So-net無料ブログ作成
検索選択
東日本大震災 ブログトップ
前の10件 | -

2017.8.釜石~陸前高田 [東日本大震災]

今回はロックフィッシュの雑誌取材で岩手県まで出向いてきました。

取材は強力な助っ人の皆さんのサポートにより無事に終了。タイムリミットが迫っており延期も難しく、どうしようかと頭を抱えていました。自分1人で進めていたら失敗した可能性も充分あったと思います。それが無事に終わって今はホッとしています。サポートして下さった方々には、ただただ感謝の言葉しかありません。

実際に釣りをしたのは陸前高田でしたが、宿泊施設が少ないので釜石に泊まっていました。震災以降、岩手県内をあちこち周りましたが釜石は初でした。で、どうしても立ち寄りたかったのが釜石のとある病院。

170811-1.jpg

釜石在住のKさんはスミスのトラウトテスターでした。しかし、津波で自宅が被害に遭い仮設住宅への入居を余儀なくされた。そしてKさんは病院で事務関係の仕事をしています。震災後は大勢の被災者が殺到したはずです。そうしたこともあってKさんは肉体的にも精神的にもかなり弱ってしまった。自分としても、きっと大変なのに違いないと思い、少し連絡を入れるのを自粛していました。しかしKさんとはその後音信不通になってしまい、自分としてもずっと気になっていたのです。

今回、別の用件だったとはいえ釜石を訪れることが出来ましたので、Kさんがお勤めの病院を訪ねてみました。音信不通になっていたくらいですからアポイントも取れていません。まだこの病院に居るのか?居たとしても会えるのか?はわかりませんでしたが・・・
しかし、お仕事中ではありましたが無事にKさんにも会え、近況を伺うことも出来ました。元気そうな姿を見れて安心もした。

そして、何となく予想はしていたのですがKさんは釣りを止めていました。Kさん以外のテスターでももう一人、ロックフィッシュのテスターだった人が海釣りを止めてしまった。関東以西の人にはなかなか想像が出来ないかもしれませんが、津波の被害を目の当たりにして海や水に対してのトラウマを持っている人が東北沿岸部には普通にいます。仮設住宅を周った際にも、海にはもう行けないと言っていた住人の方も複数居ました。そんな人に対して、海に行きましょうとか、釣りをしましょうとは、自分は言えない。

Kさんに対しては「もしまた釣りを再開したら連絡を下さい」と伝えましたが、この先にKさんが釣りを再開することはないと思う。

170811-2.jpg

取材を無事に終えた帰り道、陸前高田の道の駅に立ち寄りました。自分が古川沼での行方不明者の捜索に加わっていたのはもう4年前のこと。この街はその頃からほとんど何も変わっていない。他の地域と比べて復興の度合いが桁違いに遅いと思う。

170811-3.jpg

陸前高田では今でも203人もの人が行方不明のままです。慰霊塔に手を合わせてから帰宅の途につきました。

gill-spiny2.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

祈りの日 [東日本大震災]

会社員にとっては待ちに待った貴重な休日。なので今日も釣りに・・・と言いたいところですが、さすがに今日ばかりは釣りには行きませんでした。今日は3月11日、とてもそんな気分にはなれない日です。

震災以降、毎年岩手県に足を運んでいます。街の復興再建が進んでいくのをこの目で見てきた。

かつて自分がボランティアで訪問した仮設住宅は今年に入って取り壊しされ、今はもうない。その一方で、復興公営住宅の建設が完了した市もある。でも、もう今さら入居する人なんて少ないですよ、という声もある。
街の復興が進む一方で、建設関係の人達が居なくなってしまうと逆に街が廃れてしまうのではないかと心配している人もいます。確かに、宿泊施設は予約を抑えるのに苦労をするほど埋まっていますがその多くは建設関係の人達です。

ニュースでは上辺の綺麗ごとしか報道されません。自分で行き、見て、聞いて、初めてわかる現実があります。

別段、自分に何かが出来るわけでもないのですが、今年も例年通り5月後半に岩手に出向く予定です。
nice!(2)  コメント(0) 

区切りの年 [東日本大震災]

2016年。震災から5年が経ち、このタイミングで震災以降続けてきた復興支援活動に一区切りをつけました。

これまで仮設住宅への訪問、復興支援イベントのお手伝い、泥出し、各種の寄付、行方不明者の捜索など行ってきましたが、果たしてそれらによって現地の人達をどの程度助けることが出来たのか?結果を出すことが出来たのか?というとそれは本当に微々たるものでしかないと言わざるを得ませんでした。いかに自分が無力であるかを痛感したのと同時に、どうすれば被災地の力になることが出来るのか、日々悩み続けました。

そんな折、北浦の貸しボート屋さんが廃業されるということでFRPボートを安価で売りに出しているのを知りました。一方、岩手には津波によって多くのボートを流失してしまった観光業者さんがいた。それならば北浦のボート屋さんからボートを20艇ほど買い上げてそれを提供すればいいんじゃないか。観光業や釣り客が復活すれば地域経済もきっと活性化する。そのプランを岩手の観光業者さんに提案したところ、是非お願いしたいとの回答を得ました。自分がやるべきことは、これだと思った。

ところがそんな状況に待ったが掛かることになります。釣り客が戻って来る気配がないと。だから、今ボートを提供されても活用できないと。確かに、自分自身が現地の視察に出向いた際にも、釣り客の姿は皆無で寂しい光景でした。この地がボート釣りで賑わう日はもう戻って来ないのか?

少なくともボートを提供するという当初の支援プランは頓挫することとなりました。ここでまた悩むことになった。

焦ったところで仕方がないと考え、まずは釣り人に戻って来てもらうことを目的とした支援策を模索していくことにしました。そして自分が最終的に出した結論というのが「浄土ヶ浜マリンハウス大物ダービー」の開催でした。スタートは2013年です。

130612-3.jpg

とにかく、やるからには絶対に成功させるという意気込みで開催しました。だから「無理せずやれる範囲で」ではなく「無理をしてでも徹底的に」。開催は雑誌でも告知。賞品もフィッシュグリップやリールなどイベントとして恥ずかしくないレベルのものを揃えた。手間もお金も時間も惜しむことなくガッツリ注ぎ込んだ。
なお、当初自分が想定していた「成功」というのは数年をかけて釣り人が戻って来ることを目論んでいました。それくらい、ロングスパンでの取り組みを想定していたのです。

ところが結果は嬉しい誤算となりました。大物ダービーは初年度から予想以上の盛り上がりを見せ、2年目には延べ参加人数が455人、3年目には659人と想像を遥かに超える人達が浄土ヶ浜に足を運び、ボート釣りを楽しんでもらえるようになった。もちろん全員貸しボートの利用客でもあるので、現地における大きな経済効果も生み出すことが出来た。

140623-1.jpg

浄土ヶ浜の海で多数のアングラーがボート釣りを楽しむ光景。2011年、2012年に現地訪問した際には、そんな光景はもう戻って来ないかもしれないとさえ思えました。せめて自分が生きているうちにそんな光景を目にすることが出来たなら嬉しい。本気でそう思っていた夢の光景が、今はもう現実のものとなっている。予想以上に早く、当初の目的は達成することが出来た。

そして659人という参加者があった2015年に決めました。もう自分は必要ない。自分は2016年で手を引く。現地の人達にもそう伝えていました。大物ダービーは既に復興支援策からは完全に脱却して、現地での純粋な釣りイベントに成長しました。知名度もアップした。あとは現地の人達がやりたいように育てていってくれればいい。

2016年。台風10号の襲来により岩手県宮古市も大きな被害を受けました。宿泊施設は冠水し幹線道路が寸断され、観光業が大きな打撃を被った。しかし、釣り客はすぐに戻って来てくれた。さすがに今年はダービー参加者の人数は前年に及ばないだろうと予想していましたが、結果的に2016年のダービー参加人数は2015年をさらに凌ぐものでした。年々、釣り客が増加の一途を辿るようになった。観光客と違い釣り客は一度来た人が2度3度と来てくれる。

これではっきりとわかりました。浄土ヶ浜の釣りは、もう簡単に廃れてしまうようなことはない。大丈夫だ。自分も安心して手を引くことが出来る。

来年から、大物ダービーは新しいスタイルに生まれ変わって開催される予定になっています。

この5年、当初は空回りしたり悩んだりしながらの復興支援活動でしたが、今は自信を持って結果を残せたと言える。だからここで一旦終わりにします。

では、来年からはどうするのかって?これまで同様、年に一度は宮古市の街並みを見に行く。今や復興という次元を通り越して発展し続けている宮古を見ると何だかとても嬉しくなれるから。そして浄土ヶ浜のロックフィッシュにもチャレンジして、あわよくば大物ダービーへの上位入賞を密かに狙っていく。これからは参加者として楽しませてもらうつもりでいます。

ks-bandocraw.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

【再掲】釣り場で地震に遭ったら? [東日本大震災]

熊本地震の被害状況には心が痛むばかりです。そして規模の大きい余震が続いていることにも大きな不安を覚えます。一刻も早く終息に向かってほしいと願うばかりです。

東北もそうでしたが、九州は巨大地震に関してはあまりマークされていない地域だったと思います。日本という国自体が地震大国であり、そればかりはどうしようもない。いつどこで地震が起きてももはや何の不思議もありません。

地震が発生した際、地盤が弱く傾斜があったりする水辺というのは危険です。とはいえ釣り人たるもの、もしかしたら水辺で地震に遭遇することがあるかもしれません。

自分は東日本大震災後、水辺に近付く釣り人が危険な目に遭わないようにと「水郷危険箇所マップ」というものを作成しました。その作成にあたり、数多くの危険現場に出向いてきた経験から、おおよそこんな場所が危ないということを知っています。

本日掲載する内容は、数年前にも一度同じ内容を掲載したものです。今一度ご確認いただき、頭の片隅にでも入れておいていただければと思います。

【垂直な地形の場所は危ない】
110507-20.jpg
(2011年5月 野田奈川)
110508-19.jpg
(2011年5月 北野田奈川)
勾配が垂直もしくはそれに近い場所というのは崩れやすい。釣り場の護岸や土手においても然りです。こうした場所にいる時に揺れを感じたら即座にその場を離れて下さい。
110504-7.jpg
(2011年5月 新利根川)
表面が護岸されているからといっても危険であることに変わりはありません。東日本大震災の時はコンクリート護岸ごと崩れた場所も多いです。瓦礫に巻き込まれることを考えるとむしろ危険と言えるかもしれません。

【橋は危ない】
110507-4.jpg
(2011年5月 野田奈川)
110504-36.jpg
(2011年5月 新利根川)
橋はその構造上揺れが大きくなるのと、たもとに段差が発生しやすい。古い橋や簡素な橋は崩壊の恐れもあります。北浦の鹿行大橋の崩落には誰もがショックを受けたことでしょう。地震が起きた際には絶対に橋の上に居てはいけません。

【水門周辺は危ない】
110430-21.jpg
(2011年4月 北利根川)
110425-1.jpg
(2011年4月 前川)
水門はそれに通じる管などが埋設されている関係上、揺れるとその周囲の地形が大きく変形しやすく、陥没や段差などが生じます。同様に、砂利道にあるマンホールはキノコのように大きく飛び出る危険性があります。いずれも通り慣れた道だからと言って車を飛ばして走らない事です。

【堤防状の土手の上は危ない】
110424-4.jpg
(2011年4月 常陸利根川)
110423-3.jpg
(2011年4月 常陸利根川)
揺れの方向にもよるのでしょうが、震災では利根川や常陸利根川の土手上で大きな地割れや崩落などが発生しました。堤防状の地形ゆえ揺れを抑えるものがなく、南北方向に大きく揺れたためと思われます。

【継ぎ目は危ない】
110428-2.jpg
(2011年4月 黒部川)
110427-3.jpg
(2011年4月 前川)
護岸の継ぎ目、路面の継ぎ目などは大きな地震が来るとその部分に亀裂が走ったり割れたりします。斜め護岸と平護岸の継ぎ目にも注意。

【境目は危ない】
110424-9.jpg
(2011年4月 常陸利根川)
道路と建物、道路と土手、或いはコンクリートと土、コンクリートと砂利など、異なる構造物間、異なる素材間はそれぞれの揺れの周期が異なるため、亀裂が入ったり割れてしまったり段差が出来たりします。写真は常陸利根川ですが同様の事例は霞ヶ浦や北浦の湖周道路でも多発しました。車の運転では脱輪に要注意です。

【隅は危ない】
110418-10.jpg
(2011年4月 横利根川)
護岸の末端など、揺れの力がその場に集中するため損傷を起こしやすい箇所です。

非常時に100%安全な場所というのはないと思いますが、比較的安全性の高い場所に避難することが大事なのは言うまでもありません。もし釣り場周辺にいた際に大きな揺れを感じたら、まずは急いで水辺から離れて下さい。護岸や土手が崩落するかもしれません。そして上記に挙げたような危険箇所に留まることは避けて下さい。なるべく広くて平坦な場所に避難するのがベターです。

また上記は水郷エリアの例を挙げましたが、例えばリザーバーでボート釣りなどをしている場合に地震を感じたら、全力で岸際から離れて沖に逃げて下さい。急斜面で囲まれたリザーバーの場合はどこで岸際が崩落してもおかしくありません。崖下などは落石要注意と言えるでしょう。

釣りは楽しい遊びですが危険と隣り合わせということも忘れてはなりません。自分の身は自分で守れるよう、装備や心構えを怠らない事も大事な事です。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

あれから5年。 [東日本大震災]

本日、午後2時46分から1分間の黙祷を捧げました。

あれからもう5年が経つのかと思うと感慨深いものがあります。震災以降、自分は毎年岩手県の沿岸部に足を運んでいます。震災直後の様子は本当に酷かった。復興するにはどれくらいの年数が掛かるんだろうかと気が遠くなった。

もちろん今でもまだ復興には程遠いという場所も多い。けれども、私が足を運んでいる宮古市中心部など、震災直後の面影というのがあまり感じられないまでに復興してきている地域もある。

あまりにも甚大な被害を目の当たりにし、当初自分は一体何をしたら良いのかわからなかった。ただ気持ちばかりが先走り、空回りをしては自分の無力さに泣けてきた。何も出来ない自分が本当に辛く、深く思い悩んだ時期があった。そんな中でも、現地の人達と交流を続けていく中で手応えのある支援活動を見出すことが出来、周囲の協力のおかげもあって想像以上の成功へと繋げることが出来た。

この3年程で、道筋は示すことが出来た。これからは現地の人達が自力で、私達が作り上げたものを継続し大事に育て上げていって欲しい。浄土ヶ浜は、もう自分が居なくても大丈夫だと思う。

ひとまず、自分の役割は終えたと思っています。震災から5年。これを1つの区切りと捉え、本年を最後に自身の復興支援活動にピリオドを打ちます。

それでも、これからもずっと東北の事を見守りながら生きていく。元々、自分には何の縁や所縁もなかった東北地方。けれども今では、岩手にも宮城にもかけがいのない仲間がいる。世話になった人達がいる。それはまさしく自分にとって宝であり、それをこの先もずっと守っていく気持ちに変わりはない。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

水郷エリア 義援金のいま [東日本大震災]

東日本大震災の発生後、元々地盤の緩かった水郷エリアは見るも無残な状況となってしまいました。

110425-1.jpg
110506-12.jpg

地割れ、陥没、液状化、護岸の崩落、等々。道路は波打ち、電柱は大きく傾いた。家屋が傾いてしまったところもありました。水道が止まり、住民が避難所に身を寄せた地域もありました。

それでも津波によって多くの人命が奪われた東北地方に比べれば、ということで報道などもほとんどされませんでした。でもそれは致し方のないことです。

しかし、日頃から慣れ親しんだ地域の惨状を目の当たりにして何もしないでいるというのは、自分には考えられませんでした。そんな折、水郷エリアの行政機関がそれぞれ義援金を募っているのを知りました。賛同してくれる人がいてくれたらと願い、バスアングラーに向けて水郷エリアの行政に向けての義援金協力の呼びかけをスタートさせることにしたのです。震災が発生してから半月ほど経過した時点の事でした。

fukkou.jpg

結果、何名かの有志がこれに賛同して下さったのを知っています。そして水郷エリアで開催される多くのトーナメントやイベントもこれに追随して義援金を集めて提出してくれた。とても嬉しく思いました。

現在では一部を除き、水郷エリアのほとんどの場所において安全に釣りが楽しめるまでに復旧しました。一時期は多数の工事車両が行き来する状況でしたが、今となってはそれもすっかり落ち着きました。

足場の良いフィールドで安全に釣りが楽しめるということは当たり前の事ではない。道路も湖岸もちゃんと管理をしてくれているところがある。危険な箇所があったら修繕してくれる。その為の費用も発生している。

水郷エリアの復旧には、全体からすれば僅かな割合に過ぎないのかもしれないけれど、水郷エリアを愛するバスアングラーの善意が確実に含まれています。義援金協力をしてくれた人は誇りに思っていいと思う。

で、今回このような記事を記したのは、現在の行政機関の義援金の受付状況をお知らせする為です。

今年の3月末日で義援金の募集を完了したところもありましたので、現時点において義援金の受付を行っているのは茨城県稲敷市のみとなりました。潮来市、鹿嶋市、神栖市、香取市、土浦市は完了となりました。

賛同・ご協力を下さった多くのバスアングラーの善意に深く感謝します。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

あれから4年。 [東日本大震災]

考えること、書きたいことが山ほどあります。実は途中まで書いていたのですが、文章量だけ膨大になってとりとめのつかない文章になってしまったので消去しました。

震災から4年が経った今でも、復興まではまだまだ遠いと思える場所は少なくない。生活面、精神面で苦しんでいる人達は大勢いる。自分の目で見てきたのだからそう言える。

被災地に対する世間の関心はだいぶ薄れたと思う。それをとやかく言っても仕方がない。自分は自分の信じる事をやり抜くのみ。

辛い生活をしている人達が、少しでも早く幸せな生活に戻って欲しい。そう願って止みません。

ks-vspec.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

216を減らす事の難しさ [東日本大震災]

昨年の9月、陸前高田市・古川沼での行方不明者捜索に加わりました。この捜索は8月に開始され、大勢のボランティアが捜索に加わった。

130924-1.jpg

自分は被災地の仮設住宅で、家族を失い一人で暮らしている人も見てきました。未だに家族の行方が分からず塞ぎ込んでいる人もいる。何とかしたいと思ったけれど、行方不明になっている家族を遺族の手に戻すこと以外に自分には考えられなかった。だから自分自身も行方不明者の捜索に加わりましたが、結果を出すことは出来ませんでした。

とにかく悔しいの一言。行方不明者を発見することの難しさは自分の想像を遥かに超えるものでしたが、このままで終わりたくないという気持ちが強く、また機会があれば捜索活動に加わるつもりでいました。

あれからもうすぐ1年が経つ。現地の状況は大きく変わった。

残念ながら、現在ではもう捜索活動はほとんど行われていません。捜索活動を行っていた2つの有志団体のうちの1つは今年の5月でその捜索活動を終了しました。そしてもう1つの団体は、他のボランティア活動を中心に活動をされており、捜索活動は極めて限定的なものとなっているようです。

捜索活動によって、多くの手掛かりや遺骨の一部のようなものが日々発見されていたのは確かです。私が参加した日だって、他の人がそれらしきものを発見していた。自分自身が力になれなかったのは残念でしたが、それでもこの捜索活動によって行方不明者が発見され、それによって多くの遺族の人達もまた救われているはずだと思っていました。でも現実はそんなに甘いものではなかったようです。

私が捜索に加わった2013年9月の時点で、陸前高田市の行方不明者は216名。そして2014年2月28日の時点における陸前高田市の行方不明者数は、県の発表で215名だった。この結果は正直ショックでした。新規に発見された行方不明者はたったの1人だった。古川沼の捜索活動で発見された人かどうかもわからない。

捜索活動で発見された遺骨の一部と思わしきものは一体何だったのか。行方不明者の遺骨ではなかったのか?或いは既に身元が判明している人の遺骨の一部だったのか。でも、それを知る術はありません。

この結果を知るにあたり、捜索活動のトーンダウンも止む無しと思えるようになりました。そして、自分自身の捜索活動への思いもトーンダウンしてしまったというのが正直なところです。

岩手県にはまだ1132人もの行方不明者がいます。物凄い人数です。そしてその行方不明者の人数以上に悲しんでいる遺族がいる。でもその中の僅か1人を助けることすらとても、とても、とても難しい事なのです。自分はこの先何をしたらいいんだろう。

gill-spiny.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

あれから3年。 [東日本大震災]

今日はテレビ番組でも被災地の映像が多く流れました。当時の事を思い出したり、被災地に思いを寄せる人も多かったと思います。

亡くなった方への鎮魂の祈り、そして復興への願い。それが年に一度の一時的なものであってはいけない。けれども明日以降は、また多くの人の脳裏から被災地の事は忘れられていく。

130925-4.jpg
130924-2.jpg
130924-5.jpg

実際に自分の目で被災地の現状を目の当たりにして初めて事の重大さに気が付く。被災者と直接話をすることで、初めて本当の傷の深さを知る。それらはテレビの画面から得られるものとはまるで感覚が違う。

自分には未だに被災地に対する罪悪感がある。今でも被災地で多くの人が大変な生活をしているのを自分は知っている。一方の自分は、決して裕福ではないにせよ、特に不自由する生活は送っていないし、悲しみに暮れるようなこともない。釣りという楽しみも持っている。同じ国で生活していながら、あまりにもその差が大き過ぎる。それは自分だけでなく、被災地以外で生活する人のほぼ全てに当てはまることだと思う。

もしもそんな国民の多くが、その落差を少しでも埋めようと行動してくれたら、心の傷はともかく、被災者の多くはもっと豊かな生活を取り戻せる。でも3年経った今でもそれが実現出来てはいない。それが現在のこの国の現実。

自分は今年も何度か被災地に足を運ぶつもりでいる。復興は願いや祈りだけでは進まない。いくら口先で綺麗事を並べたところで何も始まらない。どうしたら良いのか、自分に何が出来るのか。それを本気で考え、実践することに尽きると自分は考えているのです。

gill-spiny.jpg
nice!(6)  コメント(0) 

次の一歩へ・10 [東日本大震災]

このブログを読み続けてくれている方ならばご存知かと思いますが、私は東日本大震災の被災地支援の一環として、岩手県宮古市の観光業者さんに支援を行っています。これは別に特定の業者に寄付などをしているということではなく、観光客や釣り客の増加があれば、ひいては必ず地域全体の復興に繋がっていくと考えるからです。

130619-1.jpg

ここには穏やかで美しい海がある。何の気兼ねもなく釣りが楽しめる環境が揃っている。被災地に行ったことのない人にはこれがどれほど貴重なことか理解できないかもしれない。被災地には未だ、釣りが出来るような雰囲気でない場所も多いのです。

131128-1.jpg

この写真は陸前高田の海です。本来一般の人は海岸線に立ち入ることも出来ない。特別に立入・撮影の許可を得て撮影した写真です。この光景を目の当たりにし、あまりの空気の重さに胸が締め付けられる思いがした。釣り?この光景を前に、そんな言葉すら出てこない。

私が企画した当初の支援策は、津波によって失われたFRPボートを提供するというものでした。釣り人を宮古の海に呼び戻したい、そのためにはまず受け皿となるボートを元に戻すことが先決だと考えたのです。時を同じくして、水郷エリアでFRPボートが格安で売りに出されているのを自分は知っていました。震災を期に、貸しボート業を廃業されたボート屋さんがあったのです。現地に出向き、全部で25艇のボートが売りに出ているのを確認してきました。さすがに25艇全てというわけにはいかないまでも、これらを買い取り、被災地に送るつもりでいました。配送の見積もりも進めていた。

120801-6.jpg

私の提案には観光業者さんも喜んでくれ、ボートを提供するというプランは実行に移せると信じて疑わなかった。でも、出来なかった。想像以上に釣り人の足が遠のいていたのです。回復の兆しがない。私が現地に視察に出向いた際にも、数艇あるFRPボートは使われることなく陸揚げされていた。こんな状況で船だけ増えてもしょうがない。厳しい現実がそこにはあった。

落胆しましたが、まずは目の前の問題を1つずつ解決していくことにしました。とりあえずは地道に、少しずつでも釣り人が戻ってくるような施策を進めていくことにしたのです。その施策の柱とも言えるものが、ロックフィッシュの大物ダービーでした。

130612-3.jpg

これは私が発案したものではなく、元々現地で毎年開催されていたもの。ところが釣り客が激減したため、2012年は実施が見送られてしまっていました。今年は私がスポンサーを名乗り出、復活させました。釣り客が来なくなったからダービーを止めるのではなく、私はダービーを盛り上げることで釣り客を呼び戻そうと考えたのです。

成功するという確信があったわけでもなく、ひとまずは私だけで協賛品を準備するつもりでいたのですが有志の方々が協賛をして下さることになり、結果として参加賞まで出せるようになった。釣り上げた獲物が大物でなかったとしても、とりあえず魚を検量すればルアーやフロロカーボンラインなどがもらえる。これは本当に大きかった。

12月より、現地は冬季休業期間に入ります。よって、間もなく2013年度の大物ダービーは終了します。近く、結果を発表することも出来るでしょう。では、大物ダービーを実施したことで、果たして現地に釣り人を呼び戻すことは出来たのか?本日、マリンハウスの早野さんに尋ねた。

「釣りっ子(釣り人)さ、多く来てくれるようになったど!」

そして、まだ確定ではないけれども、来シーズンにはボートを増やすことも検討しているのだそう(その話を聞き、すぐにFRPボートが売れ残っていないか確認したが・・・)。

現地に釣り人が戻ってきた!それが果たして大物ダービーのおかげなのか単に震災のホトボリが冷めてきたからなのかは定かではないけれど、自分が望む結果となりつつあるのは間違いない。何はともあれ、これでようやく一歩前進できた気がする。小さな一歩かもしれないけれど、前に進めたことがとにかく嬉しい。

マリンハウス大物ダービーに協賛して下さった 株式会社ギル様、センドウタカシ様、株式会社スミス様。告知に協力下さった釣り東北様、釣研様、ラストリゾート様、佐々木釣具店様、小島博人様、中嶋康文様。皆様のおかげです。本当にありがとうございました。

もちろん、一歩の前進で満足しているわけじゃない。目指すゴールはまだ先にある。さぁ、次の一歩はどう進もうか。

gill-spiny.jpg
nice!(3)  コメント(4) 
前の10件 | - 東日本大震災 ブログトップ