So-net無料ブログ作成

ペラリグ! [タクティクス]

よく、色々な釣りを経験しているとそれがバス釣りにも応用できるということが言われます。確かに、バス釣りしか経験がないという場合よりも視野が広くなるのは間違いありません。様々な釣りのジャンルの中には、バス釣りで応用出来そうなものが多々ある。特にフライフィッシングの世界はとんでもなくコアで、面白いものが沢山あります。

例えば、トップウォータープラグなどによく付いているフェザーフック。バスアングラーならばそれを一律に「フェザーフック」で済ませてしまいがちですが、そのマテリアルは実に多岐に渡る。鳥の羽であるフェザー系、バックテールやポーラーベアーといった獣毛系、そしてティンセルやフラッシャブーといったシンセティックマテリアル系といった具合です。もちろんそれぞれに特徴があり、フライタイヤーはその特徴を把握した上でフライの素材を選択していくのです。バスアングラーに関しては、その辺りの知識を持ち合わせた人なんてほんの一握りではないでしょうか。

そして最近、またまたフライ用品でメチャクチャ面白いものを見付けてしまった!

110728-6.jpg

そもそものネタ元は、地球丸さんから発刊されている「Fly Rodders(フライロッダーズ)」最新刊。フライフィッシングの雑誌です。この誌面で実に面白いものが紹介されていたのです。

110728-1.jpg
110728-2.jpg

何と、フライ用のプロペラ!これをティペットに通してフライの直前に装着するのです。ウェットフライやストリーマーだったらイメージ的にわかりますが、何とドライフライにも装着されていました(でもドライフライってナチュラルドリフトの方が釣れるんじゃないのかなぁ)。それにしてもこのプロペラ、フォルスキャストしている時にはブンブン回っているんじゃないだろうか(笑)。いや、それはそれで楽しそうですが。

でも私がこのプロペラに魅力を感じたのは、言うまでもなくバス釣りに使えそうだから。

110728-3.jpg
110728-4.jpg
110728-5.jpg

ノーシンカーワームで水面を引く場合とか、リップレスミノーを使う時にもイイんじゃないでしょうか。もしかしたら、高比重ワームにセットして沈めて使うのもアリ?!

サイズは3種類あるので、かなり幅広いワームサイズに対応できます。私は思わず全サイズを購入。色も複数色あるようです。

素材は樹脂で出来ており、かなり精巧に作られています。まだフィールドで試してはいませんが、ラインに通して息を吹きかけてみた限りでは回転性能は相当いい。ただ、ノット部分の余分なラインは極力短くしておくのがベターだと感じました。手芸用ビーズを間に挟んでもいいかもしれません。

ペラの回転でラインにストレスがかからないかどうか、という点だけちょっと気にはなっているのですが、これは使うのが楽しみです。フィールドで実験してみたら、また報告します。本当にイイものだったら、フライの世界よりもバス釣りで流行る可能性が充分ありますね、コレは。

ということで、もしもバス釣りで流行った時の事を考えて、リグの名前を「ペラリグ」と命名します。

ちなみに私は、サンスイ渋谷店さんで購入。私のインプレが出るまで待てないという方はサンスイさんで御購入下さい。前述のFly Rodders誌の記事を執筆されていたのもサンスイ渋谷店のスタッフの方との事ですので、興味のある人は色々と尋ねてみるのも良いでしょう。おっと、もちろん売られているのはルアーコーナーではなくフライコーナーですよ。遠方の方は通販で買えるようです。

【Pro Propeller】
Small:直径10mm、0.03g、8個入 サンスイさん価格¥500(税込)
Medium:直径13mm、0.08g 8個入 サンスイさん価格¥550(税込)
Large:直径17mm、0.13g 7個入 サンスイさん価格¥600(税込)
カラー:クリアー、ブラック、ブルー、イエロー、グリーン、オレンジ、レッド。


fukkou.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。