So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

化研トレブルフック [自社製品]

今でもトップウォーターフリークの中にはあえてこだわっている人もいるようですが、昔はトレブルフックといえばマスタッドとイーグルクローくらいのものでした。舶来品にも国産品にもそれらのメーカーのフックが付いていて当たり前でした。それしか選択肢がなかったのですから致し方のない事です。

魚がルアーにアタックしてきたのに掛からなかったり、簡単にバレてしまうことがあっても、まぁ仕方がないと思っていました。その程度の針先でした。カエシも大きく、ブロンズ色のフックに至っては使った後に放置すると錆びてくる。だから使った後には水分を取る、針先が鈍ったら研ぐ。そうしたフックのメンテナンスも常識的なものでした。だから当時のルアーマンはその多くがフックシャープナーをちゃんと持っていたものです。

130916-1.jpg

そんな折、仲間内で「あの銀色のフック、やたら刺さり良くないか?」と評判が立ったフックがありました。それはダイワさんのバスハンターに付けられているフックでした。同じものはドリンカーやシーバスハンターにも付けられていました。やがてそのフックは¥250といった価格で別売りもされた。

今までのブロンズのフックに比べて明らかに刺さりがいいと自分も思いました。人によっては錆びたところから折れやすいという意見もありましたが、錆びたものを交換すればそれで済む話でもありました。

130916-2.jpg

時代は流れ、似たような銀色のハリでももっと刺さりのいいものが登場しました。言わずと知れた化研トレブルフックの登場でした。「触れるだけで刺さる」まさにそんな感じで、特にルアーに軽くチェイスしてくるような魚、具体的にはニジマス、セイゴ~フッコクラスのシーバスの釣りには革新的とさえ思えました。それまではルアーを引いている最中、単に「ゴ、ゴンッ」とアタリを感じるだけで終わってしまっていたものが大幅に「掛かる」ようになったからです。

これは日本のルアーフィッシングにとって本当にエポックメーキングな事だったと自分は思うのだけれど、あまりそういう話を聞かないのはどうしてだろう。

今ではさらに高級なフックも存在しますが、価格と性能面のバランスを考えれば自分のフェイバリットは今でも化研トレブルフックです。

130916-3.jpg

ルアーは良いのに元々付いているフックが・・・という場合、私は躊躇せず化研フックに付け替えます。海外製のルアーなどは今でも化研でないフックが付いている場合が多いので言うまでもなく交換です。

また国産品でもソルトルアーには太いフックが付いていることがほとんどですが、私の場合は「ここ一番」で使う一軍ルアーに関しては、これもまた化研フックに交換してしまいます(ルアーとのバランスを考慮する必要がありますので一概にはお勧めしません)。フッコクラスがメインとなる釣りにおいては、一般的なソルト用のフックよりも確実に獲れる魚が増えると実感しています。

130916-4.jpg

で、フック交換しまくっていると必然的に元々付いていたフックが余ります。使わないのだから捨ててしまえば済むことなのですが、貧乏性なので捨てられずに溜まっていく(苦笑)。着ない服、使わないフック、躊躇せず捨てられる性格になりたいです。

gill-spiny.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。