So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
釣果報告 ブログトップ
前の10件 | -

11/23 まだまだ釣れる若狭湾 [釣果報告]

12月だというのに暖かいな、なんて思っていたら急に寒くなりましたね。自分は冬の釣りが大好きなので釣りに行きたくてウズウズしています。が、仕事が忙し過ぎてそれどころじゃないという(涙)。

晩秋から初冬への移り変わりの季節です。海であれば、いわゆる「釣りモノ」が変わっていく時期。地域によっても釣りモノに違いがあるのですが、さて何を狙いましょうか?でも、こんな時期だからこそ絞り込み過ぎない方がいいのかもしれません。

若狭湾でお父様と釣りを楽しんでいるおもちさんからの釣果報告が届きました。季節の変わり目なんだなぁと思えるような内容でした。釣行日は11月23日との事です。

シーバス67cm ハルカ125S(10.パールチャート)

 ホームエリアのシーバスゲームですが、おそらく魚影がもの凄く濃いという訳ではなく、特に活性が上がるであろうタイミングを狙っての短時間勝負です。この日、本命のポイントは読みを外してしまい、ショートバイト一発のみで撃沈……。

181211-1.jpg

 しかし、おさえで回ったポイントで一匹キャッチすることができました。ヒットルアーはまたまたハルカ125S(10.パールチャート)で、おそらく上げ潮と共に回遊してきたであろう美しい個体でした。明るい場所なので、ナチュラルカラーやシンキングペンシル等を中心にローテーションしていたのですが、お気に入りのパールチャートカラーに交換した数投後の出来事でした。

 ここは夏の間、特に小型ルアーに実績のあった場所なのですが、季節が変わるとルアーへの反応もまた変わってくるようです。お決まりのパターンだけではなく、色々な引き出しを持っておきたいと考えさせられる一日でした。

カサゴ15cm メバピョンピョン 1.3インチ(08.クリアーSF/ORグロー) ダート系ジグヘッドリグ 1.4g

181211-2.jpg

 釣行のメインはあくまでシーバス狙いなのですが、潮止まりの時間帯はライトゲームを楽しむのがお約束。寒い中でも元気なカサゴが主なターゲットですが……。

キジハタ28cm チェリーブラッドLL70S ホタルイカパターンSP(84.HGG)

181211-3.jpg

 この日は寒い時期には珍しく、そこそこサイズなキジハタがヒット。チェリーブラッドをぱっくり丸呑みでした。

 さて、だんだん寒さも厳しくなってきましたが、冬シーバスはもうしばらくは狙えるはず。まだまだグッドサイズを目指して頑張りたいところです!

1回の釣りでシーバスからロックフィッシュゲームまで堪能していますね(笑)。これって凄く贅沢な事だと思います。地域的に恵まれていなければ出来ないし、丁度季節の変わり目だからどちらも狙えるというタイミングもあるでしょう。

さすがにキジハタはこれからは厳しくなるでしょうが、まだシーバスが狙えるというのであれば、シーバス&カサゴの2本立てはしばらく楽しめそうですね。

皆様からのスミスルアーでの釣果報告をお待ちしております。 釣果報告はこちらから。よろしくお願いいたします。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

11月 シラスミノーLLSで狙う東京湾沖提メバルゲーム [釣果報告]

バスは徐々に厳しい季節に突入しますが、逆に好機を迎えるのがソルトのライトゲーム。S野さんは既にシーズンインしたようで(笑)東京湾でのメバルプラッギングに精を出しているようです。今回は沖提での釣果報告をいただきました。

沖堤のライトゲームに出かけました。

デイゲームではメタルジグでメバル、カサゴ、ムラソイをキャッチ!

ナイトゲームでは、メバルが水面直下を意識している様子。
遠投できて表層を泳ぐシンキングペンシルが活躍しました。
微妙な泳層の違いで反応があったりなかったり。プラッギングはなかなか難しいです。
のらないアタリの苦しみつつ、いろいろと試していると、少し深い層を泳ぐシラスミノーLLSにヒット!
20cmオーバーをキャッチできました。

181127-1.jpg
↑シラスミノーLLS+メバルフックバーブレス#12。フィッシュグリップが光ってしまいました↑

今シーズン メバルプラッギングは3回釣行しました。そして、毎回、シラスミノーリップレスでメバルをキャッチしています。今シーズンも欠かせないルアーになりそうです!

この沖提、デーゲームでも楽しめる貴重な場所なのですが、夜にやればメバルもカサゴもさらに釣れます。が、12月に入ってしまうと夜間の渡船がなくなってしまうので、ナイトゲームは間もなく終了になってしまうのです。せっかくのシーズンインなのにシーズンオフになってしまうという、勿体ないなぁ~。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

11/18 ハルカで狙う若狭湾のランカーシーバス [釣果報告]

今年も残すところあと一ヶ月少々となりましたが、皆さんは今年、記憶に残るような大物を釣ることは出来たでしょうか。これといった大物に恵まれていないという人は残りの一ヶ月で釣れるといいですね。

若狭湾で釣りを楽しんでいるおもちさん、かなりの大物シーバスをキャッチされたようです。おもちさん自身のレコードフィッシュでもあるそうで、最高の結果を手にしたと言えるでしょう。

11/18 ハルカ125S(10.パールチャート)でキャッチしたのは84cmのランカーサイズ。これは嬉しかっただろうなぁ。

 秋から冬にかけての若狭湾ですが、良型のシーバスが比較的狙いやすい時期となります。

181126-1.jpg
181126-2.jpg

 今季に入っての初釣行が十八日だったのですが、なんとシーズン一本目にして自己最長寸となるグッドサイズをキャッチする事ができました。ここ数年のデータを基に、ちゃんと狙って釣ったと言える魚でしたので喜びもひとしおといった感じです。

 この時期は恐らくですがサヨリをメインに捕食しているらしく、スリムなハルカシリーズが毎年大活躍です。潮流に乗せながらのスローリトリーブが基本で、私自身過去の80cmを超える魚は全てこのパターンでのキャッチでした。
 特にナイトゲームでは、ローリングアクションが出たり、出なかったり…の微妙な巻き速度。実績アリです。

 その後、ポイントを交代したおもち父のハルカ125F(09.クリアーマーブル)にもシーバスがヒット……はしたのですが、なんと障害物に巻かれてしまい、涙のラインブレイクでオチがついてしまったのでした……。

大物シーズン一本目、ということはまだまだ大物を狙えるという事ですね。このまま波に乗って更なる大物を釣って欲しいところです。お父様のヒットさせたシーバスも大きそうだっただけに残念。お父様のリベンジにも期待をしています。

これまでの経験から釣れる時期を選び、捕食されているベイトから細身のミノーを選び、効果的な引き方を駆使して結果を出した。これこそまさに「釣れた」ではなく「釣った」ですよね。たまたま釣れてしまう魚も嬉しいには違いないですが、狙って仕留めた大物にはきっと感無量だったことでしょう。おめでとうございます!!

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

11月上旬 根魚大将で狙う若狭湾のクロソイ?! [釣果報告]

自分がロックフィッシュで一番好きな魚がクロソイです。夜釣りが主体となりますが、岩手沿岸の漁港などでは普通に釣れます。釣り方はヘビーテキサスなどではなく、軽目のジグヘッドリグ辺りが一番向いていると思います。場所次第ではノーシンカーやプラグの釣りもアリ。ゲーム内容として多彩だし、見た目もバスっぽくて好き。

唯一残念なのは関東近郊ではほぼ釣れない事。東北の太平洋側にまで行かないと釣れない魚なんですよねぇ。

ですが何と、M野さん、OKさんらの開拓の成果もあって伊勢湾(中部地方の太平洋側)でも釣れることが判明。数は多くなさそうですが一応は再現性のあるゲームとなっているようです。自分の中では東北の魚というイメージだったのでこれにはかなり驚かされました。

が、今回は何と北陸日本海側でのクロソイゲーム!嘘だろ?と思いましたが、これまたM野さんの開拓釣行が驚くような結果を見出しました。

この度は根魚大将2.8インチを使って福井県・若狭湾にてクロソイが釣れましたのでご報告させて頂きます。

クロソイは北海道や東北で釣れるイメージがありますが、去年、三重県の伊勢湾で再現性もってクロソイが釣れることが判明し、より身近な魚になったと感じていたのですが、今回はまさかの若狭湾での釣果です。

今まで私個人的に、散々若狭湾でロックフィッシュゲームをやってきましたが、クロソイが釣れたのは今回が初めてです。

本当に不思議な魚です。

今年の夏から調査していたチニングでポイント開拓をしていたところ、過去にチヌの群れを目撃したポイントを思い出し、そこで釣りを開始。

比較的浅いエリアで、水深は1.5m未満と言ったところでしょうか。
そこそこ根はありますが、大きな岩があるわけではなく磯と砂利浜の中間的な場所です。

タックルは某社ベイトフィネスタックルに3.5gテキサスリグ(途中から2.6gジカダンに変更)+根魚大将2.8インチをセット。
カラーは「オレンジ・ゴールドフレーク」です。

キャスト後ワームを着底させてリフト&フォールを繰り返します。

すると、「ゴンッ!」というアタリが!

181111-1.jpg

釣れたのはお馴染みのガシラ(カサゴ)でした。

その後、「ガンッ!」という金属的なアタリがでます!

なんとなくアコウに似たアタリかたです。

引きも先のガシラよりも引き、さらに引き上げる直前まで暴れ続けます。

これは、ちょっとガシラっぽくないな。

と思ったら、なんと!クロソイだったのです。

181111-2.jpg

正直、驚きました。今まで若狭湾では一切釣れなかった魚ですので感動ものです!

その後も、同じやり方でポツポツと釣れるじゃありませんか!

181111-3.jpg
181111-4.jpg
181111-5.jpg
181111-6.jpg

これは単なる偶然ではなく、「再現性のある釣り」であると確信できました。

しかし、本当にごく一区画でしかクロソイは釣れてくれませんでしたので貴重な魚であることは間違いありません。

引き続き調査して参ります。

この度も根魚大将2.8インチのおかげで、楽しい釣りが出来ました。
ありがとうございます!

自分が知らないだけなのかなと思って福井県内でのクロソイの釣果がないか調べてみました。結果、0ではありませんでしたが数年前の釣果だったりと、狙って釣れる魚ではない事だけはよくわかりました。

今回のM野さんの釣果はまとまった数を釣っていますので、たまたま釣れたというわけではなさそうです。

何らかの理由でクロソイが若狭湾に定着してきているのか?それとも、元々居たけれど釣り方が見出されていなかっただけなのか?M野さんも引き続き調査してみるとのことなので、結果が気になるところです。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

10月下旬 シラスミノーリップレスとメバピンピンで狙う東京湾ボートメバル [釣果報告]

夏から秋には沖提ライトゲームにいそしんでいたS野さんですが、S野さんの本職はボートメバル!ここにきてようやく東京湾のボートメバルもシーズンインということで早速出掛けてきたようです。

朝晩はすっかり涼しくなり大好きなメバリングシーズンがはじまりました。
早速ボートメバリングに行ってきました。

メバルよりもシーバスの活性が高く少し苦戦しましたが、表層の流下物を食べているポイントでは水面直下のペンシルベイトに「シュポッ」とバイトしてきました。楽しい!

181105-1.jpg
↑シラスミノーLSP マットオレンジ キャスティング特注カラー↑

181105-2.jpg
↑シラスミノーLLS チャートオレンジ↑

水面まで出切らないポイントではメバピンピンのジグヘッドリグが活躍しました。

181105-3.jpg
↑メバピンピン+1.5gジグヘッド↑

写真はありませんがCB70driftでは元気なシーバスをキャッチ!
ベイライナーAKBMはフッコに主導権を与えずにスピーディーに寄せることができました。

近年はメバルをプラグで釣ることも至ってポピュラーになってきています。でもプラグに向いた時期というのはシーズン後期となる春かな、と個人的には思っていたのですが実はそうでもないみたいです。具体的には厳寒期に入る前の秋~12月初旬にかけてもプラグの釣りが効くのだそうです。その位の時期はバス釣りばかりしているから気が付かなかったなぁ・・・

今シーズン、スミスではメバル用プラグの新製品が目白押し。既に発売済のルナメバルに、辻本ナツ雄さんが手掛けたPKミノーPKポッパー。少し先の話になりますがガンシップにも新しいタイプが加わります。一気に出し過ぎじゃないかという気がしないでもありませんが(汗)メバルフリークの皆様には楽しみにしておいて欲しいと思います。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

10月上旬 黒鯛大将で狙う若狭湾のチヌ [釣果報告]

地域によっては決して難しいターゲットではないチヌ。が、若狭湾ではルアーでのチニングが確立されておらず、開拓心溢れるアングラーM野さんも試行錯誤を続けていたようです。

この度は福井県・若狭湾でのチヌ(クロダイ)をルアーで釣るチニングで黒鯛大将アマジャコを使わせて頂きました。

秋になってから、パターンが変わったのか?はたまた台風などの影響で海の荒れた状態が続いていたためか?
具体的な理由はわかりませんが、このところ、チヌのバイトは一晩中やってもワンチャンスあるか、ないかという状況でした。

しかしながら、一晩中やり続けた結果、秋になってからはどうも日没後よりも、深夜2時過ぎから夜が明けるまでの間にチヌの活性が比較的高くなることがわかってきました。

しかし、その仮説があったとしても、とりあえず、今回も一晩中やり続けようと、日没後から開始。

某社ベイトフィネスタックルにラインはPE0.6号+リーダーはフロロカーボン8lb。

最初はリーダーレスダウンショット(1.8g)にアマジャコをセットします。

漁港の岸から第一ブレイクに沿うように斜めにキャストして、する引きやボトムパンプを行います。

すると、お約束のガシラがヒット!
陸釣りではなかなかお目にかかれない25cmの良型ガシラです。

181022-1.jpg

その後22cmのガシラが釣れました。

181022-2.jpg

アマジャコはチヌ用のワームですが、ロックフィッシュゲームでも大活躍です!

今度は黒鯛大将にチェンジしてすぐに、またガシラがヒット。

181022-3.jpg

この調子でチヌも釣れないかと思いましたが、沈黙状態。

しばらく仮眠して深夜2時過ぎから再開する予定でしたが、寝過ごし3時から開始。

午前4時前後に2度「コ・ココンッ!」というチヌと思われるアタリがありましたが、フッキング出来ず、さらに1時間が結果した夜明け前の午前5時、「コ・ココンッ!・・・ゴン!」というアタリが!そして、フッキング!

ものすごい勢いで暴れますが、根に潜ろうとはしませんのでチヌだろうと確信し、ドラグを緩めてチヌの体力を消耗させてからランディングしようかと思いつつも、それほど大きくないかなと思えるファイトだったので、そのままゴリ巻き。

釣れたのは36cmのチヌでした。

181022-4.jpg

181022-5.jpg

大きさはそこまで大きくないですが、一晩中かけて釣れた貴重な1尾。感無量でございます。

この度は黒鯛大将とアマジャコのおかげで楽しい釣りが出来ました。
ありがとうございます!

以前にも釣果報告をいただいていて、それからしばらく経過をしましたがコンスタントに数釣りできるまでには至っていないようです。それにしても一晩かけて1尾というのはなかなか心が折れますね(汗)。そしてそんな状況下でも一晩釣り続けるM野さんの根性も凄い。

それでも試行錯誤を重ねて、釣れる時間帯までは把握してきたM野さん。効率が上がってきているのは間違いないと思います。釣果が伸びる可能性はまだありそうな気がします。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

10/13 新利根川、スイッチバズで4尾キャッチ [釣果報告]

だんだんと肌寒くなってきたのでそろそろトップの釣りは厳しいかな、なんて気持ちになりがちな時期ではありますが、釣る人はしっかり釣っています。

今回は初めて釣果投稿をして下さった濃口醤油さんからの釣果報告です。釣果投稿ありがとうございました!

10月13日の新利根川での釣果なのですが、スイッチバズで4尾のキャッチだそうです!

こんにちは!初めて投稿させていただきます。
10月13日土曜日、新利根川での釣果です。
スイッチバズで40センチを含む4本をキャッチしました。

181019-1.jpg
181019-2.jpg
181019-3.jpg
181019-4.jpg

岸沿いを回遊して浮きものについてサスペンドいる魚を狙っていくイメージで使いました。
今時期の新利根川のバスは魚もエビも食べているようなので、どちらにも見えるバズベイトはとても効果的ですね。

スイッチバズは巻き抵抗がしっかりあり、一定の速度で巻きやすく、また喫水が深くフックも鋭いので、バイトがあるとほとんどが乗るので、使いやすく、本当によく釣れるバズベイトだと思います。

音の出具合や水の撹拌具合などもペラで調整できるので、その時々に応じて音や撹拌具合が良い感じになるよう調整しながら使っていくのが楽しいです。

スイッチバズを使い始めてから、他のバズベイトをほとんど使わなくなってしまったくらいお気に入りです。

「バズベイトってこんなに釣れるんだ」と思わせてくれたルアーです。

また投稿させていただきます。

ありがとうございました。

バズベイトは常に効くルアーではないですが、これが効くという時は他のルアーを圧倒する力を感じますよね。濃口醤油さんの4連発もまさにバズベイトが状況にハマっている日だったのではと思います。

バズベイトにも色々な種類があります。大きなペラが一枚付いているもの、スイッチバズのように前後に異なるタイプのペラが付いているものもあります。でも昔に比べたら種類は減ったと感じます。昔はプラスチック製のトリプルブレードなどもありましたから。
そしてバズベイトに関してあれがいい、これがいいという話も出ます。ペラのワイヤーを微かに接触させるといいだとか、擦れる音がいい、など。

ちなみに自分はとにかくペラが軽くシャラシャラと回転するものが好き。ワイヤーアームとの接触は回転を阻害する要因なのでむしろ避けたいと考えており、ペラがアームに当たらないようワイヤを軽く広げています。ペラ自体も回転を上げるために曲げを強くしたりします。

何が言いたいかというと、バズベイトは個人の好みに合わせてチューンできるのが楽しいという事です。ステンレスワイヤのアームは角度を狭めることも広げることも出来るし、アルミ製のペラは簡単に曲げられる。ビッグバドなどもアングラーが個々に好みの音質に改造しているケースが多いルアーですが、調整自体はバズベイトの方が容易いです。現場でも簡単に出来てしまう。

濃口醤油さんもスイッチバズを自分好みに調整して釣果を上げているのでバズベイトの釣りの楽しさを理解しているなぁと思います。

バズベイトが好きなアングラーのボックスを覗く機会があったらバズベイトの「仕上げ具合」を見てみるといいと思います。おそらく市販のままで使っている人は少ないはずですから。

皆様からのスミスルアーでの釣果報告をお待ちしております。 釣果報告はこちらから。よろしくお願いいたします。

gill-bf.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

10/14 根魚大将で狙う島根のアコウ [釣果報告]

東北方面からはロックフィッシュの好釣果が聞こえてくるようになりました。好機到来と言った感じです。一方、日本海側のアコウはそろそろシーズン終盤です。H田さんも今シーズン最後のアコウ狙いに行ってきたようです。

日時:2018/10/14
時間:6時〜12時
場所:島根県出雲市
ワーム:根魚大将 3.4インチ ピンクシルバー
仕掛け:テキサスリグ、シンカー14g

今回はエギングでよく利用している渡船屋さんを利用して、沖磯に渡りました。この磯は尺クラス以上のアコウが狙える実績ある磯です。

181018-2.jpg

まずは、見えイカを発見したので、エギを投げますが、イカの活性が低いのか見向きもしません。元々日本海なので、潮はあんまり動きませんが、今日は全く動かない状態。ワームを投げても、フグなどの外道がかじってくるだけです。

8時くらいに、少し潮目が出来た場所を発見したので、エギングしてると、明らかにイカではない当たりが…ドラグがジージーとなります。目の前に現れたのは尺超えの立派なアコウ…抜き上げの時にすっぽ抜けてしまい、取り込み失敗。念の為、フォローで、根魚大将を投げると、2投目でゴンッとアコウの当たり。

181018-1.jpg

上がってきたのは、先程より少し小さめの30センチのギリギリ尺アコウ。
その後、潮目がなくなり、当たりも全く出ないまま、納竿。

厳しい遠征でしたが、やはり、エギングとアコウは同じ場所で釣れるので、エギンガーにも是非、根魚大将などのワームを持って釣りに行かれる事をお勧めします。

H田さんが釣りをされている場所、海も景色もとても綺麗。こんな場所で釣りをしていると癒されるんでしょうね。そして釣れるアコウも色鮮やかでとても綺麗です。

フィールドテストで島根まで行ってきます!なんてことが会社経費で認められれば自分も喜んで出掛けるところですけど、まぁ無理だろうなぁ・・・

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

10/12 サラナでキャッチした若狭湾シーバス [釣果報告]

若狭湾で釣りをしているおもちさんからの投稿です。最近釣果報告が来ないなと思っていましたがそりゃあそうです、日本海側は結構天候酷かったですものね。

10月12日にキャッチしたシーバス59cm。ヒットルアーはサラナ80Fだそうです。

 お久しぶりの投稿です。週末のたびに大雨だったり台風だったりで、なんとも悶々とした日々が続くこの頃です。この日もあいにくの強風でしたが、そんな中でも安定のサラナが大活躍でした。
 ポイントは湾奥のシャローエリア。これまでシーバスの実績は無いものの、魚の姿自体は何度か目撃しています。ちょうど日没から満潮に向かうタイミングなので、やる気のある魚が入っている可能性がありました。

 この場所はごく薄くですが街灯の光が海面に届いているため、クリア系のカラーを選択。期待を込めて第一投目! は、うっかりリールのブレーキを変え忘れてバックラッシュ。ブレーキのセッティングと気を取り直して二投目、明暗と岸辺のブレイクラインに沿うように通した所、狙い通りのヒットでした。

181017-1.jpg

 この場所で、この時間に、このルアーで、こう狙う、というのがぴたりとハマった一匹。魚釣りって楽しい! と心から思える瞬間だと思います。

 ……なおその後、手を変え品を変え場所を変え、色々やってみましたが次のお魚さんからの反応はありませんでした。
 うーん、魚釣りって難しい!

狙い通りの場所、タイミング、ルアー、釣り方、その全てがドンピシャにはまった感じですね。1投目はミスキャストしてしまったようですが2投目でいきなりヒットさせている辺り、一発でヒットさせたといっていいでしょう。

自分の場合、1投目~2投目って凄く身構えながらルアーを引くことが多いんです。ヒットするんじゃないか?という期待が最高に高まっているタイミングです。で、反射神経が鋭くなり過ぎていてミスってしまうという(苦笑)。早アワセとかね。なので1投目で仕留められる多い釣り人は上級者だと思っています。

gill-mossa.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

9/26 利根川クランキングで40cm弱 [釣果報告]

いつも利根川での消波ブロックでバスをキャッチしてくるアキラさん。消波ブロック撃ちということで普段はワームでの釣果が多いのですが、今回はクランキングで見事にキャッチされてきました。ヒットルアーはボーマーのスクエアA

今日は午前中だけの釣行、いつもの消波ブロック帯です。水位が高く消波ブロックはほとんど水中に隠れている状態。この時期、このくらいの水位、以前クランクで釣った状況と似ている(滅多にハードルアーで釣らないのでよく覚えてます笑)。

180928-1.jpg
180928-2.jpg

あの時と同じように岸際を巻いているとグンっとバイト!北東の風が当たってちょっと荒れ気味だったのが少し気になりましたが、狙い通りの一匹でした。

過去にハードルアーで釣った時の状況をちゃんと覚えていて、それに近い状況だと判断して狙い、その通りに釣ってしまうのだから素晴らしいです。増水によって魚が岸際まで寄っていたかもしれないですね。

おっ、アキラさんが使っているスクエアAのカラー、BTSというカラーなのですが廃盤になってしまったカラーです。ボーマーのルアーってロングA(14A、15A)などはここ数年でカラー数がどんどん増えているのですが、フラットAやスクエアAは逆にどんどん減っているのです。スクエアAの1/4oz(B04SL)なんてたったの5色にまで減ってしまった。自分が溺愛するフラットAもそう。
これ、在庫がなくなった色から廃盤にしていって、最終的にはアイテム自体が消えてしまうんでは・・・なんて心配になります。

スクエアAは実売価格¥700~800台で買えると思いますし、泳ぎに関しても優等生のシャロークランク。安くて使えるルアーは販売を継続していって欲しいところですねぇ。

皆様からのスミスルアーでの釣果報告をお待ちしております。今回のようにプラドコ製品でもOKです。 釣果報告はこちらから。よろしくお願いいたします。

gill-mossa.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 釣果報告 ブログトップ