So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
自社製品 ブログトップ
前の10件 | -

ピシーズ スプリットリングプライヤー SP125 [自社製品]

ルアーアングラーの必須アイテムであるスプリットリングプライヤー。ただ、スプリットリングといってもサイズは様々。エリアトラウト用のルアーに付いているリングは極小ですし、オフショア用のルアーに装着されているものは大きくて強いものが装着されています。ですから、幅広い釣りをする人ほど何種類ものスプリットリングプライヤーを必要とします。

バスアングラーであれば#2~3のスプリットリングに対して使い勝手の良いものが一番幅広く使えるでしょう。でも、出来れば大型リング用のものもあるといい。例えばスピナーベイトのブレードにスプリットリングを装着したりする時などはリング自体を大きく開けたいと感じることがある。こうした際にはむしろ大型リング対応のプライヤーが向いています。ブレードだけでなく、径の太いヒートンにリングを組みたい時も同様ですね。

そして何より、最近は大型ルアーを多用する人も多くなった。ビッグベイト、クローラーベイトなどです。こうしたルアーには当然フックやリングも大きなものが付いている。だからより大型のスプリットリングプライヤーがあると重宝するのです。

OFTさんで販売されていたピシーズブランドのプライヤーをスミスで継続販売することになったわけですが、その中にちょっと変わったカタチのスプリットリングプライヤーがありました。

180709-1.jpg

ピシーズのSP125。大型リング専用のスプリットリングプライヤーです。

180709-2.jpg

ほう、先端がちょっと変わったカタチをしているな。どれどれ・・・

180709-3.jpg

ん?ちっともリングを開けないんですけど。そうこうしているうちにリングを飛ばしちゃうし。もしかしてこのプライヤー、ダメツール?だとしたら人には勧められないな。

「オイオイ、そこのオッサン!使い方が違ってるよ」 え、そうなの?!

180709-4.jpg

おぉ!なるほど。こっち向きで使うのが正しいのね。このプライヤーを使うと2点でリングを開けることになるんですね。大きいリングは弾性も強いので、こりゃいい。

バスメインの自分にとっては使用頻度は高くない。でもやっぱりあると便利なプライヤーです。

・全長:12.5cm
・標準小売価格:¥2,000+税

gill-mossa.jpg
nice!(3)  コメント(0) 

ピシーズ クラフトプライヤー CP2 [自社製品]

既報の通り、OFT様で販売されていたピシーズブランドのアイテムについては、全てではありませんがスミスにおいて販売を継続することになっています。

結構色々なアイテムがあって覚えるのが大変・・・。特にプライヤーはかなりの種類があります。スミスで元々販売しているプライヤーもありますから、スミスはフィッシングプライヤーの種類が膨大なメーカーになってしまいました(汗)。

でもこれまでスミスで販売していたものには見られないようなユニークな製品もあって、個人的に「おっ!」と思えるものがあります。そんな中から今回は、ピシーズ クラフトプライヤー CP2を紹介します。

180622-1.jpg

これはステンレス線や真鍮線、針金といったものを曲げるのにとても便利なプライヤーなのです。

180622-2.jpg

プライヤー先端の片方は円錐状、もう片方はその円錐状を受けるような形状になっています。これによってループ状のものが綺麗に曲げられる。しかも傷付けずに曲げられるという優れもの。具体的な用途としては、スピナーベイトやバズベイトの製作、ハンドメイドプラグの内部ワイヤーの曲げ加工に向いています。

スピナーベイトの曲げ冶具というのはアメリカのルアーパーツメーカーから専用のものが発売されていて、今まで自分はそれを使っていたのですが、既定の曲げ方しかできないという不満がありました。
クラフトプライヤーがあれば、自分の思い描く微妙な曲げ角も実現できる。もっと早くこのツールに出会いたかった。まぁ、OFTさんから発売されていたのを自分が気付かなかっただけなんですけど。

但し、あまり太い線材、硬すぎる線材には向かないとのことです。目安として、ステンレスワイヤーであれば1.2mm径まで。大型のバズベイトはギリギリかな?という気がしますが、一般的なスピナーベイトクラスであれば問題ないでしょう。

価格はそれなりのお値段かなという気がしますが、ハンドメイドルアーを手掛ける人には是非ともお勧めしたいアイテムです。

・全長:14.5cm
・標準小売価格:¥2,200+税

gill-tentacrawler.jpg
nice!(4)  コメント(0) 

蘇る波打ちアクション [自社製品]

自分が最初に買ったスピナーベイトはストライクキング社のものでした。もう40年近く昔の話です。当時ストライクキングの製品はダイワさんが輸入販売をされており、近隣の釣具店でも入手することが出来た。

スピナーベイトは見た目がエサとはかけ離れているので釣れそうにないルアーの代名詞のように言われることがありますが、自分はそうは思わなかった。実際に使ってみるとブレードは物凄い勢いでキラキラと回っているし、スカートはブルブルと細かく波打ちながら泳いでいた。何だか良くわからないけどスゲェ!(笑)

やがて自分はフレックとシュープリームのスピナーベイトを愛用するようになります。当時はそれらが流行っていたんですね。そして遂に自分も、フレックのフォーリングスターを使って神流湖で初のスピナーベイトフィッシュを手にすることになった。
ただ、フレックは確かにバランスの良いスピナーベイトでしたが何かが足りなかった。それはラバースカートの震えるような波打ちでした。フレックもシュープリームも、ラバースカートの幅が細かった。それによって動きが消えてしまっていました。

その後、ローランド・マーチン氏の来日で有名になったブルーフォックスのビッグバスというオキチョビスタイルの大型スピナーベイトが出回るようになりました。大型のウィローリーフブレードばかりが話題になりましたが、自分はビッグバススピナーベイトのラバースカートが気に入っていた。幅広のフラットラバー、震えるような波打ちアクション。やっぱりコレだ。
そしてコロラドブレードではスミスのアイアンスピンも良かったです。印旛水系では物凄く多くのバスを釣った。これにもやはり幅広のフラットラバーが使われていた。

ところがその後はスタンレーのバイブラシャフトが定番化するとともにメタルフレークのシリコンラバーが主流となった。確かにゴムのフラットラバーは長期放置すると腐食するのでメンテナンスが面倒でした。シリコンラバーはそうしたメンテナンスが一切不要で、カラーリングも自由度が高く一気に普及しました。でも、シリコンラバーには波打ちアクションは出せない。スピナーベイトは大事なものを失ってしまった。

180528-1.jpg

スミスではこのたび、純粋なラバー製(非シリコン)のフラットラバーを販売することになりました。このラバーはアメリカ製です。現在アメリカでもラバー製のフラットラバーを生産しているメーカーは限られており、しかも高価な価格で販売されています。1本で$3ほどもします。

スミスではこのフラットラバーを限定数で入手することが出来ました。一度限りの限定販売となります。完売したら終了です。

近年はシリコン製のフラットラバーもあります。でも何故あえてのゴム製なのか?メンテナンスも必要なのに。
まずはその動きの違い。ゴム製のフラットラバーは少し厚みがあります。適度な張りと弾力のバランスがよく、ビリビリとした波打ちアクションを生む。一方のシリコン製フラットラバーは薄くできている物が多く、水の抵抗を逃がしてしまいやすい。シリコンでも多少厚みのあるものがあればいいかもしれないですけど。

180528-3.jpg

そしてシリコン製では不可能だけれどゴム製だったら出来る事。ゴム製はユーザーが自由にカラーリングすることが出来る。油性マジックで簡単に着色が出来ます。ファイヤーティップもストライプ柄もお絵描き感覚で自由自在。シリコンはインクが染みませんから油性マジックでの着色は不可です。

180528-2.jpg

あの頃のスピナーベイトにはあった、波打ちアクション。それを懐かしむシニアバサーには是非とも入手して使ってみて欲しい。そして初めて買ったスピナーベイトがシリコンラバーだったというアングラーは、騙されたと思って一度このフラットラバーを試してみて欲しい。引いた瞬間、ビリビリと波打つその動きに感動しますよ。

【スミスフラットラバー】
・カラーはホワイト、ブラック、チャートリュースの3色
・3本入
・¥600+税
・発売中

gill-tentacrawler.jpg
nice!(3)  コメント(0) 

ウッドラバーネット [自社製品]

自分は渓流のトラウトフィッシングはやらないのですが、その道具観といった部分に惹かれるものが幾つかありました。まぁ、昔話なのでジジイの戯言だと思って聞き流して下さい。

アングラーズハウスのウェーダー、タラスブルバのフィッシングベスト、そしてブローディンに代表されるウッドフレームのランディングネット。これが格好良かった。

勿論、ウッドフレームのランディングネットは今でもネイティブトラウトの世界では一番人気です。一方で同じトラウトの世界でもエリアトラウトとなると金属フレームのラバーネットが全盛ですから、まるで嗜好が違う。ロッドにしても同様で、ネイティブトラウトの世界ではコルクグリップが不動の支持を得ていますが、エリアトラウトではEVAグリップのロッドもある。で、もし渓流にEVAグリップのロッドを持ち込むとなると、やっぱりそれは違うだろうなと。

ネイティブトラウトの人は流行には左右されず、長年愛用できるようなものを選ぶ傾向が強いと言えるでしょう。カーディナルのリールにしても然り、トラディショナルなものが好まれる。

が、最近ランディングネットは少し事情が変わりつつある。渓流のアングラーもラバーネットを使う人が増えてきたのです。魚に優しくありたいという気持ちからなのかもしれません。が、エリアで多用される金属フレームのラバーネットはやはり自然の渓流にはちょっとミスマッチな気がしないでもありません。

180525-1.jpg

そこで近年人気が出てきているのがウッドフレームのラバーネットです。確か本山さんもこの手のネットを使っていたような。
以前に販売されていたものは、既存のウッドフレームに既存のラバーネットを無理矢理組み合わせたようなもので、ゴワゴワしていて見た目にも美しいとは言えないようなものでしたが、ここにきて最初からウッドフレームのラバーネットとして設計された製品が出てきました。ちゃんとフレーム形状に沿って作られたネットになっています。

ブローディンに憧れた世代としては、ウッドフレームのラバーネットという組み合わせというのは実を言うと少しばかり違和感があった。ゴハンにマヨネーズは合わないだろ的な。でも見ているうちに段々と違和感が薄れてきました。ゴハンにマヨネーズもまぁそんなに悪くはないか?って。

少なくともラバーネットが魚に優しいのは間違いないです。これからはますますこの手のネットが浸透していくのかもしれませんね。

【ウッドラバーネット】
・¥4,800+税
・ネットの色はブラックのみ

発売開始しました。好評で、なかなかの人気商品になっています。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(3)  コメント(0) 

ピシーズ HDバイス [自社製品]

ラバージグを自分で巻くとなると、自分好みのジグに仕上げられますし、1個あたりのコストもだいぶ安く抑えることが出来ます。自分もジグヘッドの自作まではしませんでしたが、市販のフットボールヘッドやアーキーヘッドを塗装してそれに好みのスカートをタイイングしていました。

ラバーの分量や色合い、ボリューム等々、やはり自分で作ると使っていてもしっくり来るジグが作れます。

でも最近はラバージグを自分で巻くという人は少なくなったように思います。昔は割とポピュラーで、リビングラバーなどが飛ぶように売れる時代もありました。
そうは言っても一応は別売りのシリコンスカートタブなどが販売されていたりするので、一定層の人はジグの自作を続けられているのでしょう。スモラバなども自作をするとだいぶ単価が抑えられます。

さて、自分はフライも自分でタイイングをしていましたのでバイスも2台を所有しています。当然、ラバージグもフライバイスを使ってタイイングをしていたのですが、保持力不足は否めません。安いインド製のバイスなどはジョーの内側に針溝まで付いてしまい、フックの固定自体にも少し不安を感じるほどになってしまった。

でもそれは仕方がない。フライバイスはあくまでフライフックを保持するためのものですから。フットボールジグのジグフックといった大型のフックを固定するためには作られてはいないのです。#14のフライフックと#1/0のジグフックではサイズも軸の太さもまるで違いますからね。

180523-2.jpg

新たにスミスで継続販売することが決まったOFTさんのフィッシングアクセサリーブランド「ピシーズ」。この中にあるHDバイスという道具が面白い。このバイスは大型フックの専用バイスなのです。

180523-1.jpg

通常のフライバイスは小型のフックを挟むためにジョーの先端が尖っていますが、このバイスはジョーの形状が丸い。このため、大型のフックを包み込むように挟むことが出来ます。ジョー自体はおおよそ5mmまで開閉できますので、軸の太いフックも問題なし。

ラバージグのタイイング、そしてオフショアジギング用のアシストフックをタイイングされる人にもお勧めできる製品です。強いスレッドを使って、キツ目にタイイングするようなものにはうってつけ。

そして価格も比較的お手頃です(¥3,800+税)。あまり高価なものだとなかなか手が出せませんが、この価格ならば自分としても人に勧められる。

ラバージグやアシストフック等をある程度まとめて作るような人は是非どうぞ。

【ピシーズ HDバイス】
・¥3,800+税
・6月発売予定

【オマケのお知らせ】

6月3日に開催が予定されておりましたNBCチャプター茨城第3戦スミスカップは、順延となったJB霞ヶ浦第2戦との日程重複により、7月中旬に順延となります。まだNBCの公式サイトに告知が出ていませんが、聞かれることが多いのでここでお知らせとしました。

gill-bf.jpg
nice!(3)  コメント(0) 

メッキロッド新モデル ベイライナーMK [自社製品]

スミスでは2009年にメッキ・カマス専用ロッドとしてベイライナーCFというロッドを発売しました。当時のメッキゲームというのはバスロッドやトラウトロッドの流用がほとんどで専用ロッドというのは皆無でした。私が知る限り、メッキ専用ロッドというのはベイライナーCFが初だったと記憶しています。

ベイライナーCFの外観はフロントグリップを排して直接ブランクタッチ出来るデザイン、ベリー~ティップにかけてのマイクロガイド設定と当時としては先鋭的なもので、その発売に際しては社内でも否定的な声の方が実は圧倒的に多かったです。バスロッドならともかく、メッキ釣りをする人がこんなはっちゃけたデザインのロッドを求めているのか?というものでした。ちなみに自分もどちらかと言えば否定的な見解でした。

ただ、複数人のメッキアングラーがテストに携わってくれており性能面で優れているのはわかりました。問題は果たして市場がこれを受け入れるかどうかだろうと思っていました。しかしながらこの当時斬新だったロッド、好評価をいただくことが出来、ロングセラー商品となったのでした。

あれから年月が経ち、あれだけ先鋭的だったベイライナーCFでさえももはや古臭さを感じるものになっていました。特にガイドスペックです。PEラインの使用が当たり前になり、一時期はLDBガイドも多用されたことがありましたが、現在ではKガイドの使用は絶対条件と言っていいでしょう。しかも今年はSICリングがS型という薄いリングに進化しており、Kガイドの完成度が上がったタイミングでもあります。

170511-1.jpg

そして今年、ベイライナーCFの後継機種、ベイライナーMKが発売となりました。しかしこのベイライナーMK、初代のベイライナーCFが斬新さを売りにして登場してきたのに対し、あえて保守的なコンセプトと言えるかもしれません。人によっては前モデルとあまり変わらないという印象を持つ人が多いかもしれません。少なくともグリップデザインは大きな変更点がありません。ロッドの調子も大きく変わったという印象はしないでしょう。

では、前モデルと較べて何が変わったのかというと、ガイドの仕様が薄型SICリングのKガイドになったこと、2ピースモデルが新たに加わったことが挙げられます。

勿論ブランク設計自体も変わっています。が、例えば感度を上げるために高弾性カーボンを使ったりだとか、パワーを上げるために多軸カーボンを使うだとか、そうした市場ウケを重視した素材はあえて使っていない。メイン素材は24tの低弾性カーボン。目新しい素材ではないし、突出した性能を有している素材でもない。正直、セールスポイントにはしづらい素材です。でもあえてそれを採用したのには理由があって、ミノートゥイッチの間、タイミング、リズムの取りやすさを重視したから。

コンセプト的には保守的かもしれませんが完成度はさらに向上したと感じられます。何せ、長時間ひたすらミノーをトゥイッチする釣りなのですから扱いにくいロッドでは腕が疲れてしまいますよね。

今はまだシーズンではありませんが、メッキ用ロッドのベイライナーMK、新発売となりました。メッキアングラーの皆様には是非ともチェックしていただきたい製品です。

【BL-681L/MK】
・グリップ脱着式1ピースモデル
・LENGTH:6'8"
・WEIGHT:81g
・LURE:1~6g
・LINE:PE0.3~0.8
・POWER:Light
・PRICE:¥30,000+税

【BL-661ML/MK】
・グリップ脱着式1ピースモデル
・LENGTH:6'6"
・WEIGHT:86g
・LURE:2~10g
・LINE:PE0.3~1.0
・POWER:MediumLight
・PRICE:¥30,000+税

【BL-702ML/MK】
・2ピースモデル
・LENGTH:7'
・WEIGHT:89g
・LURE:3~12g
・LINE:PE0.3~1.0
・POWER:MediumLight
・PRICE:¥31,000+税

gill-bf.jpg
nice!(3)  コメント(0) 

サボリーマンに贈るベイトロッド [自社製品]

自転車通学をしていた高校生の頃、授業が終わるとそのまま学校帰りに印旛新川へ釣りに行くことが多かったです。一度自宅に帰ると時間が無くなる。だから当然、学校から直行。そうです、学校に釣道具を持って登校していたのです。

でも周囲からはバレていなかったと思います。スポーツバッグの中に忍ばせていたのは、シマノのコルフォーハンドルが付いたNFTのテレスコピック式パックロッドでした。グリップも抜けたので、全長40cm弱だったのではないかな?さすがにバレたら先生に没収されていたと思いますが、ここまでコンパクトだと全然バレなかった。

新川に着くのが16:00過ぎ。季節にもよりますが正味1~2時間の釣り。時間は貴重です。準備や後片付けに時間を掛けられない。でもテレスコピックのロッドだと準備も早い。あらかじめラインもガイドに通しておけば、ロッドをスルスル伸ばして、あとはスナップにルアーを付ければハイ完了!!

そりゃ、ロッドの性能面や使い勝手においてワンピースに大きく及ばないというのはわかっていました。それでもテレスコピックロッドのおかげで学校帰りに釣りをすることが出来た。ありがたかったです。

170316-1.jpg

このたび、スミスでもベイトのテレスコピックロッドを作りました。 マジカルトラウトULフラッシュというシリーズの中にラインナップされます。トラウトロッドなので、バスに使うには短いし柔らかいのですけど。

昔のテレスコピックロッドとは違い、ロッドのテーパーに沿って適正な位置にガイドが来るようになっています。昔に自分が使っていたロッドなんて、ガイドが等間隔に付いていましたよ(笑)。当時はロッドの曲りもへったくれもなかったのですが、今のロッドはテレスコピックといえどいい造りしてます。

自分はこの先学校に通う事はありませんので(当たり前だ)カバンに釣り道具を隠し持つ必要もないのかもしれませんが、ちょいと出張先で遊んでみようかと下心を抱いているサボリーマンの方や、家族旅行で家族の目を盗んで水辺に立とうと思っているオトーサンにとりあえずお勧めしたいロッドです。

【マジカルトラウトULフラッシュ MT-TEC50ULM】
・全長:5ft
・自重:70g
・仕舞寸法:38.5cm
・¥32,000+税

【マジカルトラウトULフラッシュ MT-TEC55ULM】
・全長:5.5ft
・自重:77g
・仕舞寸法:41cm
・¥33,000+税

・4月発売予定

ks-vspec.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

メバルプラッギングロッド、ダークシャドゥTZ [自社製品]

日本初のメバル専用ロッドはいつ頃発売されたのでしょうか。私が知る限り、2002年に発売されたスミスのベイライナーが初だったと記憶しています。

当時、メバル釣りはトラウトロッドで楽しむ人が圧倒的でした。ところがそのトラウトロッドの中に抜きん出て優れているものがあった。そして当時スミスのテスターを務めていたアングラーがこう言った。「アレを使う人には全然釣り勝てない!アレを超えるものを、メバル専用モデルを作って欲しい」

そうして開発されたメバル専用ロッドが、繊細なソリッドティップを持つスミスのベイライナーだったのです。機種は全部で4機種。ワーミングモデルが3機種、そしてプラッギングモデルのBL-P69UML/RFというモデルがありました。しかし時代の主流はワーム。プラッギングモデルはワーミングモデルのセールスには及びませんでした。

そして2005年発売の2代目ベイライナー「ベイライナーメタルRF」はソリッドティップの繊細さを継承しつつも、張りを強くしたマテリアルを採用し、より扱いやすく進化したものでした。ティップ部分はLDBガイドを採用し、細糸の糸絡みも減少させた。自分は今でもこのロッドを使っています。そしてこのシリーズにもプラグ用としてBLM-P70UML/RFというモデルが存在しました。当時もまだまだプラグ用は一部のマニア向けという印象でした。

けれども時代は変わり、プラグによるメバル釣りも広く浸透してくることになりました。改めて専用モデルの必要性が叫ばれるのは当然のこと。

170115-1.jpg

そして遂に、メバルプラッギング専用のシリーズが発売となります。 ダークシャドゥTZ。2pcsのチューブラーグラファイトモデルです。ガイドは全てチタンフレームのトルザイトリングKガイド。ファーストテーパーのライトアクション。ソリッドティップのような極端に先だけが柔らかい調子ではありません。自然な曲がりです。だから思い切って振り切れる。小型プラグが気持ちよく飛んで行きます。

ティップは柔軟さを持ち合わせているのでリトリーブ中のバイトも弾きにくいですし、メバペンなどの小型ペンシルをチョコチョコ動かしたりするのにも好適です。プラグ用スペシャリティモデルといいつつも、1.5g以上のジグヘッドリグにも全然使えるな、というのは私の個人的な感想。

そもそもトルザイトガイドを使っている時点で言えていることですが、これ以上ないという最高のプラグ専用メバルロッドを目指しています。ステンレスフレームのSICガイドで価格を抑えるとか、そういうコンセプトはないです。それだけメバルのプラッギングも最高水準のものを要求されるコアな世界になりつつあるのだなぁと感じます。

ただ、何でもかんでもFujiのトルザイトガイドを使えばOKだったというわけではなく、トップガイドに関しては開発担当者もなかなか合格点を出せずに悩んでいたようです。というのはトルザイトトップリングのそもそもの規格がリングサイズ「3.5」の上がいきなり「5」まで飛ぶ。3.5では小さすぎるし5ではデカイ。どちらを取ってもバランスがよろしくない。しかしながらダークシャドゥTZではFujiの新規格であるT-KGTT4.5をトップガイドに採用することでようやく納得の出来るロッドに仕上げられたそうです。Fujiの規格にもっと早くから4.5があったなら、このロッドももっと早く発売出来ていた・・・かも?

【DSTZ-73】
・7.3ft
・81g
・適合ルアー:1~7g
・適合ライン:PE0.1~0.4号、FC/NY1~4lb
・¥44,000+税

【DSTZ-77】
・7.7ft
・82g
・適合ルアー:1~9g
・適合ライン:PE0.1~0.5号、FC/NY1~5lb
・¥46,000+税

・2月発売予定

gill-tentacrawler.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

攻めのソリッドティップ、FLNE-60STL [自社製品]

今日も新しいエリアトラウトロッドを紹介します。

スミスのエリアトラウトブランド「フィールドリーム」の初代モデルはカーボンソリッドティップのラインナップでした。どちらかというと「乗せ」のロッド群だったと言えるかもしれません。そして乗せを追求したフィールドリームのコンセプトは、現行モデルのFLNE-60GTS、FLNE-62GTSといったグラスのチューブラーティップを持ったモデルに進化しています。

グラスのチューブラーティップはカーボンのソリッドティップ以上に「乗せ」には長けています。ですので、現行のフィールドリームにはカーボンソリッドティップのモデルは存在しませんでした。

そんな中、再びカーボンソリッドティップのモデルを熱望してきたのがフィールドテスターの礒野さん。礒野さんが求めたコンセプトは「フックを魚の口に残しつつ、オートマチックに掛けていく攻めのソリッドティップロッド」。

それってグラスティップのGTSでは駄目なのかい?というと、感度、バイトに対するレスポンスという点で「攻め」という面で足りない部分が出てくるのかな、と自分的には解釈しています。

161208-1.jpg

結果、今シーズン発売となるフィールドリームノイエEV FLNE-60STLは完成しました。現行のフィールドリームでは唯一、カーボンソリッドティップを有するモデル。

そして礒野さんが重視したのが「エステルラインのデメリットを抑え、メリットを活かす」という点なのだそうです。バスの世界では馴染のないエステルですが、エリアトラウトやアジングの世界ではかなりスタンダードな存在になってきました。伸びのない性質が生む感度の良さを活かせるロッド。瞬発力に弱いというデメリットをカバーできるロッド。礒野さんの導いた答えが、やや長めのカーボンソリッドティップのロッドだったということです。

これ以上の詳細なニュアンスは自分如きでは説明し切れませんので、開発者本人のブログ記事を読んでみて下さい。

NEWロッド ノイエEV「FLNE-60STL」 その1
NEWロッド ノイエEV「FLNE-60STL」その2
NEWロッド ノイエEV「FLNE-60STL」その3

・全長:6'
・自重:99g
・2pcs
・¥45,000+税

・1月発売予定

なお、礒野さんはキャスティング横浜磯子店のスタッフでもあります。お近くの方は直接色々聞いてみるのもいいと思います。

ks-vspec.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

エリアトラウト用クランキングロッド、FLDG-61C [自社製品]

バスでは巻き物にグラスロッドは一般的です。バイトを弾かずフッキングに繋げることが出来る。でもバスに限らずルアー釣りの基本って「投げて巻く」こと。トラウトで使うスプーンやスモールクランクなんて、まさしく巻く釣り。だからスミスにはグラスのエリアトラウトロッド「フィールドリーム・ゼロ」があります。

エリアトラウトロッドはカーボンが主流です。微細なバイトを感知して瞬時に掛ける。こうした積極的に掛けていくというスタイルでは確かに、グラスは一瞬もたついてしまう面があります。

けれどもそうした掛けの釣りがこなせるのは上級者であって誰しもが同じように出来るというわけではないですし、強風時などの状況下においてはベテランでも思うようにいかない時がある。そうした時はいっそ、道具の性能に任せてしまった方が釣果が伸びる場合も無きにしも非ずです。その他、掛けた魚をバラしにくい、粘るのでラインブレイクが起きにくいというのもグラスのメリット。

フィールドリーム・ゼロの開発を手掛けるテスターの廣瀬さんはこの「ラインブレイクが起きにくい」という特性を生かして1lbクラスの極細ラインを使いこなすためのロッドとしてフィールドリーム・ゼロシリーズのFLDG-62・0、FLDG-60・00を完成させ、世にリリースしました。ビギナーにも優しいのがグラスロッド。けれども廣瀬さんはエキスパート向けのグラスロッドとしてゼロシリーズを作り上げてきました。実際、廣瀬さんは周囲を圧倒するスピードでトラウトを次々と釣り上げていく。グラスロッドと細糸の組み合わせがどれほどの威力があるのか嫌というほど思い知らされる。

フィールドリーム・ゼロのこれまでのロッドは主にマイクロスプーン向けに仕上げられています。

161207-1.jpg

今シーズン発売となるフィールドリーム・ゼロの追加モデルFLDG-61Cはクランクベイト用のモデルです。これまでのモデルほどはピーキーではなく、適合ライン、適合ルアーに関しても許容範囲の上限が広くなっています。やや重めのスプーンにも使えます。

トラウトのバイトを弾かないティップ、確実なフッキングに繋げるバットを1本のブランクにまとめ上げたFLDG-61C。これはまさにトラウト用のクランキングロッドです。クランクにこだわるエリアトラウトのアングラーがいらっしゃいましたら、是非一度手にしてもらいたいロッドです。

・全長:6'1"
・自重:105g
・2pcs
・¥41,000+税

・12月発売予定

昔はグラスのスピニングロッドというと入門者用、廉価版といった存在でしたけど、時代は変わりましたねぇ。

ks-bandocraw.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - 自社製品 ブログトップ