So-net無料ブログ作成

ボンベの緩みに要注意 [その他]

日本製の自動膨張救命胴衣は海外製品と比較して膨張しやすいと考えています。それはやっぱり日本という国のお国柄ということも関係していて、何か水難事故が起こり、その要因として救命胴衣が挙げられるようなことがあればその都度安全基準が上がっていくからです。型式認定の認可基準もこれまで何度か改訂され、審査基準はどんどん上がっています。

そうなると方向性としては、膨張しやすい方向に向かっていく。

結果、湿度の高い車中に放置しただけで膨張したり(汗)。そして近年はゲリラ豪雨などと呼ばれる猛烈な雨に見舞われることも多く、どうしても自動膨張の救命胴衣は暴発しやすい。でも構造を考えると豪雨時の誤作動は致し方ないかも。

というのも、日本製自動膨張救命胴衣の多くは「水感知」の部品を使っているからなのです。一方で海外製は「水圧感知」だったりします。ちなみに日本メーカー製の膨張式救命胴衣とはいってもボンベ自体は海外メーカー製だったりするので、造りというよりは設計思想の違いが大きい気がします。

豪雨でも暴発しない救命胴衣はないものか、もちろん型式認定品(桜マーク入)で。という方には、ちょっとゴツイですがセーリング用のこんな製品もあります。水圧感知式なので雨では暴発しないそうです。バスボート用にはこれくらいでもいいと思うんですけどね。

さて本題。

日本メーカー製の自動膨張式救命胴衣は膨張しやすいと記しましたが、ここ最近、落水したのに作動しなかったという話を何件か耳にしました。それだけでなく、作動索を手で引っ張っても膨張しなかったという話もあります。

私の知人が横浜のフィッシングショーで救命胴衣の点検を依頼した時の事。何と装着していたボンベが緩んでいたことが発覚。そしてそのボンベを回してしっかりと 装着させたところ・・・その場でシューッと膨張したというのです。

つまりその救命胴衣、本来であればどこかで一度膨張しているはずのものだったのです。所有者は落水したことはないようなので、豪雨か何かの時かもしれません。いずれにせよカートリッジが水を感知していた。けれどもボンベがしっかりと装着されていなかったことにより作動をしなかった。

もしも所有者が点検に出さずそのまま使用をして落水をしていたとしたら、救命胴衣が正常に作動することはありませんでした。命に関わった可能性もあります。

上記の事例とは別ですが、アニキ(千藤顕さん)もこれが原因で危ない目に遭ったようですね。やはりボンベが緩んでいたため落水時に作動しなかったとの事です。無事で何よりでした。

190617-1.jpg

浮き袋を拡げて畳んで、というフルメンテは手馴れた人でないと少し難しいですが、ボンベの装着が緩んでいないかどうかというのは誰でも簡単に確認できます。是非一度、ボンベが緩んでいないかどうかの装着確認をお願いします。これは自動膨張式だけでなく、手動膨張式の救命胴衣も同様です。

そして年に一度、フィッシングショーの際には無料点検に出してみることをお勧めします。ボンベの緩みもそうですし、他には空気室にピンホールが空いているのが見付かったりと、この点検で不具合が見付かるケースも結構あるんです。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

狂輪波 一時モニター募集 [その他]

一時モニターの受付は終了いたしました。

5月に発売となりましたオーシャンパフォーマー新製品の狂輪波。今回はこの狂輪波の一時モニターを若干名募集いたします。

190616-1.jpg

ルアープレゼント企画ではありませんので任務をきちんと遂行できる方に限らせていただきます。審査基準が厳しいので採用率は低いですが、我こそは!という方のご応募をお待ちしております。

  • メールにて、該当商品での釣果報告を随時入れていただける方。釣果写真必須
  • 対象魚はロックフィッシュもしくはフラットフィッシュのみとします
  • シーズン中、1ヶ月あたりの平均釣行回数が月3回以上を最低条件とします
  • シーズン中、1回の釣行あたりの平均釣果をお知らせ下さい。即戦力を求めていますのでとにかく釣る人を優先します
  • メーカーの正式なモニター・テスターではありません。支給されたルアーを使い切り次第、任務完了となります。プレゼント企画ではありませんので責任を持って任務を遂行できる方に限ります
  • プロ・アマ問わず、他社ルアーメーカーのサポートを受けている方からの応募はご遠慮下さい
  • 報告内容が優秀と判断される方には、追加で商品を提供の上、継続を依頼するケースもあります

ご希望の方は応募フォームよりご応募下さい

  • 応募締め切りは2019年6月30日までとします
  • 採用者の方には追って返信致します。その際に送付先をお伺いします
  • 採用者には対象商品2パックを提供します。在庫状況により希望に沿えない場合もございます
  • 採用者にのみ連絡を致します。あいにく採用されなかった方にはメールの返信はありません。ご了承下さい

また、お店で購入された方からの釣果報告ももちろん大歓迎。釣果報告はこちらまでお寄せ下さい。報告内容が優秀と思われる方には逆にこちらから一時モニターをお願いするかもしれません。

どうぞよろしくお願いいたします。

gill-mossa.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アルミボート旅立ちの日 [その他]

以前にこのブログでも案内を掲載させていただきましたが、売りに出していたアルミボートの買い手が決まり、本日引き渡しとなりました。

190526-1.jpg

購入者の方は以前にアルミボートを所有されていたことがあって、トレーラーで牽引していたのだそうです。それは手放してしまったそうなのですが、やっぱり欲しいという事で今回のご購入に至りました。

確かにボートって置き場も必要ですし、転居などといった事情で手放さざるを得ないこともありますよね。そして場合によっては数年後にその状況が改善されることもあるでしょう。

自分の場合は、現在はバスボートを所有しているという事と、50kg弱のボートをカートップする体力が無くなったので手放すことにしました。アルミボートのメリットは他の人がなかなか入れないような場所に浮かべられることにあると考えているので、アルミボートをトレーラーで牽引することは考えませんでした。

が、実はボートキャリアだけはまだ手放さずにいます。何となくですが、いつかまたアルミボートをカートップするようになるような気がしているのです。

維持費の掛かるバスボートをいつまでも所有できるだけの経済力は自分には無いです。霞水系の釣果がますます下がっていくようであれば50歳を目処に手放そうと考えていたこともあった。

そうなったら自分はきっとまたアルミボートが欲しくなる。その時は1人でもカートップできそうな10ftパント辺りがいいなぁ。30kgくらいだったら、高齢化した自分でも何とかカートップ出来るかなと。船外機も付けず、エレキだけで手軽にやりたい。バスボートで釣るより釣れるでしょうしね(笑)

幸い、ここのところの霞水系での釣果はさほど大きく外してはいません。吉田幸二さんの呼び掛けで産卵期(5月)のトーナメントが自粛されるようになり、その効果が出てくるようであれば霞水系をバスボートで釣る楽しみは今よりもっと大きくなるかもしれない。だからバスボートでの釣りはもう少し続けてみるつもりでいます。

でも思います、トレーラーにしろカートップにしろ最強のアイテムは「同船者」です。2人いればトレーラーでのランチングも、カートップでも全然大丈夫なはずですから。同船者がおられる方は同船者を大切にしましょう。

gill-corot.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コロットSR 一時モニター募集 [その他]

※一時モニター応募は締め切りました。

ようやく発売の運びとなった新製品のコロットSR。今回はコロットSRの一時モニターを若干名募集いたします。

ルアープレゼント企画ではありませんので任務をきちんと遂行できる方に限らせていただきます。審査基準が厳しいので採用率は低いですが、我こそは!という方のご応募をお待ちしております。

190507-2.jpg

  • メールにて、該当商品での釣果報告を随時入れていただける方。釣果写真必須
  • 対象魚はラージマウスバスのみとします
  • シーズン中、1ヶ月あたりの平均釣行回数が月3回以上を最低条件とします。バス以外の釣りはノーカウント
  • シーズン中、1回の釣行あたりの平均釣果をお知らせ下さい。即戦力を求めていますのでとにかく釣る人を優先します
  • メーカーの正式なモニター・テスターではありません。支給されたルアーを使い切り次第、任務完了となります。プレゼント企画ではありませんので責任を持って任務を遂行できる方に限ります
  • プロ・アマ問わず、他社ルアーメーカーのサポートを受けている方からの応募はご遠慮下さい
  • 報告内容が優秀と判断される方には、追加で商品を提供の上、継続を依頼するケースもあります

ご希望の方は応募フォームよりご応募下さい

  • 応募締め切りは2019年6月10日までとします
  • 採用者の方には追って返信致します。その際に送付先をお伺いします
  • 採用者には対象商品2個を提供します。在庫状況により希望に沿えない場合もございます
  • 採用者にのみ連絡を致します。あいにく採用されなかった方にはメールの返信はありません。ご了承下さい

また、お店で購入された方からの釣果報告ももちろん大歓迎。釣果報告はこちらまでお寄せ下さい。報告内容が優秀と思われる方には逆にこちらから一時モニターをお願いするかもしれません。

どうぞよろしくお願いいたします。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アルミボート売却します [その他]

販売終了しました。

元々、自分はアルミボートのカートッパーでした。愛艇はシーニンフ12K。Vハル12ftで48kgというのはクラス最軽量。これを一人で車への上げ下ろしもやっていました。

でもバスボートに乗るようになってしまうと、すっかりカートップボートの準備と後片付けが億劫に(苦笑)。

ただこれだけは絶対に言える。プレッシャーの低いフィールドにカートップでアルミボートを持ち込むスタイルの方がバスは間違いなく良く釣れる。だって、霞水系でバスボートで釣りをしてノーフィッシュということもあり得るレベルだけれども、アルミボートで川を遡れば二桁釣れる可能性もある。

そんなこともあってアルミボートはずっと手放せずにいたのです。とにかくバスを良く釣りたいと思ったらカートップのアルミが一番だから。でもそう思いつつもう何年もアルミボートは出さずじまいでした。

そして先日久し振りにアルミボートを持ちあげようとした時の事。
あれ?!アルミボートってこんなに重かったっけ?!いや、アルミボートが重くなるわけがない。変わったのは自分の体力ですよね・・・

ということで、体力の低下に伴いアルミボートをカートップ出来なくなってしまいましたので手放すことにしました。まぁ、50歳も目前なのでもう無理をしない方がいいだろうなと。

190419-1.jpg

ボート:シーニンフ12K。デッキカーペットはグレー。船検は丁度切れたばかり。
船外機:マーキュリー9.9M
12l用ガソリンタンク付属
サドルシート、ポール付属
魚探:HONDEX5620 ジョニーレイ架台付属
エレキの付属はありませんが、バウデッキにゲーターフレックスマウント付属
ボートドーリー、モーターキャリア付属
ご希望があれば法定備品一式付属可(信号紅炎除く)
以上を¥30,000で販売したいと思います。

土曜日もしくは日曜日に埼玉県南東部まで取りに来れる方のみ。運搬・配送は不可。
名義変更を確実に行ってくれる方。

ご興味のある方は釣果報告投稿ページからご連絡下さい(入力必須項目は適当に埋めて下さい)。よろしくお願いいたします。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Yガードジグの復活を願う [その他]

カバーを攻めるためのラバージグといえば、通常はブラシガードが付いています。でも、昔はYガードが装着されていたジグもありました。ブロウリージグ、ブーツレガージグなどです。

今では淘汰されて見なくなってしまったYガードですが、自分はYガードのジグが好きでした。
なぜYガードの方が好きだったのか?と問われれば、ズバリYガードのジグの方が釣れるから。あくまで私見ですけど。

190225-1.jpg

ブラシガードは本数調整を施してスナッグレス性能を下げていくことが出来ます。本数調整は1本ずつプライヤーで抜いたり根元からカットすることで可能。そして長さを調整する事でもその使用感が変わる。ですのでベストなガード調整を施すためにはそれなりの経験を要します。
一方、Yガードは調整できない。基本的にはそのままの状態が一番使いやすいように出来ている。だから、誰でも使えるものなのです。

で、同等レベルのスナッグレス性を持たせたブラシガードとYガードがあったとしましょう。さて、どちらが良く釣れる?
それはおそらくYガードです。混み入ったカバーであればさほど差は出ないかもしれない。ただ、開けたカバー、オープンウォーターの度合いが高くなればなるほど、ブラシガードのジグはバイトが遠のく。

ブラシガードはバスにとって違和感でしかない。自分はそう思っています。だって、ブラシガードがたんまり付いたフットボールジグをオープンウォーターで投げてもバスはまず喰わないじゃないですか。でもブラシガードのないフットボールジグであれば、アッサリ喰う。
だからバスは基本的にブラシガードを嫌っているのです。オープンウォーターでじっくりとジグを見せるような釣りをするとブラシガードをほぼ嫌う。不自然なボリュームが嫌なんでしょうね。ただ、カバーの中だとそこまでの判断をする間もなく反射的に口にしてしまうだけの話。

一方Yガードはブラシガードほどのボリュームはありません。横から見れば薄くもあります。そのためかブラシガードほどにはバスが拒絶反応を示さない。比較的薄めのカバーでも、見せて、誘って喰わせることが出来る。ブラシガードとはここで差が付く。
また、ブラシガードと較べて水切りが良く操作性が上がるのも良い点です。

190225-2.jpg

でも、Yガードのジグは過去の遺物となってしまいました。入手するのは極めて難しい。仮に当時のYガードジグヘッドを入手できたとしても、当時のフックなんてとても使えたものじゃない(昔はそれでも使っていたのですが)。
日本製のレーザーシャープな針先のジグフックが装着されたYガードのラバージグ。個人的にはメチャクチャ欲しいアイテムです。まぁ、自分のような物好き位しか買わないでしょうけどねぇ。

gill-spiny2.jpg
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

スミスカタログ2019デジタル版 アップしました [その他]

例年よりも少しアップが遅くなってしまいましたがスミスカタログ2019のデジタル版をアップしました。

190116-3.jpg
(画像クリックでデジタルカタログのページへ飛びます)

よろしくお願いいたします。

また、やっぱりカタログは紙だよね!という方は有償配布も開始しております。

190107-1.jpg

同様に、プラドココンセプトブックも有償配布を開始しております。尚、プラドココンセプトブックにつきましてはデジタル化はありません。

プラドココンセプトブックに関しては売れ行きが思わしくないと今回限りの一発企画で終わってしまいますので、ご購入いただけましたら幸いです(汗)。

なお、スミスカタログ及びプラドココンセプトブックにつきましては、3月に開催される名古屋キープキャストにおいても販売予定となっています。イベント時の販売の方がお安くお買い求めいただけますので、来場予定の方はそちらで入手されることをお勧めいたします。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

紙媒体は消えるのか? [その他]

スミスでは今年も紙のカタログを制作しました。デジタルカタログもあるけれど、自分はやっぱり紙のカタログが好きです。

190116-3.jpg

私は自宅にも1986年以降のスミスカタログが取ってあります。学生の頃から毎年フィッシングショーに出向いて購入していた。今でもたまに古いカタログを読み返す時があります。

私と同じ感覚を持っている人は、やっぱりカタログは紙がいいとおっしゃってくれるだろうと思います。実際、今年のカタログを出すにあたってそのように言って下さる人も多かった。
が、現実的には発行部数は落ちてきている。印刷部数をそれに合わせようとするとかなり割高なものになってしまう。頭の痛いところです。

今年はグローブライドさんが紙のカタログを制作されませんでした。個人的には紙のダイワカタログが欲しかったのですが、ビジネス的に見た場合は決して間違っているとは言えません。

一方で雑誌はどうでしょう。釣りに限らず、雑誌が休刊になるという話はよく耳にします。雑誌もデジタルに移行してしまうのでしょうか。

確かに、欲しい情報をタダですぐに入手出来るというのは便利です。その点では完全にデジタルコンテンツの勝ち。でも、デジタルコンテンツは全然心に刺さって来ない。紙媒体の雑誌では、インパクトのある記事はずっと心に残っている。
それはやっぱりプロのカメラマンが撮る写真の素晴らしさであったり、その写真を活かす編集者のスキルであったり、果ては文字のフォント使いやサイズまで効果的に駆使して作り上げられた記事だからだろうと思うのです。

でもそれに対価を支払って、という人が減っているのだろうなぁ。そして発行部数が落ち込めば雑誌の単価も上がってしまう。そうなるとますます読者離れが進むという悪循環に陥ってしまう。

昨年はバスのRod and Reel、ソルトルアーのSALTY!、海釣り誌の磯投げ情報が無くなりました。そして今年は早くもソルトルアーの月刊誌が1誌、釣り新聞が2誌、休刊が決まった。中にはデジタルコンテンツに完全移行するところもあります。

ソルトルアーなんてバスよりも元気があるでしょうに?と思う人がいるかもしれません。でも今はもうそうした尺度で休刊が決まると思わない方がいいと思います。フライ(3誌)ネイティブトラウトルアー(3誌)ヘラブナ(4誌)はしっかり生き残っていますから。

この3月は少し寂しい気分になる釣り人が多いかもしれませんね。
釣り関係のライターさん、カメラマンさんなどは突然の休刊で仕事が無くなったりする人も出て来そうで、とても心配です。

gill-spiny2.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

心に刻む釣り。 [その他]

今年、スミスからはトラウトロッドの新製品が目白押しです。そのため、今年のカタログではトラウト色を強めに打ち出しました。

190116-3.jpg

それに伴いカタログ内のトラウトページにコラムも記されています。コラムを記したのは謎のフィッシングライターA氏。文筆業をしているわけではないらしい。
唯一私が知っているのは、A氏が若かりし頃のおニャン子内の一推しが会員番号16番だったため、以後秋元グループの応援をしなくなったという悲しい過去くらい(笑)。

A氏のコラムはP74「極上の時間」とP75「神秘の湖で釣る」の2本(間もなくデジタルカタログもアップされますので、アップされたらご一読下さい)。「極上の時間」は渓流アングラー目線のコラムで、「神秘の湖で釣る」は湖アングラー目線のコラム。

が、実はもう1本お蔵入りになってしまったコラムがあります。お蔵入りになった理由は、私がページ割を誤解していたから。コラムのページが3Pあると思っていたら2Pだった(汗)。

お蔵入りとなったコラムはそのまま消去してこの世から葬っても別に良かったのですが、たまたまネタ切れなのでこのブログ上にて掲載です。

『心に刻む釣り。』

釣りを終えて帰宅する。家族がいるならば決まってこう聞かれるはずだ。
「今日は釣れた?」
あいにく私はこの問いに対して、期待された返答をすることがほとんど出来ない釣り人である。何故なら、私が追い求めるのはたやすく仕留める事が出来ない魚だからだ。

釣りは良く釣れた方がいいに決まっている。にも関わらず自分は滅多に釣れない魚を追い求める釣り人になってしまった。

もう何度、肩を落として川を後にする日が続いただろう。それでもまた早朝から川面に立ちロッドを振る。案の定、その日も努力が報われる事はなかった。

仲間から情報が入る。釣果が出ていたのは自分が狙っていた場所よりも下流だった。それならばと下流に入る。すると皮肉なことに、その日の釣果は私が元々狙っていた場所で出ていた。自身の運の無さを嘆き、情報に振り回される浅はかさに嫌気が差し、軽率な判断を後悔した。釣れない釣りはネガティブなことばかりが頭の中を駆け巡る。

サクラマスという魚は言うまでもなく降海型の魚である。周年川にいる魚ではないため狙える時期は限られている。チャンスは短く貴重だ。だから時には吹雪の中でロッドを振り続けることもある。ほとんど修行のような釣りだが、その努力が報われるとは限らない。傍から見れば一番酔狂に思える釣りなのではないか。時々、どうして自分はサクラマスを狙っているんだろうと自問自答をしてしまうほどだ。

出会いは唐突にやって来る。諦め半分に投じたチェリーブラッドが不意に抑え込まれた。この瞬間を待ち侘びていたはずなのに、あまりにも魚を釣っていないとヒット自体に懐疑的になってしまうのだから苦笑いするしかない。おまけに、とても冷静なファイトなんて出来やしない。不意に千載一遇のチャンスに直面した時、冷静に対処できる人なんているんだろうか。

気付けば、チェリーネットには銀色の魚体が横たわっていた。日常生活では決して味わうことのない深い感動と共に。

自分の釣りは黒星続きだ。とても人に自慢できるものではないし、ついには家族から釣果を聞かれることすらなくなった。でも1つだけ胸を張って言えることがある。それは1尾1尾のサクラマスとの出会いを克明に記憶に刻んでいるという事だ。ヒットルアーを手にするだけで、サクラマスとの出会いが鮮明に蘇ってくる。

これからもきっと安易にサクラマスを手にする事なんて出来ないだろう。一度の魚信さえも得られぬまま、無念の思いで川を後にすることも多いだろう。でもそれでもいい。次の1尾がきっと、より深く心の中に刻まれるはずだから。

何故会員番号16番を推していたライターA氏が秋元氏を嫌いになったのか?その理由がわからない人はググるか、50歳前後のオジサンに聞いてみよう。

gill-spiny2.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

そこそこフックを探して [その他]

今の日本メーカーのルアーには最初から鋭いフックが付いているものが多いです。でも昔はそうじゃなかった。フックシャープナーは必需品でした。ルアー釣りの入門書にはフックの研ぎ方も書かれていた。

フックを研いでいると、いかにも釣りの準備をしているな、という気分になれます。まだ見ぬ獲物に思いを馳せて準備をしている気がして、気分も上がって来る。なんて書くと、また出たジジイの戯言が・・・と言われそうですけど。

130916-2.jpg

でも、自分で研いだフックはスミスの化研トレブルフックの鋭さには敵わなかった。やはり人力では化学の力に勝てないか(笑)。化研トレブルフックは5本入で¥300と手頃だったのでさほど出費を気にせずフック交換できました。

ですが化研トレブルフックは廃盤になってしまった。理由は単純です。売れなくなったからです。フックの専門メーカー各社からより優れたトレブルフックが続々と発売され、用無しになってしまった。かくいう私もオーナーのST-36BCは随分買い込みました。

でも、今のフックは高けぇ!トレブルフックは年々価格が上昇して今ではST-36BCでさえ8本入で¥650。他社では6本入で¥800というのもある。
私も超一軍のルアーには高価なフックを装着することがあります。でも、手持ちのルアー全てに高価なフックは付けられない。所有しているルアーの数、それなりに多いと思うので。

往年の海外製フックと同等レベルでは話になりませんけど、許せるレベルの鋭さで比較的安価なトレブルフックはないものかなと思っています。ここ数年で中国製のフックにも充分使えるレベルのものが出てきました。自分の場合はとにかく数が欲しいので、これは使えそう!と思えるものが見付かったらまとめ買いも検討したいと思っています。

gill-bf.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー