So-net無料ブログ作成

埼玉県のオオクチバス、リリース禁止再更新へ。2 [物申す!]

これまで公にはしてきませんでしたが、今回の委員会指示更新に向け埼玉県内の関係者有志が情報交換やミーティングを重ねてきました。それぞれが仕事を終えてから夜間に集合して話し合いを重ねてきたのです。そして自分はその中心メンバーの一人です。時には漁協の関係者、そして遊漁代表の委員の方にも参加していただいて議論を重ねてきた。

180210-2.jpg
(自分は日釣振のヒトではないんですけどね)

道理で自分、やたらと忙しいわけです(汗)。本業以外の部分でも相当な時間と労力を費やしているわけですから。そしてこれは他の有志メンバーも同じだったと思う。でも、誰かがやらなければいけない事なので。

埼玉県内においてオオクチバスのリリース禁止が決まったのは平成26年2月の第390回の委員会においてです。その後から私達の活動は始まった。
そして平成28年2月に開催された第396回委員会において、オオクチバスのリリース禁止は更新されたものの、ある付帯決議を付けることに成功しました。それは埼玉県内の釣り人、釣具販売店、関連メーカーといった人達の存在を考慮し、その受け皿となるようなリリース禁止の除外水域を設ける方向で検討していく、というものでした。

180210-1.jpg

そしてその付帯決議に基づき、昨年に開催された第401回委員会においてはオオクチバスのリリース禁止の部分解除についても話し合いが行われました。オオクチバスに関してはリリース禁止を除外してもいいのではないか?特定の除外水域を設けてもいいのではないか?そのような議題での検討もなされた。しかし結局は具体的な結論には繋がらず、そのままの状態で更新日を迎えることになりました。

何故その場で結論が出せず先送りになってしまったのか。その最たる要因は、誰も具体的な除外水域候補が示せないことにありました。房総のダム湖や長野県の野尻湖、或いは河口湖や芦ノ湖のようにバス釣りを有効活用している水域というのが埼玉県内には存在しない。だから「現場からの強い要望」という強力なバックアップがない。1箇所あったのですが、ムーミン谷に取られてしまったので・・・。

有志での活動を進めていくにあたり、自分は埼玉県内のオオクチバス釣り場に関しての調査を進めていきました。バスの生息の有無、釣り禁止でないかどうか、周辺河川との繋がり、管轄する漁協、等々。
そして一番重要な部分であるにもかかわらず、一番数値にしにくい部分がありました。それは「どの程度のバスが居るのか」という点です。それを正確に調べようと思ったら水を全部抜いて魚の個体数をカウントしないとわからない。でも現実的にそれは無理な話です。

そこで自分が行ったのが、インターネット上で釣り場名で検索を掛け、そこで収集できる釣果情報をデータベースとして集計していき、その釣り場での平均釣果を数値化するというものでした。そしてその結果は驚くべきものでした。自分自身が「ここは埼玉県内でも有名なバス釣り場だろう」と思っていた水域も、今ではほとんどバス釣りが成立しないレベルの釣獲率でしかなかったのです。

1回当りの釣行で平均2尾以上の釣果が上げられているのは秩父にあるKダムのみでした。次いで、平均1尾以上の釣果が上げられているのはS沼とB沼だけでした。

かつては有名なバス釣り場だった権現堂などは平均釣果が0.10尾。幸手放水路で0.15尾、高須賀池で0.16尾。つまりは10回釣行して1尾釣れるというペースでしかない。どれだけ幻の魚なんだ、埼玉のオオクチバスは(汗)。
でもそれなどはまだマシな方で、そもそも釣果情報自体が見当たらないか、相当に古い情報しか見付からない水域も多かった。そうした場所ではほぼバスがいない状態にまで陥っていると見ていいでしょう。

バス釣り場としての知名度がある水域であっても現時点ではほぼオオクチバスが壊滅に近い状況の場所がかなり多く、埼玉県内で現実的にオオクチバス釣りが成立するのはほんの数箇所しかないという現状でした。駆除活動とは無関係の場所でそのような現状なので、長年のバス釣りプレッシャーによってオオクチバスの個体数が激減したと見て間違いないでしょう。

私達の当面の目標は、埼玉県内においてキャッチ&リリースが可能なリリ禁除外水域を作る事です。ですが、仮にそれが認められたとしてもその水域がほとんどバスなんて釣れず、行く人も少ないような場所だったらどうなんだろう。漁協や周辺地域に対する経済的なメリットも何も生まないという結果になりはしないか。そんなことに果たして意味があるのか。

ちなみに埼玉県内で最も多くのオオクチバスが駆除活動で捕獲されているのは秩父にある浦山ダムという湖です。ここは釣り禁止ではないもののバス釣りのみが禁止されています。バス釣りをする人がいない湖ほどオオクチバスが多く温存されているというのは何とも皮肉な話です。

(つづく)

gill-bf.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

埼玉県のオオクチバス、リリース禁止再更新へ。 [物申す!]

本日2018年2月9日、埼玉県の県民健康センターにて第402回埼玉県内水面漁場管理委員会が開催されました。

180209-1.jpg

議案は幾つかありましたが、その中に外来魚の再放流禁止に関する委員会指示の更新があった。要は埼玉県内のバスのリリース禁止をこの先2年どうするか、ということを決める会議だったわけです。

180209-2.jpg
180209-3.jpg

今回はBasserの堀部さん、Rod and Reelの山本さん、ライターの横沢さんと共にこの委員会を傍聴しました。

180209-4.jpg
(本来、委員会の傍聴においては許可がない限り撮影や録音は禁止されています。ですが今回は出版社の傍聴があるという事で委員全員の了承を得て写真撮影および記事の掲載が許可されました。委員の皆様に感謝いたします)

結果から申し上げます。この先2年、埼玉県内の公共水域におけるオオクチバスのリリース禁止が更新されてしまいました

この日に向けて尽力してきたつもりでしたが、及びませんでした。かなり落胆しているところです。埼玉県内の関係者の皆様、そしてバスアングラーの皆様、本当にごめんなさい。

この日に検討された議案は幾つかあるのですが、県内の漁場計画や鯉ヘルペスに関する議案に関しては特に異論が出ることもなく、いずれも10分足らずですんなりと決議。しかしながら、外来魚の再放流禁止の更新に関する内容に関してはおおよそ1時間にもわたって激しい議論が展開されることになりました。

遊漁の代表委員は、今後の釣り文化継続のためにもオオクチバスについては再考して欲しい。県内において除外水域を設けることを検討することになっていると主張。県内の「別所沼」でのかいぼり結果(捕獲された魚は1700尾以上に及んだがバスは2尾のみ)、埼玉県内のバス関連用品の販売店数(全79店)などを挙げてもらいました。

これに対して漁業代表の委員も一歩も引かず。バスは多い、小魚が食べられ居なくなった、元々居ないはずの魚を認めてくれという事自体が間違っている、と激しく反論。漁協関係者がとことんバスを嫌っているという現実が浮き彫りに。

コクチバスはともかく、埼玉県内でオオクチバスが多い水域なんて秩父のダム程度のものだし、他の水域に関しては個体数が多いとは思えない場所がほとんどだと自分は思う。自分も以前は中川の川べりに住んで、暇な時には釣りをしていましたからね。全然釣れませんでした。掛かるのはシーバスやナマズばかりでバスはほぼ居ないと思った。権現堂にも行きましたけどひたすらボウズ続きでした。埼玉、バス居ねぇ~。
ただ、漁協関係者が「バスは多い」と言ってしまうと会議の場ではそうなのかという事になってしまう。実際に川や湖で漁をしている人なわけですから。

今回に限らず、バスの擁護派と反対派の意見をぶつけていくとどうしてもそれぞれにとって好都合な事例ばかりが持ち出され、結果として話がまとまらず平行線で終わってしまう。今回も遊漁側と漁協側の妥協点というものは全く見出せなかったように思いました。

ただ唯一の救いであったのは、この埼玉県内の外来魚問題に関しては今後も継続して議論を進めていくことになったことです。これに関しては、委員長と県の水産も同意の上で、今後どのような形で決着させていくことが良いのか引き続き前向きに検討していくことになった。但しこれには条件があり、何か具体案を以て議題提起することとされた。そうしないとまた同じ内容の議論が繰り返されるということを懸念してのことでした。確かにその通りです。

今回、2年先(平成32年3月31日)までオオクチバスの再放流禁止が更新されてしまいました(勿論、コクチバス、チャネルキャットフィッシュ、ブルーギルも同様です)。但し、良案が提示されることがあるならばそれは2年先の更新を待たず検討されることになる。更新を待たずして部分解除の可能性もゼロではないということです、一応は。

が、かなり難しい案件であることは確かです。

(つづく)

gill-tentacrawler.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ベビーバド2018 [ヘドン]

今年はヘドンのベビーバドを再販することになりました。ベビーバドのプラドコモデルだったクアーズライトも現在はディスコン商品であることから、このモデルを生産するとなると特注モデルとして発注するしかありません。ある程度まとまった数量でないと生産できないため、久しぶりの生産となりました。

180207-2.jpg

カラーは5色です。

180207-1.jpg

この中に見慣れない色があると思います。SMRFというカラーになります。ベタではあるのですが、両サイドにヘドンのレッドフラッグロゴをあしらいました。そして横方向からの写真ではわかりにくいですが背中にはドワジャックロゴが入っています。ヘドン愛に溢れる方に使っていただきたいカラーです。

そして今年のベビーバドはこれまでとは一味違います。実はブレードの番手を1つ上げるようにプラドコ社に指示を出しています。

元々はスミスの要望で生まれたベビーバド。フィールドテストも私を含めたスミスの開発スタッフで行いました。残念ながらヒートンモデルにして欲しいという要望は実現できなかったのですが我々がフィールドテストで各サイズのブレードを装着してテストした結果、#3サイズのブレードがベストという結論に達していました。バランスがとても絶妙で、真っ直ぐ泳いでくる中で時折バランスを崩す。これはいいということになった。

ちなみに#2ブレードは安定性に優れ過ぎていてちょっと物足りないというのと金属音が少し小さい。#3.5は金属音ははっきり出るが泳ぎが不安定過ぎた。ダントツで#3がいいということで、プラドコ社にパーツ指定をしたのでした。

180207-3.jpg

ところが入荷してきたベビーバドにはどういうわけか#2のブレードが装着されていました。確かにこの方が安定性はイイし、不良品というわけではもちろんないのだけれども、指示した内容で出来上がって来ないというのは一体どういう事なのよ。

今回改めて特注というかたちでベビーバドの再生産をすることになりましたので、それならばということでブレードサイズを#3にしてくれという条件を入れておきました。本来我々が指示したのはそのサイズのブレードだったのですからね。今回、プラドコ社がスミスの指示通りにちゃんと#3サイズのブレードを装着して生産してくれたならば(何となく怪しい気がする)今年のベビーバドはちょっと面白い泳ぎになっています。

6月発売予定です。多分。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2月上旬 根魚大将で狙う伊勢湾のロックフィッシュ [釣果報告]

OKさんからの釣果報告によると、さすがに1月下旬ともなると伊勢湾のロックフィッシュも厳しくなってきたとの印象がありました。水温の低さが影響しているのかと思っていましたが・・・

ところが、2月に入ったら何故か釣果が上向いた?!

今回も行って参りました!
いつもの伊勢湾でございます(^_^ゞ
少し海の様子に変化が。。。
180206-1.jpg
180206-2.jpg
180206-3.jpg
時間あたりのバイト数が増加、先週よりもコンスタントに釣れました。
この調子で厳しい夏まで走ってくれると良いのですが。。。
根魚大将3.4inでスタートし、手応えを感じて久し振りの2.8inをベイトフィネスで投入。。。
反応有りです!
180206-4.jpg
180206-5.jpg
この1ヶ月間は3.4inの独壇場だったため影を潜めておりましたが。。。
釣れます!釣れますよ~♪
来週もこの調子で行きたいところですが。。。
引き続き調査して参ります!

ここにきて再度好調の波に突入のようです。
海の場合は潮の関係もありますから単純な時期による比較は難しいですよね。水温云々の以前に、潮周りがイマイチだったなんてことが要因になるでしょうから。それに東京湾のボートカサゴは1~2月がいいと言われていますし、低水温というのは案外悪条件ではないのかも。

gill-spiny2.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2月上旬 東京湾メバカサゲーム [釣果報告]

東京湾のメバカサマスターS野さんから釣果報告をいただきました。この日はメバルはちょっと渋かったそうですが、カサゴは相変わらず絶好調だったようです。いいなぁ~。

2月初旬、メバル・カサゴのボートゲームに行ってきました。

最近好調のカサゴ釣り。
前回の釣行では、根魚大将2.8inのグローカラー(01.ナチュラルグロー)に好反応でした。
グローのカラバリを増やすために根魚大将2.8inのピンクグロー(02.ピンクグロー)を持ち込み、ピンクグローとナチュラルグローをローテーションしながら釣りをしました。
カサゴを狙っている間、終始ヒットが続きました。

180205-1.jpg

この寒いシーズンに数釣りができる数少ないターゲットです。
リリースを心がけて、末永くこの釣りを楽しみたいです。

そうそう、同じグローカラーでもホワイト系のナチュラルグローとピンクグローでは喰いに違いが出るんですよね。全く光らないカラーにはバイトがないけれど強い光よりも淡い光り方をするカラーがいいということもある。カラーローテーションで反応を見ることが大切ですし、乗合船だったら周りの人のヒットカラーも参考になることでしょう。

何せ東京湾のボートカサゴはとにかくアタリが多い。本当にいい時だとほとんど投げる毎にバイトがあるほどです。だからアタリの多いカラー、出にくいカラーというのが明確な差が出る。あくまで私見ですが、これだけ釣れる釣りなのにどんな色でもいいということは滅多にないと感じます。だからこの釣りは面白いんだと思います。

何を隠そう今週はモーレツに慌ただしい一週間になります。会社の仕事ではない部分においてなのですが、何とか気合で乗り切るしかない。でも2月の半ばになれば少しだけ余裕が生まれるかな?やっとフィッシングショーも終わったことだし、もうしばらくしたらガンガン釣りに行くぞ~!!

gill-bf.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヘドン・原点回帰シリーズ [ヘドン]

フィッシングショーOSAKAも終了しましたので、今回から少しずつ新製品を紹介していこうと思います。

まずはコレ!ヘドン「原点回帰シリーズ」。タイプは3種類。オリジナルザラスプークとラッキー13とチャガスプーク。

180204-2.jpg
ザラスプークはノーズアイモデルになるようです。

180204-1.jpg

180204-3.jpg
チャガスプークは久々の生産になります。待っていた人も多いのでは。

原点回帰シリーズって一体何が違うの?という質問にお答えします。フィッシングショーでも多く寄せられた質問でした。

まずこの原点回帰シリーズが生まれた経緯について。このシリーズは珍しく、ヒロ内藤さん/プラドコヘドン側からスミスに対して持ち掛けられたプロダクトです。シリーズ名の命名はヒロ内藤さん。

要は、こんな風に昔のカラーを塗ることが出来ますよ、スミスで販売しませんか?と持ち掛けられたものです。

とても珍しいケースだなと思いました。何故なら、過去にスミスが特注カラーを依頼しても出来ないという事で断られ、これしか方法がないという事で生まれたのが、日本で塗装と組み立てを行っている「スミスファクトリーカラー」だからです。

話がちょっと脱線しましたが、このシリーズに関してはプラドコ社での塗装、アッセンブリーになるということです。日本で塗装とアッセンブリーを行うスミスファクトリーカラーとはその点が違います。

価格は未定。もう半年近く前から何度もプラドコ社に問い合わせを入れているのに一向に明確な返事がない。まぁ、いつもの事なんですけど(苦笑)。

発売時期もはっきりしていません。これまた、何度もプラドコ社に問い合わせを入れているのに一向に明確な返事がなく、やっと返答が来たと思ったら的外れでトンチンカンな答えが返ってきたり(呆)。
そうかと思えばいきなり連絡が来ていきなり出荷されてくるという恐ろしい前例もありますので、早ければ4月頃に入荷して来る可能性もあるかもしれない。

蛇足なのですが、最近もとある復刻要望をプラドコ社に依頼しました。そうしたら、今は特注品の要望は一切受けていないという事で断られてしまいました。
原点回帰シリーズではプラドコ社側から「こんな事も出来ますよ」と持ち掛けられ、そうかと思えばその後に特注品の要望を断られる(苦笑)。このツンデレ加減こそがプラドコ社の真骨頂(笑)。

ツンデレ女子は嫌いじゃないけど、ツンデレ企業にメチャクチャ振り回されている今日この頃です。新製品紹介のつもりがすっかり愚痴になってしまいましたが、価格や発売時期が確定しましたらお知らせします。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

フィッシングショーOSAKA2018ご来場ありがとうございました [イベント]

明日(2/4)まで開催しているフィッシングショーOSAKA2018。

自分も昨日~本日の14時頃までブースにおりましたが、一足先に帰宅しました。

180203-1.jpg

昨日は起床してみたら案の定自宅周辺は雪が積もって真っ白!しかも勢いよく雪が降り続いている中での出発でした。幸い、電車に遅れもなく予定通りに現地に到着することが出来ました。始発電車に乗りましたけど、やはり5分ほど遅刻でした。

フィッシングショーOSAKA、盛り上がりが半端ないです。お客さんの数が多いのは勿論のことなのですが皆さんの熱気が違う。それは例えばブースに居るスタッフに対して製品の事についての質問を積極的にぶつけてきてくれたりだとか、こういうモノが欲しいんだけど、というリクエスト的な話もあったり。関西の方の人柄なのかもしれませんが、ガンガン来るなぁという感じ。
横浜のショーではすっかり見られなくなった光景ですが、各社のカタログを手提げ袋一杯に集める人も多いです。

あと、海外のお客さんがメチャクチャ多い。中国系のメーカーさんも出展が増えてきた印象を持ちました。出展する側もお客さんもとにかく熱い。横浜のショーにはこうした熱量はイマイチ感じられない気がします。

スミスブースに足を運んで下さった皆さん、どうもありがとうございました。明日足を運ぶという皆さん、どうぞ楽しんできて下さい!

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

スミスWEBカタログ2018年度版完成 [その他]

スミスの2018年版ウェブカタログが完成、公開いたしました。

180201-1.jpg

どうぞご活用下さいませ。

やっぱり実物のカタログがいいという方はフィッシングショーOSAKAを始め、名古屋キープキャスト、西日本つり博の会場にてお買い求めいただくか、直接スミスに申し込む方法もあります。

どうぞよろしくお願いいたします。

さて、フィッシングショーOSAKAに向けて明日は大阪へ出向きます。都内は夜間に雪が降るようで交通の乱れが心配ですが、今日はとりあえずとっとと寝ます!おやすみなさい。

gill-spiny2.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今週末はフィッシングショーOSAKA2018へ! [イベント]

今週末はフィッシングショーOSAKA2018がインテックス大阪にて開催されます。来場者数、メーカー出展数ともに国内最大のフィッシングショーです。

170204-1.jpg

自分は2月2日(金曜日/業者日)の午前中に現地入り。3日(土曜日)の昼過ぎ頃までブースに居る予定です。ご都合の合う方は是非、フィッシングショーOSAKAスミスブースへお越し下さい。お待ちしております。

横浜のショーでもそうだったのですが、接客やらメディア対応やらで慌ただしいので他所のメーカーブースを見て回るのは無理だろうなぁ。個人的にあれこれ気になっているものもあるんですけどねぇ。フィッシングショーOSAKAは出展しているメーカーさんも多いので、釣り人目線でじっくり見て周ろうとしたら半日じゃ足りないですからね。来場予定の方はどうぞ、じっくり製品を見て楽しんでいって欲しいと思います。

金曜日の朝は6時台に東京駅発の新幹線に乗る予定なのですが、もしかして都心はまた雪?!交通網に影響が出ないかちょっと気になっています。多少の遅刻は許してもらいたいところです(笑)

gill-bf.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月下旬 根魚大将で狙う伊勢湾のロックフィッシュ [釣果報告]

寒さが厳しい日が続いていますが、伊勢湾・名古屋港の主でもあるOKさんは容赦なくロックフィッシュを釣りまくっているようです。さすがに少し活性は落ちましたかね。

今週もいつもの伊勢湾に行って参りました。
寒波の影響からか、なかなか思うような釣りが出来ません(笑)。
1.8gのジグ単のみで攻めてみました。
スイミング、ボトムバンプ、リフト&フォール、一点シェイクなど、それぞれのアクションにショート、ロングのステイを織り混ぜながら探って行きますが。。。

180130-1.jpg
180130-2.jpg
180130-3.jpg
180130-4.jpg
180130-5.jpg

これといったパターンは見つからず、偶発的、散発的にヒットします。
サイズはいつも通りながら、時間あたりの捕獲数は3~4尾。
もはや魚が居るのか居ないのかさえ不明な状況下で淡々とキャストを繰り返します(笑)。
疑心暗鬼に囚われながらも、唯一、根魚大将3.4inだけが任務を着実にこなしてくれました(^_^ゞ
今週末も懲りずに行ってみようかと思います(*^^*)

厳しいようでいて、1時間3~4尾って飽きないペースで釣れていますよね。いいなぁ~。

ちなみにこの日、根魚大将以外のワームも4種類以上投入したようなのですが、根魚大将にしかバイトはなかったそうです。自分が言うと何だか嘘っぽく聞こえてしまいますけど、本当にそうらしい。OKさん自身も何故だろうと疑問に思っているようです。

では、根魚大将の開発者である私がその疑問にお答えしましょう。

「根魚大将はですね、ロックフィッシュの生態や捕食システムを研究し尽くしてデザインされ、甲殻類を捕食するターゲットが捕食の際にキーとしている特有の微振動を発するように出来ており、さらにその味覚や嗅覚を最も刺激する、スミスが長年の研究の末に導き出したロックフィッシュに特化したオリジナルシュリンプフレーバーをふんだんにミックスさせた、まさにロックフィッシュにとってはエサと呼べるほどの超高性能ソフトベイトだからです」

・・・ウソですよ(笑)。皆さん、こうした言い回しのセールスプロモーションに引っ掛かってはいけませんよ。それに、別に根魚大将じゃなくったって釣れると思いますよ(爆)

でも、実際にOKさんの釣りでは根魚大将3.4インチでしかバイトが出ていない。これはきっとOKさんの釣り方がキーになっていると思います。

通常、カサゴにしろタケノコメバルにしろ、もう少し重いシンカーやジグヘッドを使うのが普通だと思います。OKさんが使っているのは1.8gのジグヘッドということで、かなり軽い部類と言えます。これを使いこなすのは相当に慣れた人でないと難しいでしょう。でも、バス釣りでもそうですが、極力軽いシンカーでボトムを取れる人ほど魚を釣る。だからOKさんはこれだけ厳しい時期なのにコンスタントに魚を釣っているんだと思います。

そして通常のロックフィッシュ用のワームは、1.8gのジグヘッドなんて想定はされていないはずです。デッドスローに引いたとしてもテールなどは綺麗に動いているかどうかわかりません。多分、ちゃんと動いていないと思う。

でも、根魚大将3.4インチはきちんとテールが動いているはずです。元々はバス用のベイトフィネス対応として設計されているので軽いシンカーでもきっちり動くように作ってある。そうした面において、他のどのワームよりもOKさんの釣り方にマッチしているのがこのワームなんじゃないかな、というのが自分の見解です。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー