So-net無料ブログ作成
検索選択

10年遅れのマイブーム [他社製品]

日本のルアーで最も斬新な特徴というのは重心移動機構でしょう。でも、ソルト用のルアーではこれが標準化されたものの、バス用のクランクベイトなどではむしろ固定重心に回帰している傾向さえ感じます。

昔と違い最近はリールの性能が上がった為、かつては扱いにくいと感じたルアーも普通にキャスト出来るようになった。こうした点も重心移動のクランクベイトを不要とする傾向に拍車をかける理由の1つかもしれません。

自分の好きなクランクベイトも固定重心のものが多い。その理由はアクションの質にあります。そして泳ぎ出しのレスポンスが速いので着水直後から喰わせやすい。ストップ&ゴーで引いても引き始めから立ち上がるので扱いやすい。

でも、霞ヶ浦や北浦は風が吹く。波立つ中でエレキを踏みつつキャストを続ける。体の機能の半分は波風と戦っていると思う。エレキを踏んで、踏ん張って、バランスを取って。それだけでもまぁまぁ大変です。
そんな中でのキャスト&リトリーブ、それらはどうしても多少雑になる。で、そんな雑な釣りでもストレスなく使えるルアーというのは本当に重宝するものだなぁと実感します。

170708-1.jpg

ファットペッパーJr.なんてそのど真ん中のルアーです。昔からあるルアーなのですが自分は最近まで使っていませんでした。ディプシードゥ2、ワイルドハンチ、CB200、モデルA04、バンディット200。2mレンジを引くクランクベイトはおおよそその程度でカバーできると思っていたからです。でも最近になって、人に勧められたのをきっかけにファットペッパーJr.を仲間入りさせてみました。

突出した特徴はない。でも目立った欠点がない。とにかくあらゆる面で優等生。風の中でも飛ぶ。真っ直ぐに飛ぶ。絡まない。余計なストレスを抱えず釣り続けられる。これが本当にありがたい。 「固定重心でも飛行姿勢が良く、飛ぶ」というルアーもあるのですが重心移動のクランクほど風の中で気を使わずキャストできるものはありません。今さらながらに重心移動の恩恵に授かる機会が多くなりました。加えてこのサイズ感、潜行深度も丁度いい。何で今までこのルアーを使わなかったんだろう。

風が弱かったら他のクランクベイトを投げているだろうと思います。でも風が強かったらファットペッパーJr.に自然に手が伸びるようになった。このルアーを使うと釣りが本当にラクなんです。

一体何年前に発売されたルアーだよ、なんで今頃になって使っているんだよ、と言われてしまいそうですが、その理由としては霞ヶ浦や北浦で増えた消波提、それを風の当たるタイミングで狙う機会が増えたからなのです。でもそうした理由はさておき、一般世間から10年遅れでこのルアーのマイブームが来ました(遅っ!)。

gill-mossa.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

西武ライオンズ×ビッグバド [ヘドン]

元々はビール飲料のノベルティ商品だったヘドンのビッグバド。現在はビールメーカーとのライセンスが切れているのですが、飲料以外にも「クマモン」(OFTさん販売品)、「フェンウィック」(ティムコさん販売品)といったコラボバドもありました。

でも、プロ野球チームとのコラボがあるのを御存知でしたか?これは釣具店では販売されていないので案外知られていないようですね。実は西武ライオンズとのコラボバドがあるんです。

【ユニフォーム】
170706-1.jpg

【プライマリーマーク(艶有)】
【プライマリーマーク(艶消)】
170706-2.jpg

【レオ】
170706-4.jpg

ヒートンタイプのビッグバドです。当然の事ながら実釣にもお使いいただけます。

価格は¥3,400(税込)となります。

釣具店ではお買い求めになれませんのでご注意下さい。埼玉西武ライオンズ公式オンラインショップにて発売中です。

逆転ホームランをかましたい!という時にいかがでしょうか。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Brad's ラトリンダッド [他社製品]

170705-1.jpg

ホッテントットには大と小の2サイズがあります。H(5cm)とAH(7cm)です。
※厳密に言うと、AHより大きいものもある

170705-2.jpg
(写真上:ラトリントット 写真下:ホッテントットAH)

そしてそれとは別に、ラトリントットというものもあります。これはホッテントットとは別型のようで、形状はホッテントットよりも少し太く、サイズ的にはAHよりもやや小さくなっています。

と、ここまでは自分も知っていたわけです。でも、これは一体何なんだ?!

170705-3.jpg
(写真上:ホッテントットAH 写真下:ラトリンダッド)

ボディー形状はAHにほぼ合致しているけれど、ラトリンモデル?!でもどことなく雰囲気が違う。金属リップがピカピカ過ぎるし、塗装に関してはやたらとコントラストが強い。そもそもラトリンダッドなんてモデル、あったっけ?

しばらく正体不明だったこのルアー、ストームルアー収集家でもある爆釣王Tさんに写真を送ってみたところ「これはBrad'sの製品ですね」と教えてもらいました。

このBrad'sというメーカー、ウイグルワートのコピーであるウイグラーはそれなりに有名で、本家ストームルアーがラパラ傘下になった直後に旧ウイグルワートの入手が出来なくなった際には、ブラッズウィグラーを求める人もいました。

でもこのメーカー、ホッテントットやシルバーシャッドのコピー物まであったんですね。ただ、詳しくは知らないのですが、単に人気ルアーをコピーしたというより、どことなくストームルアーへのオマージュを感じるんですよね。もしかしたらちゃんとストームから許可をもらっていたりして?

でも、それだったらファッツオーも作ってくれればいいのにな、と思うのは私だけでしょうか。

ks-vspec.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

7/3 根魚大将で狙う名古屋港ロックフィッシュ [釣果報告]

最近Oさんからの伊勢湾釣果報告が来ないな~と思っていました。さすがにもう時期的に厳しいのかもしれないな。

ところがそんなことを思っていたら、釣果報告来ました!

今回も仕事帰りですが。。。(笑)

根魚大将と共に名古屋港に行って参りました。

タケノコメバルは段々と釣れなくなって来ましたが、カサゴとクロソイだけは元気なようです。

170704-2.jpg

水深と根のあるポイントをダウンショットでアクションさせると。。。
すぐに反応があり、可愛いカサゴが釣れました。

170704-1.jpg

同じくダウンショットで根魚大将をスイミングさせると。。。
元気なクロソイが釣れました。

ポイントを変更してからコンスタントに釣れていますので。。。
通年釣れるのではないかと期待しております。

また釣果がございましたら、随時報告させて頂きます!

カサゴって偉大だと思いませんか?潮止まりでも釣れるし、シーズンも問わないし。サイズ的には小さいですけれど貴重なロックフィッシュだと自分は思います。

クロソイもまだイケるんですね。寒い地方の魚というイメージがあるので、7月の名古屋港で釣れるというのは意外でした。

Oさんがそう思い始めているように、名古屋港は周年ロックフィッシュが楽しめるのかもしれません。タケノコメバル、カサゴ、クロソイと主要な魚種だけで3種いますから、時期によってその比率は変化するのでしょうけど何かしらの魚が狙える確率は充分ありますよね。

ks-bandocraw.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

6/29 パフォーマンスベイトとイモグラブで攻めるリザーバー [釣果報告]

梅雨時というとバス釣りのベストシーズンであるはずなのですが、メジャーフィールドの釣果は相変わらず厳しいというのが実感です。日曜日に開催されたJB霞ヶ浦戦も参加者143人中、60人のプロ選手がノーフィッシュだったそうです。2尾以上釣った人は37人しかいなかったそうで・・・。

でも今年から産卵期のトーナメント開催が自粛されるようになりました。数年後、霞ヶ浦のバスの個体数も上向いていて欲しいと切に願います。

たまには景気のいい釣果報告を。下町の爆釣王Tさんからの釣果報告が届きました。合計83本の釣果とのことで、相変わらず物凄い釣果です。管釣りより釣れてませんか?!

2017年6月29日(木) ダム 4:00~19:00

天気:曇り・晴れ 気温:23~27℃ 水温:25℃ 風:0~2m 水位:減水 水色:スティン 潮:中潮 状況:小バスはイージー、デカバスはどこ?

 久し振りの湖ですが、アフター回復、梅雨の爆釣を期待しての釣行です。朝一はプロップベイトとl字系のルアーで怒濤の連続ヒット!激しい動きのルアーではなくナチュラルな動きのプラグが正解のようでした。

170703-1.jpg
170703-2.jpg

 しかし日が登り始めるとパタリとバイトが止まってしまったので、今が最も旬の『モッサ』1.6"&2.2"を投入です。するとまさに『モッサ』祭り!ガンガン食ってきます(笑)

170703-3.jpg
170703-4.jpg
170703-5.jpg
170703-6.jpg

 しかし減水中で岸辺のカバーはほとんどなくなってしまっており、スポットが絞れないので『テンタクローラー』の2.5gダウンショットリグをズル引くと、サイズは選べませんがバイトが止まりません!

170703-7.jpg
170703-8.jpg

 実は朝、暗いうちにスロープでライトを照らすとキラキラと光る無数の目が・・・よく見るとエビ類がたくさんうごめいていました。なので『テンタクローラー』なのです!

170703-9.jpg
170703-10.jpg

 そこで移動しながらバンク沿いを『テンタクローラー』のDSで撃ちつつ、本命はオーバーハング下で落下する虫を待ち構えているバスを『モッサ』で狙い撃つことです。そちらの方がアベレージサイズもいいようでした。

170703-11.jpg
170703-12.jpg

 するとやはり数少ないハング下に『モッサ』を浮かべると40UPも混じるんですよねぇ~!本当に今時期の『モッサ』は無敵です!

170703-13.jpg
170703-14.jpg

 しかし数はかなり釣れるものの、デカバスを狙うべく違う展開を求め伝家の宝刀『バンドゥクロー』の7gジカリグやシャローの破壊王『ベビーファットイカ』でカバーを撃つもサイズは変わりませんでした(^_^;)

170703-15.jpg
170703-16.jpg

 そのうちにスーパードシャローな沈みブッシュの中に魚が見え隠れしているのを発見しますが、なかなかの賢ちゃんで何を投げても逃げ惑ってしまいます。基本カバーなのでスピニングは使えないし・・・。

170703-17.jpg

 そこで何となく気になった『イモ50』をキャストすると、『ベビーファットイカ』はじめ様々なルアーで散々攻めまくり釣れなかったピンスポットからなんと良型ばかりが5連発しました!

170703-18.jpg
170703-19.jpg

 おそらくファットイカだと持ち味のバックスライドアクションを発揮するには数十cmの水深では浅すぎ、対してイモは着水と同時にプルプルと震えながらイレギュラーにフォール&ダートするのが有効だったのかもしれません。

170703-20.jpg
170703-21.jpg

 16lbラインを巻いたヘビータックルでシャローカバーに投げ込み、フッキングとともにカバーに絡まれないようにエクストラハイギアのリールで一気にゴリ巻き!一瞬たりとも魚に潜らせることなく一気にボート引き寄せ抜き上げるパワーゲームはやっぱり爽快ですね!

170703-22.jpg
170703-23.jpg

 という感じでオープンウォーターでは『テンタクローラー』のDS、オーバーハングでは『モッサ』、ドシャローカバーには『イモ50』でたくさん釣れたので、昼寝の後はハードベイト縛りです!・・・・・がっ、全く釣れず、今回の釣りで一番のメインに考えていたコンパクトスピナーベイトの『ビバーチェ』で1本釣れたのみでした^_^;

 『ビバーチェ』は1/3ozとは思えない位ミドルレンジのキープ力がとても優れています。それでいて巻いていても明確にブレードの回転が伝わってきます。今まで5/8ozのスピナーベイトでやっていたことが、より快適に9gの『ビバーチェ』でこなせました!これはもうミドルレンジをスピーディーに攻めたい人には絶対に試して欲しいスピナーベイトですね!

170703-24.jpg

 かなりの時間をハードベイトに費やしましたが、あまりにも釣れないので『モッサ』を投げるとすぐに40UPが・・・この1本によりまたパフォーマンスベイトに頼ることにしました^_^;

170703-25.jpg
170703-26.jpg

 そして再びダウンショットリグを投入ですσ(^_^;今度は『スパイニーアックス』の2.5gDSで1~3mのシャローを早めにズル引くとやはり連発!ルアーがはまったのか、時合いなのか、先程よりも良型の魚が多くなかなか楽しめます!

170703-27.jpg
170703-28.jpg

 最近マイブームの『テンタクローラー』などのストレート系ワームのDSですが、やはりフィーディングにはいっている魚にはめっぽう強いようです。特に何もアクションを加えなくてもズル引くだけで勝手にピリピリと震えてくれる様がナチュラルフィーダーな魚のスイッチを入れるんでしょうかね!

170703-29.jpg
170703-30.jpg

 結局今回は夕マヅメもハードベイトでの炸裂はなく、『モッサ』・『テンタクローラー』・『イモ50』・『スパイニーアックス』といった実力あるワームが大活躍した釣りとなりました!

170703-31.jpg

本日 ラージ:40up×5本・40cm以下×78本 total 83本

数は物凄く釣れていますけれど、この日はハードルアーの効果は薄い日だったようですね。ライトリグ系ソフトベイトの日だったようです。そしてイモが良かったとのこと。イモというとライトリグのイメージがありますが、イモ50と60だったらベイトタックルで扱えますのでパワーゲームもこなせます。

そして相変わらずモッサは強いですね!虫系はまさにシーズン真っ盛りという気がしているのですが、おかげさまでかなりの勢いで売れてしまいまして、現在ではチャートリュースやホワイトしかメーカー在庫に残っていません。

「えっ?!これから頼もうと思っていたのに」なんて思っているスミスのテスターの方はいないでしょうね(笑)?もう遅いです、残念。自分の手持ちも少ないので、私にセビっても出ませんので、念のため。

gill-spiny2.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

7/1 今日の水郷 [釣行記]

今日は霞ヶ浦でトーナメントが開催されていたのでマイボートで利根川に出ました。ただ、明日は利根川でもトーナメントが開催されるため、今日はそのプラクティスをしている人達とのバッティングもだいぶありました。やはり皆さんいい場所をご存知のようで。

今日の天候は雨時々曇りと言った感じでした。昼頃から西風がやや強く吹きました。

170701-1.jpg

ローライトの利根川、バズベイトやフロッグで出そうな雰囲気満々。はい、自分も思わずそれらを投げまくってしまいました。でも、雰囲気に騙されていることにだんだん気付いてきました(苦笑)。いいんです、わかっていてもあえて雰囲気に騙されてみたいとも思うんです、男ってやつは。

抑えでバンドゥクローのライトテキサスとファットイカを入れていきましたがそれでも全く当たらない。そもそも、シャローにベイトが全くいない。釣り方云々というよりエリア自体が駄目っぽい。

バスボートは機動力があります。それでも、利根川という長い流域を持つ河川において自分が釣りをしている範囲なんてほんの一部です。今日はその範囲内でプロダクティブなシャローを見付け出すことが出来ませんでした。寒い時期の定番、ちょっと深めの沈みブロックをテナガホッグのダウンショットで撃ってみるとバイトはありました。でも、ハイシーズンの雨天時にやる釣りじゃないかなと。何となく気持ちが持たないです。

今日の利根川は冗談抜きに厳しくて、ノーフィッシュで15時過ぎに退散しました。常総大橋あたりまで遡れば状況も違う可能性はありましたが、とりあえず自分の釣行エリアである小見川~神崎下流間をあちこち探った上での結果だったのである程度納得もしていたのです。

水門を抜けて常陸利根川に戻ってきました。まだちょっと時間がある。アシをファットイカで撃つと、すぐに当たった(スッポ抜けましたが)。あれ?!もしかして常陸利根、イイんじゃないの?しかし撃ちたいアシには先行艇が浮いていました。だったら、そうだなぁ、垂直護岸でも撃ってみますか。

170701-2.jpg

マリーナの目と鼻の先にある垂直護岸をスパイニークローラーのワッキーリグで撃ってみる。すぐにラインが走って小型が釣れた。ウソだろ?!常陸利根、こんなにイージーなの?今までの利根川での苦労は一体何だったんだ。

170701-3.jpg

その後、ガツガツッというバイトにアワセると、キュイーンと沖に向かって走っていく。あぁ、キャットフィッシュか・・・と思って寄せてみたらバス!キロフィッシュまで釣れちゃった。

利根川、延々やって1バイト。常陸利根、30分で3バイト2フィッシュ。パラダイスはマリーナの目の前だったというオチでした。

gill-bf.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヴィヴィッドライブで狙う若狭湾のカサゴ釣り [釣果報告]

関東のカサゴ釣りではさほど大きなワームというのは使わないです。それだとなかなか釣れないからです。魚のサイズが小型中心であることと、プレッシャーによるものもあるでしょう。神奈川の某沖提も、メバル用のワームをカサゴ用として使う人が多い。

ヴィヴィッドライブは4インチ、全長10cmほどのシャッドテールワームです。元々はジグヘッドリグでのただ巻きでシーバスを釣るために開発したもの。ただ、ロックフィッシュやフラットフィッシュ狙いでこれを使ってくれる人ももちろんいました。ロックフィッシュに関しては、ある程度のサイズのアイナメ、ソイ、ハタ類ではもちろん問題ないと思います。

でも今回Mさんは若狭湾のカサゴ狙いでヴィヴィッドライブを使用。大きくないのかな?と思いましたが若狭湾ではそんなことはないみたいですね。

この度は若狭湾にカサゴ釣行に行ってまいりました。

本当はテトラ穴釣りをしようと考えていたのですが、目的のポイントは波が荒くとても危険な状況だったため(天気予報では穏やかな予報だったのですが)急きょ場所移動。不本意ながら内湾の奥まったシャローエリアですることに。
ここは潮通しはあまり良く無いですが、海が荒れていても、比較的穏やかなので釣りをする分には問題ありません。

そして、いつも通りの根魚大将+5gシンカーのテキサスリグをセット。
数投して海藻に絡まったため、「グイッ」と引っ張ると・・・

「ベキッ!」

なんと、バットの部分からロッドが折れてしまいました。(汗)

一気にモチベーションダウン。

当初の予定だった穴釣りを中断。
そして今度はシャローエリア用の7.8フィートのロッドも折れる。

というアクシデントに見舞われ、車に戻り、どうしたものかと考えた結果、穴釣り用に用意していたタックルでシャローエリアを攻めることにしました。

・・・というか、これしか選択肢がありませんから。(苦笑)

穴釣り用に用意していたのは、バス釣りフローター用5フィートのロッドにベイトフィネス用リールをセットしたもの。

先ほど、シャローエリアにベイトフィッシュの群れが泳いでいたので、ヴィヴィッドライブ+3.5gジグヘッドをセット。

海藻の切れ間に落とし込んで使いますが、さっぱりヒットしません。

先ほどのベイトフィッシュの群れと言い、もしかしたら、完全なベイトフィッシュパターンか?!

と思い、今度は海藻の上をストレートリトリーブ。

すると、「ドンッ!」というアタリ。

アタリはカサゴっぽいですが、釣り方はメバルを釣るようなやり方。

もしかしたら、大型メバルか?!

と一瞬期待したものの、すんなり上がってきたのは、お馴染みのカサゴでした。

170629-1.jpg

しかしながら、完全なるベイトフィッシュパターンと判断し、海藻の上をストレートリトリーブし続けます。

すると、どんどんカサゴが釣れます!

170629-2.jpg
170629-3.jpg
170629-4.jpg
170629-5.jpg
170629-8.jpg
170629-9.jpg

3キャスト3尾釣れる時もあり、パターンが完全にハマった瞬間だと確信できました!

中には「トラギス」の仲間と思われる魚を吐き出したカサゴもいました。

170629-6.jpg
170629-7.jpg

消化具合から「吐き出した」というよりも、元々トラギスの体半分はカサゴのお腹からはみ出ていたと思われます。

170629-14.jpg

今まで根魚の「ベイトフィッシュパターン」と言っても、ハタ系の魚ではよく聞く話ですが、カサゴでは、ここまで極端に魚食に偏っている状況は、私自身、経験がありません。(逆の甲殻類パターンでベイトフィシュ系のワームに無反応だった時は時々あります。)

どちらかというとそういう傾向があるかな?

という場合が多く、クローワームを使っても、それなりに釣れる場合が多かったのですが、ここまで極端に結果に差が出るとより根魚釣りの奥の深さを感じました。

170629-10.jpg
170629-11.jpg
170629-12.jpg
170629-13.jpg

お馴染みのカサゴですが、ヴィヴィッドライブのおかげでお馴染みでは無い釣り方で釣れましたのでこの度もとても勉強になる楽しい釣りができました。

ありがとうございます!

1日にロッド2本破損はイタイ・・・そんなツイてない日もあるんですねぇ。自分の知人は車にロッドを立てかけたまま車を発進させてしまい一気に4本折った人がいます。相当ショックだったようです。そりゃそうですよね。

でも釣果は素晴らしい。ベイトフィッシュパターンがモロにハマったようでヴィヴィッドライブで連発だったようです。

ホッグタイプだけ持ってりゃいいってわけではないみたいです。根魚釣りは奥が深いですね。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

サムライボートサービス [その他]

20数年前。JB戦に出場する為、琵琶湖のマリーナを訪れていた時の事。琵琶湖のバスボートスタイルを見て驚いた。軽自動車やセダンでマリーナにやってくるボートオーナーの多い事。そしてボートはマリーナの人が重機で昇降をしてくれる。

関東の湖では、ボートは自分自身で上げ下ろしをするのが基本でした。だからトレーラーボートとなると車は四駆にヒッチを付けるのというのが当たり前だった。四駆に乗っていない人がバスボートを所有するというのは考えにくかったのです。

だから、好きな車に乗りつつもボートライフを楽しんでいる琵琶湖ボーターの皆さんがとても羨ましかった。関東にもこんなマリーナがあったらなぁと。

自分はずっとカートップのアルミボートでした。でもさすがに年齢を考えるとキツくなった。一度ギックリ腰も経験している。バスボートもいいけどなぁ・・・でも自分の車にヒッチを付けて牽引するのは嫌。そんなことを考えていたら、霞ヶ浦水系に、スタッフがボートの上げ下ろしをしてくれるマリーナがあると知る。V6マリンサービスさんでした。

ここしかない!と思いました。そしてボートも購入してV6マリンさんに駐艇もさせてもらって現在に至るというわけです。

実際、ここに駐艇されている方は愛車にヒッチを付けていない人も多い。車種も様々。軽自動車の人もいる。別に牽引するわけではないから車は関係ないですものね。まさしく自分が昔に琵琶湖で見て羨ましいと感じていたボートスタイルがここにありました。こうした、スタッフによるボート昇降をしてくれるマリーナというのは霞ヶ浦水系でもV6マリンさんとハーツマリンさん位だと思う。自分はV6マリンさんがなかったらバスボートは買っていないだろうと思います。

ボートを購入する際、色々と教えて下さったのはV6マリンの奥村社長でした。その奥村社長が4月に亡くなり、ショックでしたし、V6マリンもどうなってしまうのかと思いましたが・・・

170628-1.jpg

V6マリンのスタッフだった高橋さんが新たにサムライボートサービスを立ち上げ、V6マリンの業務を継承してくれました。V6マリンに駐艇していた人は、引き続きサムライボートサービスでボートライフを楽しむことが出来るとのことで安心しました。

ここにきて新ホームページも立ち上がったようなので、上画像にリンクを貼っておきました。

自分の駐艇場所、例年暑い時期になると草茫々になってしまう。この時期はちょっとでも放置するとアッという間に雑草が伸びてしまいますからね。草が伸びると虫も多くなるし、早朝に準備していると朝露で足元が濡れてしまうんです。でも今年はマメに草刈りをしてくれているようで、全然気になりません。今のところはね(笑)。こういう部分、今までより良くなった気がしますし、これからも大事にしていって欲しいです。強いて言えば、もうちょっとしっかり砂利を入れて欲しいかな。

何はともあれ、今後のサムライボートサービスさんに期待です。

ks-bf34.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

必読、殺さない駆除釣り大会 [その他]

170627-2.jpg

どこかのオッサンによって召集されたこの人達。中には前日まで名古屋だったという人も(汗)。翌日に群馬とはなかなかハードだったねぇ(と、他人事のように言ってみる)。

この人達はバス関連雑誌の関係者なのです。ライター、カメラマン、編集者などなど。「Basser」「ルアーマガジン」「Rod and Reel」「アングリングバス」「TOP☆TOU」。全てのバス雑誌の関係者が一堂に集いました。

170527-1.jpg
170527-2.jpg

皆さんが取材しに来たのは5月27日に群馬県の中野沼で開催された外来魚駆除釣り大会。それぞれプロのライター、カメラマン、編集者であるわけですから、出来上がる記事もそりゃもう素晴らしい出来です。

170627-1.jpg

現在、これら5誌の最新号が発売になったところです。日本初、殺さない駆除を実現したこの日の釣り大会。その様子が上記5誌の全てに掲載されています。

是非、お買い求めの上、御覧下さい!!

なお、Basserさんの記事につきましては つり人社さんのWEBマガジン SiteBでもご覧いただけます。併せてご覧いただければと思います。

gill-mossa.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

水郷エリア花火大会情報2017 [イベント]

関東ではいよいよ梅雨本番といった印象ですが、それが明けるともう夏。暑さに弱い自分が最も苦手な季節到来です。

で、夏と言ったら花火です。それはいいのですが釣りの帰り道に渋滞にハマらないよう事前に情報を仕入れていくのも大事です。

ということで例年掲載していますが、水郷エリア周辺の花火大会予定です。

8月1日(火) 水郷おみがわ花火大会 香取市
8月12日(土) とりで利根川大花火 取手市
8月19日(土) 水郷潮来花火大会 潮来市
8月19日(土) いなしき夏まつり花火大会 稲敷市
10月7日(土) 土浦全国花火競技大会 土浦市

なお、花火大会の日程、各トーナメントの日程は 水郷イベントカレンダーにまとめて掲載してあります。作った自分が言うのも何ですが、それぞれを調べる必要がありませんので便利です。どうぞご利用下さい。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー