So-net無料ブログ作成
他社製品 ブログトップ
前の10件 | -

カーメイト ロッドケース195 [他社製品]

公共交通機関で遠征に出掛ける際、ロッドはどうしますか?荷物として発送するにしても、航空会社などに預けるにしても、いずれの場合も専用のロッドケースに入れるのが一般的です。

現在スミスではフランボーのバズーカ、PLANOのロッドケース、カーメイト(INNO)のロッドケースを取り扱っています。このうち、今回はカーメイトの新製品を紹介します。

171205-1.jpg

品名はロッドケース195(IF-41BE)

171205-2.jpg
171205-4.jpg

サイズはH125×W1610×D220(mm)、自重は2400g。伸縮機能はありません。開口部は鍵付き。価格は¥16,000+税となります。

このロッドケースのセールスポイントって一体どこだと思いますか?実はそのサイズにあるのです。品名に付記されている195という数字は縦×横×高さの3辺合計を指す(厳密には195.5cm)。200に満たないこのサイズこそが、現在の運送事情に最適なサイズになっているのです。

では、このケースにロッドを入れて東京~大阪まで発送するとします。ヤマト運輸(ヤマト便)での発送を試算しましょう。

まず、ヤマト運輸では3辺の合計が200cmを超えるものの発送は出来ませんが、このケースであれば195.5cmなのでOKです。また最長辺が170cmを超えるものも発送できませんが、最長辺161cmなのでこの点もクリア。

で、実際に東京23区内~大阪(大阪市)まで送った場合の送料は¥2,712となります。ちなみに佐川急便でも当然発送は可能(飛脚ラージサイズ宅配便)です。この場合の送料は¥4,104です。

次に航空機に搭乗する場合を考えてみます。

当然の事ながら機内持ち込みは出来ないサイズです。手荷物を預けることになる。JALエコノミークラスの場合、3辺合計203cm以下であれば手荷物預け無料なので195.5cmのケースは無料で大丈夫です。

ちなみにもし203cmを超えるとどのくらいの超過料金が発生するのでしょうか。国内線で¥5000、国際線で日本からハワイに行った場合は¥20000です。往復すると当然その倍になるわけですからその差は大きい。海外旅行で¥40,000浮くとしたら、その分ちょっと贅沢な旅に出来ちゃいます。

171205-3.jpg

なお、カーメイトさんによると積載の目安としてバス/トラウトロッドなら10本前後、GT/オフショアロッドなら6本前後、伸縮タイプではないので仕舞寸法は157cmまで、とのことです。

そうは言っても現実的にはバスやオフショア系の1ピースロッドはこのケースには入りませんので、事実上2ピース(もしくはマルチピース)専用のロッドケースと言えるのでしょうけれど、遠征派の方はこれで送料や手荷物預け料金を大きく節約することが可能です。これはかなり魅力的と言えるのではないでしょうか。

ks-vspec.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

シュマッカー [他社製品]

自分が初めてのフットコンエレキを買ったのは大学生の頃です。当然、エレキだけではなくバッテリー、バッテリーチャージャーも買いました。かなり昔の話ですから今となってはバッテリーは当然の事、当時のエレキももうない(処分しようとしたら、とあるボートメカニックさんが参考品として欲しいとのことで差し上げました)。

171116-1.jpg

ところが、バッテリーチャージャーだけは未だに使っています。シュマッカーというメーカーのバッテリーチャージャーです。どうしてそんな年代物のバッテリーチャージャーを未だに使っているのかというと、そもそも買い替えの必要に迫られたことがなかったから。だってこのバッテリーチャージャー、一度も壊れたことがないんです。当たり前ですが、充電だってちゃんと出来る。

レンタルボート+エレキ、ジョンボート+エレキ、12K+エレキ、19ftバスボート+エレキ。自分のボート釣りはこのバッテリーチャージャーがずっと支えて来てくれました。そう考えると縁の下の力持ちとしての貢献度は相当なものです。

ちなみにバッテリーはボイジャーの105Aを複数個使ってきましたが、その寿命というのは自分の場合おおよそ7~8年位です。現在バスボートに載せているバッテリーも5年が経ちますがまだ大丈夫そう。

自分は釣りから帰ったらすぐにバッテリーの充電を始めます。とにかく使ったらすぐに充電することを心掛けています。それが長持ちの秘訣というのを聞いたことがあるので実践しているのです。人によっては数年で駄目にしてしまうケースも聞くので、確かに効果はあるのだと思う。バッテリーチャージャー云々よりもよっぽどそちらの方が大事なのでしょう。自分は年代物のバッテリーチャージャーでバッテリーが長持ちしているのだから。

171116-2.jpg

そうは思いつつも、ふと思い立って新しくバッテリーチャージャーを購入してしまった。果たして実感できるほどの性能差は感じられるんだろうか。でもシュマッカーもまだ使っていくつもり。そして新しいバッテリーチャージャーとも長い付き合いが出来るといいな。

gill-spiny2.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

現行品のコトコト系?! [他社製品]

ボーマーのモデルAは歴史のあるルアーですが、未だに新色が追加されています。

171111-1.jpg

もちろん最近のカタログにも何色かの新色がある。そしてその中にスモールマウスバスカラーというのがあります。

先日、某中古店でこのスモールマウスバスカラーのモデルA(6A)を見付けました。もう中古品として出ているの?!随分早く入手した人がいるんだなぁ。でも何か違和感を感じて手にしてみました。というのは現行品であればボディーの後部に「BOMBER 6A」という印字が入っているはず。なのにこの6Aにはそれがない。ちょっと前まではこうした印字は入っていなかったのでもしかしたらスモールマウスバスカラー、昔にも販売されていたことがあるのかも(注:真相は知りません)。

そして手にしてさらに驚いてしまった。え?!何これ?!振ってみるとラトル音がコトコト系じゃないですか。

巷ではモデルAのオールド物の見分け方として後部にヒートンを用いているというのが一般的です。で、現行品(エイトカン)よりもオールドのモデルAの方が泳ぎが良いという意見が多いわけですが、自分はヒートン自体がその要因ではないと考えています。

素材の違い、設計の差異などの要因も多少はあるでしょうけど、一番の要因は「内蔵ウェイトの素材の違い」だと思う。振ってみればすぐにわかります。オールドのモデルAには鉛玉が入っていてコトコトと重い音がする。一方、エイトカンモデルにはスチール玉が入っていてカシャカシャ軽い音がする。ちなみに現行ラインナップで最も泳ぎが良い04Aは現行品でも意図的に鉛玉を入れています。

今回見付けたスモールマウスバスカラーは言うまでもなくエイトカン仕様のものです。なのに振ると低音系の音がする。このルアーの中身はほぼ間違いなく鉛玉が入っていると思う。

171111-2.jpg

実はエイトカン仕様であるにもかかわらずコトコト系の音がするモデルAというのが一部存在します。自分は新旧含めて06Aを10個以上所有していますが1つだけそれを持っていた。そして今回新たにスモールマウスバスカラーの個体を発見、追加したというわけです。

では、カシャカシャ系ラトル音の現行品と泳ぎ較べてみるとどうなのか?実はまだじっくり引き比べていません。近いうちに引き比べてみて、この記事内容を更新しようと思っています。

<2017.11.12追記>
通常の現行品とエイトカン・コトコト系を引き較べてみました。通常の現行品は浮力が強過ぎて幾分泳ぎを阻害しているように思えます。具体的には、航跡が安定しません。一方、エイトカン・コトコト系は泳ぎのレスポンスも良く、航跡がしっかり安定します。結論として、エイトカン・コトコト系は通常の現行品と較べて段違いに素晴らしいです。若干浮力が高い気もしますが、その泳ぎはオールド製品にかなり近いと言えるでしょう。

もうこれ以上はいらないという理由もありましたが、エイトカン仕様の06Aは見掛けてもスルーしていました。が、稀に鉛玉が入っている個体があるようなので、これからはとりあえず振って確認してみようと思います。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ウォーイーグル、プラドコ傘下へ [他社製品]

今朝は海外からとんでもない連絡が入っていました。まだしばらくは口外できないかと思ったのですが、昨日付で公式発表もなされたようですのでお知らせします。

2014年のバンディット、2015年のビルノーマンに引き続いてまたしてもあの有名ブランドがプラドコ傘下に加わります。

171102-2.jpg

ウォーイーグル。スピナーベイトで有名なブランドです。広く支持されているとまでは言いませんが、日本でも根強いファンは少なくないはず。

その造りに関しては日本メーカー製のスピナーベイトの方が断然上だと思います。ハンドタイイングスカート、アッパーアームの溶接処理、ヘッドの仕上げ等々。

171102-1.jpg

けれどもウォーイーグルのスピナーベイトは扱いやすい。決して奇をてらった造りはしていない。ヘッド形状もベーシックなバレットフォームで根掛かりも少ない。アームはピアノ線を使っており強い。だからパラアシの中やオダ、ゴチャゴチャしたカバー周りも気にせず引ける。まさしく「ザ・スピナーベイト」という感じです。まぁ、日本メーカー品を見慣れた人にしてみればあまりにも飾りっ気が無さすぎる気がしないでもないですが。目玉すらありませんし。

さて、プラドコには既にブーヤというブランドがあり各種のスピナーベイトを展開しています。ブーヤはアメリカ国内でのスピナーベイトのシェア第2位で、ウォーイーグルは3位でした。今回プラドコがウォーイーグルを傘下に収めたことで、両ブランドを合わせればアメリカ国内でのスピナーベイトのトップシェアに躍り出ることになります。

よく、企業体に吸収されてしまうとその後の製品のクオリティに悪影響が出るという話になります。プラグ類は特にそうかもしれません。でも、今回はスピナーベイト。果たして今後のウォーイーグルスピナーベイト、どうなるでしょうか。

ks-bf34.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アングラーズプライド トリプルディープ [他社製品]

釣り業界的には釣具は新品を買って欲しいです。でないとメーカーに利益は出ないから。それは重々承知しているのだけれど、思い入れのある昔のルアーを探すとなると中古ショップに行くしかないんですよねぇ。

このブログでも何度か取り上げたことがあるベクトロン。特に自分が一番欲しいベクトロン30(一番小さいもの)は滅多にない。何年に1度かは偶然見付けることがあるのですが、それでもベクトロン30の手持ちは現時点で5個しかないです。貴重過ぎてとても実戦には投入できない。

171031-1.jpg

そしてそれよりもさらにレアなのがベクトロンの前身でもあるアングラーズプライドのTD-10。偶然1個見付けた時は目を疑いました。300円でしたし(笑)。まぁ古すぎるしマイナーなルアーなので、店員さんも知らないんでしょうね。
そして先日は同じTDシリーズの大型サイズも発見。これまた価格は¥380(笑)。まぁ大型クランクに関してはベクトロンやTDである必要はあまり感じないのですけど、当然の如く購入はしました。

昔、TD-10を実際に使っていた頃は、動きはメチャクチャいいルアーだけれども浮力は弱いなと思っていました。裏を返せば浮力が弱くともレスポンスのいい泳ぎは出せるという事でもありました。ちなみに後継モデルとなったルーハージェンセンのレーダー10は動きはそのままで浮力も相応にあり、バランスのいい製品になっていると思いました。これももう入手出来ないのが残念でなりません。

で、あまり古いルアーばかり取り上げていると、アンタは回顧主義なんだろうと思われてしまいそうですがそうではないです。今の時代の製品にない要素がこの時代のプラグにはあります。それは何かというと、素材(ABS樹脂)自体の重さです。当時のルアーにはある程度の水馴染の良さがある。

それに比べて今のプラグは素材が軽い。薄くても強度が出るから厚みもない。だから総じて浮力が強い。プラグは浮力が高い方がいいという意見が一般的ですが自分は必ずしもそうは思わないです。浮きたいという上方向への力、潜りたいという潜行力、首を振りたいという左右への力。これのバランスこそが大事なことで、昔の物はこれのバランスが取れている場合が多く、最近のものはこれらが喧嘩してしまっているものがある。新旧存在するルアーで、旧型の方が良かったと言われるものが多いのはそうした理由によるところが大きいと思います。
※ 結構重要なこと書きました

アングラーズプライドのTDシリーズは質感自体が重いです。だから水馴染みのいい泳ぎをします。ゆっくり引いてもトレースレンジがブレません。と、ここでこのルアーの良さをアピールしても、入手自体が相当困難なので意味はないのですけど。それにしてもここのブランドのルアー、性能が抜きん出ているものが多いです。

ks-vspec.jpg
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

気になるリップレスジャークベイト・バスクルーダーNo.1 [他社製品]

かつて自分がその威力に感銘を受けたプラグの1つ、リョービのバスクルーダー。昔、自分の仲間内にこのルアーでバスを釣りまくる人がいた。ヒラリ、ヒラリと左右にヒラを打つバスクルーダーにバスが次々とアタックしてくる光景は今でも忘れられない。が、このルアーはとうの昔に廃盤になってしまっています。なので仕方なく、このルアーの代わりになるものを探しているというわけです。

でも、人によってはバスクルーダーを某チェーン系列の中古ショップで安価に買ったなんて話も聞く。うらやましいの一言です。自分は某チェーン店でバスクルーダーを見掛けた事なんて一度もありません。

でもウチの近所に、オールドルアーを中心に販売している個人経営のショップがあるのです。そこで遂にNIPのバスクルーダーを見付けた。

170905-2.jpg

価格は何と定価の3倍!!けれども、これを逃したら入手のチャンスはないだろうなと思って買いましたよ(汗)。古いルアーは一期一会ですからね。でも買ったはいいが、勿体なくてパッケージから出せない(苦笑)。何て本末転倒なんでしょう・・・

170905-1.jpg

ですが、同じお店で中古のスペシャルバスクルーダーを入手することが出来ました。

もうね、1投目からしっくり来ました。そうそう、自分が求めていたのはこの泳ぎだよと。水面下でヒラッ、ヒラッと左右に大きくターンする。この泳ぎが出せるルアーは他にはやっぱりない。
それとこのルアーの良いところは、ダートし切った瞬間から別方向にターンさせる瞬間に一瞬の「間」が生まれること。この「間」はバスをヒットさせるタイミングを上手く作り出していると感じます。

バスクルーダーが入手出来ないから、似たようなものをあれこれ試しました。中には状況次第で威力を発揮してくれそうなものもありました。けれども、バスクルーダーの泳ぎを再確認してしまうと、やっぱりこれが一番釣れる泳ぎだよなと実感してしまう。これを超えるバス用のリップレスジャークベイト、あるんだろうか?

ks-bf34.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

リップのヘコミ [他社製品]

ラパラってどうしてあんなにキビキビ動くんだろう?という問いに対して、その多くは「バルサ製だから」と言うでしょう。確かにそれは一因として絶対にあると思います。でも自分はもう1つ理由があると考えているのです。それはリップのヘコミです。

170814-1.jpg

ラパラのカウントダウン(CD)。バルサ素材ではあるけれどこのルアーには鉛の成型ウェイトがぎっしりと入っています。にも拘わらずこのルアーはキビキビ動く。

ある時、根掛かりが外れた反動でルアーがテトラポッドに当りリップが割れてしまった。今だったらシンペンとして再利用するところですが当時はそのような発想がなく、自分でプラ板を削ってリップを作り、それをはめ込んでみた。けれどもラパラはヌルヌルとした泳ぎに変わってしまった。水を掴んでない。やっぱりCDラパラのあの泳ぎは、ヘコんだリップがもたらしてくれたものだったんだなぁと思ったのです。

ラパラの優秀性はリップにあり、です。バルサ素材ももちろんそうなのですけど。

で、近年のミノーというとリップはほぼ平面の板状のものが付いています。確かに、ジャークさせたりするには水を掴むよりも水を逃がすリップが必要なのでそれでいいのですが、ただ巻きでキビキビ泳がせるにはCDラパラのようなヘコミリップがあってもいいと思います。

好きか嫌いかは別にして、軌跡が大きく蛇行するスキャッターラップだとか、先日発表された新型クランクのバルサエクストリームブラッドスクエアビルもちょっと変わった水受けをしそうなリップが付いています。よくよく考えてみたらシャッドラップのSSRだとかCDJあたりも変わった形状のリップを付けていますよね。

ラパラはリップの形状やヘコミに関してはかなり拘って製品開発をしているような、そんな印象を受けます。

ks-vspec.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ツボは効く! [他社製品]

フジテレビの月9ドラマ「コード・ブルー」が好きで毎週見ているのですが、その中でこんなシーンがありました。

フェロー(フライトドクターを目指す研修医)の1人が、出動要請に応じてドクターヘリに乗り込むもののヘリコプターに酔ってしまう。その彼はヘリコプター酔いを克服するために、乗り物酔いに効くとされる手首のツボをひたすら押すのですが、それを見ていた周囲の医師達から「医者たるものがそんな迷信に頼るとは」と呆れられる、という内容。

いやいや、そんなことないでしょ?!
手首のツボ、乗り物酔いに効くでしょ!!

自分は子供の頃乗り物酔いが酷く、バスで遠足なんていうと憂鬱で仕方がありませんでした。薬もあまり効く気がしなかった。そんな折、釣具屋で見付けたのがミヤマエさんのシックオフ。手首に巻く酔い止めのバンドです。

170801-2.jpg

こんなもの、本当に効くんだろうかとは思いつつも駄目元で買って試してみた。それからというもの、完全とは言えないながらも乗り物酔いが大幅に改善しました。まぁ、心理的な面もあったとは思いますが。

ある日の学校行事でのバスの道中でのこと。クラスに数名はバスに酔ってしまう人がいたと思います。案の定、友達がダウンしてしまった。そこで、自分が手首に巻いていたシックオフを友達に使わせてみました。するとどうでしょう、完全にダウンしていた友達がバスの中ですっかり回復し、以後、酔うことなくそのまま目的地まで到着した。

「これは凄いね!」とクラスで話題になり、何人ものクラスメートからどこに行けば買えるの?という質問が殺到(笑)。何人かは買ったんじゃないかと思います。

そんな経験をしているものですから、乗り物酔いに手首のツボは効くと考えているわけです。

170801-1.jpg

乗り物酔いに効くとされるツボは内関(ないかん)と呼ばれるツボで、手と手首の境目にあるしわから指3本分ほど下の中央部。平衡感覚を正常にする効き目があるそうです。これは迷信じみたものなどではなくて、一般的に乗り物酔いに効くツボとされているもの。

万全を期すならばアネロンを飲むことをお勧めしますが、薬が苦手なお子さんの乗り物酔い対策にはミヤマエさんのシックオフがイチオシです。今でもちゃんと釣具屋さんに売っています。山Pは否定するかもしれませんけど、池P的には効果アリと思っています。

ks-bandocraw.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

10年遅れのマイブーム [他社製品]

日本のルアーで最も斬新な特徴というのは重心移動機構でしょう。でも、ソルト用のルアーではこれが標準化されたものの、バス用のクランクベイトなどではむしろ固定重心に回帰している傾向さえ感じます。

昔と違い最近はリールの性能が上がった為、かつては扱いにくいと感じたルアーも普通にキャスト出来るようになった。こうした点も重心移動のクランクベイトを不要とする傾向に拍車をかける理由の1つかもしれません。

自分の好きなクランクベイトも固定重心のものが多い。その理由はアクションの質にあります。そして泳ぎ出しのレスポンスが速いので着水直後から喰わせやすい。ストップ&ゴーで引いても引き始めから立ち上がるので扱いやすい。

でも、霞ヶ浦や北浦は風が吹く。波立つ中でエレキを踏みつつキャストを続ける。体の機能の半分は波風と戦っていると思う。エレキを踏んで、踏ん張って、バランスを取って。それだけでもまぁまぁ大変です。
そんな中でのキャスト&リトリーブ、それらはどうしても多少雑になる。で、そんな雑な釣りでもストレスなく使えるルアーというのは本当に重宝するものだなぁと実感します。

170708-1.jpg

ファットペッパーJr.なんてそのど真ん中のルアーです。昔からあるルアーなのですが自分は最近まで使っていませんでした。ディプシードゥ2、ワイルドハンチ、CB200、モデルA04、バンディット200。2mレンジを引くクランクベイトはおおよそその程度でカバーできると思っていたからです。でも最近になって、人に勧められたのをきっかけにファットペッパーJr.を仲間入りさせてみました。

突出した特徴はない。でも目立った欠点がない。とにかくあらゆる面で優等生。風の中でも飛ぶ。真っ直ぐに飛ぶ。絡まない。余計なストレスを抱えず釣り続けられる。これが本当にありがたい。 「固定重心でも飛行姿勢が良く、飛ぶ」というルアーもあるのですが重心移動のクランクほど風の中で気を使わずキャストできるものはありません。今さらながらに重心移動の恩恵に授かる機会が多くなりました。加えてこのサイズ感、潜行深度も丁度いい。何で今までこのルアーを使わなかったんだろう。

風が弱かったら他のクランクベイトを投げているだろうと思います。でも風が強かったらファットペッパーJr.に自然に手が伸びるようになった。このルアーを使うと釣りが本当にラクなんです。

一体何年前に発売されたルアーだよ、なんで今頃になって使っているんだよ、と言われてしまいそうですが、その理由としては霞ヶ浦や北浦で増えた消波提、それを風の当たるタイミングで狙う機会が増えたからなのです。でもそうした理由はさておき、一般世間から10年遅れでこのルアーのマイブームが来ました(遅っ!)。

gill-mossa.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Brad's ラトリンダッド [他社製品]

170705-1.jpg

ホッテントットには大と小の2サイズがあります。H(5cm)とAH(7cm)です。
※厳密に言うと、AHより大きいものもある

170705-2.jpg
(写真上:ラトリントット 写真下:ホッテントットAH)

そしてそれとは別に、ラトリントットというものもあります。これはホッテントットとは別型のようで、形状はホッテントットよりも少し太く、サイズ的にはAHよりもやや小さくなっています。

と、ここまでは自分も知っていたわけです。でも、これは一体何なんだ?!

170705-3.jpg
(写真上:ホッテントットAH 写真下:ラトリンダッド)

ボディー形状はAHにほぼ合致しているけれど、ラトリンモデル?!でもどことなく雰囲気が違う。金属リップがピカピカ過ぎるし、塗装に関してはやたらとコントラストが強い。そもそもラトリンダッドなんてモデル、あったっけ?

しばらく正体不明だったこのルアー、ストームルアー収集家でもある爆釣王Tさんに写真を送ってみたところ「これはBrad'sの製品ですね」と教えてもらいました。

このBrad'sというメーカー、ウイグルワートのコピーであるウイグラーはそれなりに有名で、本家ストームルアーがラパラ傘下になった直後に旧ウイグルワートの入手が出来なくなった際には、ブラッズウィグラーを求める人もいました。

でもこのメーカー、ホッテントットやシルバーシャッドのコピー物まであったんですね。ただ、詳しくは知らないのですが、単に人気ルアーをコピーしたというより、どことなくストームルアーへのオマージュを感じるんですよね。もしかしたらちゃんとストームから許可をもらっていたりして?

でも、それだったらファッツオーも作ってくれればいいのにな、と思うのは私だけでしょうか。

ks-vspec.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 他社製品 ブログトップ