So-net無料ブログ作成

10/11,12 根魚大将で狙う名古屋港のロックフィッシュ [釣果報告]

またまたOKさんからの名古屋港での釣果報告です。

本当に毎日釣りに行かれているようで(笑)。自分は学生時代、学校帰りに毎日釣りをしていた時期があります。授業中も釣りの事ばかり考えていました。今日は何のルアー使おうかとか。でも楽しかった。
社会人になるとこのような生活を実現するのはなかなか難しい。釣り人としては夢のような生活ですね。

連日、仕事帰りに根魚大将と共に名古屋港に行って参りました。
171014-2.jpg
活性は上がって来たようですが、タケノコメバルはまだまだ気紛れのようです(^-^ゞ
171014-1.jpg
171014-3.jpg
しかし、カサゴだけは元気一杯でした!(笑)

気紛れと言いつつしっかりタケノコメバルもキャッチされています。この魚、東北に行ったってそうそう釣れる魚ではありませんから。

それと今回の写真、OKさんが使っているリールが大きく写っているんですがかなり使い込んでいらっしゃるなぁと。道具の扱いが悪いというつもりはなくて、リールが酷使されているということが本物の釣り人の証であるような気がするのです。

ソルトベイトフィネスで攻めるOKさんの愛用機はアブのレボLTZ、LTでしたが、この写真のリールってレボALC-BF7?ですよね。多分。確か昨年の春頃に発売されたモデルのはずです。OKさんがいつ頃に入手したかは知りませんけど、発売されてから1年半しか経っていないリールですから、長期使っているはずはない。にもかかわらずこれだけ使い込まれている。現時点でここまで酷使されたレボALCってないんじゃないかな?

最近って、メディアに出るような人はほとんどメーカーサポートを受けていたりするので、道具を酷使する前に替えてしまう。リールがピカピカなものが多い。で、そういう人に対してリールの耐久性云々とか聞いたりしても実はあまり説得力がないんじゃないかと思ってしまいます。でも、OKさんくらいにリールを酷使している人にだったら「ALCどうですか?」って聞いてみたい。旧モデルにはなりますがLTZも相当使い込んでいる筈なのでソルトベイトフィネスリールのことはOKさんに聞いてみよう。

ちなみに自分がカサゴ、ムラソイ用に使うベイトリールは旧モデルのレボLTですが、使い込みレベルはOKさんの足元にも及びません。

ks-vspec.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

10/10 根魚大将で狙う名古屋港のロックフィッシュ [釣果報告]

もはや名古屋港の主クラスなのでは?と思われるOKさんからの釣果報告です。

今回もいつもの名古屋港に根魚大将と共に行って参りました。
まだ本調子ではないものの、カサゴだけは絶好調です。
171013-1.jpg
171013-2.jpg
昨シーズンと同様のパターンですと、そろそろクロソイ、タケノコメバル、カサゴの名港御三家が揃うはずですので、今後も継続調査致します(^-^ゞ

カサゴうらやましいです。早く東京湾のボートカサゴの季節にならないかな。テトラに向けてテキサスリグをピッチングで撃ち込んでいく釣り、メチャ楽しいんです。

ロックフィッシュの本場というと、アイナメ・ソイが釣れる北海道・東北。そしてハタ類が釣れる北陸・九州あたりをイメージする人が多いと思います。まぁ間違いないのは関東は不毛地帯ということですかね(汗)。OKさんが通っている名古屋港を始めとした中部地方もあまりメディアでも取り上げられない地域だと思います。

が、クロソイ、タケノコメバル、カサゴの3種が狙えるという点、そしてOKさん曰く、ロックフィッシュの魚影の濃さにおいては名古屋港の方が越前海岸よりも遥かに多いのだそうです。中部地方のロックフィッシュゲームもこれから注目されるに違いありません。

ks-bandocraw.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

10/7 根魚大将で狙う小樽のロックフィッシュ [釣果報告]

小樽在住のTMRさんが根魚大将での釣果報告をしてくれました。

いつもは港湾部での釣りをされているTMRさんですが、今回は沖提での釣行だそうです。僅か2時間ほどの釣りでありながら良型も複数上がったようです。

本日は小樽市での釣行です。
知人がボートを出してくれたので、釣り未経験者を含む4名で沖堤へ渡り、21:00に釣行開始。

未経験の方に基本的な釣り方のレクチャーやタモ入れをしながら、合間合間に根魚大将2.8インチ+MKリグをキャストしていきます!すると…
171011-1.jpg
171011-2.jpg
171011-3.jpg
ナチュラルグロー、ナチュラルミノーで安定のガヤ!
いつも癒されるアイドル的存在です。
同行者も釣り方に慣れてきて、36cm、33cmのクロソイを釣りあげました!初めての釣りでいいサイズが釣れて一安心!
僕も大物を釣り上げたくなり、テトラを渡って攻めづらいポイントにキャスト!
ボトムバンプすると…
171011-4.jpg
レッド・レッドフレークで27cmのマゾイ!
強いひきを楽しみました!

約2時間で充分な釣果を得られました!さすが沖堤!
171011-5.jpg
大きいソイは居酒屋に持ち込み、お造りにしてもらいました!新鮮なソイは弾力があって美味い!

どこにいくにも安定した釣果を得られる根魚大将は、もう外せない存在です!

やっぱりプレッシャーの低い場所は釣果もかなりいいみたいですね。

そうそう、以前にTMRさんがマゾイではなくシマゾイを持ち帰って食していたのでシマゾイの方が美味なのかも?なんて書いたのですが、その後に再度TMRさんから連絡があり、ソイで一番おいしいのはマゾイです!とのことでした。

gill-bf.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

10/6 ビバーチェが効く秋の関東某川 [釣果報告]

下町の爆釣王Tさんは秋が苦手なのだそうです。前週の霞水系の7本という釣果にも納得していないようで、先週はまた別のフィールドに出掛けてきたみたいです。

結果は・・・何と35本!!ただ、サイズには恵まれなかったのでやっぱり納得はしていない様子。でも、充分釣り過ぎでしょう。今回はスピナーベイトのビバーチェが活躍したようです。

2017年10月6日(金) 川 6:00~17:00

天気:曇り→雨 気温:11~18℃ 水温:18℃ 風:0~2m 水位:減水中 水色:スティン 潮:大潮 状況:完全に見失ってわかりません・・

 今回は10年振り位となる川のフィールドに行って来ました。当然昔とは状況が異なりなかなか釣れません。そこでライトリグを投入すると小バスのバイトが多発しました。そのうちいいサイズも混ざるかなと期待してやるも小バスのオンパレードでした(汗)

171010-1.jpg

 そこで違う展開を求めビバーチェ1/3ozWSでサイズアップを図ります。すると水深のあるテトラ、杭、リップラップ等で連発です!気持~ちアベレージサイズが上がったような、変わらないような小バスですが・・・^_^;

171010-2.jpg
171010-3.jpg

 ビバーチェはただ巻きのみならず、フォールでも食わせられるのが強みです。自分の中ではスピナーベイトとジグスピナーの隙間をうめられるルアーとして使っています。このサイズでちゃんとスピナーベイト+αの特性を備えてるんですからそりゃ釣れて当然ですね(笑)

171010-4.jpg
171010-5.jpg

 小粒で重いビバーチェは川との相性も本当に抜群です!普通のスピナーベイトだとパーツが大きいがゆえに抵抗を受けすぎて川の流れに押されてしまいすぐに浮き上がってしまったり横に流されてしまいます。しかしビバーチェならコンパクトで抵抗も受けにくいので狙ったレンジまでスッと落とせ、その後も浮き上がりにくいのでレンジキープがとてもやりやすく流れのあるようなフィールドでも必携のスピナーベイトだと思います!

171010-6.jpg
171010-7.jpg

 要所要所にはベビーファットイカを入れていきますがやはりサイズは変わらず・・・基本ファットイカ最強ですが、激シャロー、サイズを問わなければベビーファットイカが強いです。

171010-8.jpg
171010-9.jpg

 次にタイニークランクをカバー際でヨロヨロと千鳥らせながら引くと、カバーの中から物凄い勢いで飛び出してきます!ルアーが合ってるのか、時合いなのか真っ昼間にもかかわらず連発でした!

171010-10.jpg
171010-11.jpg

 しかし休憩後はバイトが激減し、期待の雨が降り始める前の夕マズメ、そして降り始めてからも反応が良くなることはなくビバーチェとライトリグで少し追加して終了となりました。ほとんどが小バスでしたが、ハードルアーでもたくさんの魚が釣れ楽しい釣行となりました!

171010-12.jpg
171010-13.jpg

本日 ラージ:40cm以下×35本      

これ、下手するとちょっとした管釣りより釣れてますよ(爆)。

そしてTさんがすっかりお気に入りのビバーチェ。新製品ではないのでここで改めて製品紹介をすることもないのですが、Tさんが自身のブログでインプレ記事をアップしてくれましたのでリンクしておきます。是非参考にして下さい。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

10/4 根魚大将で狙う名古屋港ロックフィッシュ [釣果報告]

仕事帰り、ベイトフィネスタックルを手に夜な夜な名古屋港へと繰り出しているOKさん。同じフィールドに年間を通して通っていらっしゃるのでシーズナルパターン的なこともかなり掴んでいるのでは?と思っていました。

最近釣果報告がないな、釣りに行っていないわけではないと思うけれど・・・と思っていたところ、先日釣果報告が届き、夏季の釣果報告がなかった理由もわかりました。

ご無沙汰致しております(^-^ゞ
今回も仕事帰りに、根魚大将とともに名古屋港に出掛けて参りました。

171008-1.jpg
171008-2.jpg

秋の訪れを感じる魚達に出会えてホッとしています(*^^*)
本格シーズンには根魚大将ですね!
今後も活躍してもらいますよ~!(^-^ゞ

実は7~8月にかけての名古屋港はマイクロベイトパターンだったのだそう。確かにそれでは根魚大将は効かないですよね。これ、関東の野島堤防の夏のカサゴ釣りにも共通するものがあります。ロックフィッシュ用のワームの効果が薄く、メバル用のワームがいいという。

ロックフィッシュも色々なワームを使い分けていく時代になっています。釣り方も多様化していくのに違いありません。今後、根魚大将だけではカバーできない部分を補える製品も開発していく予定です。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

9/29 ビバーチェとペブルで狙う霞水系 [釣果報告]

諸事情で少し釣行回数が減ってしまったという下町の爆釣王Tさん。しかし釣りに行かない間でもアルミボートの艤装に精を出していたようで、その試乗も兼ねて霞水系某川に出掛けてきたようです。

結果、撃沈との事だったので釣れなかったのかなと思いましたが、案の定そんなはずはなく、やっぱりさほど悪くはない釣果を上げていました。

2017年9月29日(金) 霞水系 5:30~17:30

天気:晴れ 気温:14~26℃ 水温:21~24℃ 風:0~2m 水位:雨で20㎝増水 水色:通常よりも雨で濁り 潮:長潮 状況:前日の暴風雨で魚が行方不明

 久し振りに釣行してきましたのでご報告致します。今回は初めてとなる霞水系のフィールドですが、前日の暴風雨で20cmの増水と濁り、水温低下に当日は雲一つ無いドピーカンで最低気温14℃とこれ以上ないバッドコンディションです(汗)

 全くわからないフィールド、状況なので『ペブルSR』で様子をみると2バイト1バラシ。その後アシ際に着水後10cm程引いたところでヒット!小さいながらも嬉しい1本を釣り上げることができました!続いてブッシュ脇に落としたライトテキサスのリングワームでも可愛いやつをGET!

171006-1.jpg

 そして竹系のブッシュを『BFシュリンプ3.4″』の21gテキサスリグでカバーを貫いて釣っているとすぐに1本追加!このようなカバーを釣るにはスッとカバーをかわしながら落ちていき、スタックせずにすり抜け、一点で魅力的な動きが出せる『BFシュリンプ3.4″』が欠かせません!釣りが上手くなったと錯覚するくらいリズミカルな釣りが展開できます♪

171006-2.jpg

 しかし雲一つ無い秋晴れが広がると状況が一変、全くバイトがなくなってしまいました・・・天気的に『BFシュリンプ3.4″』の1/2~1ozテキサスリグのパンチングでミズヒマワリやアシ奥等を撃っていきますが全くの無・・・そこで『ビバーチェ1/3ozWS』を杭等に絡めて引いているとヒット!これか!と思い巻き続けるも単発でした(^_^;)『ビバーチェ』は浮き上がりにくく、水深のあるところでもとても使いやすいですよ!ひと呑みサイズなので幅広い状況にも対応できます♪

171006-3.jpg

 その後も延々ミズヒマワリやアシ、ブッシュ等をフリップし続けますがなぜか全く反応がありません・・・ピーカンだし絶対こんなシェードの下に潜んでいそうなんですが・・・

171006-4.jpg

 お昼寝の後は比較的水深のあるところは『ビバーチェ』のカーブロール、浅いところでは『ペブルSR』のトゥィッチ後のただ巻きで攻めます。すると夕方になり少し魚も外側に出てきたのか、杭周辺をカーブロールで落とすと久し振りに『ビバーチェ』が引ったくられました!『ビバーチェ』はファストリトリーブはもちろん、フォール主体で釣っても非常に回転の良いブレードが強烈に効きます!

171006-5.jpg

 さらに30分後、今度は『ペブルSR』を矢板際に落としトゥィッチをして魚にアピールした後、リトリーブに移った瞬間ギラッと『ペブルSR』が襲われます!全てが目に見えてエキサイティングな1本でした!やっぱりワームよりもハードベイトのリアクションが効くのでしょうか?

171006-6.jpg

 それからまた30分後、水門の壁ギリギリに『ペブルSR』を泳がせるとまたまたヒット!う~ん、やっぱり秋は巻物ですね!って小さい魚なのであまり説得力がないですけどね(^^;)

171006-7.jpg

 ちなみにこんなに良く釣れる『ペブルSR』は残念ながら既に廃番・・・そこで・・・
1、中古屋で見かけたら必ず救出して下さい!
2、もしくは『釣れづれ日記』の読者全員でスミスさんに再販の嘆願書を書きましょう!
3、一番現実的なのはさらによく釣れるクランクをIKE-Pさんに早めに開発してもらいましょう!(笑)

 と、こんな感じで難しい状況、初めてのエリアでの手探り状態の釣りということもありなかなか厳しい1日となってしまいましたが、秋らしい巻物の釣りが楽しめました!

本日 ラージ:40cm以下×7本

霞水系で7本って全然悪い釣果ではないですよね。

この川、自分もかなり通っていた場所なのでそれなりに知っていますが、秋だからと言って巻き物メインでパターンが組めるほど甘い場所ではありません。昔は巻き物が良く効いたんですが、ミズヒマワリが増殖したら魚の多くがその下に入り込んでしまって、マット撃ちをメインにせざるを得ない場所になってしまったのです。なので、Tさんが巻き物メインでこれだけ釣ったというのは自分的にはむしろ驚きでした。

それと、ペブルは中古屋で見掛けても救出しないで下さい。自分が救出しますので(笑)ペブルのカタログ落ちが決まった時、自分が会社にあった在庫を全て買ったのですが微々たる数に過ぎず、さらにいろんな人にせびられて(泣)もう手持ちが少なく心細いのです。

ks-bandocraw.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

9/30 根魚大将で狙う徳島県鳴門のロックフィッシュ [釣果報告]

いつも北海道のロックフィッシュ釣果報告を下さるTMRさんからまた釣果報告をいただきました。で、釣り場は・・・徳島県鳴門市?!旅行に行ったそうです。北海道から四国なんて、かなり遠くまで行きましたね。楽しめたでしょうか。

本日は旅行で訪れた徳島県鳴門市での釣行です。
10:00に釣行開始。

初めて訪れた地域の為、信頼と実績の根魚大将2.8インチのグリパン/オレンジをセットし、ゴロタやテトラ際を誘っていくと…

171002-1.jpg
人生初のベッコウゾイ!

171002-2.jpg
これはベッコウゾイ?カサゴ?よくわからないけどキャッチ!笑

短い釣行でしたが、根魚大将のおかげで初めての魚種と出会う事ができました!

ベッコウゾイは東北では釣れるのですが、北海道には居ないのですかね?徳島でのベッコウゾイ初ゲットおめでとうございます。

魚種とフィールドが違えど、北海道のロックフィッシュの狙い方がそのまま徳島でもしっかり結果を出したようです。それとやっぱり、旅のお供には根魚大将ですね?!

ks-bf34.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

9/24 根魚大将で狙う室蘭のロックフィッシュ [釣果報告]

北海道というとロックフィッシュの宝庫といったイメージがあるのですが、場所によってプレッシャーの高い地域、魚影の濃い薄いといった違いもあるようです。まぁ当たり前ではあるのでしょうけど、いかんせん自分は北海道の地名に疎いためどこがどこだか実は良くわかっていないです。

今回TMRさんが釣行されたのは室蘭。室蘭市は市の魚がクロソイなのだそうでロックフィッシュの魚影が濃い地域だそうです。そんな話を聞くだけで室蘭に行きたくなります。

15:00に釣行開始。

いつものMKリグ+根魚大将でテトラの際や、ボトム付近を探っていくと…

一目め
170926-1.jpg
170926-2.jpg
170926-3.jpg
レッド・レッドフレーク、ブラウンシュリンプで、最大24cmのガヤ

二目め
170926-4.jpg
グリパン/オレンジでシマゾイ

三目め
170926-5.jpg
レッド・レッドフレークでマゾイ

日も暮れて来て、MKリグをジグヘッドに変え、フォール主体で狙ってみると…

四目め
170926-6.jpg
見づらいですがナチュラルグローでクロソイ

ここまで四目を釣り、そろそろ帰ろうかと思っていると、竿先にククンッという違和感が!
ゆっくり巻いて来ると…

五目め
170926-7.jpg
ナチュラルグローでナマコ!?

まさか五目めがナマコだとは思いませんでしたが、3時間程で五目釣り達成!笑
もちろん、ナマコさんは海に帰っていただきました笑

根魚大将のおかげで豊富な魚種を釣り上げる事ができました!

ナマコは自分も東京湾で釣った事アリ!でもその他の魚種は関東では釣れませんから羨ましい限りです。北海道では今回釣れた以外の魚種が釣れる可能性もあるでしょうから、欲張れば8目位までは可能性があるのかな?

gill-bf.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

9/17 根魚大将で狙う増毛町のロックフィッシュ [釣果報告]

ロックフィッシュの釣りで楽しいのが、複数種のターゲットが釣れることでしょう。小樽のTMRさん、今回は根魚大将で3目釣りを楽しんだそうです。場所は北海道の増毛町(ましけちょう)とのこと。

本日は増毛町での釣行です。
15:00に釣行開始。
日中は漁港内のテトラで穴釣りを試します。色々なカラーの根魚大将2.8インチをローテーションさせて…
170918-1.jpg
ブラウンシュリンプでガヤ
170918-2.jpg
ナチュラルグローでガヤ
170918-3.jpg
レッド・レッドフレークではハチガラも釣れました!

小さいサイズの数釣りができた為、夜はサイズアップを狙って小規模な磯に場所移動!
この移動が功を奏し…
170918-4.jpg
レッド・レッドフレークで26cmのクロソイ
170918-5.jpg
ナチュラルグローでガヤ
170918-6.jpg
ナチュラルミノーで20cmのハチガラが釣れました!
ハチガラはあまり大きくならない種類のソイですが、サイズの割に筋肉質で引きは強く、このサイズでも30前後のクロソイを彷彿とさせます。

その後もあたりは止まらず…
170918-7.jpg
ナチュラルミノーでガヤ
170918-8.jpg
170918-9.jpg
グリパン/オレンジで27cm、26cmのクロソイが釣れました!

写真の他にもガヤを数匹釣った為、計15匹以上のロックフィッシュをキャッチできて大満足の釣行となりました!

使っていて感じたのですが、根魚大将は耐久性が高い!
一匹釣れてもワームがボロボロにならないので、そのままオフセットフックの針先だけをワーム内に戻して手返し良く釣りを再開できました!
テンポの良さが今日の釣果に繋がったと思います!
いつもありがとうございます!

ハチガラって何だろう?と思って調べてみたら、本州で言うところのオウゴンムラソイのようです。それなりにレアな魚との認識を持っていましたが、TMRさんはこの日にハチガラを複数キャッチされているようなので北海道では狙って釣れるレベルのポピュラーな魚なのかもしれません。

地域によって釣れる魚が違うというのも、ロックフィッシュゲームの楽しみの1つかもしれません。

gill-spiny2.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

9/10 根魚大将で狙う積丹のガヤ [釣果報告]

関東以西にお住いの人は、ガヤって何?という人も多いと思います。エゾメバルとも呼ばれるメバルの仲間で、北海道と東北の一部に生息している魚です。

今回は小樽在住のTMRさんがガヤ狙いでの釣果報告を送ってくれました。

本日は積丹方面での釣行です。21:00に釣行開始。
プレッシャーは高いけどガヤの魚影は濃いポイントに入り、色々なワームを使ってみるも反応なし。
そこで、MKリグ5g+根魚大将2.8インチのナチュラルミノーでボトムを探ると…
170913-1.jpg
170913-2.jpg
綺麗な模様のガヤがヒット!
その後続かず、MKリグ9g+根魚大将2.8インチのグリパン/オレンジでリアクションを狙うと…
170913-3.jpg
ガヤを追加!
一時間もない程の短時間釣行でしたが、根魚大将のおかげでボウズを回避できました!

ベッコウゾイ=タケノコメバルなんかは、メバルという名称が付いてはいますが完全にソイですよね。でもガヤ=エゾメバルに関しては、見た目的には確かにメバルの1種ですね。

で、一般的にはメバルを釣るのにホッグワームは使わないんじゃないかな?と思うわけです。1~2インチ台のピンテールが多用されるはず。でも、ガヤに関しては根魚大将で普通に狙って釣れてしまうみたいです。自分も、先月岩手で取材をした際、同船者がガヤを2尾、根魚大将で釣りましたので「あぁ、釣れるんだなぁ」とは思いましたが、北海道では狙って釣れちゃうみたいです。

メバルにも色々いるんだなぁ。勉強になります。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー