So-net無料ブログ作成
検索選択

3月中旬 根魚大将で狙う伊勢湾のロックフィッシュ [釣果報告]

Oさんから根魚大将での釣果報告をいただきました!Oさんは名古屋を中心とした伊勢湾でロックフィッシュを狙っているアングラーです。仕事帰りのナイトゲームであちこち行かれているようで、個人的にそんなライフスタイルがメチャクチャうらやましかったりします。

仕事帰りにライトロック狙いでいつもの伊勢湾に行って参りました!

ワームは根魚大将、カラーは伊勢湾御用達?グリパン/オレンジです。

ベイトタックルとGYオフセットフック#4(根魚大将にベストマッチします!)を使用してのダウンショットでカサゴを釣る事が出来ました。

170313-1.jpg
170313-2.jpg

ストラクチャーに沿って丁寧にキャストし、大きめのリフト&フォールからの着底後に明確なアタリが出ました。

今季のライトロックは気難しい?!

そのように感じる日が多いのですが、シーズンオフはまだまだ先です。

次回はカラーローテーションなども含めてタケノコメバルも狙ってみたいと思います。

ロックフィッシュというと東北のソイ・アイナメに、北陸のキジハタを初めとする南方系のハタ類がその代表格とされているように思います。

一方、Oさんがホームとする名古屋周辺(伊勢湾)で釣れるのはカサゴ、タケノコメバル、クロソイ(驚)、ムラソイ、根魚以外にもヒラメにシマイサキと多彩なターゲットが狙えるそうです。しかも昨年の秋には一晩で45尾も釣った日まであったのだとか。それって凄くないですか?!離島でもそこまで釣れないのでは。

冬に入ってからはだいぶ調子が落ちてしまっているようなのですが、それでもフィールドのポテンシャルは相当高いようです。これからさらに注目を浴びるフィールドかもしれませんね。釣れる魚種・サイズからして根魚大将2.8インチは丁度良いみたいです。

それにしても、会社帰りにこんな釣りが楽しめるとなれば、自分だったら間違いなく仕事が手に付かなくなりそう・・・

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

3月上旬 メバピンピンで狙う知多半島のメバル釣り [釣果報告]

寒さにも負けず積極的にフィールドに足を運んでいる珍士さんから、またメバピンピンによるメバルの釣果報告が届きました。

いつもの日本海側のポイントが調子が良くないとの事で、今回は珍士さん自身も全く経験のない知多半島への釣行を行ったそうです。いつもの場所、いつもの釣り方、をすれば大概大きく外すことはありませんが、今回はまず場所探しからのスタートだったようです。色々な面で、アングラーとしてのスキルが問われる釣行だったのではと思います。

池島様こんばんわ。
珍士です。

メバピンピンの釣果報告させて頂きます。

日付:3月上旬
場所:愛知県知多半島
天候:晴れ
風:北北西1m/s
水質:クリア
気温:4℃
水温:11℃
釣果:11匹

タックル
ロッド:ベイライナーCF BL-68L/CF他
リール:10セルテート他
ライン:PE0.6 号+フロロ6lbs他
使用ルアー:メバピンピン(#02、#04)+他社0.9JH~ジグヘッドタケちゃん1.8g
この日は、いつも訪れている福井から趣向をかえて愛知県の知多半島に行ってまいりました。
私はこの場所に行くのは初めてで、友人も去年数回訪れだけと事前情報は無い状態、ここで頼りになるのがgoogleearth。こちらを使用しココ居そうという場所で釣りをしてまいりました。

始めて訪れた知多半島ですが砂地、遠浅、漁港は大きめと、過去住んだことのある湘南に酷似しており、おそらく数はあまり出ないだろうなっと。友人に確認すると去年は数、サイズともにあまり出ないとのことでした。
私的にこれは、「居ないというより、何も無いので何処に着くか分かりにくい」だけなのでは?と思い友人と相談し移動してみることにしました。

移動した場所は潮が良く動きそうな漁港です。
投げてしばらくすると・・・・はい。いました!人生初の知多メバルが釣れました!

170312-1.jpg

ただちょっとサイズが小さいですね。友人曰く知多はこのサイズがメインとのこと。
もちろんそう聞いたからからには、せっかくのはじめての場所だしサイズも狙ってみたくなるものです。
メバピンピンの実力を試す時がやってきたと気合を入れます!

ちなみに、この日ですが太平洋側とは言えど水温11℃とちょっと魚にとっても寒いのか表層にはやはり居ない様子、だんだんレンジを落として探っていきます。
するとメバルをもう一匹追加。少しサイズアップです。

170312-2.jpg

まだまだ居るはずと思いつつも気になることがあります。
それは、知多という土地柄。やはり都市部が近いためかアングラーは多数いらっしゃっることです。
なので人が攻めにくい場所、私が思うメバピンピンとジグヘッドタケちゃんの強みである「ネガカリに強い」特性を利用した藻にスタックさせて釣る方法を試してみます。すると、結果はすぐに訪れ25cmのタケノコメバルが釣れました!!

170312-3.jpg

良く引いてくれました!楽しかったです(メバルじゃなくて申し訳ありませんが・・・)
そのほかの魚は以降、カサゴ、タケノコ等が良く釣れました!

170312-4.jpg
170312-5.jpg
170312-6.jpg
170312-7.jpg

ここで改めてご報告させて頂きたいのですが、メバピンピンとジグヘッドタケちゃんの組合せの件、本当にネガカリに強いですね。
今回は1.8gを多く使用したのですが、初めての場所で底になにがあるか分からない。でも引っ掛からないので安心して攻めていけます!
(正しくは軽く引っ掛かってもロッドをプンプンっとすると外れるのほうが表現としては伝わりますでしょうか)

この強みはメバル限らず根魚を狙っていくうえで、人が通しにくいところを通せるというのはかなりのアドバンテージですね。
以降も同様の釣り方をして、安定して数を伸ばすことが出来ました!

メバピンピンとジグヘッドタケちゃんの組合せはパッケージにあるように普通に巻いていてもよく釣れます。
でも、ダートや私の多用する藻にスタックさせる方法等、小技を使って違う釣り方?遊び方?もできる。
上手く文章でかけないのですが、ある種小技を使う方にはすごく向いていると思うのです。
表現としてはどうかと思うのですが、車でいうとオートマチックなんだけど、あえてマニュアルシフトも出来るといった感じです。
これはワームとリグのバランスがいい=扱いの懐が大きいといいましょうか?だからどんな用途にも使えるということじゃないかな~?っと思っています。

使えば使い込むほどいろいろな使い方が見えてくるので、この組合せはとても面白い!と日々感じております。
本当はまだまだ書きたいことがありますが、次回以降のネタが無くなってしまいますのでこの辺にさせて頂きます(笑)
今回の釣果報告は以上です。

ではまた釣りましたらご報告させて頂きます。

新しいポイントを開拓する、となった時に皆さんがされる事は何でしょう?「知多半島 メバル ポイント」なんてキーワードで検索でしょうか。今はそれで情報が得られてしまうのも事実です。でもその方法だと、所詮は誰かが開拓したポイントの二番煎じに過ぎません。自分の視点で探した場所とは言えませんし、自分だけの場所というのは作れない。

自分などは昔の人間ですから、目星を付けた場所に直接車で出向いて写真を撮ったりメモをしたり。水郷のバスのポイントはそうやって探してきました。ただ、今はもう珍士さんのようにGoogleEarthを使えば事足ります。特に海の場合、ここは浅い、深い、岩場がある、砂地だ、消波ブロックがある、そうした情報までわかる場合もありますので活用しない手はありません。

珍士さんは以前湘南にお住まいだったそうで、知多半島においても湘南の釣り場と酷似しているエリアをピックアップして好結果を出されたようです。人とは違う地図の見方が出来る人ならば、メジャー場所でないマイナーポイントも多数見付けられそうですね。

ks-bf34.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

祈りの日 [東日本大震災]

会社員にとっては待ちに待った貴重な休日。なので今日も釣りに・・・と言いたいところですが、さすがに今日ばかりは釣りには行きませんでした。今日は3月11日、とてもそんな気分にはなれない日です。

震災以降、毎年岩手県に足を運んでいます。街の復興再建が進んでいくのをこの目で見てきた。

かつて自分がボランティアで訪問した仮設住宅は今年に入って取り壊しされ、今はもうない。その一方で、復興公営住宅の建設が完了した市もある。でも、もう今さら入居する人なんて少ないですよ、という声もある。
街の復興が進む一方で、建設関係の人達が居なくなってしまうと逆に街が廃れてしまうのではないかと心配している人もいます。確かに、宿泊施設は予約を抑えるのに苦労をするほど埋まっていますがその多くは建設関係の人達です。

ニュースでは上辺の綺麗ごとしか報道されません。自分で行き、見て、聞いて、初めてわかる現実があります。

別段、自分に何かが出来るわけでもないのですが、今年も例年通り5月後半に岩手に出向く予定です。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ゲーリーヤマモト製品 新パッケージについて [ゲーリーヤマモト]

先週スミスに入荷したゲーリーヤマモト社製品の一部に新パッケージが採用されているのを確認いたしました。

170309-1.jpg

該当製品は、イモ50、イモ60です。それ以外のイカ系、イモ30、40、ファットダブルテール等は従来のままのパッケージでした。

170309-2.jpg

こちらの新パッケージですが、以下のような作りとなっています。従来のパッケージ同様、上部にチャック部。そして新パッケージにおいては、その下にシーム部があります。

製品により多少の差異はありますが、ワームというものはどうしてもパッケージからのオイル漏れが生じます。メーカー在庫、店頭在庫、釣り人の手元に保存されている間、経年すればするほどそのリスクは大きくなります。未開封なのにオイル漏れするその原因はチャック部分の両端部です。ここからどうしてもオイルが染みて来てしまう。

新パッケージはシーム部分でオイルが止まり、チャック部分まで到達しません。ドライな状態で長期保存が可能です。

170309-3.jpg

でも初めてこのパッケージを手にされた方は戸惑うかもしれません。もしかするとシーム部分をハサミで切ってしまうとか?!当然の事ながらそれはNG。チャック部で密封することが出来なくなってしまいます。

170309-4.jpg

開封の際は力強く開いていただければ、シーム部がバリッと剥がれて開封できます。

170309-5.jpg

また新パッケージは形状も変更となっており、裏側は平坦ではなく立体的に膨らんでいます。これによりワームの潰れを抑止しています。

170309-6.jpg

見づらいですが、裏側には環境美化マークの印刷もあります。つまり、ゲーリーヤマモト製品の正規代理店販売品を購入するとその売り上げの一部が湖底清掃などの環境美化活動に役立てられるというわけです。なお、この釣り環境ビジョンにはスミスを始め、ゲーリーインターナショナル様、ティムコ様も加盟されていますので、それぞれの取り扱い商品を買えば同様に環境美化活動に役立てられることになります。

さすがはゲーリー、製品そのものだけでなくパッケージにも手を抜いていないですね。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

3月上旬 メバピョンピョンで狙う東京湾のメバル釣り [釣果報告]

このブログ上でもそうですが、各地からメバピンピンの釣果報告をいただきます。本当にありがたい限りです。

で、一方のダート系タイプとなるメバピョンピョンに関しては、メバピンピンほどは釣果が聞こえてきません。ダート系のワームというとデーゲーム。シェード部分や水深のある縦ストラクチャーなどを探るイメージの釣りですが、特に関東ではこうした釣りが成立させやすいフィールドも少ないようです。魚影の関係もあるとは思うのですが、デーゲームよりはナイトゲームの釣りの方が成立させやすく、そうなると基本的にはただ巻きの釣りなのでピンテール(メバピンピン)の方を多用することになる。

今回はアイランドクルーズの須江キャプテンがメバピョンピョンをあえてナイトゲームのただ巻きで使い、好釣果を得たそうなので紹介します。

まずは、メバピョンピョンについてですが、このワームただ巻きでものすごく動いてませんか?ふらふら左右に。ワームのさし方でしょうか?
それが理由かは定かではありませんが、小場所で何投か竿を出したのですが、1投1バイトでした。

170308-1.jpg
170308-2.jpg
170308-3.jpg

本来ダートさせて使うワームだと思うのですが、メバピョンピョンもタダ巻きで釣れてしまいました。本来のコンセプトとはずれているのでしょうが良く釣れるワームという事は間違いありません。

で、このワーム絶対カサゴ向きだと思うんですがどうでしょう?マゴチのボトムワインドのようにボトムをダートさせてくる、もしくはディープ場で真下に落として、アイスジグみたいにひたすら底でちょんちょんしてダートさせて誘う的な。中々やる機会がないので妄想の中でですが、絶対釣れると思うのですが、色もグローがあるし・・・

須江キャプテンが指摘している通り、メバピョンピョンはエッジの効いた軽量ジグヘッドと組むと緩やかな左右のスラロームを描きます。特に繊細なティップを持ったロッドを使うとその動きは出やすいです。但し、開発する上で意図的に狙った動きというわけではないです。

が、確かにピンテールのただ巻きでは出せない航跡であるのも確か。もしかして効く動きなんでしょうか。魚が濃い場所で投げたのでしょうけど1投1バイトは中々凄いですよね。

メバピョンピョンがカサゴをはじめ他の魚種にどれだけ効くのかは現段階ではよくわかりません(笑)。ただ、過去に存在した同じような製品でメバームシャッドというワームがあったのですが、アジ、ムツ、メッキ等々実績はあります。ちょっと変わったところでは群馬県の管理釣り場である宮城アングラーズヴィレッジさんではストライパーに効果抜群と言われているワームではありました。

可能性という意味では、ダート系のワームならではのポテンシャルが確かにあります。メバルは当然の事ながら、他の魚種にどれだけ効くんだろう?なんていうのも個人的に楽しみだったりします。

ks-vspec.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2月中旬 メバピンピンで狙う若狭湾のメバル釣り・2 [釣果報告]

極寒の日本海メバリングの釣果報告が珍士さんから届きました。しかも今回は動画付き。実はこのブログでもたびたび登場するライトゲームのユーチューバーMさんとの釣行だったようです。動画も併せてお楽しみ下さい。

池島様こんばんわ。 珍士です。
メバピンピンの釣果報告を致します。

日付:二月中旬
場所:若狭湾
天候:晴れ、曇り
風向:南風2~3m/s
波:1~2m
気温:4~6℃
水温:10℃
水質:笹濁り
釣果:メバル6匹、カサゴ1匹

タックル
●スピニング
ロッド:ベイライナーCF BL-68L/CF他
リール:13セルテート
ライン:PE0.6 号+フロロ6lbs
使用ルアー:メバピンピン(#04)+ジグヘッドタケちゃん1.2g他

●ベイト
ロッド:自作ベイトフィネスロッド6.4ft
リール:07メタニウム㎎、マグネットブレーキ仕様
ライン:PE 0.4号+フロロ6lbs
使用ルアー:メバピンピン(#04)+ジグヘッドタケちゃん1.8g

●釣果
メバル6匹、カサゴ1匹

最近の日本海ですが、春一番が到来し、日照時間も次第に伸びていっておりますが・・・メバルの姿が全く見えません。
今までよく相手にしてもらった手のひらサイズのメバルたちも、いつも居た場所に全くおりません。

これは私の推測ですが、ブラックバスならば大きく強い個体ほどシーズンの先取り、つまり産卵を早くおこなうと言われておりますがメバルも同じだとするなら、大きい個体はもうアフターで現状そこまで動けない状況。かつ私が良く釣っていた手のひらサイズのメバル達が現在産卵に行っているので、いつもいたはずの場所にいないのでは?といった状態です。
正直困りました(笑)

170307-1.jpg

そんな中で魚の居場所を効率良く探す手段としてプラグを使用してみるのですが、それすら反応が無く、唯一スミスのガンシップ36SSの超デッドスローというかほぼ巻かずにカレントに乗せて流す釣りでようやく一匹です。

これよりメバルのいる場所は把握しまして、そこからさまざまなルアー、ワームを通すのですがやはり食ってきてくれません。

170307-2.jpg

そんな中やはりメバピンピンは強いですね。メバルピンピンならば小さいですがメバルもちゃんと食ってきてくれます!!
たとえるならメバピンピンはコンビニのおにぎりのように、これなら食べられるといった感じで食べやすいので低活性時に強いのかもしれませんね。

それならば小さいワームなら何でもいいのか?となりますが、メバル曰く違うようです。
(つまり他社ワームを小さくカットしてみましたがアタリが無いということです)
これも私の推測ですが、メパピンピンのグローのシルエット。これが効いてるんだと思います。ワームが全体的に光るのではなく、頭胴側が強く発光、テール側はかすかに光るのでよりシルエットが小さくみえるのも活性の低いメバルでも思わず口を使ってしまうのでは?っと感じております。
サイズは相変わらずですが、この渋い中では貴重です。

また最近はメバルのアタリもアタリらしいものが無いこと多発し、スピニングで捕れないものがあったのでベイトタックルを使用しましたが・・・・

170307-3.jpg

釣れたのはカサゴでした。。。。反応がないのでどんどんレンジを落としていったのでカサゴの射程範囲に入ったようです。
のカサゴからのヒントしてカサゴはメバルよりも若干産卵時期がずれているはず、というこはやはりメバルは産卵に行っている可能性がありしばらく厳しい状況が続くかもしれませんが、それが過ぎれば大型のメバルも出るはずなので我慢の時期なんだと思います。

今回の釣果報告は以上です!あまり釣れてなくもうしわけありません。
ボーズではないのが唯一の救いどころですが、私本人はこれでは納得できないのでちょっと太平洋側も視野にいれて調査してみますね。

【当日の様子はこちら】


動画は実際の釣りの雰囲気がわかるので本当に参考になります。

釣れているシーンを繋げて編集しているからなのでしょうけど、動画で見ると結構いいペースで釣れているような印象を受けますね。

そしてこれはMさんの撮影方法が上手いのでしょうけど、風の音があまりマイクに入っていないです。だから釣り人の喋りが聞きやすい。反面、あんまり寒そうには見えません(笑)。ただ、珍士さんの服装などから察するに、相当な極寒の世界ですねこれは。

gill-spiny2.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

3/5 東京湾メバカサ便 [釣行記]

おいコラ!人の釣果報告にばかり頼っていないでちゃんと自分でも根魚大将メバピンピンで魚を釣ってこいや!!という天の声が聞こえた気がしたので、アイランドクルーズの須江キャプテンに助けを求めて行ってきました。

昨夜も波風は弱くライトゲーム日和。というか、そういう日にしか自分が乗船しないだけ。

この日の乗船者は自分も含めて計4名。タックルを見ると皆さんカサゴ用のワームもセットされていて一安心。中にはメバルしかやらないつもりでいる人もいらっしゃるので、そうなるとあまりカサゴ狙いを強く希望するのも気が引けてしまうんです。ちなみに自分はメバルよりもカサゴを釣りたい少数派の人です。

ただ最近、カサゴはやや低調とのこと。でも今日の乗船者の人達は1名(自分)を除いて皆釣りウマっぽいし、大丈夫でしょう!!

18:30出港の4時間便です。終盤にかけてが潮止まりに近いのでカサゴは最後に狙うとの事。メバルと違ってカサゴは潮止まり前後でも充分釣りになります。それまではメバル狙い。

170306-1.jpg
170306-3.jpg
170306-4.jpg
170306-7.jpg

この日、サイズは小さいながらもメバルはかなり好調。レンジがやや下の方かな?という気がしたので自分はちょっと重目のジグヘッド(ジグヘッドタケちゃん1.8g)にメバピンピンを組みましたが、この日の状況にはこのウェイトが丁度良かったと思いました。結構沈めてから引いて出るようなバイトもそれなりにあったからです。

170306-2.jpg

メバピンピンでカサゴも釣れました。カサゴが釣れるくらいワームを沈めていたということです。

また、ボートで流す釣りで、しかも片舷に何人かが並んで投げる状況です。軽いジグヘッドでフワフワ誘うような釣りはペース的に合わない。岸釣りでは0.5~1.2g程度のジグヘッドを多用する人が多いと思いますが、ボートメバル乗合船の場合は2g前後のジグヘッドもあるといいはずです。

この日、自分はメバル用のタックルセレクトをミスりました。この釣り、20cmを超えるような、時には尺近いメバルもヒットします。そうなるともちろんボートに備え付けのランディングネットで掬うわけですが、20cm台半ばくらいまでのサイズならなるべく躊躇せず抜いてしまいたい。そう思って、繊細なメバルロッドではなくあえてソリッドティップのバスロッドを持ってきたのですが、これがバイトを弾きまくりでした。やはり専用品が一番だなぁと痛感しました。

終盤、潮止まりも近くなってきたということで待ってましたのカサゴ狙い。消波ブロック撃ちです。ん?いつもなら3投に1回は当たる印象ですが、確かにちょっとアタリが遠いかな?

170306-5.jpg

とはいえそんなにシビアな釣りではないので根魚大将のジグヘッドリグでポツポツと釣っていきました。この日のヒットカラーはナチュラルグロー、グローピンク。何故かオレンジにはノーバイトでした。

170306-6.jpg

ジグヘッドリグ以外にはリーダーレスダウンショットも使いました。消波ブロックの穴に撃ち込んだら一撃ヒット!そこから一気に引きずり出すのもスリル満点。グローピンクの根魚大将をバックリ喰っていました。やっぱりカサゴ釣り、楽しい!!

ボートでのカサゴ釣り、自分は当初ベイトフィネスタックルにテキサスリグで釣っていました。多分それがこの釣りの王道です。でも自分は今回、硬目のスピニングタックルに変えました。乗合なので、自分が投げやすい場所で釣りができるとは限りません。船中のどの位置からでも小さなモーションで投げられるスピニングの方がいいと自分は思いました。チャーターボートで投げやすい釣り座が確保されているのなら、ベイトタックルの方がベターだとは思いますけど。

それと、今回はテキサスリグも止めてジグヘッドリグとリーダーレスダウンショットをメインにしました。一番の理由は、リグを作り直す際の手間。ボート釣りで魚が釣れている時というのはバタバタと釣れている時が多い。チャンスは短いです。その最中にラインブレイクでもしてリグを作り直すとなると時間が勿体無い。ジグヘッドリグなら、あらかじめワームも刺しておけばアッという間にリグが出来る。リーダーレスダウンショットも同じ理由。

テキサスリグでもそんなに手間は掛からない、という人もいるでしょう。自分もバス釣りではそんなことは絶対に思いません。でも夜の釣りだと結構手間取る。老眼だと特に(涙)。

デメリットももちろんありますが、乗合船のいいところは皆で和気藹々と楽しめることでしょうか。この日も船首のいい場所は、皆で譲り合って交代しながらの釣り。船首で1尾釣ったら、後ろに下がって他の人に前へどうぞと声を掛ける。アイランドクルーズのお客さんは皆さんそれを普通にやれる。これって、なかなか凄い事だと思います。だって岸釣りだと我先にいい場所に入ってそこを陣取って、となりがちですよね。場所取りがエスカレートしてトラブルになることもあるし、嫌な思いをすることもあります。

絶対的とは言いませんが、ボートで釣りをされる人は皆さん心に余裕がある人が多い気がします。釣果のみならず、周囲の気遣いなどに嬉しくなったりもする。昨夜もホッコリ気分で釣りを楽しめました。同船者の皆さんありがとうございました。

gill-bf.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2月下旬 メバピンピンで狙う東京湾のメバル釣り [釣果報告]

シーバスのみならずメバカサ便も運航しているアイランドクルーズさんの須江キャプテンからメバピンピンでの釣果報告をいただきました。

一応書いておきますと、海のガイドをされている方の多くは出航時に自身では釣りはほとんどやりません。そこがバス釣りガイドの人達とは異なる部分です。須江キャプテンもガイド中は自身の釣りはほとんどしません。特に風や波がある日は操船に集中しています。やる時は風波があまりなく操船に手間取らない日、気心知れた常連さんが乗っている際に操舵席からちょっこっと投げる程度です。

ただ、色々な人の釣りは見ているので、釣り方のキモは掴んでいるでしょうけど。

170305-1.jpg
170305-2.jpg
170305-3.jpg

釣れたのはメバピンピン1.4インチ+ジグヘッドタケちゃん 1.2g♯10 です。

タケダ式なら勝手に釣れる!の言葉通り、投げてゆっくり巻いたら釣れました。本当に投げて巻くだけだったので、初心者の方に是非お勧めしたいワームだと思いました!

半面、やれることがいっぱいあるワームだとも思いました。僕ができるかどうかは別として、潜在能力がすごいワーム&ヘッドです。ダートさせたり、テンションフォールさせたり、リトリーブの緩急を組み合わせ、使い込めば使い込むほどにもっと釣れるワームになると思いました。

ワームのヘッド部分をカットできるようになっているのも単純にメバルの捕食しているサイズに合わせたり、カットすることで出る動きの違いなど、考えるだけで使い方は無限大です。

カラーについても、いわゆる釣れ筋カラーばかりですので、ロケーションや潮の色を考えて投げれば、どんな状況でも安定して釣果が出るのではないかと思います。

なんだか偉そうに語りましたが、実のところ全くわかっていませんので、今シーズン中にもっと使い込んで僕のメバピンピン引き出しを増やしたいと思います。

これから、暖かくなるにつれてメバルもシーズン本番を迎えます。大きいメバルで釣果報告できるように頑張ります。

開発に携わった自分などよりメバピンピンの釣り方の引き出しを多く見出しそうな感じですね。

最近、釣果報告が人任せ(汗)になってしまっているので、自分もこれから横浜に出撃です!!

gill-tentacrawler.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

3/4 今日の水郷 [釣行記]

先週に引き続き本日も水郷へ。この時期は季節の進行度合が著しく変わる時期なのでなるべくフィールドに出ていたいと思っています。

先週ノーバイトだった千葉県某所。水郷の中でも最も早く春の魚が釣れ出す場所の1つなのです。例年、3月初旬ともなれば確実に春になっているはずの場所。先週はたまたま雨後だったということもあってノーバイトだったのかな?とも思いましたが、それだったら今日は悪くないはずだと思い、朝イチに入りました。

早起きした甲斐あって先行者もおらず一番乗り成功。が、今日もノーバイトで終わってしまいました。何が原因なんだ?!

170304-1.jpg

この冬、気になっているのがこの小さな鳥。写真の鳥は黒いのですが白いのもいます。見た目が愛らしいのであまり気にも留めていなかったのですが水郷の冬のメジャーポイントにやたらといる。

この鳥、自分には種類が特定出来ませんが潜り方がまるっきり鵜なのです。鵜の幼鳥か鵜の仲間なのでしょうか。体の大きな川鵜は多少岸から離れた場所で盛んに潜りますが、この小さな鳥は岸沿いでもどんどん潜る。この鳥が盛んに潜っている場所ではバスが捕食されていなくなっているか、或いは怯えて口を使わないのかのどちらかではないかと推測しています。

でも一応、千葉県某所でこの時期にノーバイトということに関しては自分の技術面も理由の1つに挙げておきます。

春の訪れが早い場所でノーバイトとなると次の一手が難しい。同じように春の訪れが早い場所を周ってみるのが正解なのでしょうが、今日は茨城県某川の消波ブロックを攻めることにしました。但し、ここは本格的な春の訪れは4月半ば過ぎのはず。

170304-2.jpg

瞬時にワームを離してしまうショートバイトが2回ほど出た後にようやくしっかりと喰う深いバイトが出ました。36cm。ゲーリーヤマモト・オケラのショートダウンショット。思ったよりはバイトが得られた印象ですがやはり冬の釣りの延長と言った印象でした。

昼になるにつれて予想外に南風が強くなってきてしまいました。止む無くプラン変更をして先週もノーバイトだった某水路へ。しかしやっぱり今日もノーバイトでした。

夕方は霞水系某流入河川へ。少し早い時間帯に来てしまったので、いつもはやらない場所をテンタクローラーのワッキーリグでスイミングさせていると足元でバスが反転してバイト。すかさずリールのベールを返そうとするも失敗、やむなくそのままアワセるもフッキング出来ず。こんなバイトが出るようなら、シャロークランクなどでも可能性があるのではと思いました。

いよいよプライムタイムに突入。先週は川のど真ん中にロングキャストしたら着底と同時にバイトがあって釣れました。さすがに2週連続は続くまい、と思ったら何と今日も1投目でバイト。しかも先週と同様に何かに潜られてしまいました。先週は何とか引きづり出すことが出来たのですが今日は失敗。どうやら大き目のオダか何かが沈んでいるようです。

その後、スパイニーアックス、小型のフローティングミノーも試しましたが続くバイトは得られず。今日は結局午前中にキャッチした1尾のみでした。

今日はミスが目立ち過ぎました。下手糞過ぎる・・・

ks-bf34.jpg
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2月中旬 メバピンピンで狙う若狭湾のメバル釣り [釣果報告]

珍士さんからメバピンピンでのメバル釣果報告をいただきました。いつもありがとうございます。

3月に入り、春めいた日があるような気もしますが夜の日本海はやっぱり激寒のようです。風も強く、天候が雨から雪に変わる中での釣り。我慢大会と言えなくもない状況で、釣りをしない人からすれば酔狂にしか見えないかも(汗)

でも、気温は寒いけれど釣果は熱いみたいです!!

池島様こんばんわ。

珍士です。
メバピンピンの釣果報告を致します。
日付:二月中旬
場所:若狭湾
天候:雨→風雪
風向:北風7m/s
波:2~3m
気温:4℃
水温:10℃
水質:笹濁り
釣果:メバル10匹(最大19㎝)(うち一匹他社プラグ)

タックル
ロッド:ベイライナーCF BL-68L/CF他
リール:13セルテート他
ライン:PE0.6 号+フロロ6lbs
使用ルアー:メバピンピン(#02、#04)他

この日は珍しく友人と一緒に釣りに行ってきました!
いつも一人なので誰かと一緒に釣りができると、とても楽しみにしていたのですが、当日の予報は雨から湿り雪。
こちらは寒くても我慢できるのですが、どうしようもないのが冬の日本海側にありがちな北風からの強風と高波。
これより通いなれた越前海岸に行くけなく、知人に助言を求めたところ風の影響の少ない若狭湾がいいと聞きそちらに向かいました。
・・・ですが、その教えて頂いた場所も風が巻き込んでいるのか爆風で釣りにならなく、急きょ友人と地図を見ながらなんとか風裏をみつけ、初めての場所で釣りを行いました。

メバピンピン(#04)にジグヘッドタケちゃん1.2gで釣り開始。

170302-1.jpg

開始一投目…即来ました!手のひらサイズの小さい魚ですが、初めての場所ですぐ釣果があがる=その日の釣果に期待が持てましたのでどんどん釣っていきます!

170302-2.jpg

この後、私はメバピンピンで爆釣モードに突中したのですが・・・ここで友人が居たことを思い出し、すごい釣れるわ!来てよかったね!っと言ったのですが・・・・
友人「まったく釣れません0匹です・・・・」とのこと。
この時友人はプラグを使っていました。私もプラグを借りて投げてみたのですがツンっとたまにアタリは来るものの食いに来ているアタリではありませんでした。
ちょうどシーバスやトラウトにありがちな、気になってきたもののやっぱやめた。っという感じのアタリです。
波動とシルエットが強いのか?っと思いプラグから他社のワームに付け替え投げてみます。結果はプラグの時と同様。
友人もワームに変えましたが結果は同様だった様子。

170302-3.jpg

試しに、メバピンピンに変えてみると多少渋くなったのですが釣れます。この時に19㎝のそこそこサイズを釣りました。
なんだろう?っと思いつつ友人にもメバピンピンを渡すとすぐに2匹ほど釣り上げました!!
ここまで私6匹、友人2匹です。

この後どうしても友人はプラグで釣りたいとのことで、私も付き合いプラグを投げて1匹づつ釣ったのですが、着水後ハンドル2回転くらいで釣れたのでこれはリアクションだったと思います。やはりプラグではその後無反応でした。

以降私は、他社ワームとメバピンピンのアタリの差が気になり検証をしてみました。
推測の域を出ませんが、おそらくベイトの大きさなのではないかと。こんなにメバルって繊細だったか!?と思う結果でしたがやはり極寒の低水温では好き嫌いがはっきり出るのかもしれません。

170302-4.jpg
170302-5.jpg
170302-6.jpg

この後、私は4匹追加し友人は‥‥でした。気持ちはわかるけどそろそろ帰りたいと思う深夜、雨から雪に変わったのでこの日の釣行を終えました。
友人も変なこだわり持たないでメバピンピン使えばもっと釣れたろうに・・・っと思ったのは内緒です(笑)

本日の釣果ですが、結果を見たら90%メバルピンピンだったことからもメバピンピンがなければ最悪ボウズになっていた可能性が高かったと思います。
以前よりうすうす感じていたのですが、メバピンピンは釣れるルアーではあるが真価を発揮するのは「激シブの状況」であると確信を得ました!
しかも今回私が良く多用する特殊?な釣り方ではなく、ただ巻きで使用していた友人も釣れたので誰か扱っても釣れるルアーである証明になったと思います!

まだまだ寒さ厳しい日本海ですが、また釣りに行き釣果報告させて頂きますね。

極寒の中での釣りもなんのその、メバピンピンなら釣果は熱い!というお話でした。

他のワームが今一つという状況下で、メバピンピンで連発したというのはきっと何か理由があるのでしょう。でも開発に関わった自分でさえも「ココがキーポイントだ」と断言することが出来ないのです。釣れる要素は何箇所も取り入れてある。形状、カラー、フォーミュラ。そのうちの何かが突出して効いているのか、はたまた複数の要素の相互作用で良く釣れるのか。

ただ言えることは、何だか良くわからないけれど、メバピンピンは他のワームよりも良く釣れることが多いという事実です。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー