテールも長期に渡って販売していました。

スピナーは軽いものから重いものまで色々あります。軽いものは渓流の源流域や管理釣り場用に、重いものは本流や湖用として、いずれも釣り人側から要望が寄せられたものを製品化したものです。が、実際の売れ行きを見ると圧倒的に3.5gないし4gが売れる。トラウト用としてはこのサイズがスタンダードと言えるのでしょう。

そして市場に出ている種類は少ないですがバス用のスピナーはどうか。スミスではこれまでARスピナーのバスモデル4gを発売してきました。これはトラウト用のARスピナー3.5gがベースモデルとなっています。確かにスピニングタックルで使うならこのサイズがドンピシャでしょうね。

でもバスの場合はベイトタックルの比率も高い。ベイトタックルで扱いやすいサイズのバス用スピナーが欲しいという声も少なくありませんでした。

で、今期から販売するARスピナーのバスモデルは自重が7gになりました。1/4ozのスピナーベイト感覚で扱えるバス用スピナー、いかがでしょう?

01.WWH
180423-1.jpg

02.CCH
180423-2.jpg

03.PPI
180423-3.jpg

04.BBK
180423-4.jpg

05.CRW
180423-5.jpg

06.GBK
180423-6.jpg

・標準小売価格:¥900+税
・5月発売予定

バス用として専用にラインナップさせていますが、個人的にはトラウト用ARスピナーの6gをあえてバスに使うのもお勧め。バスモデルのラバースカートのアピール力がありませんが、フッキング率はトラウト用の方がベターと感じられることと、自分はシルバーのブレードが好きだからです。フックはバス用の方がシッカリしていますけどね。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

リアルイモムシ?キャタピーソフト [スミスルアー]

自分が子供の頃は虫が大好きでした。カブトムシの幼虫を飼っていて蛹~成虫に羽化させましたし、庭に植えてあった山椒の木にはアゲハチョウの幼虫がついていた。これも毎日観察し、蛹~羽化するまで見届けた。

ところが何故か大人になると虫、特にイモムシ系は大の苦手になってしまいました。

そんな無理矢理な前フリはこの位にして、スミスのイモムシ?ことキャタピーの新しい仲間、キャタピーソフトを紹介します。発売はまだ少し先の話になってしまうのですがご了承下さい。

180414-0.jpg

近年続々とソフトマテリアルのナマズルアーが発売されていますが、ナマズルアー開発担当のYさんは随分と昔からこの開発を手掛けていました。それでも今の段階にまで及んでしまったのは、コスト面と耐久性で納得できないからだったように思います。

でもどうしてソフトマテリアル?今までナマズルアーといえばハードプラグ一辺倒だったのに。もしかして業界的な策略なのか(笑)?という疑念も生じますがそうではありません。

近年、プレッシャーが高くなったナマズに対してはソフトボディーの方が断然反応が良いのだそうです。ナマズは元々ルアーを喰い損ねるケースが多く何度も追尾してアタックしてくるそうなのですが、スレた魚は一度出て終了という事が多くなる。ところがそうした魚にしてもソフトボディーだとしつこく何度もアタックしてくるのだそうです。

とても興味深い話だと思いました。自分の持論ですが、魚は直接物に触れずとも水を介してそれが硬いか柔らかいかを判別できると考えています。昔、某プール釣り場でワームを使ってニジマスを釣っていた時、ワームに似せたもの(ビニールチューブをフックに巻いてコーティングした)では全然釣れませんでした。ワームならほぼ入れ喰いなのに硬い物だと全く喰わなかった。見た目はさほど変わらないのにです。それも、一度口にして吐き出すわけじゃない。最初から口にすることが無い。

ちょっと話が脱線しましたが、ナマズも含むあらゆる魚が同じだと思います。だからナマズも硬いか柔らかいかを水を介して判別して、異なる反応をするのでしょう。

でもここでもう1つ面白い話があります。折角ソフトボディーにしたのだったら、カップの素材も変えれば良かったのに、手抜きなんじゃないの(笑)?と思う人がいるかと思います。キャタピーソフトのカップは従来通りのアルミ製。実はこれにもちゃんと理由があるそうです。

実はソフトマテリアルで試作したカップ、プラ素材で試作したカップというのも試したそうなのですが、結果釣れないと。魚の目の前に落としたりすれば釣れなくもないのだそうですが、アルミカップのように魚が本気喰いしてくることがないのだそうです。

ボディーは柔らかい方が反応がいいのに、カップは金属がいいらしい。相反する気がしますが、Yさんが散々テストをしていましたから間違いないのでしょう。好みというのは魚も人もそれぞれですからね。ロリ顔で巨乳という相反する要素が好きな人もいますからね(自分は違います)。

なおYさんがテストで一番執心していたのは耐久性に関してです。フロッグならばまだしも、ソフトボディーにカップやフックハンガーをどうやって留めていると思いますか?もちろんボディーに直接ネジ込むなんてことは出来ません。外側からは見えませんが、キャタピーソフトにはABS製の骨格が埋め込まれています。ここにネジ留めしているというわけです。散々テストで釣って、魚を抜き上げたりしても問題ないというレベルを実現しているようです。

01.フルルミナス
180414-1.jpg

02.マットブラック
180414-2.jpg

03.マットグリーンアオムシ
180414-3.jpg

04.タレブラック
180414-4.jpg

05.タレピンク
180414-5.jpg

06.ルミナスアオムシ
180414-6.jpg

07.ブラックイモムシ
180414-7.jpg

08.チャートイモムシ
180414-8.jpg

09.ピンクイモムシ
180414-9.jpg

10.ブルーバックチャート
180414-10.jpg

11.チャートブラック
180414-11.jpg

・全長:74mm(キャタピーより少し長いです)
・自重:20g
・標準小売価格:¥1,700+税

・6月発売予定

それにしても、蝕感が柔らかくなったことでますますイモムシらしさが増してしまいました。特に上から3番目の緑色の奴・・・ちょっと背筋がゾゾッとしました(笑)

gill-tentacrawler.jpg
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

北浦のシラウオパターン炸裂、チャプター2連覇のルアーとは・・・ [スミスルアー]

霞ヶ浦水系で春先から姿を見掛けるシラウオ。当然これらはバスのベイトフィッシュとなりうる存在なのでシラウオパターンという言葉もある。

ただ、ワカサギパターンとシラウオパターンが決定的に違うことがあります。ワカサギパターンが成立する時というのはルアーに関してもワカサギを模したミノーが多用される。まぁ、普通に考えればそうですよね。バスがワカサギを捕食しているというのであればそれに似せたルアーというのが一番違和感なく喰わせられる。

では、シラウオパターンは?これに似せたルアーで爆釣したという話はほとんど聞かない。そもそもシラウオにサイズと色をマッチさせようとするならば透明で細いものが必要になります。しかし、濁りのある水域においてはクリアーカラーで小さいものというのはまるでバスにアピールしない。バスに見付けてもらえないんでしょうねぇ。

ところが北浦でのシラウオパターンを実践し、今期のNBC北浦チャプター/ショア部門で2戦連続優勝しているのが石川一光さんです。

180409-1.jpg

そして2戦連続で北浦戦のウィニングルアーに輝いたのがテンタクローラーの#54(ナチュラル)。

完全なクリアーではありません。ラミネートカラーで、上半分はクリアーにシルバーとパープルラメを少々。下半分は薄いパール。実をいうとこのカラーはクリアーウォーターでの使用を強く意識していて、透明な水に馴染みつつもバスに気付いてもらえる程度の弱い存在感を持たせたカラーです。

確かにこれならシラウオを捕食しているバスなら違和感なく喰ってしまいますね。

でも、自分だったらこのワームで北浦のシラウオパターンを攻略できる自信は無いです。こうした弱い存在感のワームが使えるのは魚の居着いているスポットをピンで狙えることが第一条件。石川さん、いつもしっかりプラクティス重ねているもんなぁ。

ですが、魚の多い流入河川あたりでならばそこまでシビアにピンスポットをドンピシャで攻めなくても、ある程度ならば結果は出せると思います。

開発に関わった自分としても想定外ではあったのですが、霞水系のシラウオパターンにはテンタクローラーのナチュラル!!だって、トーナメントで2連勝もされちゃったらさすがにそう言わざるを得ません。


(テンタクローラーアクション動画 by Tさん)

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ディプシードゥ2018 [スミスルアー]

1996年から発売されているディプシードゥ。国産のクランクベイトでここまで長期間販売されているものもあまりないと思います。

ディプシードゥは2013年にカラーを一新しました。このカラーラインナップに関しては私は一切関与していないのですが、ディプシードゥ愛好家のとあるトーナメンターの方の意見を基にカラー構成されたそうです。ほぼクリアーカラーやナチュラル系で構成されており、アピール系カラーが無くなってしまったのは個人的に痛かった・・・。自分、マッディーウォーター育ちなもので。

そんな折、昨年の秋に社長から私に指令が。2018年にディプシードゥの再生産をするからその際には違う色にしろ、過去の販売カラーから何色かピックアップせよ、というものでした。過去のカラーから選べと言われたのは、もう今から新色なんて作っている時間はないだろうという判断だったからだと思います。その1ヶ月後にはもうカタログ撮影が控えているというタイミングでしたから。

おぉ!超ありがたい!!ディプシードゥの新規カラー構成を私に任せてもらえるとは。それならば本気でやらせていただきますよ。というか、昔からディプシードゥのカラーに関しては色々と思うところがあったんですよね。ただ、ルアー自体は私が開発を担当したものではないからあまり強く意見をしたことはなかったのだけど。

なので、過去のカラーのリバイバルは2色に留め、新規カラーを6色ラインナップさせることにしました。

もうね、不要なアクセントとか無理矢理のアレンジとか、そういうのは止め!魚を釣るのにそういうのは要りませんから(キッパリ)。
そして自分は基本色を大事にしたい。今まで、ディプシードゥには基本色のラインナップが若干欠けている部分がありました。具体的に挙げてしまうとホットタイガーとかシンプルなクロキンすらも無かったのです。不要なアレンジが加えられているものが多かった。
今回は余計なアレンジなし!直球で行く。そう思って作り上げたディプシードゥの新カラーラインナップです。

06.BK(リバイバルカラー)
180308-1.jpg
通称、青筋君ですね。これは「クランキングの基本色」で構成するという今回のコンセプトには合致しないカラーではあるのですが、復刻要望を度々耳にしていたので復刻させることにしました。確かにこんなカラーってディプシードゥ以外には見当たりません。他のルアーにないのだから、ディプシードゥでまた作るしかないかなと。個人的に、水通しのいい場所で良く釣れるイメージのあるカラーです。

10.GY(リバイバルカラー)
180308-2.jpg
艶有りのチャートリュース系。これもまた復刻要望が高かったもの。ディプシードゥの初期ラインナップにおいて、チャートリュース系というのがこれだけだったんですよね。ですので当時は一番人気のカラーでした。自分もこのカラーでは随分釣りました。

59.MHT
180308-3.jpg
マットホットタイガー。ようやくディプシードゥにホットタイガーが出来ました。発売後22年目にしてようやくホットタイガーをラインナップするというクランクベイトってどうなのよ(汗)。

60.LHT
180308-4.jpg
レーザーホットタイガー。ホログラムの反射光を併せ持ったホットタイガーです。チャートリュース系だと強すぎるかな?何度も通したのでスレたかな?と思った時にはこちらを試してみる価値大です。

61.BBC
180308-5.jpg
マット仕上げのブルーバックチャート。ブルーバックチャート自体は過去にも存在したのですが、今回のものはアレンジなしの直球ブルーバックチャートです。チャートリュース系という点ではMHTと被りますが、ブルーバックチャートは背中の視認性の良さにも優れています。そうした面において、ショートキャストでリトリーブコースを意識しながら引いてくるような使い方にはこのカラーがコントロールしやすいと思います。

62.GMG
180308-6.jpg
ディプシードゥにはこれまでなかった、普通のクロキン。これが欲しいと思っていた人は結構いると思います。ゴーストメタルのクロキンです。

63.FXS
180308-7.jpg
フォクシーシャッド。セクシーシャッドじゃないの?はい、スミスはプラドコ寄りなので(笑)。フィールドを選ばないスタンダードカラーです。派手過ぎず地味過ぎず、その頃合いが丁度いいと感じます。

64.LWA
180308-8.jpg
ナチュラル系のカラーをラインナップに組み入れるにあたり、日本のフィールドで非常にポピュラーな存在であるワカサギカラーをラインナップさせることにしました。ディプシードゥには過去にもワカサギカラーはありました。今回新ワカサギカラーをラインナップさせるにあたって参考にしたのは、スミスの得意分野でもあるトラウト用ミノー。その中で特に支持の高いカラーをそのままパク・・・いや、フィードバックさせました(笑)。ホログラムをベースに、薄いパープルをあしらった「ザ・ワカサギ」カラーです。ハイランドレイクで迷ったらコレでしょう。

どうですか?目新しさなんてどこにもないでしょう(爆)。でも自分は本当にこれらのカラーが欲しかったんです。必要性を強く感じていた。そしてそれに同調してくれるディプシードゥ使いの人は少なくないと思う。

2018年、あらためてディプシードゥ、使ってみませんか?

・4月発売予定
・上記のリバイバルカラー及びニューカラーはディプシードゥ1及び2のみの生産となります。ディプシードゥ3にはありません。

gill-bf.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

シラスミノー48LLS、復活! [スミスルアー]

サイズとフォルムを極力ベイトフィッシュに近付けたプラグという点で、スミス製品で最も近いと考えられるのがシラスミノー48リップレス

171120-1.jpg

サイズは48mm、見た目は御覧の通りです。

本来の用途はメバルなどのソルトウォーターのライトゲーム用なのですが、長野や裏磐梯ではスモールマウス用としても人気があり、スモールマウス用の特注カラーをオーダーする販売店があったくらい。

で、このプラグにはタイプ別に3種類あります。フローティング、サスペンド、シンキングです。が、大阪以西ではフローティングとサスペンドの比率が高いようで(スミス大阪支店営業部談)シンキングは要らん!ということで数年前に廃盤になってしまっていました。元々メバルのプラッギングゲームは大阪以西での需要がほとんどだったので大阪支店がそう言うのならそれに従う感じだったわけです。

ところが近年は関東周辺でもメバルをプラグで狙う人が増えた。東京湾のボートゲームなんてほとんどの人がシンペンを投げている。そう、シンペン。シンキングペンシルなんです。東京湾は。

ボートは常に流されている。じっくり探るというより次々と新しいスポットを撃っていく。だからシンペンもカウントダウンなんてさせずに着水したらすぐに巻きにかかることが多い。だからシンキングと言えどほぼ水面直下を引いてくることになる。もちろんフローティングを投げてもいい。でもシンキングの方が重くて投げやすい。風にも強いしいざとなれば遠投も出来る。だからシンキングの方が支持される。

なので、関東方面のそうした事情を説明して復刻させることになりました。

10色中7色は過去の人気色からの選抜で、3色は過去にない新色になっています。

01.キビナゴ
171120-2.jpg

02.イカナゴ
171120-3.jpg

04.CSシラス
171120-4.jpg

17.クリアーグリッター
171120-5.jpg

18.コイワシ
171120-6.jpg

19.レーザーイワシ
171120-7.jpg

21.クリアーRG
171120-8.jpg

22.ゴーストグロー 過去にない新色です。
171120-9.jpg

23.HGG 過去にない新色です。
171120-10.jpg

24.チャートオレンジ 過去にない新色です。
171120-11.jpg

・全長:48mm
・自重:3.1g
・価格:¥1,350+税

・12月発売予定

良かった、自分の手持ちが残り3個しかなくて困ってました。これで思い切って投げられる。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ボトムノックスイマーエリア新色 [スミスルアー]

トラウトルアーの世界で人気の高いボトムノックスイマーⅡ。最近このルアーのバリエーションが増殖してしまって、自分でも訳が分からなくなってきました(苦笑)。自戒の意味も含めて整理しますと・・・

【ボトムノックスイマーⅡ】
160602-7.jpg
30mm 3.2g トレブルフック
これがオリジナルモデル。渓流用です。

【ボトムノックスイマーエリア】 160828-0.jpg
30mm 2.2g バーブレスシングルフック
主に止水での使用を考慮したエリア用モデル。オリジナルモデルよりやや軽めに出来ています。

【ボトムノックスイマーライト】
30mm 2.2g トレブルフック
本体設計自体はボトムノックスイマーエリアと同じでカラーとフックが違います。こちらは流れの緩い場所や渇水時で水深がない場所での使用に向いています。

【ボトムノックスイマーⅡSWカラー】
170807-1.jpg
30mm 3.2g トレブルフック
本体設計はオリジナルモデルと同一。ソルト向けカラーです。

ボディー形状が共通なので見分けがつきにくいですが、腹部のネーム印字を見てもらえれば分類はたやすいです。

そして10月にはボトムノックスイマーエリアに新色が4色追加となります。これは、元フィールドテスターだったISN君がこだわって作ったカラー。ちなみにISN君、現在ではスミスの社員。

11.ヒヤケクマノミ
170910-1.jpg

12.グリパンBP
170910-2.jpg

13.カズトラ
170910-3.jpg

14.ゴーストチャキン2
170910-4.jpg

どれも茶系ですが、ゴーストベース、ゴースト+ほんのりパール、ゴールドベースとそれぞれ特徴が違います。いかにもエリアトラウトをやり込んでいる人がガチで作った色という気がします。茶系やオリーブ系のちょっとした違いを重視する人が多いですからね。

ちなみにこれまでのボトムノックスイマーⅡ、ボトムノックスイマーエリア、ボトムノックスイマーライトはどれもすぐに完売してしまってメーカー在庫に残らず、自分も入手出来ませんでした。生産数が足りず、フィールドテスターの人にも行き渡らなかったくらいだったので自分が入手するわけにはいかなかったのです。ですが先日入荷したソルトウォーターカラーに関しては、イワシカラーを除いてメーカー在庫があります(2017.9.現在)。ようやく社員が自由に買っても良い状態になったので自分も3個購入。先日海で投げてみたのですが簡単に左右に大きく飛び跳ねる動きが何ともイイ感じで使っていて楽しい。メッキなどが居る時にはかなり面白いんじゃないかと思いました。また、ボトムでズル引きしてハゼを釣っている人もいるそうです。まだまだ可能性が広がりそうな、そんなルアーです。

gill-spiny2.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ボトムノックスイマーⅡソルトカラー [スミスルアー]

バス用に開発されたルアーがトラウトでも威力を発揮する、ソルト用に開発されたルアーがバスでも威力を発揮する、というのはたまにあることです。例えば、バス用に開発されたAR-ジグがチヌに効くということで人気を博し、専用品へと進化しました。そして現在ではバス用が廃盤になっているのに対してチヌ用は継続生産されているのですからわからないものです。

170807-1.jpg

そして今回、トラウト用に開発されたボトムノックスイマーⅡのソルトカラー仕様がラインナップされました。

渓流域のトラウトが狂ったように群れで追ってくるという ボトムノックスイマーⅡ。引けばバイブレーションして、トゥイッチすれば左右にダート。この泳ぎはトラウトの捕食スイッチをしっかり入れてしまう威力があるようです。ちなみに現在大人気のこのルアー、雑誌広告は一切打っていないということにお気付きの方はいらっしゃるでしょうか。つまりはこのルアー、開発者の本山さん自身の情報発信力はもちろんのこと「あれは凄い!」という口コミで拡がっていったのです。事実、初回発売時の反響はそれほどでもなく、メーカー在庫も残っている状況だったものが、実際に製品が出回ってからの追加注文が殺到。一度使った人が2個3個と買い求めたことの現れです。

そしてこのルアーを一部のソルトアングラーが注目し、ライトゲームに導入した。その中の一人には著名なアングラーでもある加来匠さんもいらっしゃいました。加来さんはボトムノックスイマーを港湾部のハタゲームに使用して結果を出していました。影響力のあるアングラーがその効果を立証したことでソルトアングラーの間からもボトムノックスイマーを買い求める人が続出しました。

でも、それなら・・・ということで今回遂にソルトカラー登場です。

51.レッドヘッド
170807-51.jpg

52.グローヘッドクリアRG
170807-52.jpg

53.イワシ
170807-53.jpg

54.ピンクイワシ
170807-54.jpg

55.パールシラス
170807-55.jpg

56.アカキンゼブラ
170807-56.jpg

57.スラッシュゼブラ
170807-57.jpg

58.ゴーストメタルRG
170807-58.jpg

59.グリーンゴールド
170807-59.jpg

60.ブルーピンク
170807-60.jpg

※個人的にはコン●ックのカラーを熱望。

・全長:30mm
・自重:3.2g
・価格:¥1,300+税

・9月中旬発売予定。

で、煽るわけではないのですけれど今回のソルトカラー、今後も定番品として継続していくかどうかというのは現時点では未定。というか、社内の提案者は今回限りの限定カラーにしたいようです。自分は個人的には定番品にしてもいいんじゃないかなと思っているのですがどちらかというと今回限りで終了となる線が濃厚です。気になる方はこの機会に是非。

gill-bf.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

下から見上げた際に透けるチャート [スミスルアー]

ルアーの新色を作る。これには2通りの流れがあります。メーカーの社内的な理由で、新色を加えようというのが1つ。そしてもう1つは、テスターさんから新色の要望が上がってきた場合。

前者は新色を加えるということが決まったのち、ではどんな色にしようか?と検討に掛かることになります。担当者が決める時もあれば、テスターさんに意見を求める場合もあります。後者は、最初から具体的な提示がなされることがほとんどです。

ルアーの開発者としてどちらがやりやすいかと言われれば、前者です。意外にも、最初から具体的な提示のある後者の方がやりにくい。特に提案者の人が、その提案内容に絶対的な自信を持っているほどやりにくい。ちょっとした色合いの差にもこだわりがあり、妥協が出来ないことも多いからです。そして何より、売れそうにない(苦笑)時もある。

170806-1.jpg

9月に発売予定の、ハルカ125の新色「JNクリアーチャート」。これは徳島県在住のスミステスター、長井淳さんの要望で生まれた色です。

このカラーは当初からターゲットがしっかりと定められていました。河川域に遡上したシーバス。そしてそのシーバスを灯り(常夜灯)周辺で狙う際に、これに敵うカラーはないのだとか。そしてそのキーとしては「下から見上げた際に透けるチャート」であるとのことでした。一般的にミノーのベリー部分はパールホワイトやオレンジ、シルバーなどを吹くものですが、そうしてしまうと駄目なのだそうです。ちなみに、サイドの反射要素はさほど重視しないでいいとの事。

とりあえず長井さんの要望をまとめ、カラーサンプル1号を工場に製作してもらいました。背中をクリアーチャート。サイドとベリーは何も塗らずわずかにラメを散りばめただけ。どうです?

「要素は合ってる。けど、売れそうにないね・・・」
はい、自分もそう思ってました。
(ちなみにそのサンプルは大型魚に持っていかれてしまったそう。本当は工場に返却しなければいけないブツだったのですけど)

「釣れる」と「売れる」は違う。自分はいつもその狭間で悩んでいます。今回のルアーはシーバス用。ではソルトルアーではどんなカラーが売れるのかというと「ホログラムの箔転写」であるか「イワシ柄」であることです。ただ、それだけでゲームが成立するかというと決してそんなことはない。長井さんの言うような「透ける」色も時には必要。

しかし長井さんの求める「下から見上げた際に透けるチャート」を実現させる際、ボディー全体にホログラムの箔転写は出来ない。ああでもない、こうでもない、と意見交換した末、箔の部分転写を用いることにしました。写真ではわかりづらいですが箔転写はベリー部分には掛かっていません。あくまでベリー部分はクリアー。下から見上げた際に透けるチャートという条件は満たしているけれど・・・どうです?

サンプルを長井さんに送り、確認してもらうとOKが出ました。ホッ。

パッと見はどうしてもサイドのホログラム箔の部分転写に目が行くと思います。背中のチャートリュースからしてアピール系のカラーと感じてしまう人もいるかもしれない。けれどもこのカラーのキーは「下から見上げた際に透けるチャート」であることです。箔の部分転写は正直、アクセント程度のものだと思ってもらって構いません。

四国の河川で要望されたカラーですが、もちろん都市型河川でも有効との事です。該当するシチュエーションで釣りをされる方には是非お試しいただきたいニューカラーです。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ストライクフロッグ [スミスルアー]

日本で最も古いバスフィールドというと芦ノ湖。その次が相模湖、津久井湖、富士五湖あたりでしょうか。そして当時異彩を放っていたのは千葉の雄蛇ヶ池でしょう。この池こそが、日本のリリーパッドゲームのルーツに違いありません。そして当時この池で最も使われていたルアーはハリソンのスーパーフロッグでしょうね。

130820-1.jpg

当時のフロッグと言えば、スーパーフロッグとガルシアフロッグが2強。まぁ、自分が持っていたのはコーモランのかへるくんでしたが・・・
また、ライギョ釣りのパイオニア的な人達がイチオシしていたのもハリソンスーパーフロッグでした。

しかしこのルアー、モデルチェンジされるたびに改悪されていってしまった。一番評価を受けているのは初代と2代目。3代目は使えるレベルだけれども悪くなった。4代目以降は使い物にならん・・・といった評価をする人が多い。もっとも、アメリカでの評価がどうだったのかはわからないですけど。

以降、これに代わるルアーというのはヒックリージョー位だったと思います。これもまぁ、当時の自分には高くて買えなかったですが。

そうこうしているうちに時代は中空フロッグが主流になったわけですが、カエル本来の伸縮するような脚の動きというのが出せるものがあまりない。昔の人(自分含む)って、ツルッとした中空フロッグだと動かしていて何となく物足りないんですよね。

というわけでスミスが作りました。昔ながらのフロッグを。昭和のオジサンバサーには涙モノです。発泡樹脂を使った非中空のフロッグです。脚の素材はPVC。

01.GR
170602-1.jpg

02.OL
170602-2.jpg

03.PI
170602-3.jpg

04.BR
170602-4.jpg

05.YL
170602-5.jpg

06.BK
170602-6.jpg

これ、昔にあったらどんなに良かったでしょうね。昭和のオジサンバサーの皆さんはノスタルジーに浸りつつ投げてみて下さい。

・ボディー長:50mm
・自重:約14.5g
・¥1,200+税

・7月発売予定

gill-bf.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - スミスルアー ブログトップ