So-net無料ブログ作成
検索選択
他社製品 ブログトップ
前の10件 | -

14A 歴史の傷跡 [他社製品]

同一のボディーで、フローティングとシンキングが存在するルアーがあります。これがもし開発段階から両タイプを作るつもりでいたのなら、そのウェイトルーム(オモリを入れるスペース)はシンキングをベースにするでしょう。当然の事ながらシンキングタイプの方が重い(=大きい)ウェイトを必要とするからです。

ミノーやシャッドのフローティングタイプを透かして見ると、ウェイトが入っていない空のウェイトルームが本体内部に存在するものがあるのに気付くと思います。これはシンキングタイプならばそのウェイトルームにもウェイトが入るのですが、フローティングは片方のウェイトルームには何も入れない、最初からそういう設計なのです。でもそれはあまり気にする必要もないと思います。

ところが場合によっては、元々はシンキングタイプなんて作る予定がなかった(と思われる)というものもある。その場合、元々のウェイトルームにウェイトを入れるだけではシンキングにならないケースがある。この場合は金型を修正し、ウェイトルームを増設するしかない。

フローティングの場合は、そのウェイトルームを空にすることで金型の共用を図るようになるでしょう。

170508-1.jpg

ボーマーのロングA。近年はバスの世界でもデカミノーブームなので15Aの方が人気があるようですが、往年のロングAブームの時の主役は14Aでした。写真のルアーは、自分が学生時代に購入した14Aの現物です。近年はボーン素材がもてはやされていますが、オジサン世代はロングAと言ったら反射板入りカラーでキマリです。ロングAは頭部にラトルが入っているものの、本体内にバランス調整のためのウェイトは存在しません。フックとスプリットリングの重さだけでバランスを取っているルアーです。だからウェイトルームというものがボディー内には存在しません。

170508-2.jpg

御存知の通り、ロングAはマイナーチェンジがなされます。一番有名なのはテールがヒートンからエイトカンに変わった事ですね。けれども実はその後もマイナーチェンジがなされています。

170508-3.jpg

そのきっかけとなったロングAが、これです。シンキングタイプのロングA。元々浮力の高いロングA、それを沈めるために大きなブラスウェイトを搭載することになります。当然、それを収めるためのウェイトルームも新たに増設されました。

ロングAはその昔、ラパラと並んでシーバス用としての支持も高いルアーでした。ラパラとロングAが2強だったと言ってもいい時代があったほどです。そうなると当然、港湾部などではロングAのシンキングが欲しいという話にもなります。もっとも、そうした日本の需要でシンキングを作ったのかは定かではないのですけど、時代背景的には当時のシーバスアングラーがロングAのシンキングを望んだ時期だったのは確かです。

けれどもその後、ロングAシンキングは姿を消しました。そして再びロングAはフローティングのみに回帰した。

170508-4.jpg

が、その後のロングAにはシンキングモデルの名残ともいえる大きな空のウェイトルームが残ってしまった。機能面で悪影響をもたらしているということはないです。でも、ウェイトルームの部分には反射板を入れられない。その部分だけポッカリと空いているのがわかるでしょうか。

現行14Aの反射板入りカラー、自分には歴史の傷跡が残ってしまっているように見えます。15Aにはシンキングを作らなかったのでそれがない。だからなおさら、14Aの外観が残念でならないです。

gill-mossa.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

気になるリップレスジャークベイト・バドンカドンクSS [他社製品]

元々、ボーマーのバドンカドンクSSは2サイズ存在したはずですが現在は2-1/2in、1/4ozの1サイズのみとなっているようです。私が幾つか所有しているのもこのサイズ。ラインナップが減っているという事はあまり・・・なんでしょうね。

170507-1.jpg
(フックは替えています)

1/4ozと小さいルアーであるにも関わらずかなりヘビーな造りをしています。ヒートンやエイトカンではなく打ち抜きの金属プレートを使用。バリバリのソルトウォーターゲーム用なのです。

タイニーバスターJr.と比較して沈下速度は遅いです。もっとも、SS(スローシンキング)なのですから当然です。そのため、中層をレンジキープするのは苦手とします。連続してトゥイッチしてくるとどうしても浮いてきてしまう。

でも、このルアーはあえてそれを狙っているように思えます。つまりは、意図的に水面直下で喰わせるためのルアーなのではないかな、と。使いどころとしては、ボイルしているけれども水面を割ってトップに出るような感じでもない。そんな状況下では水面直下をヒラッ、ヒラッとトゥイッチさせてヒットに持ち込むことができそうです。ただ、あまり激しく連続トゥイッチし過ぎると水面から飛び跳ねてしまいます。適度なトゥイッチが求められるので少しばかりの慣れが必要です。

ルアーの動きに関しては、これも左右に大きくダートするようなものではありません。多少航跡が左右にブレる程度。タイニーバスターJr.のようにボディーを大きく翻すようなこともない。翻す度合いはさほど強くはありません。だから使っていて、あまり動かないなという印象を持つ人が多いと思います。自分もそうでした。

ただ、乱雑に扱ってもフックがラインを拾いにくい。この手のルアーは派手に動かせば動かすほどフックがラインを拾ってしまうトラブルが起こりがちです。そうなると魚は釣れない。下手をするとポイントも潰れてしまう。けれどもバドンカドンクSSはそうしたトラブルを起こしにくい。ここぞ!という時に失敗しないで決めることが出来るというのはボイル撃ちなどでは重要な事です。

バス釣りではあまりない状況かもしれませんが、ボイルしている状況下でこのルアーを正確に撃ち込めたら。トップウォーターでは出ない魚が獲れる可能性は充分ありそうです。でも、自分が探し求めているタイプのルアーではないかな、これは。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

気になるリップレスジャークベイト・タイニーバスターJr. [他社製品]

バス釣りの世界は流行というものがあります。流行りのルアーというものを皆が使いたがる。近年では、デカミノーでしょうか。

けれども、周りと同じことをしている限りは周りと較べて抜きん出た結果を出すことは難しい。だからもし周りよりも釣りたいと思うのならば、あえて周りが使わないものを使うという考えがあってもいいと思います。

ここで言う周りが使わないモノというのは周りが使わないクランクベイト、周りが使わないスピナーベイトとかそういうことではなくて、ジャンル的に使われていないもの。琵琶湖にしたって、アラバマリグとビッグスプーンの流行り始めの爆発力は凄かった。それまで誰も使っていなかったものを先行投入するとその威力は計り知れない。そうしたモノをもし自分だけの武器に出来たとしたらそれはもう釣果が約束されたようなものでしょう。

自分が注目しているジャンルのルアーがあります。それはリップレスジャークベイト(海外ではグライドベイトとも呼ばれる)。

この手のルアーはパイクやソルトウォーターゲームにおいては世界的にメジャーなジャンルですが、バスには人気がありません。効果がないからでしょうか?自分はそうではないと思う。

バス歴の長いシニアアングラーであれば、昔にあったリョービのバスクルーダーの突出した威力を知っている人もいるはずです。私の先輩にも、バスクルーダーの使い手がいました。フラッシングと伴いながら左右にスイッ、スイッとダートするバスクルーダーに次々とバスがヒットしていった。その光景は今でも鮮明に覚えています。けれどもバスクルーダーはもうない。何かその代わりになるものとそれを使いこなす技術を習得すれば、自分だけにしか釣れないバスがきっといるはず。そう思って、幾つかバス用で使えそうなものを試しています。思うような結果はまだ出ていません。

【タイニーバスターJr.】
170501-1.jpg

このジャンルで世界的に有名なストライクプロ社バスタージャークのスモールサイズ版。バスにはこのサイズがジャストでしょう(6.8cm、10.3g)。

いわゆるミノーを指すジャークベイトと、リップレスジャークベイトの大きな違いはそのレンジキープの原理です。フローティングであれサスペンドであれ、ミノータイプの場合はリップによる潜行能力がレンジキープ力を生んでいます。それに対してリップレスジャークベイトの場合は沈下力でレンジキープをするしかありません。だからリップレスジャークベイトはどれもシンキングなのです。

タイニーバスターJr.は比較的速いスピードで水平フォールします。そのため、ある程度速いピッチで連続トゥイッチを加えても浮き上がりが少なく一定層をトレースしてこれる。さすがの使いやすさです。

トゥイッチを入れても、航跡を変えるほど左右に大きくはダートしません。多少左右にブレる程度です。しかしながら、ボディーを強くロールさせます。力強く翻りながら動く、というとイメージしやすいかもしれません。

中層にいるターゲットの捕食スイッチを入れられるルアーなのではないかなと思います。状況がマッチして、さらに上手く使いこなせるのならば必ずや結果が出せるルアーだと思います。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ドロッペン [他社製品]

自分がルアー釣りを始めた頃というのはまだバス釣り場なんて数えるほどしかなく、湖にトラウトを釣りに行く方がルアー釣りとして一般的な時代でした。だからその当時のルアー少年達は、ボックスの中に多かれ少なかれスプーンやスピナーも入っていたのです。

但し、スピナーはベイトタックルでは投げにくかった。現代のベイトフィネスタックルなら投げられるのでしょうけど当時の自分のタックルはバンタム100EXにシマノ1552のタックルでしたから。
スピニングで投げればいいじゃん、と言われそうですが、当時はベイトタックルを使いこなせるのが上級者と定義されていてスピニングは中級者向けとされていました。だから当時にベイトタックルを使うということは、スピニングタックルを卒業したという上級者の証でもあったのです。今思えば実にアホらしいですけれど。

で、ベイトタックルで投げられるスピナーといえばマイヤー社のスピナー、そして何といってもアブのドロッペンでした。

170223-2.jpg

ドロッペンはナス型オモリのような形状のボディーをしていました。後方重心そのものなのでブッ飛んだ。湖で沖に目がけて遠投し、う~んと深くまでカウントダウンして沈めていく。そしてゆっくりとリーリングを開始する。ドロッペンはブレードのエッジに細かい刻みが入っているのも特徴で、これが水を掴んで明確な引き心地を実現していました。ブルブルブルブル・・・とブレードが回転しているのがラインを通じて手元にまで伝わってきた。

そのブルブルブル・・・が突然、不意を突く衝撃に変わる!・・・といいなぁと思いながらいつも使っていました(笑)なかなか理想通りにはいかなかったですが、これは釣れそうだなという気持ちで使い続けられるスピナーでした。他のスピナーは軽くて飛ばないし、沈むのも遅いし、引くとすぐに浮き上がってしまうし、川で使うのならばともかく湖では非常に使いにくかったです。

170223-1.jpg

が、実は1つ大きな問題がありました。当時自分が使っていたドロッペンは偽物でした(爆)。

当時の日本製スピナーの多くは舶来品の模倣をしていました。ドロッペン以外にもリフレックス、アグリアなどの模倣品がありました。しかし、プラグの模倣品の多くが精度の問題でまともに泳がなかったのに対し、スピナーの模倣品はちゃんと使えるレベルでした。特にドロッペンもどきなんて、ブレード縁のギザギザや水滴型のボディー形状までコピーされていたので、本物と大して違わないだろうと思って使っていました。

まぁ、当時は小中学生でしたから、こんなもので充分だと自分でもわかっていたのです。偽物は¥100で買えましたから。本物のドロッペンを入手したのはそれからだいぶ経ってからの事です。偽物のドロッペンには7gサイズがなかった。自分は重いサイズのドロッペンが欲しかったのです。

その後、自分の手元にドロッペンは残りませんでした。いつ無くしたのかも覚えていない。

170223-2.jpg
170223-3.jpg

ところが昨年、近所のショップで中古品の中にドロッペンを発見。偽物かなぁ?でもこのサイズ(7g)は偽物にはないはず。ブレードの裏側を見て、ABUの刻印が入っているのを確認して心の中でガッツポーズをしながらレジに持っていきましたよ(笑)

カラーがゴールドというのも嬉しかった。ドロッペンというと何故かゴールドのイメージが自分にはあるのです。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

メイホー スリットフォームケース [他社製品]

バス釣りでワームを使う場合は、釣り場でワームにフックをセットするのが一般的です。釣りを終えてワームを収納する際にもワームにフックを刺しっ放しということはないでしょう。バス用のワームには塩が混ざっている場合が多く、刺しっ放しではすぐにフックが錆びて来てしまいます。

しかしながらメバル用のワームをジグヘッドリグで使う場合、ワームやジグヘッド自体が小さいこと、そして何より夜間で暗いということもあって、きちんと真っ直ぐにセットするのが案外難しい。自分はワームを曲げずにフックを刺すことに慣れているはずですが、夜だとやはり勝手が違う。ワームのパーティングラインもはっきりと見えにくい。

なので、その日に使う程度の分量に関してはあらかじめ自宅で丁寧にジグヘッドをセットしておくのがベターです。ただ、ジグヘッドをセットしたままワームの袋に入れてしまうとやはり他のワームの油分でフックが錆びやすかったり、曲がって癖が付いてしまうこともあるので、やはりフォームボックスに刺して収納するのがいい。

170131-1.jpg

自分の場合はさほどメバル釣りに行く回数が多くはないので、これまでは「まぁ、無くてもいいか」位に思っていたのですが、やっぱり欲しくなって買ってしまいました。メイホーさんのスリットフォームケース。今ではソルトのライトゲーマーの方の多くはこのようなスリットフォームケースにジグヘッドリグをセットしたまま収納している人が多いはずです。

管理釣り場のトラウトアングラーがエリア用スプーンをスプーンワレットに並べているのと通じるものがありますね。

こうしてジグヘッドリグをあらかじめセットして並べておくと釣り場でワームにジグヘッドを真っ直ぐ刺す苦労をせずに済みますし、ワームの交換をする際にも時間を要することなくすぐに出来る。たかだか¥400程度のものなのだからもっと早く買っておけば良かったです。

立てて収納しておけばワームに曲がり癖も付かずにいい感じ。ただ、エラストマー製のワームと通常素材のワームは触れることが無いように離しておいた方が安全かもしれません。

ks-vspec.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ファッツオー [他社製品]

もう30年以上も前、自分が小中学生だった頃にはルアーのプロショップなんて都内に数えるほどしかなく、自宅の周辺には一般の釣具店が数件ある程度でした。しかし小中学生が電車に乗ってわざわざ都内まで買い物に行くということは当時はほとんどなく、ルアーを買うのはいつも自宅から自転車で行ける範囲の釣具店でした。

そんな一般の釣具店においてもダイワのルアーなどは売られていたし、ダイワが扱っていた輸入品も少しはあった。小中学生の小遣いで買えるのはもっぱら国産ルアーばかりでした(親から沢山小遣いをもらっていたK君だけは海外製ルアーを沢山買い込んでいましたが)。そしてダイワが輸入販売していたストーム(スィンフィン)のルアーは、とても欲しかったのですが当時は買う事が出来ませんでした。

高校生になってアルバイトで小遣い稼ぎが出来るようになると自分も憧れのストームのルアーを幾つか入手しました。まずは憧れのホッテントット(パープルスケール)。その動きの素晴らしさに感動したものですが、軽くて投げにくく、潜行角度がキツかったのでリザーバー向きかと感じました。ウイグルワートは動きがやたらと大きく引いていて疲れるルアー(笑)。何故かいいサイズばかりが釣れると感じましたが数釣りには向かない。ウィズバンは泳ぎはいいけどどうしてこのサイズなの?!バグプラグは見た目も含めて何だかストームらしくない気がしました。泳ぎもバタバタでしたし。

意外とストームのルアーって自分に向いているものがないのかな、とも思いましたが1つだけドンピシャで合うルアーがありました。ファッツオーです。自分はホームフィールドが印旛水系だったこともあり、ストームの中では一番多用しました。

161126-1.jpg

泳ぎのレスポンス、程よいウォッブル幅、軽快な引き心地、ミスキャストしても潰れない位置にあるテール部のヒートン。バランスの良い完成度を持ったルアーだと思います。何よりボディーラインが美しい。自分もルアーデザイナーのはしくれですが、この形状には惚れ惚れします。

ウイグルワートはアメリカでも需要があったから現行品も復刻したのでしょう。ファッツオー/ショートワートは日本では人気が高く、現在ではオールド品がプレミア価格で取引されているようですが、アメリカで人気がある・あったという話は聞かない。だから復刻されないのかな・・・

ファッツオー、個人的には復刻して欲しいルアーベスト3に入ります。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

フックカバー [他社製品]

これが発売されたのって一体いつの頃だろう?もう30年近く前のことになるんじゃなかろうか。明邦さんのフックカバー(セーフティカバー)。

161120-1.jpg

発売当時、これはいいものが出た!と思って手持ちのルアーには手当たり次第に付けていました。

これさえ付けておけばボックスの中でルアーのフック同士が絡まない。そして針先が痛まない。針先でルアーのボディーを傷付けることもない。お勧めはしませんが、ポケットにルアーを入れることだってできる。とにかく便利。そして安全。

けれども自分はいつの間にかフックカバーを付けないようになった。それは自分の手持ちのルアーが増えてきた頃からです。フックカバーを付けるとルアーがかさばる。ボックスのトレイの中に入れられるルアーの数が減る。それと、釣り場でいちいち取ったり付けたりするのが面倒だった。トーナメントに参加する頃になると、フックカバーは完全に付けなくなっていました。

フックカバーというのは20年程前までは飛ぶように売れた商品でした。これを付けるという習慣がある人にとっては、ルアーを買い足す分だけ必要になるものですからね。ところが近年はそこまで売れるものでもなくなってしまった。バスアングラー自体が減ったというのもあるけれど、フックカバーを付ける習慣のある人も減ったように思えるのです。

でも最近、自分は再びフックカバーを付けたりすることが多くなりました。それは所有するルアーの数が猛烈に多いからです。けれどもそんな中から、フィールドに持参するルアーというのはほんの一握りに過ぎない。ほとんどのルアーは予備、ストックというわけです。それであれば、針先の保護、針先からボディーを保護するというフックカバーのメリットは活かせる。

161120-2.jpg

今は針先が化学研磨されているのが当たり前の時代になりました。ここ数年でさらに鋭く進化したものも出回っています。針先の鋭さというのは昔とは比較にならない。刺さりの良いフックというのはルアーのボディーにも容赦なく傷を付ける。そういう面では昔よりも今の方がフックカバーの必要性というのは増しているのかもしれない。

要はストック用のルアーにはなるべく付けるようにしています。ただ、ルアーの数が多過ぎて全てのルアーには装着できていませんが。なお、釣り場に持参するルアーに関しては付けていません。

フックカバーは数社から色々なタイプが発売されていますが、脱着のしやすさ、フックに対するホールド性といった点でやはり元祖明邦製がダントツに優れています。フックカバーはこれさえあれば他のは要りません。

ks-bandocraw.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

チャターフロッグ マイクロ [他社製品]

どうにも苦手なルアーというのはバスアングラーならば誰しもあることでしょう。足を運ぶフィールドにもよるかもしれません。

でも、それを克服しようと思ってもなかなか難しいはずです。ただでさえあまり釣れないフィールドではどうしても自信のあるルアーを投げてしまうものです。で、自信のないルアーからはますます遠ざかっていく。

それを克服しようと思ったらまずは良く釣れるフィールドに行くことでしょう。関東にそんなところはないと言われてしまうかもしれませんが、関東には管理釣り場が何箇所かありますので、それを活用してみるのも手でしょう。

自分の場合はチャターベイトに苦手意識があります。なので、シーズンオフには管理釣り場でチャター修行してみるのもいいかもしれないな、なんて思っています。でも、管理釣り場で使うのならばレギュラーサイズのチャターベイトでは大きいと感じる。もう少し小さなチャターベイトがあれば楽しいのではないかな。

161115-1.jpg

そう思っていたら、小さなチャターベイトがありました!!Z-MANのチャターフロッグ。サイズは1/8ozと3/16oz。

161115-3.jpg

パッケージは2種類あり。だからどうしたって感じのトリビアですけど。

161115-2.jpg

これ、名前からしてそうですが一応フロッグを意識しているんですね。同封されているトレーラーのワームもそれっぽい。ブレードやヘッドの模様もそうだし、ヘッドの顔までカエルです。ちゃんと口まである。チャターベイトでフロッグを模してみようという発想は自分には理解し難いけど(笑)動きさえちゃんとしていればまぁいいか。

このサイズだったらスピニングタックルかベイトフィネスタックルが使いやすそうですが、サイズの割にフックが大きいので硬めのロッドがいいのかもしれません。トレーラーのワームは、付属のものは今一つ気に入らないので何か別の物を組み合わせてみようと思い画策中。

ちなみにコレ、新品で購入したのですが大阪梅田の某店で何と¥280でした。この製品は既にZ-MANのメーカーサイトにも掲載がないので、廃盤品ということで安く流通したのかもしれないですね。

ks-bf34.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

バーク リビンフロッグ [他社製品]

最近はあまり見なくなった気がしますが、昔はよく釣具屋にゴム製のカエルやエビにシングルフックを通し刺ししただけのようなルアーがありました。自分もカエルを持っていましたけど、実際に魚が釣れるようなシロモノではなかったように思います。浮くかどうかも微妙だし、バランスや動きなんて全く考えられたものではなかったからです。

それに比べて今のフロッグは機能面での完成度はとても高い。スナッグレス性とフッキング率を両立させた中空フロッグも、自在に伸縮する脚を持ったタイプのフロッグも。

161019-1.jpg

でもそんな中にあって、このリアル系フロッグ、実に味わい深くないですか?バークのリビンフロッグ。

161019-2.jpg

パッと見、足の伸縮運動が期待できそうな気がしますが実際のところそれは期待できません。関節が太いからです。まぁ、動きを重視した造りではなくて、とことん見た目で勝負しようと思ったのでしょう。

ステンレスガードのウィードレスフックはこのルアーの特性にマッチしていると思います。ルアー自体は小さく軽いのでベイトフィネスタックルで丁度いい位のものです。で、そうしたライトタックルでも軽い力でフッキング出来るフックです。反面、ヘビータックルでの使用やヘビーカバーでの使用はちょっと厳しいです。

でもこのルアーの魅力は何といってもその外観でしょう。特にこのナチュラルプリントはいい感じ。値段も非常にお手頃価格。アメリカでは$1台で売られています。

このルアー、古くからあるものなのですがちゃんと現在でも販売が続けられています。ただ、バークというメーカー自体は現在クリーム社に吸収されてしまっているようで、現行品はクリーム社からの発売となっています。さりげないロングセラーなんです、このカエル君は。

ks-bf34.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

エッジルアーズ スピードフォール [他社製品]

自分はワームの開発を仕事にしています。モノにもよるのですが、なるべく高比重にしたいと考えるものもあります。

昔、とある工場がワーム素材に金属粉を混ぜ込むという手法で高比重のワームを作りませんか、と持ち掛けてきたことがあります。確かに高比重にはなるけれど、ワームをロストした場合に自然界に金属粉を残してしまうというのに抵抗があって採用を見送ったということがあります。まぁ、それを言ったら・・・っていう部分もあるのですけど、やっぱり自分的には嫌だったのです。

そうなると、やはりゲーリー製品にならい塩で高比重化を図るというのが一番妥当な考えでしょう。

でも、依然としてゲーリーマテリアルを再現したワームメーカーはありません。ただ単に素材に塩を混ぜるだけではゲーリーマテリアルは作れないのです。私もその辺りの企業秘密は知りません。

しかしながら、各メーカーが発売する高比重ワームには興味があります。どうやってそれを実現したのかな、という部分が開発者としては気になるからです。

161018-1.jpg

これ、思いっきりセンコーのパクリ物ですね(汗)。この手のもの、アメリカにはかなり多いです。でも見た目が似ているだけではセンコーには到底及ばない。

161018-2.jpg

ところがこの、エッジルアーズのスピードフォールは何とセンコーよりも重いらしい。お店の人からそれを聞いて買ってみました。

161018-3.jpg

パッケージから出してみる。うぉっ、硬っ!!なんか、ゴワゴワした感じ。こりゃ釣れないヤツだろう(苦笑)。でも確かに重さはある。手にした際に、センコーのような塩粒によるザラザラ感は皆無。

161018-4.jpg

カッターで本体を割いてみると・・・うぉぉ!外側には全く塩粒が付いていないのに中には塩がギッシリと詰まっていた!

コレ、なかなか大したものです。塩をギッシリ詰めすぎると、成型の際に素材が偏ってしまう場合もあるからです。これだけ大量の塩をギッシリと均一に混ぜ込んで成型してあるというのはなかなかのものです。

ただねぇ、これはやり過ぎという好例ですね。ワーム素材に塩を混ぜすぎると素材そのものの弾性や柔軟性が損なわれてしまう。このワームの質感はまさにそれ。もっとも、そんなことは承知の上で限界まで塩を混ぜてみました、というのならその心意気は嫌いじゃないです。

ちなみにこの製品、今は亡きUSGMさんで取り扱っていた商品だそうで、相当な年代物のようです。調べてみたところメーカーももう無さそうでした。これだけの技術があったのなら、その素材特性を生かしたオリジナリティのある製品を生み出せば面白かったかもしれない。このメーカー、他にどんな製品を発売していたのかは知りませんが、違うタイプのものも試してみたかったです。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 他社製品 ブログトップ