So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
イベント ブログトップ
前の10件 | -

11/4 気仙沼ロックフィッシュフェスタ [イベント]

11月4日には気仙沼ロックフィッシュフェスタというイベントが開催され、自分もロックフィッシュ商材の開発担当としてブース出展しに行ってきました。

ちなみにその前の週末はオールスタークラシックだったので2週連続でイベント業務。もう半月近く休み無しで働きっぱなしです(汗)。今は釣りに行きたいという気持ちよりも体を休めたいという気持ちの方が強いかも・・・さすがに疲れがピークです。

さて、ロックフィッシュフェスタの会場は宮城県の気仙沼大島という島でした。この島全体を使ったロックフィッシュトーナメントというわけです。気仙沼大島はこれまでにもロックフィッシュトーナメントの会場となっており、東北のロックフィッシュトーナメンターにはお馴染みのフィールドでもあります。

181107-1.jpg

が、島なので現地入りするにはフェリーを使うしかありません。しかしこのフェリー、1便につき車がたったの15台しか載せられない。予約が必須でしかも40分~1時間に1本しか運航されていないのです。
一般参加者だけで100人以上、これに運営や出展社、メーカー代表の参加選手も加わると結構な人数なんですが、皆ちゃんと島に渡れるの?!帰りもちゃんと戻れるの?!

なお、1週間ほど前に同島で開催された別のロックフィッシュトーナメントでは、帰りのフェリーに乗れずに止む無く翌日まで島に滞在せざるを得なかったなんていう人の話も・・・(ヒェーッ)。

当日入りは危険と判断して前日入りすることにしました。自分達は無事にカーフェリーの予約も抑えることが出来てスムーズに現地入り、撤収もスムーズに終えることが出来ました。が、出展メーカーさんの中にはカーフェリーの予約が出来ず、車を気仙沼に置いて荷物を台車に乗せて島に渡ったという大変な苦労をされた人もいたようです。

但しこの島にはもうすぐ橋が開通するのだそうで、来年の春以降は車で直接乗り入れることが出来るようになるとの事。カーフェリーに関わる苦労は今回が最後のようです。もうちょっと早く橋が開通してくれていたらねぇ。

181107-2.jpg

予想はしていましたが大会開催中の時間は参加者は必死に釣りをしているわけなので、メーカーブース出展コーナーは寂しい雰囲気が漂っていました(苦笑)。いかんせん島ですから、わざわざ渡ってきてまでブースを見に来る一般客もいません。まぁこれも想定内です。13:00以降の検量から集計までの時間のみ、各メーカーブースも参加者で賑わっていました。
釣り大会でのブース出展というのはどこもおおよそこんなものです。大会中はメーカーブースは閑散としています。

181107-3.jpg

スミスブースでの展示パネル、一番手前のものは今回のロックフィッシュフェスタにて初公開となったオーシャンパフォーマーの新作「狂輪波(くるりんぱ)」。
リングリブの「輪」、波動の「波」、ターゲットを狂わせる「狂」。この3つのエレメントを融合させたロックフィッシュ用リングワーム。自分で自分のネーミングセンスに呆れてます(苦笑)

181107-4.jpg

スミス代表選手として大会に参戦してもらったフィールドテスターの八重樫さん。サイズに恵まれず上位入賞はなりませんでしたがリミットメイクには成功して意地を見せ付けました。さすがにデイのアイナメを釣り慣れていますね。プラクティスもしっかりこなしていたのは言うまでもありません。

見ている限りでは釣果0~1尾という参加者が多かったです。今年はまだ水温が高いという声が多く聞かれましたが、それにしても気仙沼大島まで来たらもっと釣れるのかと思っていました。全体的にまぁまぁ厳しい釣果だったようです。

**********

自分はこのイベントに仕事で出向くことが出来たのを本当に嬉しく思っています。

スミスでは随分昔にロックフィッシュ専用ロッドも販売していましたが、その他のロックフィッシュ関連の製品開発に関してはなかなか進みませんでした。そもそもの市場が東北と北海道に限られてしまうため社内でも一部の人間しか要望を挙げなかったためです。
これに震災が追い打ちをかけ、東北地方の市場への不安要素からますますロックフィッシュ用の製品発売が遠のいてしまいました。かくいう私もこの頃まではロックフィッシュにさほど積極的ではなかったです。

自分が東北に足を運ぶようになったのは、個人的な震災後の復興支援活動でした。釣りをするつもりはなかったのですが、現地の人達がロックフィッシュの釣りを教えてくれた。そして自分自身もこの釣りの楽しさを知りました。
以後、毎年足を運ぶように心掛け、現地の復興が進むにつれて釣りへの回帰も感じ取ることが出来ました。東北のロックフィッシュ市場もそろそろ大丈夫だと思えた。

まず手始めはバス用製品の流用から始めましたが、結果としてロックフィッシュ製品が売れるということを会社に理解してもらうことが出来、今では専用品の開発にも着手出来るようになった。今後はさらにロックフィッシュ用の製品を充実させていくことが出来ると思う。

そして今ではロックフィッシュ製品のプロモーションということで仕事として東北に行くことが出来るようになった。ここまで長かったなぁ。でも、じっくり時間を掛けながら物事を進めてきたのは間違いではなかったです。これからも東北のロックフィッシュゲームが盛り上がりを見せ、私自身もそれに深く関わっていけたらと思っています。

gill-spiny2.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今週末はBasserオールスタークラシック2018へ! [イベント]

現在私はカタログ製作に取り掛かっていてスタジオで写真撮影を進めています。実は2019年はカタログがもう一種類出ます。来年に向けて2種類のカタログを作っているというわけです。よって例年以上の忙しさなのですが、今週末はBasserオールスタークラシック、その次の週は宮城県気仙沼大島で開催されるロックフィッシュフェスタにも出席します。

ただでさえ忙しい時期に突入しているというのにそれらのイベントが重なってしまった(滝汗)。準備も自分がしなくてはいけない。ま、自分でロックフィッシュフェスタへの参加希望を出してしまったのでしょうがないです。だって出展したかったんですもん。

まずは今週末(10/27,28)はBasserオールスタークラシックです。お時間のある方は是非遊びに来て下さい。以下はスミスブースの内容です。

171001-1.jpg

【バスロッド ツアラーVスペックシリーズ 展示】

同ロッドをなかなか店頭で触れない(在庫で置いてある店が少ない)と言われることが多いのですが、この機会に是非手に取って触ってみて下さい。また、ブースにはTOP50の川又プロをはじめ、自主的に手伝いにやって来るであろう?サポートプロがいたりもしますので質問などがございましたらお声掛け下さい。

【ロッドのアウトレット販売】

検品で弾いたB品のロッドを特価販売します。もちろん使用上は差支えのないものです。ロッドのジャンルはバスに限らずトラウトロッドやソルト用もあります。ただ、販売本数は少ないので早い者勝ちです。

【ビンゴくじ】

1回¥500で豪華賞品が当たります。1等はロッドを予定。ハズレはなしです。末等でもルアー等を差し上げますので損はしません。

是非、スミスブースへお越し下さいませ。

以下、私的な発信となります。

171001-2.jpg

自分は毎年オールスタークラシック会場でルアーを買い漁っています。昨年は51個も買っていました(アホです)。

【昨年のお買い物】
その1 その2 その3 

一応は自分も出展社側の人間ですのであくまで一般来場者を優先すべきと考えており、自分が買いに行くのは大体日曜日の午後です。自分の買い物は皆さんが買い漁った後にしているというわけです。

が、トーナメント会場という場所柄かどうも客層が違うみたいで、オールドルアーや中古ルアーの販売ブースにはあまりお客さんが来ないとのことでした。そんな状況ですから日曜日の午後に行っても良品がタンマリ残っていたのです。

そして当然の事ながら今年も買う気満々で楽しみにしていたのですが、何とPSオオツカさんもカハラさんも今回は出展されていないことが判明(涙)。無念・・・

実は色々な人に「絶対に穴場だから来た方がいいよ!」なんて言い回っていたのですが、中古ルアー、オールドルアー目的の人には今回は厳しそうです。とはいえ物販をされている出展社は多いですし、各社趣向を凝らしていると思いますので色々と楽しめると思いますよ。

gill-mossa.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

キャスティング南柏店バスフェスタ2018出展 [イベント]

7/1(日)キャスティング南柏店さんで開催されるバスフェスタにスミスも出展致します。このイベント、6/29よりスタートしているのですがスミスの出展は7/1(日)のみになります。

180630-1.jpg

当日はトップウォーターフリークでもあり、千葉茨城地区の担当営業員であるF君がスミスコーナーに常駐します(※私は出向いていません)。

展示品はF君の得意分野でもあるトップウォーター関係を中心にしつつも、ゲーリー製品の定番外カラーなども販売するようです。

お時間のある方は是非お立ち寄り下さい。出展メーカー各社、限定品やら特価品やら準備しているようなので財布の紐が緩みそうなイベントですね。

gill-spiny2.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

初バス詣ファイナル 開催決定 [イベント]

毎年、センドウ兄弟の主催で元日の吉羽園で開催される初バス詣。勿論今年も開催しました。

180101-4.jpg
180101-5.jpg

実は今回、この初バス詣をもう一回行うことが決まりました。来たる6月23日(土)となります。

既にご存知の方も多いかと思いますが、会場となる吉羽園さんが6月24日を以て閉園となることが決まりました。閉園の具体的な日程を聞いたのは私やニンジャさんも今月に入ってからです。これを受けて、これまでお世話になってきた吉羽園さんへの最後の感謝の意味も込めセンドウ兄弟が急遽開催を決めました。いかにも義理堅い彼ららしい。ちなみにニンジャさんは翌日はトーナメントだそうです。

参加費、レギュレーション等はほぼ元日イベント通りとなる予定です。但し、吉羽園さんの食堂が既に営業されておりませんので食事は各自でご用意ください。

なお、ちょっと急に決まった感が否めませんので果たして協賛品がどの程度集まるのか見通しが立っていません。運営スタッフに関してもこれから打診を進めていくところのようです。
かくいう私も毎回運営スタッフとして参加しているのですが、この日は私用と重なってしまいそうで参加出来ない可能性が大今回は私用でどうしても参加出来ず。スミマセン・・・。

これが吉羽園のファイナルイベント。時期外れの初詣、宜しかったら是非ご参加下さい。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

群馬フィッシングショー2018とにいがたフィッシングショー2018 [イベント]

2大フィッシングショーと言える横浜・大阪が終了しましたが、まだまだ各地でローカルのフィッシングショーは続きます。

今度の週末には群馬フィッシングショーと新潟フィッシングショーが開催されます。

【群馬フィッシングショー2018】
180215-1.jpg
・2018年2月18日(日)AM9:30~PM4:30
・会場:グリーンドーム前橋
・入場無料

一般公開は日曜日のみなのでこの機会をお見逃しなく!スミスでは各種新製品、特にトラウト系とナマズ用品に力を入れて展示の予定。

【にいがたフィッシングショー2018】
180215-2.jpg
・2018年2月17日(土)18日(日)10:00~17:00
・会場:朱鷺メッセ
・入場無料

こちらのショーにもスミスは出展予定です。新製品のジギングロッドなど展示予定です。

開催地の土地柄が反映されるローカルのフィッシングショー。地元の人から見ればむしろ無駄のない展示と言えるかもしれません。私は出向かないのですが、近隣でお時間のある方はどうぞご来場下さい。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

フィッシングショーOSAKA2018ご来場ありがとうございました [イベント]

明日(2/4)まで開催しているフィッシングショーOSAKA2018。

自分も昨日~本日の14時頃までブースにおりましたが、一足先に帰宅しました。

180203-1.jpg

昨日は起床してみたら案の定自宅周辺は雪が積もって真っ白!しかも勢いよく雪が降り続いている中での出発でした。幸い、電車に遅れもなく予定通りに現地に到着することが出来ました。始発電車に乗りましたけど、やはり5分ほど遅刻でした。

フィッシングショーOSAKA、盛り上がりが半端ないです。お客さんの数が多いのは勿論のことなのですが皆さんの熱気が違う。それは例えばブースに居るスタッフに対して製品の事についての質問を積極的にぶつけてきてくれたりだとか、こういうモノが欲しいんだけど、というリクエスト的な話もあったり。関西の方の人柄なのかもしれませんが、ガンガン来るなぁという感じ。
横浜のショーではすっかり見られなくなった光景ですが、各社のカタログを手提げ袋一杯に集める人も多いです。

あと、海外のお客さんがメチャクチャ多い。中国系のメーカーさんも出展が増えてきた印象を持ちました。出展する側もお客さんもとにかく熱い。横浜のショーにはこうした熱量はイマイチ感じられない気がします。

スミスブースに足を運んで下さった皆さん、どうもありがとうございました。明日足を運ぶという皆さん、どうぞ楽しんできて下さい!

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今週末はフィッシングショーOSAKA2018へ! [イベント]

今週末はフィッシングショーOSAKA2018がインテックス大阪にて開催されます。来場者数、メーカー出展数ともに国内最大のフィッシングショーです。

170204-1.jpg

自分は2月2日(金曜日/業者日)の午前中に現地入り。3日(土曜日)の昼過ぎ頃までブースに居る予定です。ご都合の合う方は是非、フィッシングショーOSAKAスミスブースへお越し下さい。お待ちしております。

横浜のショーでもそうだったのですが、接客やらメディア対応やらで慌ただしいので他所のメーカーブースを見て回るのは無理だろうなぁ。個人的にあれこれ気になっているものもあるんですけどねぇ。フィッシングショーOSAKAは出展しているメーカーさんも多いので、釣り人目線でじっくり見て周ろうとしたら半日じゃ足りないですからね。来場予定の方はどうぞ、じっくり製品を見て楽しんでいって欲しいと思います。

金曜日の朝は6時台に東京駅発の新幹線に乗る予定なのですが、もしかして都心はまた雪?!交通網に影響が出ないかちょっと気になっています。多少の遅刻は許してもらいたいところです(笑)

gill-bf.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ジャパンフィッシングショー2018ご来場ありがとうございました! [イベント]

1月19日より3日間に渡って開催されましたジャパンフィッシングショー2018が閉幕しました。スミスブースにも大勢のご来場をいただきましてどうもありがとうございました。

180121-1.jpg
180121-2.jpg

ブース内での告知ポスター、ならびにカタログをお買い上げいただいた方にはその中に挟んである告知チラシでおわかりになったかと思います。今年から、スミスはU.S.A.プラドコ社の日本総代理店となりました。これまではヘドン製品、並びに一部の製品(ジッターバグ、クリックホッパー等)の販売を手掛けておりましたが、これからはボーマー、アーボガスト、スミスウィック、コーデルといったプラドコ社の各ブランドを総合的に取り扱っていくことになります。

事前に、ショー会場で皆さんにお伝えしなくてはいけないこと、と記したのはこのことです。このブログ記事を読んで気にされていた方が多く驚きました。フィッシングショーにてやっと情報解禁です。詳細はまた後日にお伝えさせていただきます。

新製品ネタに関しましては再来週にフィッシングショーOSAKAを控えていることもあり、こちらもまた後日にお伝えできればと思います。

自分は今回カタログ制作を担当していましたので、ようやく皆さんにカタログをお届けすることが出来て肩の荷が下りホッとしているところです。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

初バス詣2018 [イベント]

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

自分は今年も元日を吉羽園で迎えました。センドウ兄弟主催の初バス詣2018にスタッフ参加。もう何年目だろう。

180101-1.jpg

イベントには今回も80人超の参加がありました。毎回思います、元日からよくこんなに大勢の人が来るなぁと。そしてこの人達の家庭は大丈夫かなぁと(笑)。しかも、青森、岩手、香川からなんて遠方からの参加者の人も。ありがたい限りです。

180101-2.jpg
180101-3.jpg

朝は釣り場が部分的に凍っているほどの寒さ。数時間経ってもなかなか溶けなかったです。桟橋も霜で真っ白でした。

優勝された方は2号池から1700g級のビッグワンをラバージグのズル引きで見事に仕留めてきました。昨年優勝された方も2号池でしたね。ちなみに優勝賞品は・・・亀の子タワシ?!このイベント、ある意味非常に恐ろしいです(笑)

180101-4.jpg

午後は豪華賞品の抽選会。3巡以上しました。個人協賛も多く頂き、恒例のマグロはこの日の吉羽園でバスを釣るよりも高確率で当たっていました。冠スポンサーになってもらってもよかったくらいの大盤振る舞いでした。
個人協賛いただきました参加者の方にはただただ感謝です。センドウ兄弟の人徳なんでしょうね。ちなみに一応自分からの個人協賛も有り。でないと格好が付きません。

180101-5.jpg

今年も楽しい気分での年明けとなって嬉しい限りです。参加された皆様、どうもありがとうございました。毎年恒例のこのイベント、今回で最後?なんて話もチラホラ出ていますがそうなるとちょっと寂しい気もするなぁ。

ks-bandocraw.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

初バス詣2018 開催決定! [イベント]

昨日はクリスマスイブに関係なく釣りに行ってしまうオジサンの話でしたが、元日から釣りに行ってしまうような人達を集めたイベントが2018年も開催されます。家庭を顧みない人には是非来て欲しいです(笑)。自分は今回もスタッフとして参加します。

センドウ兄弟プレゼンツ『2018初バス詣★2018年のファーストフィッシュ釣っちゃおうゼ集会』

●開催日:2018年1月1日

●場所:フィッシングエリア吉羽園(埼玉県幸手市上吉羽1873-101)

●イベント参加費:1000円
※別途、吉羽園のバス・トラウト共通1日券(一般:3240円、女性・高校生:2160円、小・中学生:1080円)の購入が必要です。

●タイムスケジュール(予定)
6:00 開園・受付開始
※受付済んだ方は開会式まで自由に釣りして頂いて結構です。
7:00 開会式&ルール説明等
7:30 スタートフィッシング
10:30  ストップフィッシング
~休憩&フリータイム~
12:00  表彰式・お楽しみ抽選会
14:00 イベント終了・閉園

170101-1.jpg
170101-2.jpg
170101-3.jpg

元日開催にもかかわらず前回も84名の参加がありました。一応はトーナメント形式ですが優勝しても良い賞品が当たるとは限らないですし(爆)、むしろオミクジ代わりに抽選会を楽しんでいって下さい的なユル~いイベントです。

初バスは是非元日の吉羽園で!
皆様のご参加をお待ちしております。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - イベント ブログトップ