So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

8月中旬、黒鯛大将で狙う若狭湾のチヌゲーム [釣果報告]

関西や九州では非常にポピュラーなチヌのルアーフィッシング。デイゲームはトップウォーター、ナイトゲームではジグヘッド+ワームが良いとされる。

東京湾にもチヌは居ます。極まれにシーバス狙いの外道として釣れることがある。実績としては汽水域のゴロタ場でバイブレーションでというのが多い気がします。が、東京湾の岸釣りでチヌ専門のルアーマンなんて見ません。何故か東京湾のチヌはトップウォータープラグもワームも効かないのです。

同様に、若狭湾でもチヌのルアーゲームというのはポピュラーではないそうです。勿論魚自体はいる。何とかルアーゲームとして確立出来ないか?そう思って試行錯誤をしていたのはライトゲームユーチューバーのM野さん。今回は動画撮影はされていなかったそうですが、黒鯛大将で見事に若狭湾のチヌを狙ってキャッチすることに成功しました。

この度は福井県・若狭湾でのチヌ(クロダイ)をルアーで釣るチニングで黒鯛大将を使わせて頂きました。

チニングは干潮・満潮の差が激しく、広大な汽水域が形成される太平洋側で盛んという話は聞きますが、日本海側である若狭湾でのチニングはほとんど誰もやっておらず、情報も皆無というのが現状です。

しかしながら、チヌが生息しているのは間違いないことですから、何とか釣れないものかと試行錯誤して参りましたが、ついに黒鯛大将で結果を出すことが出来ました!

場所は小規模な流入河川の河口近くに広がるサーフ(砂利浜)です。常夜灯などは無く、夜間は完全に真っ暗闇です。

若狭湾の場合、チヌが大量に遡上するような大規模河川は少ないですので、ちょっとした河川の流れ込み周辺を狙うことになります。

某社ベイトフィネスタックルに、3.5gのリーダーレスダウンショットに黒鯛大将をセット。カラーはフローセントピンクです。ラインはPE1号にリーダーはフロロカーボン8lb。

フルキャストしてボトム着底後、ずる引きしたり、時々大きく跳ね上げるなどのアクションをさせます。

砂利浜ですが、沖合はそれほど根は激しくないようです。フルキャストで届く水深は2m未満といったところでしょうか。

日没直後から釣りを開始しましたが、キスかハゼがついばむようなアタリはあるものの、チヌらしきアタリはさっぱり無いまま時間が過ぎていきます。

そして午後10時過ぎ、いきなりロッドが引っ張られます!少しラインが緩んでいる時にヒットしたのでしょう。

ここはゴリ巻きで・・・、と思いましたが、想像以上に引きが強く8lbのリーダーのラインブレイクが心配になり、ドラグを緩めつつ指ドラグも併用し、少しずつ岸に寄せていきます。

しかしながら、かなり岸に近づいた段階で、さらに沖に向かって突っ走ろうとします!

目の前で押しては引いての攻防を繰り広げながら、何とか無事にキャッチ。

岸に上がった魚体を見て感動!

40cmオーバーの文句なしサイズ!そして見事な体型&体色のチヌでした!

180813-1.jpg

外海のサーフで釣れる回遊型のチヌはとても綺麗である。という話を聞いていましたが、ウワサ通りのとても美しい魚体で興奮度MAXです!

180813-2.jpg

この後、黒鯛大将のウミグモカラーに付け替えたところ小さなマゴチのような魚が釣れて終了となりました。

180813-3.jpg

この度は黒鯛大将のおかげで感動的な釣りを満喫することが出来ました!ありがとうございます!

あそこに行ってアレを使えば釣れるよ、そうした具体的な情報を欲しがる人も多いけれど、言われた通りのことを行って釣果が得られるのは当たり前。ビギナーのうちであればまだしも、そうした釣りでは感動なんて得られない。

実績も無ければ情報もない。そんな中で自分であれこれと試してみる。多分しばらくは玉砕続きだと思う。そんな中でも僅かながらのヒントを集めながら徐々に正解に近付いていく。そうしたプロセスで結果が得られたとしたらそりゃあもう感動するに決まっています。一生忘れない釣果になるかもしれない。

M野さんが成功させた若狭湾のチヌゲームもまさしくそれです。でもこれが最終ゴールというわけではないでしょう。今回の実績も糧として、ますます若狭湾でのチヌゲームをより確実性のあるものに出来るかもしれない。今後の展開も楽しみです。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヘドン原点回帰シリーズ チャガースプーク [ヘドン]

フィッシングショーで展示をしましたヘドンの原点回帰シリーズ。一体いつ発売になるのか?よく聞かれるのですが答えられない。何故ならプラドコ社に納期を問い合わせても一向に答えが返ってこないから。
もうカラーサンプルまで出来上がっているのに生産予定が立てられないとはどういうこっちゃ?!そんなこんなで半年以上が経ってしまいました。

180810-1.jpg

が、ここにきて急に原点回帰シリーズのチャガースプークが9月中旬に出荷されるとの連絡が入ってきました。通関、検品、JANコードシール貼りといった工程を必要としますので発売されるのは9月末~10月上旬といったところでしょうか。

ただ、プラドコ社からの荷物は平気で遅れてくるのでその情報を鵜呑みに出来ないというのが現実。これまでも何度泣かされてきたことか。
ですので、もしかしたら10月に発売になるかもしれない、というのが一番妥当な表現となります。

BRS
180810-2.jpg

CRWS
180810-3.jpg

GM
180810-4.jpg

L
180810-5.jpg

N
180810-6.jpg

RH
180810-7.jpg

S
180810-8.jpg

XBW
180810-9.jpg

XRG
180810-10.jpg

XRS
180810-11.jpg

XRY
180810-12.jpg

XS
180810-13.jpg

原点回帰シリーズというのはヒロ内藤さんがスミスに販売提案をしてきたプロダクト。往年のヘドンプラグのテイストを復刻させるというものです。オリジナルザラスプーク(ノーズアイ仕様)、ラッキー13、チャガースプークの3種類。チャガースプークはそれ自体が久し振りの復刻生産となります。

一方、オリジナルザラスプークとラッキー13に関しては未だに明確な納期回答が来ておらず、困ったものです。

180615-7.jpg

なお、ヘドンフリークの皆様が心待ちにしていると思われるウンデッドスプークの発売時期ですが、ようやくPRADCO社からの回答があり現時点での情報では10月になる可能性が高いです。が、信憑性は5分と言ったところでしょうか。寒くなってしまう前に欲しいところですよねぇ。

gill-spiny2.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マグトー炸裂、岐阜のトップウォーターゲーム [釣果報告]

自分がトップウォーターフリークではないためかあまりトップウォーターでの釣果報告は来ないのですが、今回はヘドンプラグでの釣果報告をいただきました。

8月5日 岐阜県の南濃地区にて。マグナムトーピードでキャッチした35cmとのことです。アングラーは信平さん。初投稿ありがとうございます!

初めての投稿です。東海地区も池干し等にてバスフィールドが激減する中、岐阜の南濃地区は漁協の理解もあり、有意義にバス釣りが楽しめます。個人的にはシーバスがメインですが、夏はバス釣りを嗜んでおります。とはいってもアンダーの釣りはせず、5/8oz以上のトップウォータープラグのみの拘りの釣りをしております。

180808-1.jpg

今回も夜明けと同時に開始、坊主覚悟でトップを投げ続け、6:00前、日も高くなり諦めかけた矢先、岸沿いを操作中にこのバスがヒット!無我夢中で合わせ、無事キャッチいたしました。薄っすらとアオコが発生しているタフコンディションでも浅場にはやる気マンマンのバスが待機していたようです。
(藻が絡んだ汚い写真でスミマセン。)

アーティストのロッドにゴールドのアンバサダーの組み合わせが痺れます。マグトーもSMBRを実戦投入しているあたりに意気込みを感じますね。

岐阜県の一部ではキープキャストのリストバンド売り上げを漁協に提供してフナを放流したりと、バス業界と漁協が上手く協力してフィールドを活用しています。
これまでこのブログに何度も書いていますが、漁協と敵対するようではバス釣りはリリース禁止などになってどんどん肩身が狭い思いをすることになります。リリース禁止を決めるのは内水面漁場管理委員会で、内水面漁場管理委員会の半数は漁協関係者だからです。

そうした意味で岐阜は素晴らしいモデルケースだと思います。トップウォーターでもしっかり魚が出るようですし、フィールドのコンディションも悪くなさそうです。何より気分良くバス釣りが楽しめるフィールドというのがいいですよね。

皆様からのスミスルアーでの釣果報告をお待ちしております。 釣果報告はこちらから。よろしくお願いいたします。

gill-bf.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

8/4 根魚大将で狙う若狭湾のロックフィッシュ・・・と?! [釣果報告]

根魚大将では過去に色々な魚が釣れています。まぁ、それもソルトゲームの楽しみの1つと言えなくはないでしょう。若狭湾でキジハタを狙っていたおもちさんも根魚大将で嬉しい外道?をキャッチしたようです。

 朝マズメの若狭湾へとまた行ってまいりました。先に言ってしまうと残念な釣果だったのですが、今回は珍しい魚が釣れてくれました。

 朝一はまだ暗いため、ナチュラルグローで開始。早々に二回のバイトを得られたのですが、無念のフックアウト。カラーチェンジしたナチュラルミノーにもバイトがあったもののこれまた空振りで、貴重な朝マズメは終了してしまいました。

 その後ポイントをあちこち移動しますが、何も起きないまま粘りに粘って、気づけばお昼前です。このままでは終われないので、最後にもう一度朝の場所に戻りました。
 ここでかけあがり沿いをスイミングさせていた根魚大将に、ついに強烈なバイト。でもなんだか引きがおかしいような?
 なんて思っていると、上がってきたのはずいぶん平たいキジハタ……ではなく、ヒラメでした。5cm前後の豆アジがたくさん居るので、おそらくこれを狙っていたのではないかと思います。

36cm 根魚大将 3.4インチ (51.ナチュラルミノー)
180807-1.jpg

 そのすぐ後、なんとか本命を一匹釣り上げる事に成功。サイズはこれまたかわいいですが、それでも貴重な一匹ということで、これにて納竿としました。

15cm 根魚大将 3.4インチ (51.ナチュラルミノー)
180807-2.jpg

 お気に入りの根魚大将 ナチュラルミノーにはいつも助けられています。いやはや、ちゃんと根魚も釣れてくれてよかったです……。

ベイトフィッシュが寄っている場所では様々なフィッシュイーターが釣れる可能性もあります。狙いと違った魚とはいえ、ヒラメはなかなか嬉しい釣果ではないでしょうか。もしまた釣れることがあったら専門に狙ってみるのもいいかもしれませんね。

シーバス、ヒラメ、キジハタ、カサゴ。若狭湾の環境素晴らしいです。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

台風後の利根川をファットイカで攻略 [釣果報告]

先週、珍しいコースを辿った台風12号でしたが、自宅周辺(埼玉南東部)では思ったほどの雨風ではないと感じました。雨も長時間は降らなかった。

なお、毎朝の通勤時に電車の中から荒川(北千住近辺)の様子をチェックしています。結構降ったな、と感じられた翌日でも荒川はあまり増水などは見られません。が、台風12号が通過した翌日は増水・濁り共にかなりのものでしたから、ウチの近所では大したことがなかったですが流域全体としては結構降ったんですね。

利根川もかなり濁りが入っていたようです。得意の消波ブロック帯に足を運んだアキラさんも状況変化が激しい中で見事にバスをキャッチしてきました。

今日もいつもの消波ブロック帯です。台風後の先週も行きましたが、とにかく濁りがすごいです。岸際には数メートルおきにレンギョの死体が(汗)。一週間経っても水が良くなった感じがしません。普通は他の場所に移動する方がいいのでしょうが、車など移動手段がないので仕方なくこのエリアで少しでも水が良さそうな所を探して撃っていくことに。

180806-1.jpg
180806-2.jpg

先週色々投げた中で、キャッチできませんでしたが唯一バイトがあったのはファットイカ、今日も先週と状況があまり変わってなかったので同じくファットイカで。散々撃って、ようやくヘラ台跡で30センチ位のが釣れてくれました。サイズはイマイチでしたが悪臭の中粘ったのが報われました(笑)。

魚体も黒っぽくていかにも居着きの魚という感じですね。増水後だと濁りの中で過ごしているうちに魚体が白っぽくなる個体が多いので、アキラさんが釣った魚はずっとシャローのカバーの中で過ごしてきた魚なのかもしれません。

ハクレンは酸欠に弱いのか、高水温期のまとまった雨後に死ぬ個体が多い気がします。それでも全体のうちの極々一部に過ぎないんでしょうけど。常陸利根川から利根川に通じる荻原の水路でも、岸辺に巨大なハクレンの死骸があちこちにゴロゴロ転がっている場所がありますが、臭いが凄いです。臭いの中で釣りを続けるのは結構キツイですよね。暑い時期ゆえ特に臭うと思います。

数日後には台風13号の接近も懸念されている関東地方。現時点での予想通りのコースを辿るとしたら、川はまた当分厳しくなるかもしれませんねぇ。

皆様からのスミスルアーでの釣果報告をお待ちしております。 釣果報告はこちらから。よろしくお願いいたします。

gill-mossa.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ベスト・オブ・安くて釣れるクランクベイト [プラドコ]

自分が子供の頃は小遣いが本当に少なくて、一ヶ月に¥500しかもらえませんでした。当時そんな少ない小遣いで買えるルアーなんて限られていました。¥1000以上もする海外ブランドなんて手の届くはずもなく、使うのは国産の安価なものばかりでした。

180805-1.jpg

¥200で売られていた「SPORTSMAN」というメーカーの安物プラグ、バチモノばかりラインナップさせていたコーモラン、そしてダイワのルアー。ダイワのプラグで一番安かったのはコネリーで当時の店頭価格が¥360だったかな。当時の国産品はまだまだ完成度は低かった。浮くはずなのが沈んだり、真っ直ぐ泳ぐルアーが珍しいくらい。

180805-2.jpg

そんな国産ルアーも段々と造りが良くなっていき、ダイワのバスハンター、ピーナッツなどはかなり使えるレベルのルアーでした。製品のバラツキが少なくなり、ちゃんと真っ直ぐ泳ぐようになった。
バスハンターはのちに若干値上げをしましたが、出回り始めの頃は定価が¥600でお店では¥480で買えました。見た目も良かったし、周りの釣り友達は皆持っているほどの大人気ルアーでした。ピーナッツは見た目に可愛げがありませんでしたが(当時のピーナッツはストライクキングからの継承品でナチュラルプリントの3色(青、黄、緑)のみでした)バスハンターよりも釣れるルアーでした。

安くて使えるルアーは当時の金無し貧乏学生には本当にありがたかった。もっとも、貧乏云々以前に思い切って使える価格っていいですよね。勿論、今でもそうした安価な製品は根強い支持があります。ダイワさんの現行ピーナッツなどはその代表格とも言えるでしょう。

プラドコ社ではバリューシリーズとして幾つかのアイテムを意図的に抑えた価格で販売しています。ボーマーだとスクエアAとシャローA、レーベルだとレーベルミノーV、タイニーウェイクRがそれに相当します。

180805-3.jpg

この中で自分が勧めるのは断然スクエアAです。輸入品は為替相場によっても価格が変動するのでオープン価格としていますが、現時点でスクエアAに定価を設定するとしたならおおよそ¥790といったところです。お店によってはここから値引きもあるでしょう。

色数が少ないのがネックではありますがカバークランクとしての完成度も高く、財布にも優しい。それでいてちょっと「通」に見える?!サイズも1/4ozと3/8ozの2種類でどちらも使い頃サイズ。

若年層を中心としたバス釣りブームは今はとうに去りましたが、当時にスクエアAが同じ価格で売られていたら相当売れたと思います。自分が学生の頃にこんなルアーが欲しかったなぁ。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

7/27,28 根魚大将で狙う若狭湾のロックフィッシュ [釣果報告]

相変わらずの暑さですが、日本海側のロックフィッシュは依然として好調のようです。7月27日,28日 若狭湾での釣果をおもちさんが報告してくれました。

20cm 根魚大将 3.4インチ(04.オレンジ・ゴールドフレーク)
180802-1.jpg

 台風が来る前に行ってしまえ! ということでまたまた若狭湾に行ってまいりました。

 27日の夕方は過去に実績のある地磯に入りましたが、ここは全くの無反応。すぐにこれまた実績のある漁港に移動しました。こちらもキジハタはお留守だったようですが、可愛いカサゴが釣れてくれました。
 夕方ということもあり少し派手なカラーを選択。足元のテトラ際にフォールさせた所、ハッキリとしたバイトが得られました。

20cm 根魚大将 3.4インチ(53.ORブラウン/グロー)
180802-2.jpg

 辺りも暗くなってきたので、グローの入ったカラーに変えるとすぐ同じぐらいのカサゴがヒット。こちらは堤防の基礎まわりをスイミング中にガツン! でした。
 どちらの魚もやる気満々のバイトだったのでもう少し釣れるかと思いましたが、真っ暗になってしまうと途端に何の反応もなくなってしまい、この日はこれで終了となりました。

20cm 根魚大将 3.4インチ(54.ピンク/シルバー)
180802-3.jpg

 翌日、今年はサイズこそ小さいものの、数は出ているいつもの場所に行ってみました。
 こちらの場所ではなかなかフッキングしないものの、バイトの数が明らかに多かったです。
 そこで色の強いカラーから透過系に変えてみた所、しっかりと食ってくれるようになりました。

20cm 根魚大将 3.4インチ (51.ナチュラルミノー)
180802-4.jpg

 次はお気に入りのナチュラルミノーで。この日はこのカラーへの反応がよかったようです。

15cm 根魚大将 3.4インチ (51.ナチュラルミノー)
180802-5.jpg

 ちょっと可愛いですが、これまたナチュラルミノーです。

20cm 根魚大将 3.4インチ (51.ナチュラルミノー)
180802-6.jpg

 最後の写真ですが、キャストした後ゆるんでいたメカニカルブレーキをいじっていた所、いつの間にかカサゴちゃんが釣れていました……。
 この一匹は偶然でしたが、当日の魚はいつものスイミングではなく着底前後でのヒットが多かったです。同じポイントでも、日によって色や泳層でぜんぜん反応が違うというのが不思議でもあり、面白いものです。

2日連続の釣り!羨ましいなぁと思う人は結構いるはず(笑)。行けば必ず釣っているようですから、まぁ行きますよね。

初日は夕マヅメの釣りのようです。カサゴは暗くなってからの方が良さそうな気がしますが、暗くなったらアタリがなくなったとのことなので、一筋縄ではいかないものですね。この時期は暑いので夜釣りで釣れてくれる方がありがたいかもしれないですけれど。

最後の一匹、バックラッシュを直しているうちに喰ってた(笑)。ワームの釣りあるあるです。殺気が無くなるからいいのかな。

まだまだ若狭湾での釣果は期待できそうですね。楽しそう!夏休みに行ってみるというのもいいかもしれませんね。

gill-spiny2.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

フラットA、箱買い [プラドコ]

今年からスミスがプラドコ製品の日本総代理店になったのは御存知の通り。ただ、それ以前においてもスミスでプラドコ製品を仕入れることを制限されていたわけではありません。

元々スミスではヘドン製品の輸入販売をしていました。コットンコーデルの製品を取り扱っていた時代もあります。まだヘドンやコーデルがプラドコ傘下に吸収される前の話です。
そしてヘドンがプラドコ傘下に入った以降も、スミスはヘドンの輸入販売を継続しました。

既にこの段階でプラドコ社との取引がスタートしており、ヘドン以外のブランドに関する販売権もありました。事実、プラドコ側からはヘドン以外のブランドに関しても売り込みがありましたし、一時期はボーマー製品を積極的に販売したこともあります。
ただ、日本ではOFT社がそれらのブランドを積極的に販売されており、あえてそれに被せる必要もなかったですし、スミスとして積極的に販売したいのはヘドンだということからあえてヘドン製品を中心に販売していたのに過ぎません。

個人的には当時からヘドン以外のブランドも手掛けたかったですが、私だけがそう考えていても仕方がない。会社全体が前向きにならないといけないことです。
そして今年からスミスでプラドコの各ブランドを手掛けることになった。ただ、経緯が経緯だけに手放しで喜ぶ気分にはなれませんでした。

ですが結果的には、個人的にはかなり助かっています。確かにこれまでOFTさんがプラドコブランドの製品を積極的に販売してくれていた。それでもなかなか入手しづらいアイテムがあった。ボーマーのフラットAはその代表格でした。なかなか売っていなくて困っていました。
元々の流通量が少ない為か中古ショップでも滅多に見ない。何とか見付けてはコツコツと買い足していって、辛うじて実用分だけは確保していました。それでも心もとない数ではあったし、何より好きなカラーを選べる余裕もなかった。

けれども今ではスミスでフラットAを仕入れられるようになった。これからはもう苦労して探さずに済む!こんなに嬉しい事はない。

180801-1.jpg
180801-2.jpg

で、今までの苦労の反動か、フラットAを思いっきり買い込みました。箱買いです。ディープフラットAスクエアAもついでに。

もはや買い物というより仕入れですね、こりゃ。昔から気に入ったものは箱買いすることが多いです。

ボーマーのルアーも今ではその多くが中国製なのですが、取り寄せたフラットAとディープフラットAはグアテマラ製でした。おそらくはまだプラドコ社がグアテマラ製の在庫を抱えていて、まだ中国生産に切り替わっていないのでしょう。売れてないんだろうなぁ、フラットA。
でも、もしかすると売れない商品は中国生産に切り替わるのではなく、そのまま廃盤なんていう可能性も?!というのも、フラットAのカラーというのが年々減っていて、今ではたったの5色しかないんです。品切れたカラーが再生産されることなくカラー数だけ徐々に減っているというのは生産中止フラグなのでは・・・そんな気がしてならない今日この頃。

フラットA、レスポンス良く明確なロールアクションを起こすルアーです。引き抵抗もしっかりあって、まさしく自分好み。入手可能なうちに一生分を買い溜めしておくべきか、悩みます。

gill-bf.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

PRADCO製品紹介ページ アップしました [プラドコ]

まだ完成形ではないのですが、スミスの公式サイト内にプラドコ製品の紹介ページが出来ました。

180731-1.jpg

プラドコ製品はアメリカ本国の公式サイトも存在するのですが、英語アレルギーの方はこちらのサイトをご覧ください。

現在はまだレーベル、スミスウィック、ボーマー、アーボガストのみの掲載ですが、その他のブランドに関しても完成次第にアップされる予定です。

それにしてもアイテムあり過ぎ。ページ制作業者さんが泣いておりました。頑張って作ってくれていますのでどうぞ見てあげて下さいませ。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ダイワ クールレッグカバー [他社製品]

霞ヶ浦水系で夏季にバスボートで釣りをしているアングラーの多くは半袖+半ズボンは当然の事として、これに冷感アームカバーとコンプレッションタイツを加えて腕と脚の露出を抑えるというスタイルが大半です。

いかんせん霞ヶ浦水系のボート釣りは日陰がない。ましてや35度超えの炎天下での釣りはかなりしんどいですし、肌を露出すると強烈に日焼けをする。自分も過去に半ズボンで脚を出したまま釣りをしていたら水ぶくれ状態の火傷を負ってしまい、大変な目に遭ったことがあります。
それ以来夏でも長ズボンだったのですが、さすがに近年の夏は暑過ぎる。上半身は既にDoronの冷感アームカバーを使っているので下半身をどうにかしようと思いました。

でもコンプレッションタイツは使い勝手が今一つ。タイツを脱ごうと思ったら半ズボンも脱がなくてはいけない。下半身全体のタイツではなくて脚だけ覆えるようなアームカバーみたいなタイプがないかなぁと思っていたらウチの近所のCSTNGで発見しました。そうそう、まさにこういうタイプが欲しかったんですよ!

180730-1.jpg

ダイワさんの製品です。クールレッグカバーという商品名。品番はDA-52008。ちなみに店頭では最後の1つだったので選択の余地がありませんでしたが、本当は5色あるみたいです。サイズはS,M,Lの3サイズで価格は¥2,500。

これだったら半ズボンを履いている状態で脱いだり履いたり出来ますね。コンビニや飲食店に入る時は脱ぎたいんです何となく。自分だけかな。

180730-2.jpg

実際に履いた状態を自撮りしようかとも思ったのですが、誰もオッサンの脚なんて見たくないでしょうから止めました。着用イメージはこんな感じ。

もっとも、自分は真夏はオフシーズンなので必要ないと思っていたのですがワイルドカードのオブザーバー乗船の予定が入った為、炎天下に備えて急遽購入してきました。そうしたら当日の天気は涼しかったという、あるある話になりました。

着用してみた感じはまずまず快適。軽く水をかけるとさらにヒンヤリ。濡らしてもすぐに乾くのでベタベタせずサラサラした感じもいいです。

あとは、キツイので脱着の際は結構大変です。特に脱ぐ時。ゆっくりジワジワ脱ぎましょう。力任せに急いで脱ごうとすると生地自体が薄いので痛めてしまうと思います。

なお、藪漕ぎをするような岸釣りの人には普通に長ズボンをお勧めします。草木の棘だとか虫などから脚を守れるのはやっぱり長ズボンです。

gill-mossa.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -