So-net無料ブログ作成

コードネーム”CHOKOMAKKER”・11 [製品開発]

ビバーチェは今年のカタログにも掲載されていますしフィッシングショーにも展示をしました。そして数日前にスミスHPにも製品紹介ページがアップされました。そしてビバーチェのカラーチャートを見た人は、アレッ?と思うかもしれません。そうです、ビバーチェのカラーチャートはラビッシュT.A.ビークからほぼそのままに継承させたものだからです。

まず初回発売されるのは5色。ホワイト、チャートリュース、ホットタイガー、ワカサギ、アユとなります。新製品なんだから新しい色にすれば良いのに、と思われる人もいるでしょうし、目新しさを増すには私もそちらの方がいいとは思う。

けれども私はビバーチェを純粋な釣り道具として造り上げて来たという自負があります。もちろん、ラビッシュも。だから基本色とも思える5色をまず最初にラインナップに組んだし、それぞれのカラーは私自身が最も釣れると思えるシリコンラバー及び配色を施してあるのです。だからラビッシュと変わっていないのはむしろ当然の結果でもあるのです。

【ホワイト】
100331-1.jpg
私が好むのはやや透明感のある白。非透明の白より、スカートもややソフト。シルバーブレードを組みました。利根川では絶対的に透過系の白が効きます。イナを捕食しているからだと思います。

【チャートリュース】
100331-2.jpg
プラグで言うところのマットチャート的な膨張効果を期待して、あえて非透明のチャートリューススカートを使用しています。アクセントでホログラムスケール模様の入ったスカートを採用しているので、派手さに加えて反射光効果も狙っています。ラバー自体は、やや硬めで張りがあります。これにゴールドブレードを組みました。マッディーウォーターでは不可欠な存在。

【ホットタイガー】
100331-3.jpg
チャートリュースカラーと被るのではという人がいるかもしれませんが、ホットタイガーの魅力は多色使いによる色調変化と言えます。瞬間的に見える腹部のオレンジ色も充分なアピールポイント。こちらにはチャートリュース系を含め、全て透過系シリコンラバーをセッティング。だからこの色は膨張色ではありません。ゴールドブレードを組みました。

【ワカサギ】
100331-4.jpg
ナチュラル系カラーの筆頭です。色自体の派手さではなく、細かいフレークによる反射光でアピールさせていくタイプです。シルバーブレードを組みました。ステイン~クリアーウォーター向き。

【アユ】
100331-5.jpg
アユとはいいつつも、多分バスから見たらアユには見えていないでしょう(笑)。一見するとナチュラルカラーのようでいて、実はホワイトやチャートリュースもしっかり入っている。いわば、多要素ミックスカラーとも言える存在です。だから、どの色がいいのかわからない時にはこのカラーをパイロット的に起用するのもお勧めです。多要素ミックスカラーとしての位置づけなので、ブレードはフロントにゴールド(タンデムのみ)、リアにシルバーを配しました。

ラビッシュ&T.A.ビークと、ビバーチェでは生産工場が全く違います。だからカラーを従来品に忠実に合わせるということも実はさほどたやすいことではなかったのですが、最終的にはほぼ遜色ない仕上がりとなっています。
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 4

ばん

最近忙しくて大好きな釣りに行けずイライラがたまっています。
五月には何とか釣行出来そうですが。
by ばん (2010-04-01 09:40) 

エコピーマン

私の バス釣り環境は マッディな状態はないというか
そんなときは 異常な時で 全く釣りになりませんから
チャートリュース系は 持っていません
スカートは ナチュラル系がほとんどで 透過のシルバーフレーク
とナチュラル系のラメ・ブラックフレークです
ステインの時は ブレードをゴールドにするくらいです
早く 今年のバスの顔見たいです(笑)
  

by エコピーマン (2010-04-01 09:57) 

IKE-P

> ばんさん

私も忙しい毎日を送っていますが、独身なので何とか釣りには行けてます。でもこんな御時世ですから、仕事があるだけ良しと考えましょうよ。私の周りにも、なかなか職に就けない人もいたりするので。
by IKE-P (2010-04-01 23:43) 

IKE-P

> エコピーマンさん

実際のところ、スピナーベイトで一番売れるのはチャートリュース系やホットタイガーです。次いでホワイト系ですがチャートリュース系に較べてだいぶ落ちます。そしてさらに販売数量が伸びないのはナチュラル系なんです。

だから売り上げだけを考慮すると、チャートリュースとホワイト系統を抑えておけばほとんど事足りてしまうのですが、実際にはやっぱりナチュラル系が必要になる場所や状況下もあるので、ラインナップさせています。

なかなか、クリアーウォーターでスピナーベイトを投げる人は少ないんでしょうかねぇ。
by IKE-P (2010-04-01 23:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。