So-net無料ブログ作成

10/4 根魚大将で狙う名古屋港ロックフィッシュ [釣果報告]

仕事帰り、ベイトフィネスタックルを手に夜な夜な名古屋港へと繰り出しているOKさん。同じフィールドに年間を通して通っていらっしゃるのでシーズナルパターン的なこともかなり掴んでいるのでは?と思っていました。

最近釣果報告がないな、釣りに行っていないわけではないと思うけれど・・・と思っていたところ、先日釣果報告が届き、夏季の釣果報告がなかった理由もわかりました。

ご無沙汰致しております(^-^ゞ
今回も仕事帰りに、根魚大将とともに名古屋港に出掛けて参りました。

171008-1.jpg
171008-2.jpg

秋の訪れを感じる魚達に出会えてホッとしています(*^^*)
本格シーズンには根魚大将ですね!
今後も活躍してもらいますよ~!(^-^ゞ

実は7~8月にかけての名古屋港はマイクロベイトパターンだったのだそう。確かにそれでは根魚大将は効かないですよね。これ、関東の野島堤防の夏のカサゴ釣りにも共通するものがあります。ロックフィッシュ用のワームの効果が薄く、メバル用のワームがいいという。

ロックフィッシュも色々なワームを使い分けていく時代になっています。釣り方も多様化していくのに違いありません。今後、根魚大将だけではカバーできない部分を補える製品も開発していく予定です。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

ヘドンパーカ2017 [ヘドン]

これまでに何度かヘドンパーカを発売してきました。その都度議論になるのは「プルオーバーがいい」「いや、ジップアップにしろ」というプルオーバーvsジップアップバトルです。

世間一般的にはプルオーバーの方が人気があるけれど、釣りでの着用を考えると着脱がしやすいジップアップパーカの方がいいという人が多い気がします。

で、昨年はジップアップ派の意見を尊重してジップアップパーカを発売したので、今年はプルオーバーパーカを発売することにしました。

これならフェアでしょう?これでようやく誰からも文句が出なくなるはずです(笑)。

【杢グレー】
171007-1.jpg

【ブラック】
171007-2.jpg

【バーガンディ】
171007-3.jpg

(背面)
171007-4.jpg

サイズはM、L、XLの3サイズ。価格は¥6,000+税となります。

ヘドンサポートショップ専売商品となります。スミスでは10/31にて注文を締め切り、受注分のみを生産と致しますので入手希望される方は10月中にヘドンサポートショップまで注文を出して下さい。発売は11月下旬となる予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

ここで話が変わりますが、現在へドンロングTシャツの生産が進んでいます。こちらは9/21に注文を締め切り、その枚数を工場に発注したのですがその時の裏話です。

170818-2.jpg

ヘドンロングTシャツは3色ラインナップさせています。それは7月の段階で最終デザインを工場にも伝えてあります。こういう製品を予定していますよ、問題ないですよね?という意味での確認です。その時には別に何も言われなかった。

ところが後日、ベースとなるロングTシャツのカラーラインナップが大幅に縮小されるという話が出て来て、ヘドンロングTシャツも3色中の2色がまさにその廃盤カラーに当てはまってしまっていました。でももう注文を集めている段階なので今さらカラーを変更することは出来ない。ところがこのままだと工場に発注を出した時点で在庫が切れて作れなくなってしまう恐れが出て来てしまったのです。

が、そこは工場の担当者が気を利かせてくれ、ある程度の枚数をヘドンロングTシャツ用に確保してくれていました。エライ!!

ところが、お店からの注文を集計してみて焦った。何と、予想していたよりも遥かに多い注文が入っている!いや、嬉しい、嬉しいんですけど工場担当者がキープしてくれている枚数を確実にオーバーしている。これはヤバイ!!

しかし、何とか必要数を確保できてセーフでした。ホッとしました・・・

でもどうしてロングTシャツのカラーラインナップを縮小するんですか?と工場に聞いてみたら、一言でいうと売れないからだそうです。へぇーそうなんだぁ。
バスアングラーの人って、ロングTシャツの上からTシャツを重ね着したりと比較的ロングTシャツを普通に着用されている人が多いと思います。が、ロングTシャツの一般世間での需要というのはかなり下がっているのだそうです。

ks-vspec.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

9/29 ビバーチェとペブルで狙う霞水系 [釣果報告]

諸事情で少し釣行回数が減ってしまったという下町の爆釣王Tさん。しかし釣りに行かない間でもアルミボートの艤装に精を出していたようで、その試乗も兼ねて霞水系某川に出掛けてきたようです。

結果、撃沈との事だったので釣れなかったのかなと思いましたが、案の定そんなはずはなく、やっぱりさほど悪くはない釣果を上げていました。

2017年9月29日(金) 霞水系 5:30~17:30

天気:晴れ 気温:14~26℃ 水温:21~24℃ 風:0~2m 水位:雨で20㎝増水 水色:通常よりも雨で濁り 潮:長潮 状況:前日の暴風雨で魚が行方不明

 久し振りに釣行してきましたのでご報告致します。今回は初めてとなる霞水系のフィールドですが、前日の暴風雨で20cmの増水と濁り、水温低下に当日は雲一つ無いドピーカンで最低気温14℃とこれ以上ないバッドコンディションです(汗)

 全くわからないフィールド、状況なので『ペブルSR』で様子をみると2バイト1バラシ。その後アシ際に着水後10cm程引いたところでヒット!小さいながらも嬉しい1本を釣り上げることができました!続いてブッシュ脇に落としたライトテキサスのリングワームでも可愛いやつをGET!

171006-1.jpg

 そして竹系のブッシュを『BFシュリンプ3.4″』の21gテキサスリグでカバーを貫いて釣っているとすぐに1本追加!このようなカバーを釣るにはスッとカバーをかわしながら落ちていき、スタックせずにすり抜け、一点で魅力的な動きが出せる『BFシュリンプ3.4″』が欠かせません!釣りが上手くなったと錯覚するくらいリズミカルな釣りが展開できます♪

171006-2.jpg

 しかし雲一つ無い秋晴れが広がると状況が一変、全くバイトがなくなってしまいました・・・天気的に『BFシュリンプ3.4″』の1/2~1ozテキサスリグのパンチングでミズヒマワリやアシ奥等を撃っていきますが全くの無・・・そこで『ビバーチェ1/3ozWS』を杭等に絡めて引いているとヒット!これか!と思い巻き続けるも単発でした(^_^;)『ビバーチェ』は浮き上がりにくく、水深のあるところでもとても使いやすいですよ!ひと呑みサイズなので幅広い状況にも対応できます♪

171006-3.jpg

 その後も延々ミズヒマワリやアシ、ブッシュ等をフリップし続けますがなぜか全く反応がありません・・・ピーカンだし絶対こんなシェードの下に潜んでいそうなんですが・・・

171006-4.jpg

 お昼寝の後は比較的水深のあるところは『ビバーチェ』のカーブロール、浅いところでは『ペブルSR』のトゥィッチ後のただ巻きで攻めます。すると夕方になり少し魚も外側に出てきたのか、杭周辺をカーブロールで落とすと久し振りに『ビバーチェ』が引ったくられました!『ビバーチェ』はファストリトリーブはもちろん、フォール主体で釣っても非常に回転の良いブレードが強烈に効きます!

171006-5.jpg

 さらに30分後、今度は『ペブルSR』を矢板際に落としトゥィッチをして魚にアピールした後、リトリーブに移った瞬間ギラッと『ペブルSR』が襲われます!全てが目に見えてエキサイティングな1本でした!やっぱりワームよりもハードベイトのリアクションが効くのでしょうか?

171006-6.jpg

 それからまた30分後、水門の壁ギリギリに『ペブルSR』を泳がせるとまたまたヒット!う~ん、やっぱり秋は巻物ですね!って小さい魚なのであまり説得力がないですけどね(^^;)

171006-7.jpg

 ちなみにこんなに良く釣れる『ペブルSR』は残念ながら既に廃番・・・そこで・・・
1、中古屋で見かけたら必ず救出して下さい!
2、もしくは『釣れづれ日記』の読者全員でスミスさんに再販の嘆願書を書きましょう!
3、一番現実的なのはさらによく釣れるクランクをIKE-Pさんに早めに開発してもらいましょう!(笑)

 と、こんな感じで難しい状況、初めてのエリアでの手探り状態の釣りということもありなかなか厳しい1日となってしまいましたが、秋らしい巻物の釣りが楽しめました!

本日 ラージ:40cm以下×7本

霞水系で7本って全然悪い釣果ではないですよね。

この川、自分もかなり通っていた場所なのでそれなりに知っていますが、秋だからと言って巻き物メインでパターンが組めるほど甘い場所ではありません。昔は巻き物が良く効いたんですが、ミズヒマワリが増殖したら魚の多くがその下に入り込んでしまって、マット撃ちをメインにせざるを得ない場所になってしまったのです。なので、Tさんが巻き物メインでこれだけ釣ったというのは自分的にはむしろ驚きでした。

それと、ペブルは中古屋で見掛けても救出しないで下さい。自分が救出しますので(笑)ペブルのカタログ落ちが決まった時、自分が会社にあった在庫を全て買ったのですが微々たる数に過ぎず、さらにいろんな人にせびられて(泣)もう手持ちが少なく心細いのです。

ks-bandocraw.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

オールスター2017エグリ・3 [エグリ]

オールスターエグリ品の紹介も今日で最終回です。とはいえ3日連続で掲載するほどの物量があったことに自分自身で驚いています。そして今日も写真を撮っていてふと思いました。自分は間違いなくルアー買い過ぎてると(爆)。

【ラパラ】

DT4(¥400)
171005-1.jpg
ホイルフィニッシュのパーチカラー。この色は魚も釣れるけど、オジサンバサーもイチコロで釣られてしまう(笑)

DTフラット3(¥300)
171005-2.jpg
ラパラのホイルフィニッシュは本当に綺麗です。バグリーのホイルフィニッシュは腹部の処理が綺麗じゃない。シワが寄っているのが見えますもの。その点、ラパラは塗装で綺麗に隠しています。ハンドメイドをする人にとっては当たり前のことなんでしょうけど、量産でこれをきっちりやっているのは素晴らしいです。

DTフラット7(¥400)
171005-3.jpg
実は自分、腹部が異様に下方向に伸びたこの手の形状のクランクベイトが苦手。釣れる、釣れないじゃなく、どうもカタチが好きになれないのです。ただ、ラパラだったら投げてみようかなという気になる。それだけこのブランドには信用が置けるので。でもこのハリは交換しよう・・・

リストラップRR-7(¥333)
171005-4.jpg
少しボリュームを持たせたシャッドラップのようなプラグ。このルアーの存在を知らない人だったら、中古店の店頭で見掛けてもシャッドラップと思ってスルーしてしまうかもしれません。もしかしたら自分もこれまで店頭で見逃していたことがあるかもしれないと思うと悔やまれます。
リストラップは現在は生産中止品であることに加え、これまで日本に入ってきた数自体が少ないようで中古店などにおいても滅多にお目にかかることはありません。ですから箱入り新品が3個¥1000なんて目を疑いましたよ。私の知り合いにもこのルアーを探している人が何人かいます。¥1000で売ってあげましょうか(爆)

【レイジーアイク】

ナチュラルアイク(¥333)
171005-5.jpg
ダイビングリップのナチュラルアイクはたまに見掛けますが、ショートリップのシャローランナー版は少ないと思います。ボディーラインがとても美しいルアーだと思います。

【ティムコ】

ファットペッパーJr.(価格掲載自粛)
171005-6.jpg
ファットペッパーJr.はティムコさんで現行販売されている製品なので購入価格の掲載は自粛します。ロングセラーゆえ、生産期が古いものもありますから中古ではそれなりに安かったりはします。
バス用クランクベイトの世界では一昔前の重心移動ブームが去って固定重心全盛なのですが、風が吹きつける中でロングキャストしたいとなるとやっぱり重心移動のクランクが圧倒的に使いやすいです。ストレスを感じない。そんなこともあって今さらながら自分にファットペッパーJr.のマイブームが来ました。そして、昭和バサー御用達はやっぱりゴーストアユで決まりです(笑)。

ファットペッパーJr.(価格掲載自粛)
171005-7.jpg
定番カラーと言われるキンクロ。自分はゴールドよりもシルバーの方が釣れると思うのですが、とりあえず使えそうなカラーはまとめ買いしました。

ファットペッパーJr.(価格掲載自粛)
171005-8.jpg
オジサンバサーが泣いて喜ぶパーチカラー。日本にパーチなんていないんですが、このカラーはよく釣れます。でも現行品のラインナップには、もうない色なんじゃないかな?今時のバスアングラーが選ぶ色じゃないでしょうしねぇ。

マッドペッパーJr.(¥400)
171005-9.jpg
マッドペッパーシリーズで一番有名なのはマッドペッパーマグナムですが、一番最初は「マッドペッパー」と「マッドペッパーJr.」。マロルアーのシャッドをプラ化したもの・・・だったはず。なので、マッドペッパーってシャッドなんですよ。ただ、現代で全盛のサスペンドスモールシャッドの系統ではなくシャッドラップのようなフローティングの巻きシャッドです。
ダイワさんで出していたTDシャッドがシャローランナーとディープランナーがあったのですが、マッドペッパーJr.はその中間層を引けるルアーです。現在は廃盤のルアーですが販売時期は長かったロングセラー。完全サイレントのものとラトル音がするものの2種類あります。どこかのタイミングでマイナーチェンジされたのでしょう。
青銀カラー、近所のドブ川シーバスで試してみたいと思って買ってみました。多分釣れるはず。

マッドペッパーJr.(¥400)
171005-10.jpg
クロームベースのワカサギカラー。自分が一番最初にマッドペッパーJr.で入手したカラーで、もう20年以上の昔の話ですが良く釣れました。

マッドペッパーJr.(¥400)
171005-11.jpg
このカラー、絶対にバグリーのSH4のオマージュですよね。もうそれだけで、オジサン的には選ぶのに十分な理由になります。でも、このカラーはやっぱりツルツルなボディーに塗った方が色の奥行きは出るような気もします。

マッドペッパーJr.サスペンド(¥400)
171005-12.jpg
派手目のカラーも買っておこうと思って買ったのですが、帰宅後によくよく観察してみたらサスペンドだった。しかも重心移動にもなっているんだ?こんなモデルがあっただなんて知らなかった。TDシャッドもサスペンド・重心移動のモデルに切り替わったのですが泳ぎのレスポンスが低下してしまったので自分はガッカリしました。マッドペッパーJr.の方は大丈夫かな。

【ルーハージェンセン】

ニッピンサム(¥300)
171005-13.jpg
パッと見た時、スピンアイディディーかな?と思ったのですがペラが違う。サムグリフィン系列のニッピンサムの方でした。このボディー形状とこじんまりとしたボリューム。アキュラシーキャストを決めやすく丁寧に撃ち込んでいく釣りには最適なトップウォータープラグです。トップウォーターフリークの方はより大型のプラグを好む傾向がありますが、実釣派の人はこのサイズのプラグが一番重宝すると思います。

【ビルノーマン】

ビッグN(¥333)
171005-14.jpg
少し色褪せたようなパールカラーボディーに惹かれてしまいました。そこそこ古いモノなんじゃないのかな?

【バンディット】

バンディット100(¥300)
171005-15.jpg
昨年は神栖の某リサイクルショップでバンディットを沢山買ったのです。¥400だったら買いでしょう。ところが最近はこの店でのバンディットの売価が上がったのです。それだったらもうちょっと足して新品を買うわ、という感じです。今回はたまたまオールスター会場内で美品のバンディット100を発見。春先に投げてみたいと思えるクローダッドカラーは絶対に買いでしょう。¥300ですし。パーティングラインが雑なのでメキシコ製、かな?でもリップ付け根付近の入れ子型跡は目立たないんですよねぇ。

【カハラ】

KJバルサクランク(¥500)
171005-16.jpg
このルアー、ボディーのどこにもネーム印字が入っていないのです。なので、どこの製品なのかイマイチ確信が持てない。自分の場合はたまたま近くにカハラの加瀬さん、椎名さんが居たので「これってKJバルサクランクだよね?」と確認してから買いました。アメリカのPHカスタムルアーズというメーカーで生産しているものです。加瀬さんも自信を持って勧めていましたし、実際に使用しているJBプロの人にも使用感を聞いてみたところ、水面直下のレンジを激しく泳いでくるルアーだと教わりました。視認性の高いカラーを入手できたので、激浅ポイントで試してみましょうかね。ところでこれって¥2400もするルアーなのに、¥500なんかで出しちゃってイイのかなぁ?

購入品紹介は以上です。

昨年もそうだったのですが、記事をアップした後に「オールスタークラシックって沢山ルアーがエグれるんですね」とか「トーナメントに興味はないけど買い物に行けば良かった」なんて声が聞こえてきます。でも実際のところ、会場内でこうした製品を販売しているブースに人だかりが出来ているかというとそうでもない。やっぱり客層が違うんだなぁと思います。今年はもう終わってしまいましたが、来年のオールスタークラシックにはエグラーの皆様も是非。

gill-spiny2.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

オールスター2017エグリ・2 [エグリ]

本日もオールスターエグリ品の紹介です。
写真を撮っていてふと思いました。あれ?もしかして自分はちょっと買い過ぎたのかな?と(爆)。

【ストーム】

バグプラグ(¥1900)
171004-1.jpg
ストームっぽくない、ユルキャラみたいな風貌のバグプラグ。グワングワンという超ワイドウォッブラー。そういう点ではウイグルワートの系譜とも言えるのですが、ボディー幅のせいでフッキング率はウイグルワートに劣ります。
実はもう1つ、茶色いバグプラグも売られていた。そっちの方がカブト虫っぽくて欲しいと思ったのですが、背中の一部にワームバーンがあって泣く泣く断念。結局、程度で選んで写真の銀色のバグプラグを購入したのですが、銀色の虫というのはいないですよねぇ。

ホッテントット(¥333)
171004-2.jpg
リップ裏印字のOLD初期型。このカラー、コレクターの人が持っているのを見掛けたことはあるけれど、ダイワさんが輸入販売していた中には無かったはず。カラーセレクター対応カラーとは違う気もするけれど・・・

ホッテントット(¥333)
171004-3.jpg
リップ裏刻印のOLD後期型。このカラーは確かストームコレクターのTさん溺愛のカラーだったはず。買っておいてあげよう。結果・・・「もういらん」とのことでした。

ホッテントット(¥333)
171004-4.jpg
リップ裏刻印のOLD後期型。持っていない色だったので、つい。

ホッテントット(¥333)
171004-5.jpg
初期型、しかも新品箱入!!でも3個で¥1000というぶっ飛び価格でした。確かにホッテントットは流通量が多いのでストームルアーの中では古いものでも比較的相場が安めなのですが、いいのかいな?!

チャグバグ(¥500)
171004-6.jpg
これは古いのか比較的新しいのか、現地ではよくわからず迷った。するとその様子を見ていた緑川さんが「池島さん、迷ったら買っとけでしょ!!」と背中を後押し。緑川さんがルアーの新旧を判断して背中を押したとは思えませんが(笑)買っておいて大正解でした。やっぱりOLDでした。

ディープサンダースティック(¥600)
171004-7.jpg
復刻版もありましたがこれはOLD。ストームといったらやっぱりスケール柄です。他が安いので¥600というと物凄い高価な気がしましたが(笑)オールドルアー専門店ならもっと高い値段が付いていると思います。このルアー珍しいですもん。

【ボーマー】

OLDスピードシャッド(¥333)
171004-8.jpg
カラーは違いましたが、中学生の頃にこれを釣り場で拾ったんです。岸辺に打ち上げられているゴミの中に混ざっていたのですが、目が合った。目が合った瞬間、あっ、スピードシャッドだ!!とすぐにわかりました。当時は安いルアーしか買えなかったので、高価なボーマーのルアーを入手できたのは本当に嬉しかったです。
さぞや動きも素晴らしいんだろうなと思って泳がせてみたら・・・ガッカリしましたねぇ。小さい方のスピードシャッドは割とマトモに泳いでいた気がするのですが、大きい方は・・・

スマイリンミノー(¥333)
171004-9.jpg
程度は良くなかったですが、スマイリンミノー自体中古市場でも見掛けないので確保!!

フラットA(¥300)
171004-10.jpg
このルアー凄くイイんです。パタパタ系のフラットサイドクランク。古いものと現行モデルが存在しますが現行品で充分。PRADCOの現行品にあるはずなんですが、このシャローランナータイプはなかなか売っていない。早速、実戦用BOXに配備します。

モデルB(¥300)
171004-11.jpg
ボーマーのバルサクランクという点で話題を集めた製品でしたが短命に終わったという事は・・・まぁ、そういうことなんでしょう。販売期間が短かった分、流通量はさほど多くはないと思います。ただ、将来価値が出るかというと微妙です(笑)。
このルアーはちょっと変わった造りをしていて、自分的には興味深いルアーでもあります。

【レーベル】

サスペンドR(¥333)
171004-12.jpg
ナチュラルプリントのレーベルRシリーズのオールド物は塗装が薄い分、程度の悪いものがとても多い。ところがこの個体、傷一つなくツヤツヤしている超美品。¥1000超で売っていてもおかしくないものですが、3個¥1000で売られていてラッキーなことこの上なし。

ウィーR(¥400)
171004-13.jpg
レーベルのRシリーズには同じ名称のルアーであっても2種類あります。立体的なウロコ線が入っているもの(目の部分もくぼんでいる)と表面がツルツルしたものの2種類です。当たり前ですが、この2種類は異なるモールドで成型されたもので泳ぎも違います。私的にはウィーRは断然「ツルツル」がお勧めです。こちらの方が泳ぎが圧倒的にいいからです。

ウィーR(¥400)
171004-14.jpg
立体的なウロコ線が入ったタイプのウィーRは、自分はこれまでまともに泳ぐものに当たった試しがありません。たまたまなのかな・・・。この個体は好きなカラーだったので買ってみました。

【ザウルス】

クランクカウルス(¥600)
171004-15.jpg
えーっ、ザウルスのウッドクランクが¥600なのかいな?!と思っていたら・・・

クランクカウルス(¥333)
171004-16.jpg
何とこっちは3個¥1000の中に混ざってました(汗)。嬉しいような、悲しいような?!

(つづく)

gill-bf.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

オールスター2017エグリ [エグリ]

自分がオールスタークラシックの間に購入したルアーを見たいという声が寄せられましたので紹介します。

なお、購入したのは会場内にあった2社のブース、並びに宿泊したホテルの近隣にある某リサイクルショップでの購入品も含みます。新品で入手したものは除いて紹介していきます。どこで何を購入したのかは記しませんが、参考までに価格は記しておきます(¥333というのは3個¥1000だったものです)。

今回はバグリーの購入品を紹介します。

007Jr.(¥333)
171003-1.jpg
OFTさんのスペシャルもので比較的近年のものだと思います。ホイルフィニッシュで綺麗な個体でした。この個体は背中に「OFT ORIGINAL」お腹に「007JR」という印字がありますが、背中とお腹の印字が逆のものもあります。

ダイビングバングオー2インチ(¥333)
171003-2.jpg
同ルアーが好きで複数個所有していますが、ボディー形状と目の表情が違う個体です。全長が明らかに長く、シルエットも細い。製造された年代が違うのかもしれません。このルアーはシャッドラップラパラSR-7に肉薄するくらいバスを釣ってきました。

バングオー4インチ(¥333)
171003-3.jpg
ボディー形状が丸みを帯びて、目玉の位置も後方にある近年の製品だと思います。しかし、購入時は気が付かなかったのですが実はボディーが大きく欠けていました。実用に投入するつもりでいましたがちょっと無理そうなので、後日研究用として解体かな。まぁ、¥333なら解体も躊躇はしません(笑)。

バングオー5インチ(¥333)
171003-4.jpg
これはボディーが薄くて目の位置も前方にある旧型バングオー。やったぁ!と思いきやこれにも大きな傷が入っていて実用投入は厳しそう。これも研究用に解体するか?でも旧タイプバングオーはそのまま保管しておいてもいいかな?迷う・・・

ダイビングバングオー4インチ(¥333)
171003-5.jpg
これは傷もない綺麗な個体でした。ABS製のロングビルミノーってノタノタ泳ぐものが多いので、ブリブリ泳ぐタイプは貴重かもしれませんね。じゃあどこで使うか?と考えたら、思いつかないんですけどね(笑)

マイティーミノー(¥333)
171003-6.jpg
昔からその存在は知っていましたが、自分は使ったことがありませんでした。初入手となります。少し小振りなサイズ感がいい感じ。

ダイビングキラーB2(¥333)
171003-7.jpg
自分は通常のキラーBは好きなんですが、ダイビングキラーBはあまり好きではありません。本体に対してリップがデカ過ぎるように思えて、バランス的に好きではないのです。でもこのカラーにやられちゃいました。

スモールフライクレイフィッシュ(¥333)
171003-8.jpg
自分的にはクローフィッシュといったらレーベルなのですが、スモールフライも捨てがたい存在です。既に現行ラインナップにもないですし、今後バグリーがこれだけ手の込んだ製品を作るという事はないでしょう。

バンゴーB(¥400)
171003-9.jpg
比較的近年のものと思われる綺麗な個体でした。クランクとミノーの中間的なフォルム。最近ではジャッカルさんのチャブルなども同じコンセプトですが、自分はオジサンなのでこっちの方が似合うはず(笑)

バッシングシャッド(¥333)
171003-10.jpg
ちょっと気になる傷が何箇所かあるのですが目止めして使えば問題ないと思います。ホイルのギラギラ感を活かして使いたい。

バッシングシャッド(¥333)
171003-11.jpg
大・大・大好きなSH4カラー。しかも美品だったのでリアクション購入。

バッシングシャッド(¥333)
171003-12.jpg
メッキ系のシャッドカラー。部分的に中のメッキが溶けて?バルサ地が見える部分もありました。ラパラなど、海水でホイルが分解して地が見えるようなものもありましたが、こちらは何が原因でこうなったのでしょう?

バッシングシャッド(¥333)
171003-13.jpg
パールホワイトオレンジベリー。持っていなかったカラーなので嬉しい。

リーシッソン(¥400)
171003-14.jpg
バグリー枠ではないですけど。このルアーが好き!という人は聞かないのですが、まぁ¥400ならいいかなと(笑)。

ET3(¥333)
171003-15.jpg
新品箱入りのバグリーが¥333かいなと思いました(汗)。しかもこんなパッケージ、自分は見たことが無い。確かETのパッケージは台紙にETと記してあったはず。そもそもこのルアー、ETにしてはちょっと表情が違うし、ネームプリントがどこにも入っていない。
そしてリップを見てビックリしました。何と「KEN CRAFT」の刻印が入っているんですよ!いや、ケンクラフトのバルサルアーをバグリーで生産していたというのは知っています。でも、バグリーのパッケージに入ったルアーにKEN CRAFTの刻印が入っているというのは初めて見ました。思わず鳥肌が立ちました(笑)

バルサ製・ウッド製クランクに関しては、将来的に良質な製品が出回らなくなるんじゃないか?と懸念しています。バルサクランクの大手バグリーですらバルサ製のラインナップを減らしてきていますし、生産国や生産ラインの変更による性能の低下というのが各社製品に見られる。さらには塗装の簡略化、ラパラやリーシッソンに見られるように目玉でさえもペイントアイからシールアイへ。

自分が昔に使っていたバグリーやラパラはどれも泳ぎが素晴らしかったし塗装や仕上げに関しても見入ってしまう程の美しさがあった。だから、バルサやウッドクランクに関しては進化ではなく、逆に退化してしまったように自分は感じる。
個人レベルで素晴らしいビルダーさんは増えたと思いますが、思い切って使える価格帯であること、安定供給されていていつでも買えるという点に関してはメーカー製に及ばない。
幸い今の時代は、かつて自分が使っていた時代のルアーが中古品として安価に入手できる。ならば自分はそちらを迷わず購入する。そういうことなんです。

(つづく)

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

9/30 根魚大将で狙う徳島県鳴門のロックフィッシュ [釣果報告]

いつも北海道のロックフィッシュ釣果報告を下さるTMRさんからまた釣果報告をいただきました。で、釣り場は・・・徳島県鳴門市?!旅行に行ったそうです。北海道から四国なんて、かなり遠くまで行きましたね。楽しめたでしょうか。

本日は旅行で訪れた徳島県鳴門市での釣行です。
10:00に釣行開始。

初めて訪れた地域の為、信頼と実績の根魚大将2.8インチのグリパン/オレンジをセットし、ゴロタやテトラ際を誘っていくと…

171002-1.jpg
人生初のベッコウゾイ!

171002-2.jpg
これはベッコウゾイ?カサゴ?よくわからないけどキャッチ!笑

短い釣行でしたが、根魚大将のおかげで初めての魚種と出会う事ができました!

ベッコウゾイは東北では釣れるのですが、北海道には居ないのですかね?徳島でのベッコウゾイ初ゲットおめでとうございます。

魚種とフィールドが違えど、北海道のロックフィッシュの狙い方がそのまま徳島でもしっかり結果を出したようです。それとやっぱり、旅のお供には根魚大将ですね?!

ks-bf34.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

Basserオールスタークラシック2017ご来場ありがとうございました [イベント]

9/30、10/1の両日に開催されたBasserオールスタークラシック2017。
トーナメントの結果はこちらです。

そして私の収穫がこちらです。

171001-2.jpg

ルアー買い過ぎ!!計51個でした。お前は買い物に行ったのか仕事をしに行ったのか?と言われてしまいそうです(笑)。実はオールスタークラシック会場ってエグリ天国なんです。

171001-1.jpg

会場内メーカーブースエリア、今年も大盛況だったように思います。おかげさまでスミスブースにも多数のご来場がありました。お越しいただきました皆様に御礼申し上げます。どうもありがとうございました。ブースお手伝い下さった皆様もありがとうございました。

ks-vspec.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

今週末はBasserオールスタークラシック2017へ! [イベント]

昨日は、オールスタークラシック初出展となるユニバーサルエンターテインメント様のブースを紹介しましたが、今日はスミスブースの出展内容を紹介します。

161030-1.jpg
(昨年の様子)

えー、例年通りです。以上です。

本当に例年通りなのです。でもそれではあまりにも手抜きなので一応詳細も書いておきます。

【バスロッド ツアラーVスペックシリーズ 展示】

同シリーズを全機種展示予定です。なお、今回はTOP50の川又圭史プロもブースにおりますので、製品に関する質問等もお受けいたします。是非、開発に携わったプロからの意見など聞いてみて下さい。

【ロッドのアウトレット販売】

検品で弾いたB品のロッドを特価販売します。もちろん使用上は差支えのないものです。ロッドのジャンルはバスに限らずトラウトロッドやソルト用もあります。ただ、販売本数は少ないので早い者勝ちです。

【ビンゴくじ】

1回¥500で豪華賞品が当たります。1等はロッドを予定。ハズレはなしです。末等でもルアーを差し上げますので絶対に損はさせません。

今週末は天気も良さそうなので釣りに行くという人も多いと思いますが、お時間のある方はぜひ水の郷さわら オールスタークラシック会場内スミスブースへお越し下さい。自分は両日共におります。朝がメチャクチャ早いので疲れた顔をしていると思います(笑)

皆様のご来場をお待ちしております。

ks-bandocraw.jpg
nice!(3)  コメント(0) 

バサーオールスタークラシック2017出展情報・ユニバーサルエンターテインメント様ブース [イベント]

いよいよ今週末(9/30、10/1)にBasserオールスタークラシック2017が迫ってきました。例年よりも1ヶ月ほど早い時期の開催です。参加選手の皆さんもきっと良い釣果を持って帰って来てくれるはず。

もちろん会場には例年同様多くの出展メーカーのブースが並びます。そして今回、新規に出展をされるのがユニバーサルエンターテインメントさん。釣具メーカーではありません。パチスロ機のメーカーさんです。

実はスミス×ヘドンとユニバーサルエンターテインメントさんでコラボレーションをしてビッグバドとラッキー13のスペシャルカラーを製作していました。これらは釣具店では販売されていません。オフィシャルウェブショップ「UNI MARKET」のみでの限定販売となっています。

170927-1.jpg

が、今回は特別にオールスタークラシック会場でのUNI MARKETを設置、これらのコラボレーションプラグを始めとした各種グッズ販売を行うとの事です。

170927-10.jpg
170927-11.jpg
170927-12.jpg
170927-2.jpg
170927-3.jpg
170927-4.jpg
170927-5.jpg
170927-6.jpg
170927-7.jpg
170927-8.jpg
170927-9.jpg

また、5000円お買い上げ毎に1回引けるガチャもあるそうです。何が当たるんでしょうねぇ?

というわけで、オールスタークラシック会場のユニバーサルエンターテインメントブース/UNI MARKETへ是非足を運んでみて下さい。

もちろん、スミスブースもよろしくです。

gill-spiny2.jpg
nice!(2)  コメント(0)