So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

6/12 バンドゥクローで41cmの利根川バス [釣果報告]

皆さんがお住まいの地域では台風5号の影響はどうだったでしょうか。梅雨前線を活発化させたことで雨が降っている時間は長かったように思いますが、関東では大きな被害というのはなかったようですし河川の増水というのもそこまで酷くはなかったように思います。

利根川などは台風が来ると毎回増水してしばらくは釣りにならなくなります。日曜日の夕方に利根川沿いを車で走っている際はまだ平気でしたが、また増水するのかな、なんて思いながら川を見ていました。河川敷まで水没してしまうと色々大変なのですが、今回は何とか大丈夫だったみたいですね。

利根川の消波ブロック撃ちを得意とするアキラさんが本日出撃。若干水位が上がっていたようですが、そんな時に良いスポットを バンドゥクローで狙い撃ちして見事に結果を出してきました。

今日もいつもの消波ブロック帯です。前日までの台風?の影響で、結構増水し、水温も5℃位下がったようです。おまけにまぁまぁ風も強い(笑)いつも行く消波ブロック帯は、風が吹きつけると泥が巻き上げられてあまり良くありませんが、増水&強風の時だけ機能するポイントがあります。早速そのポイントへ行くと、やっぱりいい感じ。いい意味で水が動いていません。

180612-1.jpg
180612-2.jpg
180612-3.jpg

岸際のカバーで数投目で落ちパクでした!ルアーはフォトトーナメントの賞品で頂いたバンドゥクローのテキサスです。結局1本だけでしたが、狙い通りで満足です。

水位はともかく水温が一気に5度も落ちていたのはかなり厳しい状況だったようにも思えます。しかしながら派手系カラー(ゴッドインパクト)のバンドゥクローで喰わせましたね。水が濁り気味だったので効いたのかも。

自分もよく利根川で釣りをしますが、晴れていても午後から風が吹き抜けてしまうことが多い。そして風が当たる側は底荒れして喰わなくなってしまうんですよねぇ。さらに底荒れした濁りが下流に蔓延していくとそちらも喰わなくなる。
だから利根川は濁りが入りにくい場所というのを何箇所か抑えていないとなかなか釣れません。そのエリア自体がハードボトムであるのに加えてその上流にあたる場所も底荒れしにくいハードボトムであるとなおいいという感じです。

アキラさんは岸釣りですが、強風下で結果が出せる場所を知っているようですからコンディションに左右されることが少なく、しっかり結果を出せるのでしょうね。

皆様からのスミスルアーでの釣果報告をお待ちしております。 釣果報告はこちらから。よろしくお願いいたします。

gill-bf.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

6/3 ウェイビーで狙う若狭湾のシーバス [釣果報告]

若狭湾でデーゲームのシーバスフィッシングを楽しんでいるおもちさんから釣果報告が届いていました。

6月3日にキャッチした40cm。ヒットルアーは ウェイビーS85 04.イワシレッドベリー との事です。

 今週もまたシーバスを狙いに出掛けてまいりました。
 いつも魚からの反応はあるのになかなか釣り上げられないものですから、少々ムキになってしまっている部分があるのは否めません。

 この日も清々しいほどの好天で、やはりショートバイトばかりが続く展開になりました。デイゲームのシーバス、やっぱり難しいです。
 ちなみにですが、夜になると魚が移動してしまうのか、昼間と同じ場所では全く気配がなくなってしまうから不思議です。夜間は夜間できっと狙い方はあると思うのですが、まだまだわからないことばかりです。

180611-1.jpg

 とにかく活性の高い魚を探して移動を繰り返し、湾内のウェーディングでついに一匹をキャッチできました。このポイントは小さな水道になっている岬の先端で、あまり潮の動かなかった当日でも比較的よく流れていた点が良かったのではないかと思います。

 実はこの直前もう一回り大きめな魚もヒットしたのですが、ファイト中に目の前でサヨナラしてしまい、またまた悔いの残る結果となりました。
 なのできっと、次の週末にもまた行ってしまうのだと思います……。

おもちさんが釣りをされているポイントは「デーゲームでも釣れる」わけではなくて「デーゲームが釣れる」場所なんですね。昼間にポツポツ釣れるようであれば夜にはさぞや凄いのだろうと思いきや、駄目という。もちろんその逆のポイントもあるのでしょう。

季節、時間帯、ルアー、釣り方、etc・・・まだまだ若狭湾は開拓の余地があるのかもしれませんね。

皆様からのスミスルアーでの釣果報告をお待ちしております。 釣果報告はこちらから。よろしくお願いいたします。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

6月中旬 根魚大将3.4インチで狙う越前海岸のロックフィッシュ [釣果報告]

ロックフィッシュと言っても色々な魚が居ますが、北のソイ・アイナメと南のハタに大別できると思います。近年では特にハタの人気が高くなりました。ハタの中でも人気があるのがキジハタ(アコウ)です。そろそろ釣れ出す頃かな・・・と思っていたら、ライトゲームユーチューバーのM野さんが早くも連発!その様子もしっかり動画に収められていました。

この度は福井県・越前海岸でのアコウ(キジハタ)&ガシラ(カサゴ)釣りで根魚大将3.4インチを使わせて頂きました。

おおよそ6月から7月上旬にかけてガシラの活性がピークとなり、続いて夏の魚であるアコウもどんどん接岸してきます。

小型の多いポイントなので、いつもなら根魚大将2.8インチを使うところではありますが、そういった高活性な状況ですから、今回は3.4インチを使い、よりアピールしていこうという作戦です。

ポイントは一見何の変哲もない砂浜のように見えますが、沖には岩や海藻があり、ガシラ、特に砂地を好むアコウにとっては最上のポイントの一つといえます。

ちなみに、アコウは砂地が好きといっても、キスやカレイが釣れそうな完全な砂浜ではなく砂地ベースに、岩や海藻が茂っているポイントが良しとされています。

海水浴場にあるテトラ帯なども極上ポイントといえます。

そして、釣果はといいますと、動画を撮影していない午後5:30過ぎに幸先良くガシラとアコウが釣れます。

180607-1.jpg
180607-2.jpg

それなりに反応良いと判断し、動画撮影開始。

今回の仕掛けは根魚大将3.4インチに3.5gのゼロダン(リーダーレスダウンショット)でいきます。

この仕掛けだと、ボトムに着底した際に、根魚大将3.4インチの動きがよりナチュラルになって離れた場所にいる根魚も思わず根から飛び出してバイトしてくるほどです。

ボトムに着底させ、軽く煽ってフォール。の繰り返しです。

そうすると、まだまだ明るい時間帯ですがアコウとガシラが調子よく釣れてくれます。

180607-3.jpg
180607-4.jpg
180607-5.jpg
180607-6.jpg
180607-7.jpg

そして、日没して薄暗くなり始めた頃、なにやらデカイ魚がヒットします!

グイグイ引っ張っていきます。

これはもしかして、40cmオーバーのアコウか?!

と思った次の瞬間!

スポーンっと18cm位のガシラが吹っ飛んできました。

180607-8.jpg

どうも大型魚が根魚大将3.4インチにヒットしたガシラを捕食していたようです。

大型魚の正体が気になるところですが、何はともあれアコウとガシラ共々よく釣れました!

この度も根魚大将3.4インチのおかげで楽しい釣りができました。
ありがとうございます!

【当日の模様はこちら】


う~む、最後にガシラを丸飲みした魚の正体が知りたかったですねぇ。そんなこと、あるんですね。

さて、昨年の10月に発売となった根魚大将3.4インチ。正直言うともう少し早く発売してハタ釣りにも使って欲しかったのですが微妙に間に合わなかったのです。

そしてようやくシーズンインしたアコウゲーム。今シーズンはきっと根魚大将3.4インチが活躍してくれるはず!!

・・・多分ね(笑)

gill-spiny2.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5/27 ハルカ・サラナで狙う若狭湾のシーバス [釣果報告]

お父様と仲良くシーバス釣りに出掛けているおもちさんより、若狭湾のシーバスの釣果をいただきました。若狭湾のスタイルはデーゲームのミノーの釣り。シーバス釣りのスタイルは色々あれど、一番エキサイティングな釣りなのではないでしょうか。

まずはお父様がハルカ125F(07.トウゴロウカラー)で釣り上げた46cm。

 またまたシーバス狙いで行ってまいりました。

180605-1.jpg

 快晴に無風ベタ凪とお出かけ日和の週末でしたが、デイゲームには少々厳しい状況。そんな中でも父が見事釣り上げてくれました。
 シャローエリアの海藻の隙間を丁寧に通していた所、足元でヒットしたそうです。同じパターンでもう一匹掛けたものの、そちらはバラしてしまったそうな……。

厳しい状況下でもしっかりキャッチ。素晴らしいです。何て頼りになるお父様なのでしょう。

続いておもちさんがサラナ95F(03.SDカラー)で釣り上げた35cm。

 私も負けじと頑張りましたが、ショートバイトやチェイスばかりで苦戦。でもなんとか釣れてくれました。サイズはずいぶん可愛いですがそれでも嬉しい一匹です。

180605-2.jpg

この魚もテトラ帯の海藻の影に隠れていたようで、目の前でバイトシーンを披露してくれました。
 サラナは少々足場が高くても足元までしっかり引けるので、何かとお世話になっています。自重が軽くても飛行姿勢が優秀なので、ベイトリールでも投げやすいのも嬉しいところです。

大きい方の魚はお父様に譲る辺り、おもちさんの親孝行振りが現れていますね(笑)

デーゲームのミノーイング、何を狙って釣っているのかなと思っていました。これがベイエリアの釣りであれば壁際とか穴撃ちといったシェードの釣りになると思います。若狭湾の場合は藻の陰に居る魚を狙っているんですね。なるほど。

**********

皆様からのスミスルアーでの釣果報告をお待ちしております。 こちらから投稿下さい。頻繁に投稿下さる方には特典があるかも?お待ちしております。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5月下旬 シラスミノー48リップレスで狙う東京湾ボートメバル [釣果報告]

横浜ボートメバルマスターのS野さんから釣果報告をいただきました。今シーズンは一度しか同船できずにすみませんでした・・・

今回もシラスミノー48リップレスが大活躍だったようです。4~5月の東京湾ボートメバルはこれを投げておけば間違いないという感じですね。

バチパターン全盛期の東京湾ボートメバリングに行ってきました。
常夜灯ポイントでバチが視認できる状況です。
こういうときは、経験上、水面〜水面下30cmを引けるルアーが強いです。
しかも5cm、10cmのルアー泳層の違いで魚の反応が全く違ってくるのです。
おそろしいです...。
こんなとき、シラスミノーリップレスはとても便利です。

今シーズンのバチメバルゲームでは、シラスミノーリップレスに大変お世話になりました。
シンキングは自重を活かしてとても飛びます。
サスペンドは飛行姿勢がよく、自重の割に非常によく飛びます。
水面直下を気軽に引けるため登場頻度は最多でした。
フローティングは水面に止められるためローテーションに欠かせません。
ロングセラーの基本性能の高さを実感しました。

180531-1.jpg
↑シラスミノーLLS(マ◯キー塗り)

180531-2.jpg
↑シラスミノーLSP(サンバオレンジマット)

アイランドクルーズさんのボートメバル便もそろそろ終了かな?一応まだ6月初めの日曜日に乗合を出すみたいですが・・・

5月の尺メバルラッシュは物凄いものがありました。尻すぼみで終わりじゃなくて、大型が良く釣れている状況で終了なのがちょっと勿体ない気がします。あ、乗合は終了になりますけど、チャーターでしたらお客さんの要望通りに出来ますから、まだ東京湾の尺メバルは狙えます。シラスミノー48リップレスは必須ルアーです!

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5/28 フラグラブで40cm利根川バス [釣果報告]

得意な釣りがある人は本当に強いなぁといつも思わされるのがアキラさんからの釣果報告です。

アキラさんは利根川の消波ブロックでグッドサイズのバスを毎回仕留めている凄腕アングラーです。今回もまたフラグラブツインテール5インチで40cmをキャッチしたとのことです。

先週に引き続きいつもの消波ブロック帯ですが、早朝からの釣りは去年の秋以来だったので期待大で釣り開始。やっぱり朝イチはいいですね!2時間勝負でしたが早々に4バイト。フラグラブダブルテールの3.5gテキサスです。

180530-1.jpg
180530-2.jpg

2本はスッポ抜け、1本は30ちょいのが足元でフックアウト、キャッチできたのは結局1本だけでしたが、日中ではこんなに反応ある事なんて無いのでそれだけでも楽しかったです。朝マズメだから?いつも使わないウォーターメロンのカラーが効いたから?分かりません(笑)

ただ釣れた魚も針の掛かりがギリギリで危なかったです。いつもと違うフックに替えたから?水がだいぶ濁っていたから?分かりません(笑)

2時間で4バイトってなかなかのペースですよね。アキラさんも平日釣行のようですが、水郷エリアでは平日の朝夕は意外に釣り人が多いです。皆さん仕事の前、或いは仕事が終わってから釣りを楽しんでいるのでしょうね。自分にとってそんな生活は夢ですよ、本当に。定年後はそんな生活を送りたいと本気で思っています。

で、今回のアキラさんの釣果は朝マヅメとのこと。当然魚の活性が高い時間帯であるには違いないのですが、やっぱりポイントがまだ誰にも撃たれていない状態だったのではないでしょうか。

掛かりが浅い日だったようですが、それが何故だかは私にもわかりません。でも自分も、いつもと違うフックを試してみたら掛かりが悪くなったという経験はあります。フラグラブをテキサスリグで使うとフックの抜けがあまり良くないので、フック選びは割とシビアなように思います。むしろアキラさんのお勧めフックを教えてもらいたいくらいです。

それにしても、平日の朝マヅメ釣行・・・週末休みのサラリーマンである自分からしてみたら、ただひたすら羨ましい限りです。

gill-spiny2.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5/3 ハルカ・サラナで狙う若狭湾のシーバス [釣果報告]

若狭湾でシーバスを狙っているおもちさんから5/3の釣果報告をいただきました。

お父様と一緒にシーバス釣りを楽しまれているというおもちさん。自分も学生の頃はよく父親に釣りに連れていってもらいましたが、そもそも気が合わず疲れてしまうため(苦笑)社会人になってからはすっかり疎遠になってしまいました。

まずはサラナ95F 01RHでキャッチした51cm。

 前回(4/29)の釣行後、5月3日にも父とシーバス狙いで出掛けておりました。

 この日は前日の雨と低気圧の影響か、風・波・濁りとよい条件で、魚の活性が高かったようです。サイズは50-56cmまででしたが、仲良く3匹づつキャッチする事が出来ました。

180529-1.jpg

 最初に入った地磯では波がやや高かったため、少し下のレンジでしっかりと泳いでくれるサラナを選択。シャローエリアのスリットの中に潜んでいた個体で、やはり一投目でのヒットでした。

 余談ですが、このサラナはソルトルアーを始めた時からずっと活躍し続けてくれています。パール系のカラーというと夜のイメージがありますが、昼でも不思議とよく釣れます。

磯のマルスズキ、綺麗な魚体ですね。
シーバス用のフローティングミノーというとどういうわけか潜行深度の浅いものが多いのですが、サラナのようにある程度潜ってくれるものがあると重宝しますよね。

続いてハルカ125F 03.イワシレッドベリーでキャッチした51cm。釣り上げたのはお父様。

 この後、磯場では反応が無かったため小河川の流れ込みへと移動。すると時折ベイトが水面で追われており、ここでは完全に表層を引けるハルカの独壇場となりました。
 定石通り、濁った川の水と海水との境目を丁寧に攻めるのがよかったようです。

180529-2.jpg

 こちらの画像は父が釣り上げた51cmのシーバスです。

最後はハルカ125S 10.パールチャートでキャッチした50cm。

180529-3.jpg

 5月に入ってからはなかなか釣りに行けておらず、少々鮮度のよろしくない報告となってしまいました。
 またよい釣りができましたら、今度は新鮮なうちにお届けしたいと思います。

 以下が当日のヒットルアーになります。

 ・サラナ95F (40.イワシレッドベリー)
 ・ハルカ125F (03.イワシレッドベリー 05.サヨリ)
 ・ハルカ125S (10.パールチャート 11.カタクチシェル)

若狭湾のシーバスゲーム、地磯からのミノーゲームなんですね。これが昼間でも通用するというのは面白いですね。

またの釣果報告、楽しみに待っています!おもちさん、どうもありがとうございました。

gill-bf.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4/29 スミスルアーで狙う若狭湾 [釣果報告]

スミスルアーを使ったソルトゲームの釣果報告をいただきました。おもちさん、どうもありがとうございます。

フィールドは若狭湾。4月29日の釣果とのことです。昼間はデーゲームでのシーバス、夜はメバル狙いのダブルヘッダー。なかなかハードですね(笑)

はじめてお便りさせていただきます。スミス社の製品はいつも愛用させて貰っています。
このたびは釣果を募集されているということで、僭越ながら投稿させていただきます。

こちらではこの時期、ベイト次第ですが日中でもシーバスが狙えます。
しかしこの日は珍しいほどの好天で、連休中ということもあり先行者も居られ、気配こそあるものの中々に厳しい状況でした。
オープンエリアでは追い切らないと思い、沈み根の際をハルカで通した所、一投目でのヒットでした。

180524-1.jpg

サイズはそれほどでもないですが、この季節のシーバスは元気いっぱいです。
そして何より自分が思い描いた通りの一匹ということで、格別の嬉しさがありました。

前日には、私の父も別のポイントで56cmのシーバスをキャッチしたようです。
残念ながら画像が無いのですが、ヒットルアーはサラナ95F(40.イワシレッドベリー)とのことでした。

デーゲームでの展開となると、特に港湾部ではメタルバイブやテールスピン、ジグヘッドリグなどが多いと思うのですが、若狭湾ではミノーゲームで楽しめるようですから楽しそうですね。

ちなみにシーバスのサイズは52cm。ベイトタックルで挑んでいる辺りにこだわりを感じますね。

続いて夜の部。ガンシップ36F(06.HGG)で24cmのメバルをキャッチしたそうです。

満潮前の時合いを期待してポイントに入ったところ、潮止まりまでの短い間ですがメバルの連続ヒットとなりました。

180524-2.jpg

この場所では海藻の陰に隠れて流れてくるアミ類を捕食しており、潮流が速くなると活性が上がっていたようです。
ベイトがアミの時にクリアカラーのプラグは特に効果的で、ガンシップシリーズへの反応がとても良かったです。
ちょっと食いが落ちてきたなと思っても、ジェイドにチェンジするとまた連続でバイトが出る事がよくあり、この日もそうでした。

当日のヒットルアーはガンシップ36F(01.クリアー 06.HGG) ガンシップ45SS(02.ゴーストグロー) ジェイドS/SW(22.クリアーグローアイ)でした。

日頃から楽しい釣りをさせて貰っており、この度は普段のお礼も兼ねてと思い投稿させていただきました。
いつも質のよい製品をありがとうございます。

一昔前はワーム全盛だったメバル釣りにもだいぶプラグが普及しました。そうなってくると、その使い分けやローテーションで差が出ます。おもちさんはしっかりルアーの特性を理解してローテーションされているようで、プラグの釣りをきちんと確立されているようです。

おもちさん、素晴らしい釣果報告をいただきましてどうもありがとうございました。

皆様からの釣果報告は随時受け付けております。 釣果報告の投稿はこちらから。

お待ちしております。よろしくお願いいたします。

gill-spiny2.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

フラグラブで45cm利根川バス [釣果報告]

昨年の水郷BASS.comフォトトーナメントで3位、4位という素晴らしい結果を残したアキラさん。

水郷BASS.comは閉鎖してしまいましたが、今回は釣果投稿をいただきました。どうもありがとうございますm(_ _)m

アキラさんは利根川で消波ブロック撃ちを得意とされているようなのですが、またまた得意な釣りでグッドサイズをキャッチされたようです。
釣ったのは5/21(今日!)サイズは45cm。ヒットルアーはダブルテールフラグラブのテキサスリグとの事です。

180521-1.jpg

利根川では今年初バスです。ルアーは昨年のフォトトーナメントの賞品で頂いたフラグラブでした。いつもの消波ブロック帯にあったゴミ溜まりをテキサスで撃っているといいサイズが釣れました。

消波ブロック+ゴミ溜まりという最高のスポットを狙い撃ちして見事グッドサイズをゲット!おめでとうございます。フラグラブはイマイチ不人気ですけど釣果は確かですね。

皆様からのスミスルアーでの釣果報告をお待ちしております。 こちらから投稿下さい。頻繁に投稿下さる方には特典があるかも?お待ちしております。

gill-mossa.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5月中旬 根魚大将で狙う越前海岸のガシラ釣り [釣果報告]

ライトソルトゲームのユーチューバーM野さんから越前海岸のガシラ釣りの釣果報告をいただきました。

ガシラというと夜釣りのイメージがありますが今回は夕マヅメのデーゲーム。動画もあります。明るい方が動画で見てもよくわかりますね。

この度は福井県・越前海岸でのガシラ(カサゴ)釣りで根魚大将2.8インチを使わせて頂きました。

ガシラ釣りといえば、夜釣りのイメージがあるかと思いますが、日本海側の例年通りですと、5月のGWくらいからガシラは朝夕マズメ時に釣れるようになり、逆に夜釣りでは釣りにくくなります。

詳しい理由はわかりませんが、とにかく明るい時間帯なので、テトラ帯といった夜釣りでは危険なポイントでも釣りやすくなるので、釣り人としてはとてもありがたい状況です。
(もちろん、ライフジャケットやフェルトスパイクなどの安全対策をしっかり行ったうえでの話ですが。)

狙うポイントはテトラの際です。
フィールドに着くと、とりあえず沖にキャストしたくなるところですが、意外と、テトラ際の足元にもガシラは居着いています。

テトラの際と言っても、水深1mにも満たない激浅ポイントなので、多くの人は敬遠しがちなのですが、想像以上に釣れる有力ポイントなのです。

まずは根魚大将2.8インチに1.8gジグヘッドをセットします。

テトラ際を攻めると、「ドンッ!」とわかりやすいアタリがあります。

テトラに潜られないように、一気に釣り上げます。

180516-1.jpg

しかしながら、どうも1.8gジグヘッドでは海藻を突っ切らないようで、わずかながら重量アップの2.2gジグヘッドに変えて挑みます。

すると、狙い通りガシラが連続ヒット!

180516-2.jpg
180516-3.jpg
180516-4.jpg
180516-5.jpg

可愛いサイズばかりでしたが、ガシラ特有の明確なアタリを堪能出来るのが、この釣りの醍醐味でしょうか。

この度も根魚大将2.8インチのおかげで楽しい釣りができました。
ありがとうございます!

【当日の様子はこちら】


夕マヅメですがかなりのハイペースで釣れていますね!でも夕マヅメでこれだけ釣れるのならば夜になるとさらに凄いのではと思ってしまいますが、不思議とこれからの時期は夜釣りは思わしくないのだとか。

思えばシーバスだって昔は夜釣りが当たり前でした。シーバスというと冬の釣りというイメージがあったことも一因なのかもしれません。それが今や、夏季になるとデーゲームというのが常識になった。ガシラに関しても、この時期は夜、この時期はデーゲーム、というのが確立されてくることでしょう。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー