So-net無料ブログ作成
釣果報告 ブログトップ
前の10件 | -

5月中旬 根魚大将で狙う越前海岸のガシラ釣り [釣果報告]

ライトソルトゲームのユーチューバーM野さんから越前海岸のガシラ釣りの釣果報告をいただきました。

ガシラというと夜釣りのイメージがありますが今回は夕マヅメのデーゲーム。動画もあります。明るい方が動画で見てもよくわかりますね。

この度は福井県・越前海岸でのガシラ(カサゴ)釣りで根魚大将2.8インチを使わせて頂きました。

ガシラ釣りといえば、夜釣りのイメージがあるかと思いますが、日本海側の例年通りですと、5月のGWくらいからガシラは朝夕マズメ時に釣れるようになり、逆に夜釣りでは釣りにくくなります。

詳しい理由はわかりませんが、とにかく明るい時間帯なので、テトラ帯といった夜釣りでは危険なポイントでも釣りやすくなるので、釣り人としてはとてもありがたい状況です。
(もちろん、ライフジャケットやフェルトスパイクなどの安全対策をしっかり行ったうえでの話ですが。)

狙うポイントはテトラの際です。
フィールドに着くと、とりあえず沖にキャストしたくなるところですが、意外と、テトラ際の足元にもガシラは居着いています。

テトラの際と言っても、水深1mにも満たない激浅ポイントなので、多くの人は敬遠しがちなのですが、想像以上に釣れる有力ポイントなのです。

まずは根魚大将2.8インチに1.8gジグヘッドをセットします。

テトラ際を攻めると、「ドンッ!」とわかりやすいアタリがあります。

テトラに潜られないように、一気に釣り上げます。

180516-1.jpg

しかしながら、どうも1.8gジグヘッドでは海藻を突っ切らないようで、わずかながら重量アップの2.2gジグヘッドに変えて挑みます。

すると、狙い通りガシラが連続ヒット!

180516-2.jpg
180516-3.jpg
180516-4.jpg
180516-5.jpg

可愛いサイズばかりでしたが、ガシラ特有の明確なアタリを堪能出来るのが、この釣りの醍醐味でしょうか。

この度も根魚大将2.8インチのおかげで楽しい釣りができました。
ありがとうございます!

【当日の様子はこちら】


夕マヅメですがかなりのハイペースで釣れていますね!でも夕マヅメでこれだけ釣れるのならば夜になるとさらに凄いのではと思ってしまいますが、不思議とこれからの時期は夜釣りは思わしくないのだとか。

思えばシーバスだって昔は夜釣りが当たり前でした。シーバスというと冬の釣りというイメージがあったことも一因なのかもしれません。それが今や、夏季になるとデーゲームというのが常識になった。ガシラに関しても、この時期は夜、この時期はデーゲーム、というのが確立されてくることでしょう。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4~5月初旬 根魚大将で狙う名古屋港のロックフィッシュ [釣果報告]

そういえば最近名古屋港の主であるOKさんから報告がないなぁと思っていましたが、実はちょっと苦戦していたようです。季節的には悪くないと思うのですが、どうしたことでしょう?

すっかり春も陰りを見せ、夏の兆しを感じる伊勢湾ですが、魚たちの活性は良好です。
マイクロベイトパターンが多くなりつつありますが、水質がクリアな日は根魚大将2.8inと3.4inの出番もあり、スイミングメインで楽しんでおります!

180509-1.jpg
180509-2.jpg
180509-3.jpg

暑くなりますとキジハタも楽しみになってきますが、水温が上がりきるまでは近場でのライトロックゲームを楽しんでみたいと思います。

季節的には悪くないはずですよね、実際に魚の活性も良かったようですし。
ただ、魚がマイクロベイトに偏食していたようです。水質がステインな状況だとその傾向が強くなるのだとか。こうなるとさすがに根魚大将の2.8インチでさえもベイトにはマッチしません。そんな時には無理せず小型のピンテールなどを使うのがいいのでしょう。

ロックフィッシュも一昔前はホッグ系さえあればいいというイメージがありましたが、やり込んでいくとそれ一辺倒では通用しない状況があることを痛感するようになります。自分も現在、オーシャンパフォーマーの新しいロックフィッシュ用ワームを何点か試作中です。通用しない状況というのをなるべく打ち消していきたいです。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5/5 シラスミノーLSPで狙う東京湾ボートメバル [釣果報告]

相変わらず尺メバル狙いの熱いゲームが続いている東京湾のボートメバル。GWも釣りまくりのS野さんから釣果報告が届きました。

ボートメバルに行ってきました。
良型狙いからスタート。
定番のチェリーブラッドLL70S(ホタルHGG-Gとゴーストグローイカ)で27cm、28cmの良型メバルをキャッチ!
水面が荒れているときは、チェリーブラッドLL70Sが使いやすいです。

潮止まり前後の活性の低い時間帯は型狙いではなく20cm前後が数釣れるポイントで釣りをしました。
風裏の凪のポイントです。
メバルは水面直下のベイトを意識しているようでした。
シラスミノーLSPの水面直下タダ巻きに好反応でした。
夜光虫がでていたので、メバルのチェイス・バイトが見えてとても楽しかったです。

180506-1.jpg
180506-2.jpg
シラスミノーLSP。典型的なシンペンではシラスミノーLSPほど水面直下をゆっくり引けません。LLF、LSP、LLSはどれもキャラが立っていて、いずれも欠かせないルアーです。

S野さんが使用したシラスミノーLSPはキャスティングさんの特注カラー。横浜磯子店で購入したとの事。ちなみにマットオレンジとマットピンクがあります。今回はマットオレンジが活躍したようです。あえてサスペンドモデルを選ぶところや、その色合いといい、東京湾のメバルゲームをわかっているなぁというスペシャルカラーですね。

自分もGW中に1度くらいはボートメバルに出掛けたかったですが、空いている日に限って強風。もちろんそれでも出艇はするのでしょうし魚も釣れるのでしょうけど、自分は根性無しなので波のない日に釣りがしたい。なかなかそういう好条件と自分のスケジュールがシンクロしませんが、今月中になんとか行ければなぁと思っています。

gill-spiny2.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4月下旬 シラスミノーで狙う東京湾メバルゲーム [釣果報告]

東京湾のボートメバルはまさに尺メバルを狙うのに最高の時期を迎えているようです。この時期はほとんどの人がプラグメインで釣りをしています。

デカメバルトーナメントの首位を走るS野さんから釣果報告をいただきました。今回はシラスミノーシリーズの各種を使い分けてもらいました。

ボートメバルに行ってきました。
メバルプラッキングのシーズン本番です。
トップや水面直下のプラグに頻繁にアタリがあります。
そういう場面でも、プラグならなんでもよいというわけではないようです。
微妙な泳層の違いやアクションの違いによりアタリの数は大きく左右されます。また残念ながら風が強い日が多い季節ですから、ルアーを適切にコントロールするために、いろいろなプラグを使い分けることが多いです。

今回は、水面〜水面直下50cm以内に好反応でした。
しかし食い込みは浅く、乗らないアタリ、掛かってもバラす、反転時に掛かったと思われるスレ掛かりが多発しました。
吸い込みが弱いという雰囲気でした。バチ抜けですかね?
ST-26TNやメバルフックのような細軸・ストレートポイントが刺さりが良くて使いやすかったです。

180503-1.jpg

↑シラスミノーLLS ルミナスバック(改)。風が強いポイント、遠投が必要なポイントはシンキング。油性マーカー(◯ッキー)でイエローとオレンジに塗りました。

180503-2.jpg

↑シラスミノーLLF ゴーストピンク。水面直下のバチをイメージして。フローティングは何も考えなくても水面を引けるので便利です。飛ばないですが...。
泳ぎの性質がLLSと全く違います。

180503-3.jpg

↑シラスミノーソリッド オレンジレモン。重さの割によく飛びます。

この日は強風で風裏のポイントしか撃てなかったようですが、S野さんは最大29.5cm(これをあえて尺と言わないところがさすが)で28尾のキャッチだったそうです。ひたすら釣れている感じですね(汗)

シラスミノーのリップレスシリーズにはフローティング、サスペンド、シンキング、アクリルソリッド(スローシンキング)があります。そんなに要らんでしょ?!シンキングだって水面付近を引けなくないし・・・という人がいるかもしれませんがそんなことはありません。実際に、フローティングの方が断然いいという日はあります。もちろん、サスペンドもそうです。水面下数cm、10cm、20cmで大きな差が出てしまいます。

あれもこれも買って下さいというわけではないのですけど、ボートの乗船代も掛かりますし、せっかくボートに乗るのであれば状況にマッチしたルアーでガンガン釣っていただきたいです。
船に乗ってから「アレがあったら」と思ってもどうしようもないですから。根掛かりによるルアーロストはあまりない釣りなので事前に用意しておくのが吉です。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4月下旬 ヴィヴィッドライブで狙う伊勢湾ロックフィッシュ [釣果報告]

GWも前半が終了。ちなみに自分はひたすらルアー制作に励んでいました。何とかGW後半にはフィールドテスト出来るようにと思っているのですが、間に合うかなぁ?

フィッシングショーの時期も終わり、この春以降はルアーの開発にじっくり取り組めるだろうと思っていたのですが予定外の大きな仕事が入って来てしまって猛烈な忙しさに(汗)。とはいえ新作のクランクベイトは早々にカタチにしたいと思っているので結局はほぼ自宅で開発作業を進めることに。まぁいつものことですけど。
そして予定外の大きな仕事というのは、おそらく近いうちにこのブログ上でも言及することになるのではないかと思います。あまり良い知らせではないです。

そんな折、ライトソルトゲームのユーチューバーM野さんから釣果報告が届きました。今回は動画はないそうなのでご了承ください。4月下旬の伊勢湾ロックフィッシュゲームなのですが、ベイトフィッシュパターンがモロにハマったみたいです。

この度は三重県・伊勢湾までロックフィッシュゲームに行ってまいりました。
このところ、急激に暑くなってきて、日中の気温は20度後半で、夏を思わせる日でした。

その影響で水温も上昇したためか、根魚の活性はすこぶる良かったです。

活性が良いときは、正直なところ、どんなルアーを使っても釣れてしまう場合が多いのですが、それでも、「とりあえず釣れるルアー」と「完全に当たりルアーだからガンガン釣れるルアー」とで明確な差が出るのも事実です。

ロックフィッシュゲームなので、実績のある「根魚大将」を使う予定でしたが、岸近くにボラの幼魚と思われるベイトフィッシュが無数に・・・、

それこそ網ですくえるんじゃないか、と思えるほど大量にいましたので、ここはシャッドタイプの「ヴィヴィッドライブ」の出番かと思い、ヴィヴィッドライブ+2.6gジグヘッドという組み合わせで試してみることにしました。

すると、やはり大正解。

キャスト後、下手にアクションはさせずに、スローに巻いていると、「ドスン!」と明確なアタリがあり、ガシラ(カサゴ)とタケノコメバルが、次々ヒットします。

180430-1.jpg
180430-2.jpg
180430-3.jpg
180430-4.jpg
180430-5.jpg
180430-6.jpg
180430-7.jpg
180430-8.jpg
180430-9.jpg
180430-10.jpg
180430-11.jpg
180430-12.jpg
180430-13.jpg
180430-14.jpg

活性が高いと言っても、ここまで連続して釣れるのは、この日の「完全に当たりルアー」だったのかと思います。

この度はヴィヴィッドライブのおかげで楽しい釣りができました。
ありがとうございます!

関東の感覚だとカサゴ相手にヴィヴィッドライブはデカイんじゃないかと思うのですが、ベイトフィッシュにマッチしているせいなのかこの日の伊勢湾のカサゴは全く関係なしにガッツリ喰ってきたようです。

ちなみに根魚大将に混入させているのは甲殻類系のパウダーで、ヴィヴィッドライブには小魚系のパウダーを混ぜ込んでいます。見た目だけではなくて味も違うというわけです。味覚の点でも、当日の伊勢湾の状況にマッチしていたのかもしれませんね。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4/22 東京湾メバカサ [釣果報告]

全国的にはメバルのシーズンも終盤といった感じなのですが、東京湾のボートメバルは今が最も大型が出る時期ということで盛り上がっているようです。今シーズンのアイランドクルーズデカメバルトーナメントの首位を突っ走っているS野さんから釣果報告が届きました。

潮周りはあまり良くなかったそうですが、それでも大型メバルラッシュ!ヒットすればほぼ26cm超えだったそうです。一方、カサゴの釣れ方もちょっと特徴的な日だったようです。

メバル・カサゴのボートゲームに行ってきました。
まずは良型メバル狙いです。大場所&うねりを考慮してチェリーブラッドLL70Sで狙います。
残念ながら30cm超は叶いませんでしたが、チェリーブラッドLL70S(ゴーストグローイカとチャートオレンジ-G)を用いて、28.5cm, 27.5cm(写真はこの魚), 26cmの良型メバルをキャッチできました。

180424-1.jpg
↑チェリーブラッドLL70Sでメバル27.5cm(口元がはみ出していますが)

最後に壁についたカサゴを狙いました
メバピョンピョン(パールグローSF/PK(ピンク))の2gジグヘッドリグを壁際に落とし込むとイレグイです。やはりメバピョンピョンはメバルだけでなくカサゴにもとても効きます。

180424-2.jpg
↑小さいカサゴもメバピョンピョン!

180424-3.jpg
↑良型の大口のカサゴもメバピョンピョン!!

チェリーブラッドLL70Sは相変わらず大型メバルに効いているようです。東京湾用に派手なカラーを、という要望もいただいていますが、ホタルイカSPという範疇から外れてしまいますね(汗)。そして何より東京湾ボートメバル人口を考えると・・・難しいかなぁ。
今回は尺超えが出なかったようですが、既にオール尺メバルでリミットメイクしているS野さんにはちょっと物足りない結果だったかも?

そしてこの日、カサゴは壁沿いにサスペンドしていたのでしょうか。いつもの消波ブロック撃ちやハードボトム狙いというパターンではなかったようです。こういう時はスピニングが良さそうですね。

例年5月末までが東京湾メバカサのシーズンです。GWはシーズンど真ん中で、狙い目でしょう。

gill-bf.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4/17 スパイニーアックスで攻めるリザーバー [釣果報告]

下町の爆釣王Tさんもようやくシーズンイン!オフシーズンの間、ずっと手を加えてきたアルミボートをリザーバーで浮かべてきたようです。あれこれとボートに手を加えるのもバス釣りの楽しみですよね、お金が掛かりますけど。

2018年4月17日(火) 野ダム 5:00~17:00

天気:くもり/一時強雨 気温:11~15℃ 水温:16~17 風:1~3m 水位:減水 水色:スティン 潮:大潮
状況:小型がネスト・下見・ペアリング、中型以上はポスト?

 今年初のラージ釣りに行ってきましたのでご報告致します。

 朝はいろいろな釣りを試すも全くのノーバイト・・・今年は季節の進行が早いのか、30~40㎝弱の小型がネスト、下見、ペアリング状態であることがわかりました。

 中型以上の魚はもうポストスポーンと思われたのでスパイニーアックスのノーシンカー、ダウンショット、ネコリグなどでスローに攻めるとようやくポロポロと釣れ始めました。

180422-1.jpg
180422-2.jpg

 スパイニーアックスは非常にナチュラルかつ多彩なアクションを演出することができ、渋い時にもとてもよく釣れるワームです!

 比較的硬めの素材でピリピリと小刻みに震えるような動きが魅力ですが、毛力によりしっかりと水をつかみ動かしてくれるのが効くんだと思います。

180422-3.jpg

 ただスローな釣りになりがちなので、自分的にはここ一番の切り札的なワームでもあります。

 今回はワッキースタイルで使用しましたが、針を掛ける位置によって動きがだいぶ異なり、それにより魚の反応も大きく違ったのが興味深かったです。

180422-4.jpg
180422-5.jpg

 本来なら少し深場をスローに釣るのが王道なのでしょうが、場所もよくわからないので浅場を中心に探るとどれも30~38cmクラスの金太郎飴状態です^^;

180422-6.jpg
180422-7.jpg

 ハードベイトやカバー撃ちではほとんど釣れず、サイズもあまり変わらなかったのでむしろ効率が悪く思われました。

180422-8.jpg

 そして昼食をとっていると爆雨が・・・(>_< )でも渋い時ほどこんな雨で激変することがよくあるので期待していろいろ試すも好転することはありませんでした・・・^_^;

 結果今回は30~40cm弱の数釣りで終わってしまいましたが、今年はGW頃には良型の魚も回復しはじめていると思われるので今後に期待ですね!

180422-9.jpg
180422-10.jpg

本日 ラージ:40cm以下×28本

今回は大型は混ざらなかったようですが、これだけ釣れれば楽しいでしょう。

ライトタックルでの数釣り、自分もたまに無性にやりたくなります。でもこれが出来るフィールド、特にラージマウスとなると実現性のあるフィールドってなかなかない。プレッシャーの低いフィールドでアルミボートやフロートチューブを持ち込む人だけの特権かもしれませんね。


(スパイニーアックスアクション動画 by Tさん)

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4/15 チェリーブラッドLL70Sで狙う東京湾尺メバル [釣果報告]

横浜のアイランドクルーズさんで開催されているデカメバルトーナメントで毎年優勝争いに加わるS野さん。2016年は年間優勝、2017年は年間2位という超強者です。

今シーズンも尺超えでリミットメイクを果たし、目下首位!ちなみに数釣りもメチャクチャ上手です。

15日の日曜日、猛烈に風が強かった日だったはずですが、いざ蓋を開けてみれば大型連発の日だったようです。

良型メバル狙いのボートメバル釣りにいってきました。
かなり強風で、楽に釣りができる時間は決して長くなかったのですが(大抵は風との戦いでした...)、少ないチャンスをものにして、30.0cm、28.5cm、28.0cmをチェリーブラッドLL70S(89.ゴーストグローイカ)でキャッチすることができました。

チェリーブラッドLL70Sは、風に負けずしっかり飛び、少々の波風に負けずきちんと泳いでくれるので、厳しい状況を打破するルアーとして欠かせません。

180419-1.jpg
↑28.0cm!

180419-2.jpg
↑ジャスト30.0cm!

チェリーブラッドLL70Sの、イカパターンSPというソルト向きモデルですね。ちなみに色が違うだけで中身はトラウト用と変わりません。その名の通り全長は70mmのシンペンになります。

70mmはちょっとメバルには大きいんじゃないか?という意見があるかもしれませんが、この時期の東京湾ボートメバルでは全く問題ありません。レギュラーサイズもヒットしてきます。

そしてこの日のように強風下のコンディションでは通常の小型プラグではコントロールが定まらず釣りにならないということもあり得ます。そんな時はまさにこのチェリーブラッドLL70Sの出番。持っているとかなりのアドバンテージがあります。

唯一注意した方がいいのは、メバル用のロッドでは柔らか過ぎるということです。7.7gありますから。バスロッドのライトアクション位が丁度良く、むしろその方が尺メバルを障害物から引き離せるので都合がいいとのことです。

自分は昨年28.5cm止まりで尺までは届かなかったんですよね。それにしてもこの時期は色々な釣り物があって迷う・・・

gill-bf.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4/10~14 根魚大将で狙う名古屋港のロックフィッシュ [釣果報告]

先日はルアーニュース誌にも掲載されて、ますます有名になりつつある名古屋港のベイトフィネス野郎ことOKさん。これまでもメーカーさんから声が掛かることもあったようですが、あえてメーカーの看板を背負う事はしないようです。最近はやたらとメーカーに自分を売り込んでくるような人が多い中(経験上、そうした人ほど問題を起こすことが多い)珍しいタイプのアングラーです。

そんなOKさんの最近の釣果報告です。

毎夜、海に出撃しておりますが、南東風が吹き荒れると魚たちの活性が下がるようです。
これは以前から感じていたのですが、諸兄のお話を聞く限り、眉唾ではなさそうです。
しかしながら、タフコンディションの中でも根魚大将は頑張ってくれています!

4/10
180418-1.jpg
180418-2.jpg

4/11
180418-3.jpg

4/12
180418-4.jpg
180418-5.jpg
180418-6.jpg
180418-7.jpg
180418-8.jpg

4/14
180418-9.jpg

昨年より魚が少ないように感じてはいますが、毎年同じ条件を望むのは難しいですね(^_^ゞ
新たなパターンなどを模索しながら、根魚大将と共に快釣したいと思います!

意外にもなかなか釣果が安定しないようです。その要因というのが強風による底荒れではないかとのことです。

理由として底荒れはあるでしょうね。水温や濁りの面でマイナスに働くことに繋がってしまうのでしょう。これは霞ヶ浦水系のバス釣りにおいても痛感することが多い。ただ、昼間の釣りであれば水の色を見て判断すればいい。濁りがキツイ、きっとここ数日の強風によるものだ、となればその影響を受けてなさそうな場所に移動すればいいのですから。
でも、夜の釣りだとその場で濁り度合が把握出来ないこともあり得ます。どの風向き、どの程度の風速でここ数日は風が吹いていたのかをちゃんと認識して場所選びをする必要もありそうです。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4月中旬 メバピンピンで狙う若狭湾のアジ [釣果報告]

今現在、ソルトのライトゲームで一番人気なのがアジです。アジは身近なターゲットというイメージが強いですが、正直なところ東京周辺ではそうでもないんですよねぇ。でもやっぱり全国的には盛り上がっているのは間違いない。

今回はユーチューバーMさんによる若狭湾のアジングです。使用ルアーはメバピンピン。その名の通り本来はメバル用に開発したものではあるのですが、メバピンピン独特の張りが効く時期もあるのだそうです。

最後に動画もあります!

この度は福井県・若狭湾でのアジングでメバピンピンを使わせて頂きました。

メバル用のワームですが、春のアミパターンでは、大きなアクションは、あまり釣れない経験が多いため、ぐにゃぐにゃした一般的なアジングワームよりも、ピンッと張りのあるタイプのワームのほうがアジの反応が良いと判断し、使用ワームはメバピンピンを選択。

カラーはアミパターンを意識して「クリアー/アミ」を使用します。

ジグヘッドはたけちゃんジグヘッド0.9gをはじめ、0.8g~0.6gジグヘッドをローテーションさせてアジの釣れるパターンに対応していくことにします。

そして、日没直後位からエントリーし、19:00過ぎに幸先よく良型のアジが釣れてくれました。

180416-1.jpg

その後、一時的に反応が鈍ったり、パタパタと立て続けに釣れたりしましたので、常夜灯の明かりに集まっているというよりは、回遊ルートの一つなのかと思いましたが、その回遊しているアジを確実にヒットへと導いてくれました。

180416-2.jpg
180416-3.jpg
180416-4.jpg
180416-5.jpg

途中、ガシラも釣れてくれて、本当に万能なワームだなと、改めてメバピンピンの威力を感じることが出来ました。

180416-6.jpg

ガシラが釣れると、アジが釣れなくなる場合があるのですが、最後にもう1尾のアジを追加しました。

180416-7.jpg

メバピンピンは想像以上にアミパターンに対して強力な武器になることが分かった釣行でした。

この度もメバピンピンのおかげで楽しい釣りができました。
ありがとうございます!

【当日の模様はこちら】


メバピンピンはノングローでクリアー系のカラーもありますので、そちらは是非アジングにも試してみて下さい。

gill-spiny2.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 釣果報告 ブログトップ