So-net無料ブログ作成

8/10 ボトムノックスイマーとクローンクローで狙う東京湾沖提カサゴ [釣果報告]

自分の職場のお盆休みは8連休でした。本日は連休明けということもあって仕事がドッサリ溜まってました(滝汗)。
それはさておきこの連休は台風10号の影響で釣りを見送りにした日があったという人も多いことでしょう。関東でも連休後半は多少影響がありましたが前半はまだセーフでしたね。

S野さんも8/10は無事に釣行できたようです。この日はまだ海上のウネリもなく渡船も普通に運行していたようです。

東京湾某堤防にまたまたカサゴ釣りに行ってきました!
基本的はハードルアーで、潮止まりの渋いときにはクローンクロー。
最近は、この布陣で安定した釣果が得られています^^

190819-1.jpg
190819-2.jpg
190819-3.jpg
190819-4.jpg
190819-5.jpg

先日私が渡したゼブラグローカラーのボトムノックスイマーが良い感触だったそうなのですが廃版カラーで買えない!ということで、代わりに現行カラーのフルグローカラーを買ってきて使ってくれたようです。

で、試した結果・・・フルグローもイケる!とのことです。もちろん夜釣りではなく日中のカサゴ釣りの話です。

このフルグローカラー、トラウト用のカラーラインナップに組まれている色なのですが、故・本山さんが実際に試してみて、トラウトにも効くということを実感してラインナップさせたと聞いています。トラウトですから勿論昼間の釣りでの使用です。
私自身もグローカラーは夜釣りの定番とばかり思いこんでいましたが、昼間でも効くということです。カサゴもトラウトも。

実際のところ、東京湾のカサゴは昼間でも派手なカラーでよく釣れます。昼間のグローカラーも派手なカラーの1種と考えればよいと思います。
但しこれはルアー釣りの基本ですが、派手なカラーはスレやすい。同じ場所でルアーを投げ続けた場合、先にバイトが途絶えるのは派手な色の方です。ナチュラルカラーの方が長時間バイトが継続します。

もし一箇所に固執せず、移動しながら釣るのであれば派手カラーを使い続けるのも手だと思います。勝負が早く結果が出やすいと思います。
そうではなくピンスポットに投げ続けるだとか、人が多くて移動できないというような場合ではナチュラルカラーで攻め続けてとことん釣り切るのがいいかと思います。ケースバイケースですね。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー