So-net無料ブログ作成

外来種に関するパブリックコメント、募集開始 [物申す!]

外来生物法施行の際に環境省が実施したパブリックコメントは、皆さんご存知の通りバスの指定に反対する意見が9万通ありました。

そして法施行後5年が経過した際に、細部の見直しに関するパブリックコメントが募集された際にはあらゆる生物に関するあらゆる意見をひっくるめて僅か85通でした。

少ないですね・・・

興味が薄れた、送っても無駄、という人もいるかもしれないけれど、一番の原因は「そんな意見募集なんて知らなかった」でしょう。

実はまたしても外来生物法に関する新しいパブリックコメントの募集が始まっています。内容は2種類あり、
「外来種被害防止行動計画(案)」に対する意見の募集(パブリックコメント)について

「我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト(案)」に対する意見の募集(パブリックコメント)について
です。

いずれも締め切りは平成27年1月11日となっていますので、まだ時間の余裕は多少あります。自分の希望と致しましては、必ず関連する資料の内容をしっかり確認してみて欲しいです。単に「バスの指定を解除すべき」なんて意見は、資料を読まなくても誰にでも書けます。そうではなく、バス(または魚類)の扱いに関する部分だけでも良いのでその内容を確認し、それに関する具体的な意見を提出してみてはどうかと思います。

例えば「我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト(案)」を見てみましょう。

オオクチバス、コクチバス、チャネルキャットフィッシュ、ブルーギルは総合対策外来種/緊急対策外来種とされています。ニジマス、ブラウントラウト、レイクトラウトは産業管理外来種(適切な管理が必要だが、産業上重要なもの)です。琵琶湖・淀川以外のハスはその他の総合対策外来種/国内外来種です。突っ込みどころ満載ですよね。

オオクチバスは人の生命・身体や農林水産業等社会経済に対して甚大な被害を及ぼす?! 自分を含めたバス釣り業界、バスのおかげで飯が食えているんですけど。おまけに、散々釣りまくっているのに至って健康ですけど。

といった按配です。なかなか大変な作業にはなりますが、それぞれの資料にもよく目を通して、考えて、意見を出してみて下さい。

くれぐれも無効意見とならぬよう、提出方法をよく読んで提出してみて下さい。例えば、文書ファイルに意見を記してメールで添付なんかして送ったら、それは無効意見になってしまいます。ご注意下さい。

パブリックコメントの提出締切日に誤記がありました、申し訳ありません。本文は訂正済ですが、平成27年1月11日が締め切りとなっております。

gill-spiny.jpg
nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 1

山口 直希

スミスさんは今回の件に関してWEB上で何か情報を発信していますか?
9万もの意見を黙殺された私達に何かを要求するよりも前に、メーカーに勤める方として何かする事が有るように思えてなりません。

生意気言って申し訳有りませんでした。
by 山口 直希 (2014-12-16 05:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。