So-net無料ブログ作成
検索選択

クレージークローラー スミスファクトリーカラー [ヘドン]

アメリカ製、南米製、中国製と変わっているヘドンルアーの生産国。それでもやっぱりオールド品がもてはやされるというのはプレミア性というのもあるのだろうけど、手を抜いていない造りの良さというのが感じられるからだろうと思います。

企業として生産効率を向上させるというのは正しいこと。でも、造り手の想いやこだわりは残して欲しい。では現行のヘドンは駄目なのかというと決してそんなことはないです。ただ、昔のクオリティには到底及ばないと感じる。ルアーの塗装経験がある人ならわかると思う、塗装工程を簡略化することなく、しっかり重ねている。

自分もスウェイバックザラスプーク、210サーフェイス、211ウンデッド、ザラゴッサJr.、ベビーバド、マグナムタイガー、干支シリーズ、クリスマスルアーといったヘドンプラグの開発(復刻)を担当してきました。往年のオールド品のサンプルを提出し(プラドコ社には往年のオールド品はほとんど残っていない)その塗装クオリティを求めてきましたが、その出来栄えに満点が出せていたかというと、答えはNoです。現在のプラドコヘドンに往年の塗装クオリティを求めるのは難しい、そう痛感せざるを得ないことが何度もあった。

そしてそう感じていたのは自分以外のスミススタッフも同じだったはずです。だからスミスでは、ヘドンプラグを国内のファクトリーで塗装することを始めた。それがヘドンのスミスファクトリーカラーです。日本の熟練工ならば、往年のオールドヘドンに肉薄する塗装が出来る。そうして、ラッキー13、マグナムトーピード、クアーズの3種を発売してきました。

他のモデルでもスミスファクトリーカラーで展開してもらえないか?という要望は多々あります。自分の知る限りはオリジナルザラスプークが多いかな?

170904-1.jpg

でも今回、新たに展開するのはクレージークローラーです。これが一筋縄ではいかなかった。そもそも近年のクレージークローラーは塗装以外にもユーザーからの不満点が存在しました。バラツキがあり、金属羽根の開閉度合が良くないものがある。構造を知るベテランならば自力で直してしまうことでしょう。けれども本来であれば、いじらずともきちんと機能して欲しい部分です。

クレージークローラーのスミスファクトリーカラーではボディーの塗装後にパーツの組付けを行います。専用冶具を使い、ウイングの開閉に問題がないかどうかチェックしながら組付けが行われる。塗装のクオリティのみならず、そのまま使えるという性能面においても優れた製品に仕上げています。

XRW
170904-2.jpg
170904-3.jpg

BWH
170904-4.jpg
170904-5.jpg

YRH
170904-6.jpg
170904-7.jpg

BF
170904-8.jpg
170904-9.jpg

ヘドンサポートショップの専売商品となります。
10月発売予定。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヘドン2018ニューカラー [ヘドン]

4月に公開されたはずのPRADCO2018ウェブカタログ。

170420-1.jpg

たまに覗いてみたら、あれ?!いつの間にか中身が更新されてないか?ブーヤの新しいクランクベイトなんて出ているし。I CAST SHOWに合わせて更新したのかもしれません。

それはそうと、ヘドン。
自分としては、もういつカタログ落ちになってもおかしくないんじゃないかと思っていた「スピッティンイメージ」「ポップンイメージ」「スイミンイメージ」の3兄弟。だって年々カラー数が減っていくんですもの。在庫がなくなったカラーからカタログ落ち、ゆくゆくはアイテム自体が終了になるんだろうと思えてなりませんでした。

元々はエクスキャリバーブランドで発売されていたこれらのプラグ。それがヘドンブランドから発売されるようになったものの、やはりヘドンとはちょっと方向性が違うというかなんというか。少なくとも日本のトップウォーターフリークにはまるで人気がない。

でもスピッティンイメージは凄くいいです。本当は今はなきJr.、それも旧型がいいんですけれど。
そしてポップンイメージはスミスのT越専務がメチャクチャお気に入り。動かしやすくて本当に良く釣れると言ってました。ヒロ内藤さんもポップンイメージは多用するプラグのようです。
ただ、自分たちがどんなに気に入っていようと、売れないものは生産中止になるのが自然ですからね。これらのプラグはそろそろ危ないんじゃないかと心配していたのです。

ところが何と!これらのプラグに新色が3色加わったようです。PRADCO、これらのルアーまだやる気だったんだ(笑)。何だか少しホッとしました。カタログ落ちとなったらまた必要分を確保しないといけないなぁと思っていたので。

【BAC】Bay Anchovy
170822-1.jpg

【ESH】Emerald Shiner
170822-2.jpg

【NFH】Needle Fish
170822-3.jpg

上写真はスピッティンイメージですが、ポップンイメージ、ポップンイメージJr.、スイミンイメージに共通のカラーとなります。

これまではホログラム系カラーが多かったのですが、今回のカラーはスケルトン系カラーとなっています。まぁ、選択肢は多い方がいいですよね。
個人的には、スピッティンイメージはホログラムカラーで決まりなんですけど、どうせだったらボーンカラーだとか、反射板入りのカラーもあるといいなぁ。

gill-spiny2.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヘドンロングTシャツ2017 [ヘドン]

10月下旬にヘドンロングTシャツを発売します。で、生産スパンを考慮して既にお店からの注文を受けています。

秋に長袖シャツを販売する、その2ヶ月前から注文を集めている、至って普通の事なんですけれど洋服店で売るわけではなく釣具店で販売するとなると実はちょっと勝手が違う。暑い時期に長袖を案内してもなかなか注文がもらえないのです。でも今年、関東以北は冷夏のようだからちょっとは注文入るかな?

今回は胸元にDOWAGIACのデザインをあしらいました。このマーク、1921年のヘドンのカタログにあったものを転用したものです。ベースカラーは3色。

【ネイビー】
170818-1.jpg

【オリーブ】
170818-2.jpg

【チャコール】
170818-3.jpg

いずれも素材は綿100%(5.6oz)です。

サイズはM、L、XL。日本サイズです。数名に試着してもらったところ、いくぶん袖が長目に感じるという意見が多かったので、サイズに迷うようなら小さい方を選ぶといいと思います。参考までに自分は172cmでMサイズです。

価格は¥3,500+税

ヘドンサポートショップ専売商品となります。スミスでは9月21日に受注を締め切り、9月22日より生産に取り掛かりますので、確実な入手を希望される方は9月中旬頃までにヘドンサポートショップに注文を出して下さい。製品入荷は10月下旬を予定しています。どうぞよろしくお願いいたします。

ks-bf34.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

西武ライオンズ×ビッグバド [ヘドン]

元々はビール飲料のノベルティ商品だったヘドンのビッグバド。現在はビールメーカーとのライセンスが切れているのですが、飲料以外にも「クマモン」(OFTさん販売品)、「フェンウィック」(ティムコさん販売品)といったコラボバドもありました。

でも、プロ野球チームとのコラボがあるのを御存知でしたか?これは釣具店では販売されていないので案外知られていないようですね。実は西武ライオンズとのコラボバドがあるんです。

【ユニフォーム】
170706-1.jpg

【プライマリーマーク(艶有)】
【プライマリーマーク(艶消)】
170706-2.jpg

【レオ】
170706-4.jpg

ヒートンタイプのビッグバドです。当然の事ながら実釣にもお使いいただけます。

価格は¥3,400(税込)となります。

釣具店ではお買い求めになれませんのでご注意下さい。埼玉西武ライオンズ公式オンラインショップにて発売中です。

逆転ホームランをかましたい!という時にいかがでしょうか。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヘドンTシャツ2017 [ヘドン]

また急に寒くなりましたね。明日もかなり寒いようです。そんな寒い最中にこんな話題を出すのも何なんですが、新しいTシャツの紹介です(爆)。

スミスはヘドンの正規日本代理店として長い歴史があります。そしてスミスにはヘドンのカタログが資料として存在しています。とはいえ紙媒体のものではないのですが、PRADCO社から寄贈されたものです。そしてそうした過去の資料を素材としてアパレルやグッズ販売を行う権利も所有しています。これまで発売してきたヘドンTシャツの中にも、過去のカタログの中からイラストを抜粋してデザインを興したものが幾つかありました。

今年、久しぶりにヘドンTシャツを販売することにしました。確か3年振りになるはずです。今回のTシャツですが、1929年のカタログから抜粋したイラストを高精度スキャンし、デジタル転写を施してTシャツに仕上げてみました。

170331-1.jpg

当時のカタログの印刷自体が粗く、さらに大きく拡大をしたのでTシャツのプリント自体も粗いです。細かくしようがない。でもそれがかえって時代を感じられる良い味になっています。何よりこのイラスト、いいと思いませんか?

このイラスト、どうやら当時の販売店に向けて「こんな販促品を用意したよ」というもののようです。ヘドンのフロッグルアー・フロッグカラー用の販促品ですね。

170331-2.jpg
170331-3.jpg

ベースとなるTシャツは5.6オンスのヘビーウェイトタイプ。カラーはアッシュとフォレストの2種類。サイズは日本サイズでM、L、XLになります。標準小売価格は¥3,600+税です。

ヘドンサポートショップ限定販売となります。発売は6月中旬を予定。

受注生産品です。販売店様からいただいた注文の枚数だけ製作します。5月22日から生産に入る予定ですので、確実に入手したいという方がいらっしゃったら、お近くのヘドンサポートショップ宛てに注文をお出し下さい。スミスでも5/21必着分にて注文を締め切りますので、5月半ば頃までにご注文いただだければ大丈夫だと思います。

このTシャツが発売される頃には暑くなっているはずです。まだ寒いですけどよろしくお願いいたします。m(_ _)m

ks-vspec.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マグナムタイガーは永遠に [ヘドン]

フィッシングショー直後ということもあって新製品の話題が多く出る時期なのですが、その反面カタログ落ちとなって消えていく製品も当然あります。

2009年に大きな反響を得て復刻販売したヘドンのマグナムタイガーもとうとう2017年に姿を消しました。

120917-1.jpg

マグナムタイガーはスミスが日本向けのものとしてヘドンに復刻させたものでした。いわゆるジャパンスペシャルです。プラドコヘドンの現行販売品のスペシャルカラーを作るのとは違い、アイテム自体が特注となるわけなので生産数も半端じゃありませんでした。実に7年をかけて完売したということになります。

マグナムタイガーではヘドンフリークの間で人気のある反射板入りのカラーが復刻版でも人気になりました。これは私達の予想通りでした。反面、想像以上にボーンカラーが大人気で真っ先に完売となってしまいました。これは予想し切れていなかった。ボーンカラーは浮力が高く、ウェイクベイト用として優れる。つまり、コレクションとして購入する人も多かった半面、その機能性に期待をして購入してくれた方も多かったということです。

マグナムタイガーはその価格もかなり高いものとなりました。実売価格で¥2500前後だったのではないでしょうか。その価格を知らされた時、それはさすがに高過ぎる、売れないんじゃないかと心配したものです。ただ、その完成度は高かったので受け入れてもらえたのだと思っています。

マグナムタイガーの金型は今でもちゃんとあります。復刻の際に新たに作ったものなので状態は悪くないと思う。スミスが負担をして作った金型なので、スミスしか活用させられない。ただ生産数の問題もあって今はまだマグナムタイガーは作れない。でもいつかまた、マグナムタイガーは再復刻させたいです。

それがいつになるのかは自分にもわかりません。それまで待てないという人は、今のうちに店頭在庫のマグナムタイガーを探してみて下さいね。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

悲運のザラゴッサⅡ [ヘドン]

ランカーシティ社からスラッグゴーが発売されたのが1991年。御存知の通り、これまでに類似品がなかったスラッグゴーは驚嘆を以て迎えられ、一大ブームを巻き起こすことになります。

その後、ヘドンのザラゴッサⅡは1994年のスミスカタログにおいて新製品として掲載されていますから、おそらくはスラッグゴーのハードベイト化を意識して開発されたであろうことは想像できます。

161205-1.jpg

でもコレ、必要あったのかな?ショートビルミノーにだって左右にダートするものはある。ただ、ミノーでは通せないような際どい場所を釣ることが出来るという点でスラッグゴーは有用だったわけで。

自分も春先の印旛沼ではパラアシの中をスラッグゴーをトゥイッチさせながら引いてきて好結果を出せていました。ハイランドレイクであれば春先はミノーが定番。でも印旛沼ではパラアシの中をバスが回遊するのでミノーなんて引きたくても引けなかった。それがスラッグゴーの登場により釣りが変わった。

じゃあザラゴッサⅡは?というととても際どい所には投げ入れることが出来ない。ミノーと一緒でオープンウォーターでしか使えない。でもそれだったら普通のミノーの方がいいんじゃない?となるわけで。

自分は一風変わったルアーは好きなんですが、ザラゴッサⅡは必要性を感じず使わなかった。それとも、自分がこのルアーの威力に気付けなかっただけなのか。

久し振りに某チェーン店で見掛けたザラゴッサⅡの中古品、¥280の値札が付いていました(上写真のもの)。市場に大量に出回っているベビートーピードですら中古では¥500はするのに、レアで玉数も少ないザラゴッサⅡはほとんど捨て値。同じヘドンのルアーなのになかなか悲しい末路ですね。

gill-bf.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヘドンパーカ2016 [ヘドン]

これまで3度ほど、ヘドンフリークの方向けにパーカを販売したことがあります。

Tシャツは毎年出しても売れるのですが、アウター系は一度買うと長持ちするので毎年買うという人は少ないように思います。ですので、少しの間生産を控えていました。

2012年にヘドンパーカを発売してからだいぶ経ち、以前のものがそろそろヘタってきたという声もチラホラ聞こえるようになってきたことから、久し振りにヘドンパーカを生産することにしました。ジップアップタイプのパーカとなります。

杢グレー(綿60%ポリエステル40%)
160929-1.jpg

ネイビー(綿100%)
160929-2.jpg

レッド(綿100%)
160929-3.jpg

サイズはそれぞれS、M、L、XLの4サイズ。9.7ozのスタンダードな厚さの生地になります。裏毛加工で保温性・着心地も良好なパーカです。

この製品は受注生産製品となります。スミスでは、10/31までに集まった注文分のみ生産を致しますので、欲しいという方は10月末までにヘドンサポートショップに注文を入れて下さい。ヘドンサポートショップの専売品となりますのでご注意下さい。

ショップに商品が届くのは11月末になる予定です。

価格は¥6,500+税になります。どうぞよろしくお願いします。

ks-vspec.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

消えゆくWSの血筋 [ヘドン]

日本の釣具メーカーのカタログは大概1~2月に出来上がります。その時期に開催されるフィッシングショーに合わせているというのも理由の1つでしょう。アメリカでは7月に開催されるI CASTというショーに合わせて夏に新しいカタログが出る場合が多いです。PRADCOも然り。

とはいえアメリカのメーカーの場合は日本ほど新製品の数や廃盤になってしまうルアーの数は多くない。端的に言うと、あまり変わり映えがないというのが普通です。ところがたまに、歴史のあるルアーが消えてビックリさせられることもある。近年ではヘドンのダイイングフラッター、ボーマーのファットA、コーデルのクレージーシャッドなどが挙げられます。

160903-1.jpg

で、今年の新しいプラドコカタログを確認したところ、ヘドンから発売されていたバイユーブギが消えていました。廃盤になったということです。

160903-2.jpg

バイユーブギは元々はホッパーストッパー社の製品。メーカーが吸収されたことによりヘドンに移籍したホッパーストッパーの製品はクラップシューター、ヘルベンダー、スローバー、ヘルレイザー、ドッグウォーカー、バイユーブギ。しかしながら今回バイユーブギが廃盤となったことでホッパーストッパーの血筋を持つヘドンルアーはヘルベンダーのみとなりました。

アメリカではメーカーの吸収合併によって発売されるメーカーを変えながら生産されていくルアーも少なくありません。ただ、あまり大事にされず消えていってしまうものもある。ホッパーストッパーのルアー達は、残念ながらあまり大事にされない末路を辿りました。

バイユーブギ、お好きな方は今のうちに店頭在庫を探してみて下さい。

gill-bf.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ソナーをシーバス釣りに使ってみる [ヘドン]

元祖メタルバイブの一角を担うヘドンのソナー

昔、TACKLE BOX誌でズィール社の柏木さんがソナーを使った亀山ダム段々畑ポイントでのウインターバスフィッシングを紹介していました。その時は自分も「へぇ~」としか思いませんでしたし、そのテクニックが大流行するということもありませんでした。

ところがその後、メタルバイブは冬のバス釣りの主役として定着することになったわけですから、柏木さんの先見の明は物凄いものがあったということになります。ビッグバドの釣りを誌面で公にしたのも柏木さんですからね。

でも自分はソナーとはあまり相性が良くなかった。少なくとも、バス釣りでは。

一方、海のシーバス釣りにおいてもメタルバイブが一般化しました。自分も昔、千葉の花見川河口でリョービのスポットスナイパーというメタルバイブを試していたのですが全く釣れず、メタルバイブはシーバスに効かないと思い込んでいたもので、定番化した時はちょっと悔しかったです。

そんな自分も、シーバス用のメタルバイブは色々と買って試しました。ボートからの釣りでは1oz程度のメタルバイブを多用しています。でも、岸からの釣りでは1ozだとちょっと重い。遠投できるのは良いのだけれど、手前まで引いてきた時にゴロタに当たってしまいやすい。荒川辺りでは、18~21g程度があると丁度いい感じです。潮汐の関係で多少流れが緩いような時にはテールスピンジグを多用しますが、15g程度のメタルバイブがあってもいいと思います。

18~21g、28gといったウェイトのメタルバイブは色々なメーカーから販売されているので、お店に行けば専用モデルを購入することが出来ます。でもそれよりも軽いものとなると、シーバス用としてはあまりない。う~ん・・・

160721-1.jpg

あっ、よくよく考えてみたら自分はソナーを持っていた。自分のバス釣りでは陽の目を見ずにボックス内の肥やしになっていたもの。とりあえず使い物になってくれれば御の字かな。ひとまずフックだけは交換して、実戦投入。

するとこれが意外と良かった。バスで使うとショートジャーク時のレスポンスであるとかスローに引いた際の動きのキレが今一つかな、と思えたのですが、ミディアム~ファーストリトリーブで使う分にはシーバス専用のメタルバイブと較べても何ら遜色ないというか、むしろ川でアップクロスに引いてくる分にはこちらの方がイイんじゃないかとさえ思えるほど。シーバス専用のメタルバイブの多くは引き抵抗の軽さを求めているため、海域で使う分にはいいけれど河川内でアップクロスに引いてくると泳ぎと引き抵抗が流れに相殺されて物足りなくなってしまう。その点、ソナーはしっかりと泳いでくれるので扱いやすい。

アリだな!これは。

ということでソナー1/2ozを追加購入。けれどもフックは替えなくてはいけませんし、カラーもシーバス向きとは言い難いので人には勧めません。でも、皆が使っている定番のシーバス用メタルバイブで釣るよりも、ソナーで釣ったという方がネタ的にはきっとオイシイはず(笑)

gill-spiny2.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー