So-net無料ブログ作成
検索選択

必読、殺さない駆除釣り大会 [その他]

170627-2.jpg

どこかのオッサンによって召集されたこの人達。中には前日まで名古屋だったという人も(汗)。翌日に群馬とはなかなかハードだったねぇ(と、他人事のように言ってみる)。

この人達はバス関連雑誌の関係者なのです。ライター、カメラマン、編集者などなど。「Basser」「ルアーマガジン」「Rod and Reel」「アングリングバス」「TOP☆TOU」。全てのバス雑誌の関係者が一堂に集いました。

170527-1.jpg
170527-2.jpg

皆さんが取材しに来たのは5月27日に群馬県の中野沼で開催された外来魚駆除釣り大会。それぞれプロのライター、カメラマン、編集者であるわけですから、出来上がる記事もそりゃもう素晴らしい出来です。

170627-1.jpg

現在、これら5誌の最新号が発売になったところです。日本初、殺さない駆除を実現したこの日の釣り大会。その様子が上記5誌の全てに掲載されています。

是非、お買い求めの上、御覧下さい!!

なお、Basserさんの記事につきましては つり人社さんのWEBマガジン SiteBでもご覧いただけます。併せてご覧いただければと思います。

gill-mossa.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

まだ終わらない釣り人生 [その他]

毎年、会社の指示で5月に健康診断(人間ドック)を受けています。自分はこれまで一度も問題がなかったのですが、今年は初めて引っ掛かった。まぁ、そろそろ不健康箇所が見付かってもおかしくはない年齢ですがね。今回はどうやら腹部の超音波検査で異常らしきものが見付かったらしい。

結果は膵臓のG判定(要精密検査)。なるべく早く消化器内科に行ってCT検査をしてもらうようにと言われてしまいました。紹介状も書いてもらった。膵臓が石灰化を起こしている可能性があり、最悪、膵臓ガンという可能性もなくはないとのこと。今一つはっきりしないのは、どうやら膵臓というのがエコーで写しにくい臓器だからのようです。

自分、もしかしたら死ぬ可能性があるのか?でも不思議と怖いという気はしませんでした。自分は震災の後、大勢の人が亡くなった場所にも足を運んでいましたので自分が死ぬという事に対しても別に特別な事という気がしなかったのです。40代後半で死ぬのはちょっと早いかな、という程度。

むしろ気になったのは、山のように所有している釣り道具。一応、バスボートやアルミボートも持っている。放っておいたら駐艇料だけ掛かってしまう。どうせ不要になるのだったら元気なうちに売却してお金に変えた方が遺産として扱いやすいのだろうな、などと考えてみたり。レアなものは価値のわかる人に譲りたいなぁなんて思ってみたりもしました。

後日、病院に行ってCTで検査してもらいました。膵臓というのは普通にCTで撮影しても詳細がわかりにくいらしく、造影剤という薬品を点滴で注入しながらのCTでした。ちなみに点滴も人生初。自分、入院経験すらないんです。常々、若い看護婦さんと仲良くなりたいとは思っているのですが。

検査結果は、拍子抜けするほど何もなし。ただの健康体でした。釣具もボートも売る必要はなくなりました(笑)。だからまだまだ釣具を買いますよ。この先もボートに乗ります。もちろん釣りには体が動かなくなるまでガンガン行く!どうやら自分の釣り人生はこの先もまだ続いていくようです。

gill-mossa.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

チームゴリさん、グリスシャッドで22kgオーバー [その他]

5/20~21の2日間、琵琶湖においてBATNET Special2daysというトーナメントが開催されました。

このトーナメントで優勝したのはグリットデザインの小東さん率いる「チームゴリさん」(笑)。自分で自分の事をゴリさん認定しているのも凄いんですが、そのウェイトがとんでもなく凄い。初日13,570g、2日目8,515gでトータル22kgオーバー!!

170525-1.jpg
170525-2.jpg

これ、それぞれ5尾のウェイトです。関東のトーナメントだったら3kgで入賞とか当たり前なんですけど、もはや琵琶湖は桁外れとしか言いようがありません。

優勝インタビュー

170525-3.jpg

多くの参加選手がサイトフィッシングを試みた中、小東さんチームは南湖でギルを捕食しに回ってくるバスを狙ったそうです。ヒットルアーはグリスシャッド5.5インチ(ザビテキ)による横方向の釣りと、スタッガーワイドorブルフラットの縦の釣りを使い分けたそうです。13kgをキャッチした初日は横方向の釣りの方が効いたようです。

さて、これまで春に2daysのトーナメントを開催してきたBATNETさんですが来シーズンからはこれを見直す(廃止もしくは時期変更)ことも考えているのだそうです。BATNETの運営Nさんは数回に渡り関東を訪れ、W.B.S.のトーナメントを視察に来ていました。自分達のトーナメントをより良くするために、他団体の良い部分を積極的に取り入れたい、そうした思いがあったのだと思います。その中できっと、魚資源保護の為に5月にはトーナメントを開催しないというW.B.S.の理念に思うところがあったのではないでしょうか。霞ヶ浦で始まった「スポーニング期のトーナメント開催を控える」という動きが今後は他地域にも波及していくのかもしれません。とても良い事だと思います。

gill-spiny2.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ソルト用ワーム 一時モニター募集 [その他]

現在、パフォーマンスベイト(バス用ワーム)の一時モニターを募集しているのですが、ソルト用のワームも併せて募集することとしました。

対象となる製品は
160123-2.jpg
黒鯛大将2.8インチ(対象魚:チヌ限定)
161102-1.jpg
メバピンピン(対象魚:メバル限定)
161102-2.jpg
メバピョンピョン(対象魚:メバル限定)
の3種となります。いずれか1つの製品を使っていただき、釣果報告を提出していただきます。

それぞれ若干名を募集いたします。ルアープレゼント企画ではありませんので任務をきちんと遂行できる方に限らせていただきます。よろしくお願い致します。審査基準が厳しいので採用率は低いですが、我こそは!という方のご応募をお待ちしております。

【応募条件等】
  • メールにて、該当商品での釣果報告を随時入れていただける方。釣果写真必須
  • フィールドの地域は問いません
  • シーズン中、1ヶ月あたりの平均釣行回数をお知らせ下さい。月4回以上を最低条件とします
  • シーズン中、1回の釣行あたりの平均釣果をお知らせ下さい。即戦力を求めていますのでとにかく釣る人を優先します
  • メーカーの正式なモニター・テスターではありません。支給されたルアーを使い切り次第、任務完了となります。プレゼント企画ではありませんので責任を持って任務を遂行できる方に限ります
  • プロ・アマ問わず、他社ルアーメーカーのサポートを受けている方からの応募はご遠慮下さい
  • 報告内容が優秀と判断される方には、追加で商品を提供の上、継続を依頼するケースもあります

  • ご希望の方はメールにて mail.gif までご応募下さい
  • 件名は必ず「モニター応募」として下さい(件名未記入のメールは開封せず削除します)
  • 希望商品を明記ください(例:黒鯛大将2.8インチ)
  • 氏名、連絡先(携帯番号、フリーメールでないメールアドレス)、ホームフィールド、釣行回数、平均釣果、アピールコメントを記載して下さい
  • 採用者の方には追って返信致します。その際に送付先を聞きますので、応募段階で送付先は明記しないで下さい
  • 採用者には対象商品2パックを提供します
  • 色は希望して下さって結構です(2色)。在庫状況により希望に沿えない場合もございます
  • 締め切りは5月7日(日)とさせていただきます
  • 採用者にのみ連絡を致します。あいにく採用されなかった方にはメールの返信はありません。ご了承下さい

また、お店で購入された方からの釣果報告ももちろん大歓迎。こちらも写真を添えて mail.gif までお寄せ下さい。報告内容が優秀と思われる方には逆にこちらから一時モニターをお願いするかもしれません。

やる気のある方からのご応募お待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。

ks-vspec.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

PRADCO 2018カタログ [その他]

ヒロ内藤さんからPRADCOの2018年カタログが出来上がったと連絡がありました。

170420-1.jpg

上の画像はWEBカタログにリンクを貼ってありますので是非ご覧下さい。なお、昨年よりPRADCOのカタログはWEBカタログのみになっています。

まずは気になる新製品を2点紹介します。

1つはボーマーの「ジョインテッドウェイクミノー」。捻りのないストレートなネーミング(笑)

170420-2.jpg

その名の通り、ジョイントボディーのウェイクアクションミノー。最近はあまりウェイキングも聞かなくなりましたが、ボーマーの旧タイプのボーン素材ロングA(15A)がイイという話、ありましたね。そのボーマーからウェイキング専用ミノーが発売になったというわけです。

ちなみにウェイキングというと、ヒロ内藤さんがジョインテッドレッドフィンにウェイトチューンを施して使っていたのを御存知の人も多い事でしょう。内藤さん曰くこのジョインテッドウェイキングミノー、チューンを施したジョインテッドレッドフィン以上に良いらしいです。特にいじる必要もなく完成度の高いウェイキングが出来るとなればこれはなかなか良さそうです。

が、今のところは1サイズのみ。13cm強、20.6g、フックサイズは#2です。個人的にはこの下のサイズが欲しいところ。

そしてもう1つはブーヤの「プランク」。なんとポッパーにリップが付いた?!これは斬新かも。

170420-5.jpg

自分が愛用しているポッパーで、スミスのチャグポップがあります。動かして、出ない。それでは回収~という時にほんのりとウォッブルアクションを起こす。この時に追尾していたバスが慌てて喰ってくることがあるのです。チャグポップの場合はカップ形状が独特なのでこの動きが出ていました。

プランクの場合はリップを付けてあるので、ポッピング要素で寄せて、クランクモードに移行してヒットさせるという2段階操作をより意図的に演出できます。見方によってはイロモノ系に見えるかもしれませんがこれは釣れると思います。ちなみにウェイトは7.75g。これが売れたら是非3/8ozクラスも作って欲しいな。

そして実は今回、新製品ばかりではなくて復活したルアーが3種ほどあるのです。

1つはボーマーのファットA。

170420-3.jpg
170420-4.jpg

どうしてこれを廃盤にするのか理解に苦しみましたがようやくここにきて復活。なんとなくB06Fの目付きが変わったような気もしますが・・・気のせいか?幾つか所有しているファットA、ロストさせるのが恐ろしく実戦から遠ざけていましたが、これでまたファットAが使えます。

そしてコットンコーデルのクレージーシャッド。

170420-6.jpg

これも自分が中学生くらいの頃から存在を知っていたルアー。もちろん幾つか所有もしていたはずですが、いつの間にか手元には残っていませんでした。誰かにあげてしまったかな。で、特に気にも留めていなかったのですが、廃盤になってしまったため慌てて探して大阪のかのうさんでゲット。復活するのだったら、別に慌てて探さなくても良かったかな?

でも今回の復活、新色も加えられているのですがブルーギルカラーとかブルーバックヘリングなんて何だか今までのクレージーシャッドの雰囲気とはガラリと違う印象です。学生の頃は大人しかった女の子に数年ぶりに再会したら、メイクも服装もド派手になっていてビックリ!なんて、そんな感じ・・・かな?でも、新しい印象のクレージーシャッドも是非投げてみたいところです。

そしてスミスウィックのラトリンログARA1200も復刻!要は2本フック、ショートボディーのフローティングラトリンログ。

170420-7.jpg

これ、廃盤になった際に買い足しておこうと思ってあちこち探したのですがとうとう見付けられずじまいでした。巷でラトリンログというとARB1200かASDRB1200を使っている人が多いと思いますが、こじんまりとしたフィールドで釣るならARA1200の方がサイズ的に合っているというケースも多いと思います。

復活してくれてホッとしました。でもラトリンログ、置いてくれているお店が少ないんですよねぇ。

以上、オジサン的には新製品以上に、既に実績のあるルアーが復活してくれたのが嬉しいというお話でした。

ks-bf34.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

パフォーマンスベイト 一時モニター募集 [その他]

※ 受付を締め切りました

いよいよバスも本格的にシーズンインということで、今回は久し振りにルアーの一時モニターを若干名募集いたします。

今回募集する製品は「テンタクローラー4.8インチ」「BFシュリンプ3.4インチ」「BFスイミーシュリンプ2.8インチ」の3種類です。いずれか1つの製品を使っていただき、釣果報告を提出していただきます。それぞれ若干名を募集いたします。

140520-5.jpg
150708-1.jpg
140430-7.jpg

それぞれ若干名を募集いたします。ルアープレゼント企画ではありませんので任務をきちんと遂行できる方に限らせていただきます。よろしくお願い致します。審査基準が厳しいので採用率は低いですが、我こそは!という方のご応募をお待ちしております。

【応募条件等】
  • メールにて、該当商品での釣果報告を随時入れていただける方。釣果写真必須
  • フィールドの地域は問いません
  • シーズン中、1ヶ月あたりの平均釣行回数をお知らせ下さい。月4回以上を最低条件とします
  • シーズン中、1回の釣行あたりの平均釣果をお知らせ下さい。即戦力を求めていますのでとにかく釣る人を優先します
  • メーカーの正式なモニター・テスターではありません。支給されたルアーを使い切り次第、任務完了となります。プレゼント企画ではありませんので責任を持って任務を遂行できる方に限ります
  • プロ・アマ問わず、他社ルアーメーカーのサポートを受けている方からの応募はご遠慮下さい
  • 報告内容が優秀と判断される方には、追加で商品を提供の上、継続を依頼するケースもあります

  • ご希望の方はメールにて mail.gif までご応募下さい
  • 件名は必ず「モニター応募」として下さい(件名未記入のメールは開封せず削除します)
  • 希望商品を明記ください(例:BFスイミーシュリンプ2.8インチ)
  • 氏名、連絡先(携帯番号、フリーメールでないメールアドレス)、ホームフィールド、釣行回数、平均釣果、アピールコメントを記載して下さい
  • 採用者の方には追って返信致します。その際に送付先を聞きますので、応募段階で送付先は明記しないで下さい
  • 採用者には対象商品2パックを提供します
  • 色は希望して下さって結構です(2色)。在庫状況により希望に沿えない場合もございます
  • 締め切りは4月30日(日)とさせていただきます
  • 採用者にのみ連絡を致します。あいにく採用されなかった方にはメールの返信はありません。ご了承下さい

また、お店で購入された方からの釣果報告ももちろん大歓迎。こちらも写真を添えて mail.gif までお寄せ下さい。報告内容が優秀と思われる方には逆にこちらから一時モニターをお願いするかもしれません。

やる気のある方からのご応募お待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。

ks-vspec.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017-04-16 [その他]

お世話になっているマリーナの社長が亡くなったと知り、ただ驚くばかりです。まさかという思い。

情報を知るのが遅く、本日の告別式にも参列出来なかったことを本当に申し訳なく思っています。

自分はあまりクラブハウスに立ち寄る人間ではありませんので社長と顔を合わせる機会もさほど多くはありませんでしたが、色々とお世話になっていたのは間違いのないところです。

心よりご冥福をお祈りいたします。

池島 竜一
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

霞ヶ浦水系駐艇場で船外機盗難発生 [その他]

霞ヶ浦水系や利根川近辺の駐艇場ではこれまでにもボートやエレキ、船外機等の盗難事件がありましたが、ここにきてまた霞ヶ浦水系の駐艇場において船外機が複数台盗難されるという事件があったそうです。今回はアルミボートに付いていた小型船外機ばかりだったようです。

こうした盗難事件が発生する時というのは大体、駐艇場内で複数台の被害があります。犯行は用意周到で単独犯ではないのでしょう。

気を付けましょう、と言っても気を付けようがないですね・・・いちいちエレキや船外機なんて外すわけにはいきませんもの。

自分のボートは古くてボロいです。駐艇場内に置いてあるボートの中から盗難対象になるとは思えませんが、駐艇場に置きっぱなしであるのには違いありませんから他人ごとではありません。

早々に犯人(犯行グループ)が逮捕されることを願います。

gill-spiny2.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

無関係じゃない、救命胴衣着用義務化 [その他]

今年の2月に報道がなされたためご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、2018年2月より小型船舶の乗船者に救命胴衣(ライフジャケット)の着用が義務化されます。これは国土交通省が定めたものです。

161112-2.jpg

「そんなこと言われなくたって、いつもライジャケ着てるもん」という人がほとんどだと思いますが、実はあなたの着ているライフジャケット、来年の2月から着れなくなるかもしれないのです。

特に、やたらと安売りされている無名メーカーのライフジャケット、年代物のライフジャケット、海外製品のライフジャケットを愛用されている方は要注意です。

皆様になるべくわかりやすいように説明したいと思いますが、この問題、実はメチャクチャややこしい。救命胴衣の品質基準適合に関しても国土交通省の桜マークとJCI(日本小型船舶検査機構)のCSマークがありますし、管轄に関しても漁船とプレジャーボートは国土交通省、遊漁船に関しては水産庁の管轄になるのです。

まず、この2つのマークを覚えて下さい。

170412-1.jpg
こちらは桜マークと呼ばれるもので国土交通省の型式承認品であることを表わしています。法定備品としても使えます。

170412-2.jpg
こちらはCSマークと呼ばれるものでJCI(日本小型船舶検査機構)の性能鑑定適合品に与えられるマークです。こちらは昨年からスタートしたばかりなので付いている製品はまだ少ないと思います。CSマークの表記は法定備品に使えることを表わしているものではありません。なおこのマークは固型式、要するに浮力体を有するタイプの救命胴衣にのみ記されるもので、膨張式には表記されません。

この2つのマークを混同しないようにして下さい。

そして2018年の2月から義務化される小型船舶での救命胴衣着用に関しては国土交通省の型式承認品でなくてはいけません。桜マークが付いていない救命胴衣では駄目なのです。CSマークは一切関係がありません。

ちなみにこの規則、「船長」が対象です。船長が同船者に桜マークの救命胴衣を着用させる義務があるということです。もちろん自分でボートを出す場合は自分自身が船長です。

ではここからは、具体的にどのような釣り人が影響を受けるのか記してみます。

【遊漁船利用】船釣り、バスフィッシングガイド、ソルトルアーガイド

これまで遊漁船においては、救命胴衣の着用は「努力義務」とされてきましたが、2018年の2月以降は着用義務となります。救命胴衣は国土交通省の型式承認品である必要があります。

【磯渡し、渡船利用】

これまでも磯釣りでは救命胴衣の着用は義務付けられていました。それは今後も変わりません。但し、乗船時と磯用の救命胴衣を重複着用するのも現実的でないことから、例外的に国土交通省の型式承認品でないものでも可能とされています。磯用の救命胴衣さえあれば大丈夫です。

【プレジャーボート】マイボートによる釣り

これまでプレジャーボートにおいては、救命胴衣の着用は義務化はされていませんでしたが、2018年の2月以降は着用義務となります。救命胴衣は国土交通省の型式承認品である必要があります。但し、11ft以下のジョンボートやフロートボート、ゴムボートといった船検(免許)不要艇に関しては着用義務はありません。でも、義務はないけれど着て下さい。

【プレジャーボート】レンタルボートによる釣り

これまでプレジャーボートにおいては、救命胴衣の着用は義務化はされていませんでしたが、2018年の2月以降は着用義務となります。救命胴衣は国土交通省の型式承認品である必要があります。但し、11ft以下の免許不要艇に関しては着用義務はありません。義務はないけれど着て下さい。

というわけで、船釣りの愛好家、ボートを利用するバスアングラー・ソルトルアーアングラーは影響があります。まずはお手持ちのライフジャケットに桜マークが付いているかどうか確認してみて下さい。

ちなみに私は2着持っていますが・・・買い直し決定です(涙)
※現行のスミス製品は国土交通省型式承認品です

厳密に言うと国土交通省の形式承認にも複数の型式が存在し、ものによっては使用条件に制限があるケースがあります。新しくお買い求めの際にはA型式とされるものをお買い求めいただくことをお勧めします。

なお、違反者に対する罰則については、2022年2月以降に違反点や講習の受講などが課せられることになっています。4年間は周知期間としての猶予といったところでしょうかね。とはいえ施行自体は来年2月からですからアッという間だと思います。

170412-3.jpg
(ポスター昭和っぽい・・・)
170412-4.jpg

gill-tentacrawler.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017トーナメント開幕とその雑記 [その他]

昨日は各地でトーナメントが開催されていました。霞ヶ浦ではJB霞ヶ浦シリーズの初戦が開催され、スミスサポートの椎名昇一プロが優勝。

170327-1.jpg

椎名プロは過去にも何度かプロ戦での優勝経験があるのですが、今回の優勝は特に感慨深いものがありました。

今年、椎名プロとは何度か顔を合わせて話をしています。フィッシングショーの際には他愛ない話をしました。そしてその数日後に不幸があった。自分も告別式に参列しましたが、何と声を掛ければいいのか戸惑いました。

椎名プロは釣り業界の人間ですしJBのバスプロです。とはいえ、とても釣りに行けるような状況、心境ではなかったと思います。だからプラクティスなどはおろか一切の釣りを自粛していたので今回のJB戦が初釣りだったそうです。

その間、湖上には出れないもののDVDを見るなどして試合に向けてモチベーションを上げていったそうです。釣りをしたい気持ちが物凄く強くなっていったのだとか。

当日はさらに追い打ちをかけるようなエンジントラブルまで発生し、普通の人なら打ちひしがれたと思います。それでも椎名プロは釣りができる喜びを噛みしめていたのかもしれません。そして結果、優勝。格好良過ぎるなぁ・・・

実は何となく椎名プロに連絡を取りづらかったのです。まだ落ち込んでいるのではないかと。今回、見事優勝してくれたので「おめでとうございます!」と連絡を入れることが出来ました。椎名プロ独特の笑い声が返ってきました。嬉しかったです。

この大会では篠塚亮プロも5位入賞で表彰台に上がりました。御存知の方もいらっしゃると思いますが、篠塚プロは昨年のTOP50年間ランキングが31位となり、今季TOP50から陥落しました。

「もっと下位の人が残っているのに、どうして?」とよく聞かれます。トーナメントブックにも明記されている事なので書きますが、TOP50選手がマスターズシリーズにもダブルエントリーしてあれば31位以下の順位でも会長面接が受けられるのです。篠塚プロは自信もあったのでしょうが、マスターズシリーズにはエントリーしていませんでした。救済策がなかったわけではありませんが、篠塚プロ自身が、実力でTOP50に残留出来てこそ本物、というプロ意識が強く、本人の強い意志で今季はTOP50からの降格となっています。

なお本人から、TOP50に必ず早期復帰すると言われています。本気でそう言っていると思いますし、実際に今回上位入賞も果たしました。

ちなみに今シーズンから、JBローカルシリーズの上位の人が辞退した場合、年間上位3名までTOP50の昇格権利が繰り下げされるというレギュレーションがトーナメントブックに追記されました。篠塚プロは昨年の霞ヶ浦シリーズ年間2位。年間優勝の選手がTOP50には上がらなかったので、このレギュレーションが1年早く追記されていたら・・・と自分は思ってしまいます。でも間違いなく、そう遠くないうちに篠塚プロはTOP50に再昇格するでしょう。

そして千葉県の高滝湖ではNBCチャプター南千葉の第1戦が開催されていました。ここで準優勝したのが岩崎秀治選手、6位入賞したのが寺尾毅選手。この2名は、スミスのパフォーマンスベイトサポート選手です。

スミスでは昨年から、オリジナルワームブランド「パフォーマンスベイト」の特にFecoモデルの普及をさらに進めたく、パフォーマンスベイトモニターとしてNBCで活躍している選手を複数名テスター採用しました。岩崎さんは昨年から、寺尾さんは今年からの新サポート。どちらもともに、サポート前からパフォーマンスベイト各種の愛用者でした。製品の特長や使用方法への造詣もかなり深かった。今年はこの2人のサポート選手が、房総の湖で活躍してくれることと思います。

自社サポート選手の活躍、或いは自社製品(特に自分が開発を手掛けたもの)がトーナメントで活躍するというのは、もちろん製品プロモーション上欠かせない事でもあるのですが、私のような立場の人間にとっては個人的に楽しみな事でもあります。サポート選手の皆さん、今シーズンも頼みますよ!

ks-bf34.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー