So-net無料ブログ作成
検索選択

Revo PRM 購入! [リール]

自分はバスメインの釣り人です。最近はソルトもたまにやるのですが、海で使うとリールにすぐゴリ感が出る気がするので、バス用としてメインで使っているリールは海には持ち出さないようにしています。で、ソルト用には安価なリールや、バス用の一線から退かせたものなどを使ってきました。

でも本来は逆なんですよね。海で使うリールほど耐久性が求められる。メインギアが亜鉛合金製のものは海で使うと長持ちしない事を痛感しています。手持ちのリールが2台ほど、かなりガタが来てしまいました。

どうしようか色々と迷ったのですが、進化している部分もある事を期待して今回はレボPRMを購入。2000SHと2500SHを1台ずつ購入しました。

170215-1.jpg

バス用のリールは現在の愛用機にガタが来たらMGXに買い替えたいと思っていますが、今回はソルトでの使用も想定しているのでPRMにしました。メインギアもジュラルミン製、剛性重視のモデルということで海で使っても長持ちしてくれるのではないかと期待を持っています。

ただやっぱり、スプールのスカート部分に大きな穴が開いているのは気になって仕方がないです。内部のスプールシャフトが水や埃を被るのは間違いないと思うので。

レボのスピニングはMGXもPRMも発売当初からずーっと気になっていて、各地のイベントやフィッシングショーなど、機会があるごとに展示品の巻き心地を確認していました。ギアが変わったことで巻き心地がだいぶ滑らかになったと聞いており期待をしていたのです。MGXは発売されたらすぐにでも買ってしまいそうな勢いだったのですが・・・

昨年の発売当初、自分が手にした展示品は巻き心地が良いとは思えませんでした。確かにネオスよりは滑らかですが巻き心地が重いしゴリ感もあった。実際に購入した人の話を聞いても、巻き心地に不満を漏らす人が多かったです。そんな経緯もあって購入を見合わせたのです。

でもここ最近のイベントやショーなどで展示されているものは何故かとても滑らか。あれ?こんな巻き心地が良かったっけ?展示品がたまたまイイだけなのか、それともユーザーの声を反映させて製品改良をしたのか、どっちだろう。そうこうしているうちにあちらこちらで45%オフ(笑)。思いっきり背中を押されてしまいました。

幸い?私が購入した2台のPRMは巻き心地がとても滑らか。ただ、巻き心地が軽くはないです。リールは現在、居間のテーブルの上に転がしてあって暇さえあればリールのハンドルを回しています。テレビを見ながらひたすらハンドル回していたり(笑)。今はいいオモチャになっています。

自分は釣りが仕事ですから、それなりに酷使することになると思います。初期性能をどこまで維持できるか、気になるところです。

ks-bf34.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

理解し難い、穴 [リール]

手持ちのスピニングリールが2台ほど、かなりガタが来てしまったので新しいリールを購入しました。

で、購入時にはあまり気にしなかったのだけれど・・・

170211-1.jpg

最近のスピニングリールって、スプールのブランキング(穴空け)処理、やり過ぎなんじゃない?!だって、スプールが伸び切った位置までくると、スプールシャフトもローターを止める六角ネジまで外側から丸見えなんですけど。これって、波飛沫が掛かったりだとか雨の日に使ったりしたら、確実にスプールシャフトが水を被りますよね。場合によってはドラグワッシャーに水が入る気もします。

まぁ、スプールのブランキング処理は今に始まったことでもないし、アブもダイワもシマノも形状や大きさの違いこそあれ、皆やっています。軽量化であるとか見た目のアクセントにはなるのでしょう、確かに。

その一方で、防塩ベアリングだとか磁性オイルだとか撥水処理だとか各メーカーが防水防塵性に凌ぎを削っているわけですけれど、それにこだわるのだったらスプールのスカート部分にわざわざ水が入るような穴を空けるというのはどうなんだろう。

でも折角買ったものなのでひとまずはこのまま使用してみるつもり。もし支障があるようだったら、下位機種のモデル(穴が小さい)のスプールに付け替えてしまおうかな・・・

gill-bf.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カーディナルの終焉・・・じゃなかった [リール]

アブガルシアのUSAサイト上からスピニングリールのエントリーモデルであるカーディナルシリーズ(STX、SX、S)が消え、その代わりにマックスシリーズ(プロマックス、シルバーマックス、ブラックマックス)が新製品としてラインナップされました。

170113-1.jpg

価格帯やスペック的に見て、マックスシリーズは明らかにカーディナルシリーズの後継でした。ということはつまり、ここでカーディナルの名が途絶えるものと思いました。

が、日本では新たなスピニングリールのエントリークラスとしてカーディナルⅡシリーズが発売になるようです。

170201-1.jpg

写真で見比べてみると、色やスプールのブランキング穴の違いこそありますけど、マックスシリーズがベースとなっていることに間違いなさそうです。ボディー、ローター、ハンドル、ドラグノブといったパーツ形状が同じ。

ということで、日本ではカーディナルの名はエントリークラスのスピニングリールとして今後も継承されていくようです。

先代のカーディナルSTXを店頭で見掛けた時にも思ったのですが、何だか「高そう」に見える(笑)。アブのリールに詳しくない人に見せたら、ハイエンドのレボシリーズと見分けが付かないんじゃないかと思うほど。まぁ、日本メーカーのエントリークラスのスピニングリールも似たようなものですけどね。パッと見では高いモデルと安いモデルの区別がつきにくい。

格好良くて手頃な価格のリール、イイじゃないですか。昔のエントリークラスは見た目も相応に安っぽかったものですが今のエントリークラスのリールは本当に格好いい。

ただ、ビギナークラスが手にすることが多いであろうエントリークラスのリール、軽さやドラグ性能や巻き心地が高級機よりも劣るというのは仕方がない。でもライントラブルが出やすいリールはビギナーには勧められない。アブの従来モデルのエントリークラスはその点が日本メーカー製に及ばなかった。

アブもレボLT以降はラインローラーの形状が変わりだいぶ改善されたと聞きます。エントリークラスのカーディナルⅡシリーズ、現物はまだ見たことがありませんが、ライントラブルの出にくいリールになっていればいいなぁと思います。

このクラスのリールは普段ハイエンド機を使っている人にしてみればとてもメインで使う気にはなれないと思います。でも、予備として所持しておくのはアリかと思います。だってメインのリールを修理に出したら、しばらく戻って来ないじゃないですか。その間の繋ぎとしては有用かと思います。人に貸す際にも、気兼ねなく使ってもらえますし。

ハイエンド機を複数台買い揃えられるお金持ちはそうして下さい。それが一番いいです。でも自分にはそれは無理なので、メイン機以外にエントリークラスのリールも数台所有しています。案外出番は多くて重宝しています。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カーディナルの終焉? [リール]

カーディナル52、55、44、カーディナルC3、C4、C4X。自分のルアー釣りの歴史はカーディナルと共にあり。



さすがに時代が違うだろうと思ってチームダイワのスピニングに入れ替えた時もあったけれど、やっぱりアブが好きだと思いまた戻ってきた。




カーディナル301、302、801、802。良い部分もあったけれど、全然完成されていないと思った。

そして現在はレボネオス。最新型のMGXにしないの?と聞かれるけれどあと一歩踏み切れない自分がいる。でも欲しいには欲しいです。

現在のアブスピニングのラインナップはレボシリーズが上位機種で、カーディナルシリーズ(STX、SX、S)は安価なエントリークラスとなっています。カーディナルという名称に憧れを抱いてきたオジサン世代としてはちょっと微妙な心境だったりします。

が、このラインナップ構成がどうやら変わりそうです。

170113-1.jpg

ニューモデルはプロマックス、シルバーマックス、ブラックマックスのマックスシリーズ3兄弟。そう、これってベイトリールの構成と統一されてきているんです。そしてベイトリール同様、マックスシリーズが新しいエントリークラスに位置しています。

価格帯が重なる従来のカーディナルシリーズはどうやら廃盤の方向のようです。カーディナルシリーズの後継は出ないんじゃないかな?わざわざマックスシリーズとダブらせる必要はないだろうし(あくまで個人的な予測です)。

これでカーディナルは終焉でしょうか。何だかちょっと寂しいなぁ。でももしこの先カーディナルの名を冠したリールが出てくるとしたら、エントリーモデルではなく何か独自の世界観を有したモデルとして出てきて欲しい。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Revo MGXtreme2 [リール]

アブリールのラインナップはアメリカのものと日本のものとで異なります。ベイトリールで言えば、アメリカにはSLCやLTX-BF8はありません。

130426-1.jpg

そんな中、レボMGXのベイトリールは日本でもアメリカでも売られていました。自分も撃ち物系の釣りやヘビキャロなどで使っていますがかなり使いやすいリールです。軽くて、良く飛んで、回収が速い。シャロースプールではないので多少ラインキャパシティが必要になる釣りにはピッタリ。

しかしアメリカにはMGXの上位機種というのもありました。レボMGXtremeというモデルです。MGXでも充分軽いのに、さらに輪をかけて軽く、ベアリングの数もさらに多い。そしてハンドルノブがコルクだったりスタードラグがカーボン製だったりします。

自分的には通常のMGXで充分過ぎるくらいなのでMGXtremeは必要ないとも思いますが、黒ボディーに赤のスプールという色使いは往年の521を知っているオジサン世代にはなかなか痺れる。同じ色遣いのレボエリートCBなんて、もう古いけれど今でも手放せないですもの。ちなみにこのレボMGXtremeはアメリカのレボシリーズの中では最軽量、そして価格も一番高いものでした。いかにも日本向きっぽい気がしましたが、どういうわけか日本での発売はされなかったものです。

そして今年、レボMGXとレボMGXtremeも2代目にモデルチェンジが図られました。このMGX2は日本でも発売されるのかどうか気になっていましたが、今のところ未発売となっています。日本ではジャパンスペシャルモデルのSLCと被ってくる恐れもあるので見送りとなっているのかもしれません。MGX2が見送りならMGXtreme2はないだろうな、と思ってましたが何と、日本ではMGXtreme2の方を発売するようです。ただ数量限定販売なのだそう。

161201-1.jpg

MGXtreme2の黒赤のカラーリングは健在。やっぱり格好いい。そして128gというウェイトはLTX-BF8を凌ぐ軽さで、まさしく最軽量。そこまで軽い必要性はないだろう、なんて言いつつも慣れてしまったら戻れなくなるんだろうな。自分、高校生の頃には350gのリール(5000C)を普通に使っていたんですけどねぇ(爆)。腕を鍛えようと思ったらそっちの方がいいですけどね。

MGXやMGXtremeの良さというのは、可変遠心ブレーキであることだと思っています。軽い力でシャーッと飛んで伸びていく。テキサスリグやファットイカなど撃ち込んだ後にフリーフォールさせる際には軽い力で回る遠心ブレーキが自分の好みなのです。最近の日本モデルはマグネットと遠心の併用方式を採用していて投げる釣りにはとてもいいと思うのですけど、自分の撃ちの釣りではマグネットは要らないんですよねぇ。そういう点で、日本モデルよりもMGX2やMGXtreme2に惹かれます。

そして今回のMGXtreme2の限定販売品ですが、かなり良心的な価格設定での販売だと思います。アメリカでのMGXtreme2の販売価格は500ドル近いのです。それが3万円台とのことですから、非常にお買い得と言えます。

じゃあ買うんですかって?多分買わないです。実は今、ベイトリールの購買意欲があまりないんです。それは何故かというと、旧モデルのレボMGX、レボLTX、レボLTの完成度があまりにも高過ぎて、満足し切ってしまっているからなのです。これらが壊れないうちは、撃ち物用の新しいベイトリールはいいかな。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ABU ディプロマット602 [リール]

現役のバスアングラーでこの手のリールを実戦投入しているのは自分くらいではないかと思います。アブのPremier706。クローズドフェイススピニングリールと呼ばれるタイプのものです。

100510-4.jpg

この手のリールのメリットは、圧倒的な手返しの速さ。スピニングリールのようにいちいちベールを開閉させる手間がない。もちろんそれがベイトフィネスでもいい。ただ、クローズドフェイススピニングはベイトフィネスでさえも扱い切れない軽量ルアーでも何の問題もなく使える上、水深のあるポイントでもフリーフォールで落とせる。

そしてライトリグ系の釣りにおいて、不意を突くバイトにも瞬時にラインをフリーにして送り込む(喰わせの間を取る)ことが出来る。これがスピニングリールだとベールを返し損ねて失敗することがある。これは特に、ロッドを低い位置に構えている時に圧倒的な差が出ます。風が強い日などはロッドは低く構えた方がいいですからね。

そんなメリットのあるクローズドフェイススピニングリールですが、致命的なデメリットが幾つかあります。

構造上致し方ないのですが、ギア比が低いので巻き取りスピードが遅い。706はスプール径が大きいだけまだマシですが、それでもヒット後はとにかく全力でリールを巻く(笑)。傍から見ると実に美しくないファイトシーンに見えるだろうと思います。

そしてドラグの効きが悪い。最新のスピニングリールとは比較にならない。ここぞ、というところで作動してくれないので、慌てて手でラインを引き出すこともたまにあります(笑)

そして何より重い。自重288gもある。現在のバス用スピニングリールには200gを切るものも多いですからその差は大きい。そしてせっかく軽量なロッド(TVS-63L:78g)と組んでもその軽さを殺してしまう。

ちなみに私が使っているPremier706も現在は廃盤のモデルで、現行は506mkⅡというモデルに変わっています。でもこれも同じく288g。さらに大型の507というモデルに至っては408gもある。(いずれも日本での販売は無し)

もっと軽いクローズドフェイススピニングリールは作れないのでしょうか。いや、過去にはあった。私が学生時代~20代前半の頃に使っていた、ディプロマット602はもっと軽量でした。何と190g!ちなみにギア比は1:4.1。このリールが、自分が初めて愛用したクローズドフェイススピニングリールでした。当時もあまり人気がなく、船橋の長崎屋の中にあったコジマ釣具店で、ラミグラスのロッドとセット売りで特価販売になっていたものを買ったのでした。

当時は印旛沼の矢板周りをサタンワームやスライダーを使った1/8ozテキサスリグのシェイキングでよく使っていました。何せ手返し良く軽量リグを撃っていくことが出来たし、不意を突くバイトにもミスなく対応できる。また、フロートチューブでの釣りにも良かったです。スピニングリールのようにベールが外側でグルグル回ったりしないので、邪魔にならなかった。スピニングリールはフロートチューブ本体にベールが当たらないように案外気を使うものです。

そして亀山ダムではラッキーストライクのフローティングワームをオーバーハングの下にスキッピングで撃ち込んでいくような釣りにもよく使っていました。しかし、この頃からこのリールの限界も思い知るようになっていきました。

魚がヒットする。水深のあるリザーバーなので魚が一気に潜行する。しかしバスという魚は跳ねようとします。一気に潜行したバスはリールの巻き上げ力が弱いと見るや、今度は一気に浮上してきて跳ねる。ディプロマット602は1:4.1というギア比に加えてスプール径が小さいので巻き取りスピードが実に遅い。頑張って必死に巻いてもバスの浮上するスピードに追い付くことが出来ず、低いラインテンションの状態で跳ねられてしまうのでバレてしまう。そんなケースが本当に多かった。

どんなに手返しが速くても、使い勝手が良くとも、最終的に魚を手に出来ないのでは意味がない。そう感じてこのリールの実戦投入を止め、手放してしまいました。

あれから20年以上が過ぎ、今でもクローズドフェイススピニングリールの使い勝手というのは自分の中では特別なものです。完成度の高い製品があればそれを使いたいけれど、今はその重さに霹靂しながらPremier706を使うしかない。欠点の多いリールではあったけれど、ディプロマット602は軽かったよなぁ。少なくともこれまでの歴史の中で、200gを切っていたクローズドフェイススピニングリールはディプロマット601/602だけではないかな。

ちなみにこのディプロマット602、当時の流通量も大した量ではなかったらしく中古品もほとんど出回ることはありません。レアといえば相当にレアではあります。でもわざわざこのリールを欲しがる人もいないか。

160922-1.jpg
160922-2.jpg

ところが偶然、ウチの近所のショップに1台中古品の入荷があった!当然、リアクションバイト(爆)。

というわけで、20年以上ぶりにディプロマット602を入手しました。実戦投入はしません。魚をバラすから。それにしてもクローズドフェイススピニングリールでこの軽さは捨てがたい。せめてこの軽さだけでも継承してくれる現行品が出てきてくれるといいのですが。

ks-vspec.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新生、ABU507 [リール]

以前にこのブログでも取り上げたアブの新スピニングリール、レボMGXが日本でも発売されるようです。

150721-1.jpg

私が望んでいた通りにシャロースプールで日本国内販売されるのが嬉しい。そして契約バスプロのシグネイチャーモデルにならなくて良かったです。アブリールへの思い入れは自分の方が強いと思っているので。

ただ、各所のネジがドライバーでは開けられないようになっています。万が一釣り場で緩んだらどうしようもないだろうなぁ。アブのスピニングはレボネオス以降、分解が困難になりましたがついにここまでするようになったのかと少し残念に思います。

なお、防塩性のあるベアリングというのはジャパンモデルのみのようです。コレ、オイル射せるんだろうか???

しかしながら、ようやくアルミ(ジュラルミン)ギアの採用、そしてラインローラーにはあの機構が取り入れられているようなので期待は大。巻き心地も軽くなっているとのことなので、それが本当なら2000SHを1台試し買いしたいと考えています。

ところで、アブからこんなニューモデルが発売になるのを御存知でしょうか?

151229-1.jpg

ABU507(M507という名称で販売される国もあり)!!

何と、あの名機ABU507の名を継ぐモデルが発売になるのです。但し、マッチフィッシングが盛んなドイツ、フランス、イギリスといった国での発売となるようで、日本で発売される可能性はないでしょう。

デザイン面はスッキリしていてとてもいいですね。

既存モデルの506MKⅡのパワーアップモデルで5ボールベアリング入りという事以外の詳細は不明。自重、ギア比、シンクロドラッグの有無、ピックアップピンの素材などはわかりません。でもまぁ多分、これまでの機種と大して変わらないでしょう(爆)

「そういえば最近、クローズドフェイススピニングを使わないですね」とたまに言われます。

100510-4.jpg

私が使っているのはプレミア706というモデル。このリールだから獲れる魚、このリールだからミスしてしまう魚がいます。それを踏まえて愛用していたのですが、使い込み過ぎてリリースボタンにガタが出てしまいました。隙間が出来たことによってその隙間にラインを挟み込んでしまう事象が起きるようになったもので使用を止めているものです。もちろん、正規輸入品ではないのでメンテナンスも頼めない。決して使う気が失せたわけではないのです。

う~む、時間を見付けて調整にチャレンジしてみようかな。そしてやっぱり、新しいモデルは気になるところです。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

防水性能要りません [リール]

最近のスピニングリールは、やたらと防水性をウリにしている傾向が強いと思います。もちろん、防水性を重視すること自体は悪い事ではありません。けれども、防水性を優先するあまりに多くのデメリットが生じてきている気がします。

スピニングリールのラインローラー部に関してはこの部分のメンテナンスをするかどうかで糸ヨレの発生度合がまるで違ってきます。これは自分の場合、ライトリグでの使用が多くラインテンションが緩い状態で巻き取るケースが多いために特に顕著に現れていると感じます。

151223-1.jpg

自分の場合、スピニングリールのラインローラー部はミネベア社製のミニチュアベアリング、それもあえて片面シールドレスのベアリング(DDL-850等)に換装しています(ソルトで使用するならシールドタイプのDDL-***ZZをお勧めします)。これだけで純正のベアリングのまま使用するよりも遥かに糸ヨレの発生度合が抑えられます。反面デメリットもあり、定期的にクリーニングしてオイルを差す必要があります。面倒ですが、その効果は非常に高いです。

ほとんどの場合、メーカー純正ベアリングよりもミネベア社製ミニチュアベアリングの方が回転性能が上です。一度、同じサイズのベアリングをバラしてみたところ、メーカー純正品のベアリングは内部の球の数が9個、ミネベア社製には13個も入っていました。そりゃ回転性能に差が出るわけです。

ちなみにベアリングはモノタロウで購入していますが、1個¥400前後といったところです。耐久性が低いわけではありませんが、この価格だったら使い捨て感覚でもOKでしょう。

自分の場合は、ラインローラー部分が防水シールドされていてメンテナンスフリーとされるよりも、自分でミネベアのベアリングに入れ替えて定期的にメンテナンス出来る方がいい。

そして某社のリールに起こるインフィニット逆転現象。以前は自分もいちいちメーカーさんに修理依頼をしていましたがそれも面倒臭い話です。そのメーカーさんの修理対応は素晴らしく、1週間もしないで手元に戻ってくることが多いですがそれでもいちいち修理に出して、取りに行くのも手間には違いありません。なので、これも近年は自分で直してしまうようになりました。やり方は簡単、インフィニットストッパーのローラーベアリング部分を取り出してパーツクリーナーで洗浄して乾かすだけ。30分もあれば出来てしまう。

ところが最近のリールはマグオイルでシールドされているので、分解してローラーベアリングを取り出すことが出来ない。だから自分自身で逆転現象を直すことが出来ないのです。それだったら自分、シールドされていない旧モデルの方がいいな。

確かにシールドがないと水や埃が浸入する危険性が出てきます。でも、そうなったら分解洗浄して組み上げなおせばいいだけの話。自分でやる自信がないならメーカーさんにメンテナンス依頼をすればいい。しかもそんな必要性が生じるのは年に何度もないでしょう。

国産2大メーカーも、そして最近はアブでさえもスピニングリールを分解させない構造になりつつあります。自分は最高のパフォーマンスを発揮するリールというのはメンテナンスフリーのリールではなく、メンテナンスがやりやすいリールであると思う。リールのチューニングなどを手掛けて、ベアリングの性能差を知っている人ならばきっと同意してもらえるのではないでしょうか。

防水性能を高める代わりにメンテナンスが出来ないというのならそんなリールはいらない。もっとメンテナンスしやすいリールを作って欲しい。

gill-spiny.jpg
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

レボLT-LH 購入 [リール]

しばらく探していたんです、このリール。アブのレボLT-LH。

150728-1.jpg

現行品だとは思うのですが、もう発売されてからしばらく経っているせいなのか、最近は意外に店頭で見掛けることがありませんでした。置いてあるのは後発のレボLT6というのが多かったです。自分はハイギアのものが欲しかったのでLT6ではなく元祖LTが候補でした。

ベイトフィネスのリールは既にレボLTX-Lを所有しています。多分今後もこちらの方が出番は多いと思います。ただ、釣っていてここは6lbで充分と思う時もあるし、やはり8lbの方が安心できるという場所もある。だからもう1台あると便利だろうなと思っていました。

じゃあどうしてもう1台もLTXにしなかったの?というのには別の理由があって、海のムラソイ釣りに使いたかったから。

150621-5.jpg

ムラソイは鹿島や伊豆で釣りましたが、ここにいそうだと思える捨石の隙間にワームを撃ち込んでスーッと落としてやると「ガンッ!」と来る。まさにバスのフリッピングやピッチングの世界。自分はバス中心でソルトの釣りに対する興味が薄い釣り人だと思いますが、このムラソイ釣りに関しては例外で、メチャクチャ面白い!と思いました。バスのシャローゲーム、特にカバー撃ちが好きな人にはたまらない面白さがあります。私自身、今後ハマりそうな予感がしていて、ポイント開拓を含めて楽しみたいな、と思っています。

で、これまではスピニングタックルでやっていたのですが絶対にベイトフィネスタックルの方がいいだろうと思ったのです。実は一度LTXを持ち出そうかと思ったのですが、どうやら淡水専用のリールらしいので止めておきました。確かに、マグネシウム素材を使ったリールは止めておいた方が無難かもしれないですよね。

というわけで、ムラソイ釣りには新規購入したLT-LHを持ち出してみるつもりでいます。もちろんバス釣りにも大いに活躍してもらう事になるでしょう。

ちなみに買ってすぐに自宅で全バラシ(笑)。スプリングをいじりクラッチの切れ具合を自分好みの軽い切れ具合に調整して、ラインも巻いて準備完了。

でも実際にリールを手にして持ってみると少しばかり重いかなぁと感じました。ん、このリールって確か174gだよね?充分軽いスペックのはずです。これはきっと自分がレボLTXの152gという自重に慣れてしまっているからでしょう。22g差は大きいと言えます。それにしても174gのリールを重いと感じてしまうとは・・・軽いリールに慣れてしまうという事は恐ろしい。

ks-bandocraw.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アブガルシア 2nd.レボスピニング [リール]

昨日はアブの新型スピンキャストリールを紹介しましたが、今回はむしろスピニングリールの新型が充実しています。

日本でのレボのスピニングシリーズはレボネオス、レボLT、それらの派生であるシグネイチャーモデルと展開されてきましたが、海外ではベイトリール同様に、レボプレミア、STX、SX、Sというグレード分けがされていました。そしていよいよ、第2世代レボスピニングにモデルチェンジするようです。また、ベイトリールではマグネシウムボディで軽量を図っているレボMGXというモデルがありますが、スピニングにもレボMGXを新たにラインナップしてきました。

レボ2MGXスピニング
150721-1.jpg

レボ2プレミアスピニング
150721-2.jpg

レボ2STXスピニング
150721-3.jpg

レボ2SXスピニング
150721-4.jpg

レボ2Sスピニング
150721-5.jpg

レボ2インショアスピニング
150721-6.jpg

第2世代となるレボスピニング、どこが変わったのかというとAMGearing Systemという新しいギアが搭載されているようです(Sを除く)。WEB上の商品説明によると、これにより他に類のないなめらかさと耐久性を実現、と書かれています。

これ、誇張表現ではなく本当だったら凄く嬉しい。

日本ではレボのスピニングリールはあまり人気が高くありません。その理由の1つに、巻き心地が重いという点が挙げられると思います。元々、アブのスピニングは特に巻き心地が重いものではありませんでした。少なくともカーディナル300シリーズまでは普通に軽かったです。ところがカーディナル800シリーズ以降、現行レボシリーズも含めて重くなった。なめらかさにも欠ける。そしてハイエンドモデルなのにメインギアが亜鉛合金製。

バスならばともかく、巻き感度を重視するようなエリアトラウトやシーバス釣りの人にとっては、現行品の巻きの重さは致命的なレベルではないかと思います。

素材的にも、亜鉛合金は長期的な耐久性に欠けるのでグレードアップして欲しいと切に願っていました。で、新型レボの新しいギアシステムAMG~というのが、アルミマシンカットギア(ジュラルミンギア)の略だったりすると嬉しいと思うわけです。素材が硬い分、加工精度のごまかしが効きにくくなりますけど。

とまぁ辛口評価ばかりを挙げてしまいました。自分自身スピニングはレボネオスだけでなく国産機も使っています。でも学生の頃からずっとアブを使ってきているのでアブのスピニングも良い物を作って欲しいのです。出来ることならベイトだけでなくスピニングもアブで揃えたいから。

ただ、初代レボスピニングシリーズがそのまま日本で販売される事がなかったように、第2世代レボスピニングもそのまま販売されることはないかもしれません。でもMGXスピニングは文句なしにカッコイイ。これはスプールだけシャロースプールにしてもらって、日本でも販売してもらいたいな。

gill-spiny.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー