So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ウッドラバーネット [自社製品]

自分は渓流のトラウトフィッシングはやらないのですが、その道具観といった部分に惹かれるものが幾つかありました。まぁ、昔話なのでジジイの戯言だと思って聞き流して下さい。

アングラーズハウスのウェーダー、タラスブルバのフィッシングベスト、そしてブローディンに代表されるウッドフレームのランディングネット。これが格好良かった。

勿論、ウッドフレームのランディングネットは今でもネイティブトラウトの世界では一番人気です。一方で同じトラウトの世界でもエリアトラウトとなると金属フレームのラバーネットが全盛ですから、まるで嗜好が違う。ロッドにしても同様で、ネイティブトラウトの世界ではコルクグリップが不動の支持を得ていますが、エリアトラウトではEVAグリップのロッドもある。で、もし渓流にEVAグリップのロッドを持ち込むとなると、やっぱりそれは違うだろうなと。

ネイティブトラウトの人は流行には左右されず、長年愛用できるようなものを選ぶ傾向が強いと言えるでしょう。カーディナルのリールにしても然り、トラディショナルなものが好まれる。

が、最近ランディングネットは少し事情が変わりつつある。渓流のアングラーもラバーネットを使う人が増えてきたのです。魚に優しくありたいという気持ちからなのかもしれません。が、エリアで多用される金属フレームのラバーネットはやはり自然の渓流にはちょっとミスマッチな気がしないでもありません。

180525-1.jpg

そこで近年人気が出てきているのがウッドフレームのラバーネットです。確か本山さんもこの手のネットを使っていたような。
以前に販売されていたものは、既存のウッドフレームに既存のラバーネットを無理矢理組み合わせたようなもので、ゴワゴワしていて見た目にも美しいとは言えないようなものでしたが、ここにきて最初からウッドフレームのラバーネットとして設計された製品が出てきました。ちゃんとフレーム形状に沿って作られたネットになっています。

ブローディンに憧れた世代としては、ウッドフレームのラバーネットという組み合わせというのは実を言うと少しばかり違和感があった。ゴハンにマヨネーズは合わないだろ的な。でも見ているうちに段々と違和感が薄れてきました。ゴハンにマヨネーズもまぁそんなに悪くはないか?って。

少なくともラバーネットが魚に優しいのは間違いないです。これからはますますこの手のネットが浸透していくのかもしれませんね。

【ウッドラバーネット】
・¥4,800+税
・ネットの色はブラックのみ

発売開始しました。好評で、なかなかの人気商品になっています。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。