So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

12/28 今日の戸面原ダム [釣行記]

本日より年末年始休暇に入りました。そして今月3度目になる戸面原ダムへ。

ホームレイクにするんですか?と聞かれますが、ハイシーズンの週末には行かないと思います。自分は冬のバス釣りが好きなので、その可能性を模索しているというわけです。

171228-1.jpg

水の色は相変わらず濁っています。2月半ばごろまでは濁りが取れないんじゃないか、とはボート店の御主人談。ただ、これが普通の水色というわけではなく例年はもっと澄んでいるそうです。

171228-3.jpg
(2017.12.15撮影)

今年の秋の台風や大雨がいかに強烈だったかですね。湖岸道路を潰してしまった地滑りも半端なく凄い。

171228-2.jpg

朝は桟橋もボートも霜で真っ白でした。気温は車の温度計で-4度。水温は8度台でした。

ボート店の奥さん曰く、昨日はシャローで7尾釣った人がいるので浅いところを丹念にやるのがいいみたいです、との事。出来れば事前情報は耳にしたくなかったのですが、良かれと思って教えてくれたのでしょう。まぁ、いずれにせよシャローの浮草カバー撃ちから様子を見るつもりだったので問題なし。

ボート店横のカバーから撃ち始めると、テナガホッグをピックアップする際に水面まで追ってきて反転バイト!の喰い損ね。シャローの魚、こんなに活性高いの?!船の中は凍ってるのに(笑)。

続いて毎回魚をキャッチ出来ているメインレイクのカバーへ。ここはスモラバ+BFシュリンプをフォールさせると喰った。オリャーとアワセると魚が飛んできてオートリリース(苦笑)。30cmくらいでした。

寒さと共にシャローカバーの威力は薄れると予想していたのですが全然パワーダウンしていない印象です。むしろ喰うようになってないか?!

時期が時期だけにこれまではメインレイクを中心にして意識的に川筋は避けていたのですが、今日は上郷方面を進んでみることにしました。

171228-4.jpg

水没しているブッシュも多く、これはこれで可能性があったりして・・・

171228-5.jpg

なんて思いつつスモラバ+BFシュリンプ2.8インチを撃ち込んだら答えがすぐに出た!35cm。

こんなブッシュだったら他にも沢山あるぞ?ひたすら撃っていったらバンバン釣れちゃうんじゃないか。すると再びスモラバ+BFシュリンプにズシッ、グイーというバイト。確実に魚でしたが木化け。確かにブッシュの枝っぷりが半端じゃない。

パワーフィネスのスモラバだと回収時にソーッと持ち上げて来ないと枝にクルクル巻き付いてスタックしてしまうので手返しが非常に悪い。それならばということでテキサスリグを撃ち込むとこれが全然喰わない。スモラバ、使うのに神経擦り減らすけど、やはり強いですねぇ。

171228-6.jpg

広大な浮草カバー+水没ブッシュのエリアもありました。浮草カバーが厚くスモラバでは撃ち抜けない。1/4ozテキサスリグのテナガホッグで2バイトを得ましたが、喰いが浅くスッポ抜け。スモラバだったら掛けられていたかもしれませんが厚いカバーだから使えない、でもテキサスリグだと喰い渋るというこの時期ならではのジレンマを感じました。ちなみにバイトが出たのは水深50cmもないような場所です。

ミスが多くてキャッチは1尾だけですが、なんだかんだ言っても結構シャローカバーでバイトが出ている。この時期にこれだけシャローカバーでバイトが出るって、やっぱり凄いです。霞水系のハイシーズンにアシ撃ちしたってこんなにバイトは出ません。もしかすると今シーズンの戸面原はこのまま冬が過ぎていくのかも。

171228-7.jpg

でも一応、午後はディープのチェックもしました。今回は「馬の背」の屋敷跡ブッシュ(水深6~8m)をほぼバーチカルにじっくり攻めてみました。ライトリグに加えてバンドゥクローのヘビーダウンショットも入れてみましたがノーバイトでした。これ、釣り方云々というよりここに魚が居ない感じだなぁ。水の色が回復しない限り、ディープのチェックは止めておいてもいいのかも。

今日はヘラのお客さん1人、バスは自分と手漕ぎの人が1人の2名のみでした。師走とはいえちょっと少な過ぎるのでは。どうして人が少ないのか?というのは、戸面原ダムが思ったほどは釣れていないからだと思います。釣果情報がボート店のホームページに載っていますが0~3尾なんて日が多いのです。釣れるという話がないと皆さんなかなか釣りには来てくれないようで。出来れば自分が景気のいい釣果を上げられたらいいのですが、なかなか・・・。

自分はあまり釣り場が混むのは好きではないのですが、折角バス釣りが出来るようになった湖ですからボート店の方にも「バス釣り開放して良かった」と思って欲しいです。なので、冬場ではあるけれどもうちょっとお客さんが来てくれるといいなぁ。

この湖、亀山や三島湖のようなディープのフィネスフィッシングよりも冬でもシャローカバーが有効な湖のようです。そうした面では、カバー撃ちが大好きな印旛や霞といったマッディーシャローをホームにしている人にピッタリかも。今の時期でも充分楽しめます。魚は多い湖ですので、一度どうですか?

gill-tentacrawler.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。