So-net無料ブログ作成
検索選択
釣果報告 ブログトップ
前の10件 | -

5月中旬 メバピンピンで狙う三河湾のメバル釣り [釣果報告]

ライトゲームユーチューバーのMさんからメバピンピンでのメバル釣果報告をいただきました。

今回も、動画有り!

出張中に立ち寄った三河湾の漁港が当たりだったようです。自分も出張に行く時は水辺の近くを希望したいものです(笑)。

この度は5月初旬、出張でふと立ち寄った愛知県・三河湾、某漁港でのメバリングに行ってまいりました。

釣り始めたのは夕食後の20:30過ぎ。

とりあえずメバリングの定番ポイントである「漁港の常夜灯周辺」を狙います。

漁港の常夜灯周辺は、サイズはあまり期待できませんが、数釣りが楽しめますし、何より安全に気軽に楽しめるので初心者の方にはお勧めの場所かと思います。

使用ルアーは「メバピンピン」に0.8gジグヘッドをセットしたもの。

メバルは常夜灯の明かりと岸壁によって形成された明かりの明暗部に待機していることが多いため、沖に向かって斜め横にキャストします。

着水後、数秒フォールさせリーリング開始。

基本的なアクション方法は「ただ巻き」です。

メバピンピンが明かりの明暗部に差し掛かろうとするときに「トゥン」というアタリ。

軽く合わせると、きっちりフッキングしました。

170521-1.jpg

20cm未満の小さめのサイズですが、漁港ならではの平均的なサイズでしょうか。

場所によっては漁港の常夜灯周辺も大きいサイズのメバルが釣れることがあるので油断は禁物です。

といっても、このポイントでは20cm未満ばかりでしたが・・・。

170521-2.jpg
170521-3.jpg
170521-4.jpg
170521-5.jpg
170521-6.jpg

しかし、出張でふと立ち寄った漁港で数釣りは楽しめたので良しとしましょう!

この度はメバピンピンのおかげで楽しい釣りができました。
ありがとうございます!

【当日の模様はこちら】


Mさん、ハイペースでポンポン釣ってますね。

ソルト系雑誌に代表されるメディア関係がメバル釣りを取り上げるのが晩秋~初冬にかけての時期なのでメバル釣りというと冬の釣りというイメージが強いのですが、Mさんもおっしゃっているようにメバルは4~6月がベストシーズンです。ナイトゲームでも真冬のように寒さの中での釣りではありませんからより気軽に楽しめる釣りと言えるはずです。

とりあえず海辺が近い出張の際はメバピンピンをお供にどうぞ。

gill-mossa.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5月中旬 根魚大将で狙う伊勢湾ロックフィッシュ [釣果報告]

今回もOさんからの伊勢湾ロックフィッシュ報告です。ここのところ根魚大将に追加された新色を愛用されていたOさんですが、今回はあえてナイトゲーム定番のグローカラー、アピールカラーでその結果を再検証されたようです。

今回は根魚大将の定番カラーを手に、伊勢湾の根魚を狙いに行って参りました。

170518-1.jpg
170518-2.jpg

潮止まりのカサゴ連発から始まり、終始、根魚大将の独壇場となりました(笑)。

170518-3.jpg

伊勢湾ではなかなか良いサイズのタケノコメバルも釣れ、根魚大将のポテンシャルが全開です(^-^ゞ

そして。。。キジハタシーズンも目前です!
キジハタ狙いの釣行でも、根魚大将と共に駆け回りたいと思います!

根魚なんてどんな色でも釣れるよ、という意見があります。確かに、何色を投げても釣れてしまう時というのはあります。でも、毎回そうとは限らないように思います。

自分もカサゴ狙いにおいて、ある時はオレンジばかりが当たるのにグローカラーはサッパリ・・・という経験をしていますし、その逆の時も経験しています。夜間の釣りなので水の濁り具合だとかベイトフィッシュの量だとか、そうした状況の違いというものが今一つわかりにくいこともあってどんな時にオレンジが良く、どんな時にグローがいいのかというのは自分は理解出来ていません。

ただ、最低でも3色程度は試してみて、どの色に一番反応がいいのかを掴むことは大切かな、と感じています。根魚大将のカラーであれば
01.ナチュラルグロー(全体が強く発光する)
02.ピンクグロー(全体が淡く発光する)
04.オレンジ・ゴールドフレーク(夜光ではない派手系)
ナイトゲームであれば、とりあえずこの3色を持っておけばどれかは当たると思っていて大丈夫だと思います。

P.S. 明日から岩手入り。ロックフィッシュと遊んできます。3,4日ほど更新がありませんのでよろしくお願いします。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5/14 東京湾メバカサ便・2 [釣果報告]

昨日は5月14日のアイランドクルーズさんでのメバカサ便釣行の事を掲載しましたが、その時に同船していたSさんからも写真と報告を頂きました。

特定のルアーをやたらと持ち上げるような内容でしたから私の釣行記だと思いっきり嘘臭く感じられるでしょうけど(笑)Sさんの釣行記を読めば嘘じゃないことがおわかりいただけることでしょう。

ボートメバル乗合に行ってきました。
マリーナに着くとIKE-Pさんが! 久々にIKE-Pさんと同船しました。

はじめのポイントに着くと、すぐにIKE-Pさんがメバルを連発!
ルアーを教えていただくと「チェリーブラッドLL70S ホタルイカパターンSP」とのこと。
私もこの「チェリーブラッドLL70S ホタルイカパターンSP」に交換すると連発開始。
泳層が合っていたのだと思います。
「チェリーブラッドLL70S ホタルイカパターンSP」は70mm, 7.7gでメバル用ルアーとしては大きめですが、このとき連発したのは平均20cm程度のレギュラーサイズ。

170516-1.jpg

デカルアー=デカメバル専用というわけではありません。

その後、ポイントを転々としましたが、いずれのポイントでも表層系プラグに好反応でプラッキングメバルを楽しむことが出来ました。

前半で数釣りを満喫できたので、後半は大型狙いへGO!
結果、船中、25cm超〜尺超えまでを複数キャッチすることが出来ました。
私も今シーズン初の尺超えを「チェリーブラッドLL70S ホタルイカパターンSP」(87.ヨザクラ-G)でキャッチできました。
このヒットルアー、実は、出船前にIKE-Pさんから頂いたもの。
尺超えだけでなく25cm超もキャッチでき大活躍!本釣行のMVP!
本当にありがとうございました。

「チェリーブラッドLL70S ホタルイカパターンSP」は太軸で大きめのフック(ST-36 #10)ですから、尺超え相手にも安心して強気でやり取りできました。

このルアーは7.7gもあるため、通常のメバルタックルには重すぎます。
10g程度まで投げられるプラグ向けのバスロッドやトラウトロッドが向いていると思います。
今回私が使った「チェリーブラッドLL70S ホタルイカパターンSP」を含むプラグ用タックルは次の通りです:
ロッド/6'6" Lバスロッド
リール/2500番スピニングリール
ライン/フロロカーボン3.5lb
リーダー/フロロカーボン6lb
プラグ全般用に用意したタックルで、35〜80mmのプラグを投げるため、ラインは少し細めです。

メバルはシーズン終盤ですが、シーズン最後まで「チェリーブラッドLL70S ホタルイカパターンSP」などのプラグで良型を狙おうと思います。

ちなみに今回Sさんが釣り上げたメバルは31.5cmでした。この魚、今期のアイランドクルーズデカメバルトーナメントの現時点での最大魚になります。そしてこの日の釣行で入れ替えをしたことで、Sさんは首位の人と1.2cm差の2位に付けています。5月31日で終了となるデカメバルトーナメント、最後にSさんの逆転はあるのかな?!

これだけ釣れているのにメバカサ便が5月末で終了だというのは勿体ないという人もいらっしゃると思います。その場合は、仲間を集めてチャーターという手段はあるみたいです。一体いつ頃まで釣れ続くものなんでしょうねぇ。

ks-vspec.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5月上旬 根魚大将で狙う伊勢湾ロックフィッシュ・3 [釣果報告]

またしてもOさんからの伊勢湾ロックフィッシュ報告です。ちなみにOさん、GW中はほぼ毎日釣りに出掛けていたとか。メチャクチャうらやましい!!!自由の身になりたい!!!(笑)

さて、今回は伊勢湾でコンスタントに釣れるカサゴ、タケノコメバルではなく、遂にクロソイの登場です。もちろん東北ではポピュラーな存在ですが、伊勢湾のクロソイはまずまずの価値があると思います。

本日も根魚狙いで伊勢湾に釣行致しました。

相棒は勿論、伊勢湾御用達の根魚大将です(笑)。

良いサイズを釣りたい!
という事で、今回は水中で大きくアピールする事を心掛け、スイミング気味に泳がせてみました。

そして。。。作戦は大成功!!
近頃では良いサイズのクロソイに出会う事が出来ました(*^^*)。

170513-1.jpg

スイミングを意識しましたので。。。
カラーは勿論、ピンク/シルバーを選択です。

小さなボディにピンクとクリアの2色、おまけにラメをあしらった贅沢仕立て(笑)。

スイミングさせるとヒゲの部分がやたらと動き、ラメのフラッシング効果も絶大!
まるで小魚です(笑)。

最近は新色ばかりに頼っていましたが、次回は定番のカラーを使用しての釣行にチャレンジしたいと思います!(^-^ゞ

そうそう、ロックフィッシュってボトムの根周りを探って釣るイメージがありますが、ナイトゲームで狙うクロソイは比較的浮いている印象が強いです。ピンポイントを狙うと、着底前に喰っているなんてことが多い。Oさんはスイミング気味に泳がせた誘ったとのことで、その攻略が見事にハマった印象ですね。

来週は自分も岩手でロックフィッシュゲームを堪能してくる予定。昨年はクロソイを二桁釣ることが出来ました。さすがに毎回そこまでの結果は出ないかもしれませんが、記憶に残る魚が釣れるといいなぁ。

gill-spiny2.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5月上旬 根魚大将で狙う伊勢湾ロックフィッシュ・2 [釣果報告]

本日もまたOさんからの釣果報告です。ふと、このブログはもうOさんに明け渡しても良いのではないか?と思ってみたり(笑)

今回は休みを利用して伊勢湾に根魚を狙いに行って来ました。

使用したワームは勿論、根魚大将です。

伊勢湾の根魚と言えば、カサゴ、タケノコメバル、クロソイが主となります。

大型の個体は少ないですが、数釣りだけは楽しめます(*^^*)。

そんな数釣りの釣行にマッチするのが根魚大将だと思います!

私の通うポイントにはフグなどの餌取りが居ないので、よくアクションするのに丈夫なマテリアルの根魚大将が、更に良い釣果をもたらしてくれます(*^^*)。

例えるならば、破れない金魚すくいの網?!(笑)

愛知県内の有名チェーン店には、多彩なカラーと在庫を豊富に取り揃えられている店舗もあります!

伊勢湾で根魚を狙う方にはオススメです!(^-^ゞ

前置きが長くなりましたが、気になる釣果は。。。?!

勿論、絶好調でした!

170510-1.jpg
170510-2.jpg
170510-3.jpg

ボトムを攻めて良し!
スイミングさせて良し!
の根魚大将、今回も大活躍でした!

ロックフィッシュの数釣りだなんて羨ましい限りです。関東だったら沖提に渡るかボートに乗らないと無理ですね。会社帰りのチョイ釣りだなんてとてもとても・・・。魚種が多いのも楽しみの1つなのではないでしょうか。

確かに根魚大将2.8インチは小型ロックフィッシュの数釣り向きだとは言えるでしょう。20cm程度の小型魚でも普通に釣れますから。

でも秋には、根魚大将のサイズアップ版の発売も決定しています。本当はハタ類のシーズンインに合わせたかったのですが、アイナメやソイの秋のシーズンには使えるでしょう。これからはロックフィッシュ用のアイテムも増やしていきますのでご期待下さい。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5月上旬 根魚大将で狙う伊勢湾ロックフィッシュ [釣果報告]

またまた仕事帰りに伊勢湾に通うOさんからの釣果報告です。前回は、潮が動かなかったけれどもカサゴが釣れたという内容でしたが、やはり通っていると潮が動く日の方が断然釣れるようです。今回はそんな好条件の日に釣行することが出来たようです。

今回もいつもの伊勢湾へ根魚大将と共に行って参りました。

潮はそこそこ動いているようで魚の活性も高めです。

最近はダウンショットリグの使用頻度が下がり、ジグヘッドリグでの釣行が多くなりました。

ポイントによって適合する仕掛けを替えることの大切さを実感しています。

170509-1.jpg

さて、肝心の釣果ですが、1尾目は活性の高さからか、根魚大将のピンク/シルバーを丸呑み!

170509-2.jpg

カラーを替えてもすぐバイトがありました。

根魚大将、マテリアルが根魚にマッチしていて繰り返し使用しても平気です(*^^*)。
私が最近、気に入っているポイントでは根掛かりも少なくロストも殆ど無いため、根魚大将1つで10尾くらいは余裕で耐えてくれます(笑)。

コスパにも優れた根魚大将、大きな魚も小さな魚も何でもござれで大助かりです!

シーズンオフが近いとは言え、まだまだ好調の伊勢湾、今後も根魚大将と共に走り回ります!(*^^*)。

1投目からヒット、しかもワームを丸飲みというのは活性が高い証拠ですね。さぞかしアタリも明確に出たのではないでしょうか。

ワームの耐久性に関しては、ジグヘッドリグで使うとなおさら保ちがいいはずです。テキサスリグやダウンショットではフッキングの度にフックがズレるのでフックに接する部分が痛んできますが、ジグヘッドリグの場合はそれがないので相当使えますよね。

ただ、小さくて(フックサイズも含めて)重くて、多少のスナッグレス性能があって、というジグヘッドがなかなかない。まぁ、水深の浅い場所であれば3g程度のジグヘッドでも何とか使えるのですけど。良いジグヘッドがあれば、さらにもっとジグヘッドリグの守備範囲が広がると思うんですけどね。

ks-bf34.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4月下旬 メバピョンピョン好調の東京湾メバルゲーム [釣果報告]

ソルトルアー系雑誌のパターンとして、晩秋~初冬にかけてメバルの特集が組まれることが多いです。年明けにかけては新製品関連、春先になるとバチ抜けシーバスといった感じでしょうか。

なので、メバル釣りというのは冬の釣りというイメージを持たれる方が多いと思います。でも東京湾で言えば4~5月がベストシーズンとのことです。もちろん寒い時期にも釣れますが、多少深いレンジでのワームの釣りが主体でサイズも大型はさほど混ざりません。それが今の時期ですと、レンジが上がるのでプラグの釣りが効果的になり、メバルのサイズも上がります。尺前後のメバルを釣るには今が狙い目のようです。

以上、私の経験論ではなくアイランドクルーズの須江キャプテンに教えてもらっただけなんですけどね(笑)。そんな須江キャプテンから最近の東京湾メバカサ便の近況を教えていただきました。

春になって、バスもハイシーズンを迎え、そわそわしている今日この頃ですが、メバルがハイシーズンを迎えかなり釣れてきましたので、報告させていただきます。

例年、4月に入るとハイシーズンといわれる東京湾ボートメバルですが、今年はシーズンインが遅く4月半ばになってやっとハイシーズンらしい釣れ方になってきました。とはいえ、毎週毎週強風の日々で、正直釣りづらい夜を過ごしております。

ハイシーズンのメバル釣りといえばプラグの釣りです。しかし、今年は風が強い事が影響してか、プラグの釣りが成立する場面が少なく、ワームの出番がいまだに非常に多くなっています。

170506-2.jpg
170506-3.jpg

という事で、メバピョンピョンが活躍中です!投げて巻くだけ、もしくは落とすだけで釣れてくれるメバピョンピョンは、操船中でも釣れてくれるので非常に助かります!笑
この日はメバピンピンよりもメバピョンピョンの方が反応が明らかによく、色もピンクが良かったです。やはり日によって、メバルの好みはありそうです、たまたまかもしれませんが。

170506-1.jpg

なかなか強風の時は行けないことが多いカサゴですが、行けば安定の釣果になってきました。(少し前は、全然釣れなかったのですが・・・)釣れているのは、安定の根魚大将テキサスリグです。カサゴを釣るならこれだけ持っていれば良さそうです。個人的には、ダウンショットやジグヘッドよりもテキサスの方が、根がかりも少なく釣りやすいと思っています。テキサスリグは、バス釣り出身者のウケもいいのが特徴です。笑

お忙しいのか、強風予報を見てなのか、最近お会いできていませんが、5月一杯くらいがメバルのシーズンですので、是非遊びに来てください!強風予報の日は、やはり予約が少なめですので、意外とやりたいことができる事もありますので、考え方によってはおすすめかもしれません。ちなみに北風なら結構風裏があります、カサゴもできます笑

お待ちしてます!

いやいや自分、丁度須江キャプテンからメールもらった日も乗船申し込んだら、もう満船とのことで釣行断念していますから。ちょっと前にも満船で断念した日があります。アイランドクルーズさんに遊びに行く気はちゃんとあるんですよ(乗船申し込みはE社長宛てなので、須江さんは自分が乗船しようとしていたのを知らない)。

何せ最盛期を迎えて大人気のメバカサ便、自分は当日に強風が吹かないことを確認してから申し込みをしているのですけど、それではもう遅いようです。

メバル用のワームというとメバピンピンのようなピンテール形状がスタンダードだと思うのですが、むしろダートタイプのメバピョンピョンの方が効いているというのはちょっと意外な気もしました。

須江キャプテンがロッドを振る時というのは複数名のお客さんが前方で釣りをしていると思います。つまり、何名もの人が流した後に投げている。多くの人はピンテールタイプのワームを投げているでしょうから、それに反応しなかった魚がメバピョンピョンで釣れているのかもしれませんね。これはボートでの釣りですが、岸釣りなどでハイプレッシャーのフィールドなどでは同様にメバピョンピョンが効果的な場面はありそうです。

ところで、須江キャプテンがブログを開設したようなので紹介します。
「須江のブログ」
もうちょっとタイトル捻れなかったんですか(笑)?

ks-vspec.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5月初旬 根魚大将で狙う伊勢湾ロックフィッシュ [釣果報告]

今回もOさんからの伊勢湾根魚報告です。

釣行日は5/2とのことですがお仕事帰りの釣行とあります。私もそうですがOさんも夢の9連休組ではなかったようです(笑)

仕事帰りに根魚狙いで伊勢湾ナイトゲームに行って参りました。

短時間勝負と決めて行きましたが。。。

ポイントに到着すると、満潮時の潮止まりで活性が低いようで。。。

リグをダウンショットからジグヘッドに替え、ボトムを意識しながら引くと。。。

やっとアタリが出ました!

170504-1.jpg

上がって来たのは、潮止まりの王者、カサゴです(笑)。

170504-2.jpg

根魚大将をカラーチェンジして。。。再びカサゴです。

潮が動き出すのを待てず、今回はこれにて退散致しました。

やはり、潮が動くというのは大切ですね(*^^*)

次回はじっくりと釣行したいと思います。

今回は潮止まりでタケノコメバルやクロソイは出ず、カサゴのみの釣果だったようですね。

Oさん曰くカサゴは潮止まりの王者だそう、自分もそう思います。東京湾のメバカサボートゲームもメバルを本命にしつつ、潮止まりの時間帯をカサゴ狙いに充てることがほとんどです。その方が時間に無駄がないということですよね。

シーバスを始め、海の魚は潮止まりになると途端に釣れなくなるものがほとんどです。そんな中、潮止まりでもしっかり釣れるカサゴは本当に貴重なターゲットだと思います。シーバス狙いでも、メバル狙いでも、本命のアタリが途絶える時間帯にも釣りを続けていたいと思ったら、カサゴ狙いにスイッチするのは絶対アリだと思います。

gill-spiny2.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4月下旬 根魚大将で狙う伊勢湾ロックフィッシュ [釣果報告]

先日、伊勢湾をホームとするOさんが尺クラスのクロソイを釣り上げました。

170429-1.jpg

東北であればまさしも、伊勢湾ではなかなかのサイズではないでしょうか。が、この際はチヌ狙いで黒鯛大将を使っていたとのことで残念ながらある意味、本命ではなかったのです。

けれどもそれだけのサイズのクロソイなんて本命として狙う価値は充分あるでしょう。

ということで、根魚大将を携えて良型のクロソイを求めて釣行されたようなのですが、なかなか上手くはいかなかったようです。

今回もいつもの伊勢湾に根魚を狙いに行って参りました。

もちろん、使用ルアーは[根魚大将]です!

大潮の満潮時のエントリーで潮止まりから下げ始めを狙いました。

ジグヘッドをボトムから少し浮かせ、スイミング気味に、根魚大将をしっかりアクションさせるイメージでリトリーブしますと。。。

可愛いらしいタケノコメバルとカサゴが釣れました。

170429-2.jpg
170429-3.jpg

残念ながら、今回はお目当てのクロソイは釣れませんでした。
どうも自分は狙うと釣れないアングラーのようです(^-^ゞ

次回もスイミングを意識してチャレンジしたいと思います。

もちろん、タケノコメバルやカサゴも根魚ですから本命のうちには入るでしょう。関東ではカサゴですらなかなか釣れないというのが現実なのでうらやましいです。

最近、関東では夜間になるとやたらと風が強くて海には行けなかったり、無風が予想される日にはメバカサ乗合が満員で乗れなかったりと、なかなか海には行けず根魚のバイトが恋しくなってきました。ただ、5月の下旬には毎年恒例の岩手訪問を予定しています。今回は例年以上に釣りには時間を割くつもりでいるので、今から楽しみです。

gill-mossa.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4/25 パフォーマンスベイトで攻める霞水系 [釣果報告]

てっきり鯰人(なまんちゅ)に鞍替えか?と心配もしたのですが、8ヶ月ぶりにバス釣りに復帰した下町の爆釣王Tさん。長期のブランクも感じさせずに霞水系で釣りまくりのようです。

2017年4月25日(火) 霞ヶ浦 5:00~8:00、9:00~17:30

天気:晴れ 気温:8~22℃ 水温:14.5~21℃ 風:1~6m 水位:普通? 水色:マッディー 潮:大潮
状況:中サイズはプリ?大きいのはアフター?

諸事情もあり、8ヵ月振りとなるバス釣りに行ってきました。今回は霞本湖と流入河川での釣りです。

170427-1.jpg

最初は小規模河川に行くも水の悪さが気になります。単に雨の濁りといった感じではない泡ブクブク状態です。アシ撃ちをするも全く釣れないのでルアーをサイズダウンして『テンタクローラー』(コーク)のジグヘッドワッキーに、釣り方もアシ撃ちから少し離れたブレイク狙いにチェンジすると30半ば位ながら無事今年の初バスをGETすることができました!!

170427-2.jpg

同じ釣り方でベイビーな子も1匹追加!やはり食い渋りの時にはボリュームが少なく、一か所で複雑なアクションが出せる『テンタクローラー』は有効ですね!しかし、後が続かず霞の別のエリアに移動するべく船を上げていると、地元の人がやはりもうここは田んぼの代掻きが入っていると教えてくれました。

170427-3.jpg

というわけで代掻きの影響がないエリアまで車で移動、先程のエリアよりも全然ましな水です。そして水深のある倒れたアシに『BFシュリンプ3.4"』(レッドクロー)の7gビフテキリグを滑り込ませると、ラインが重々しく横にスライドしていきます!しっかりとフッキングを決めるとなかなかの重量感、コンディションのいい46㎝を釣ることができました!

170427-4.jpg
170427-5.jpg

今まで『BFシュリンプ3.4"』はすり抜け性能抜群なジカリグで使うことが多かったですが、今回は時期的にすり抜け性能に食わせの要素も意識してビフテキリグで使用しました。案の定すり抜け性能も良好なうえ、よりガップリと食わせることができたと思います。

170427-6.jpg

暫く同じように倒れたアシをランガンしながら釣っていくと、さらに2本追加することができました。いずれもアシ際に『BFシュリンプ3.4"』を落としてすぐにラインが走るような当たりなので活性は低くはないようです。

170427-7.jpg
170427-8.jpg

夕方に近づき風も吹いてきたので風の当たるアシ+チョコレート護岸をクランクで攻めると友人と共にポツポツと釣ることができました。

170427-9.jpg

最後は前回釣れなかったものの、かなり可能性を感じたエリアにロングドライブです。やっぱり霞水系は広大なエリアを走り回って釣りをするのも大きな魅力の1つですね♪

そして、狙いの人工の壁にガレ場が絡むスポットに着き、この水系で最も信頼しているベビーファットイカ(パンプキンペッパー/チャートリュースペッパー)逆刺しを壁際に落とし、数度バックスライドアクションを繰り返していると、コンッ!というバイトの後にラインが走ります!ナイスファイトをいなしネットに収まったのはグッドコンディションの40㎝でした!

170427-10.jpg
170427-11.jpg

そしてリリース後同じスポットに投げるとまたもやコンッ!といいバイト!同サイズの魚を追加することができました!もう少し水深があればよりスライド幅の広いファットイカを使いたいところですが、このような激浅なポイントではスタックしづらくフッキングミスの少ないベビーファットイカの方が好みです。

170427-12.jpg
170427-13.jpg

今回はエリアによって魚の活性が大きく異なっているように感じました。特に今時期は産卵や田んぼの影響でその差が顕著にでるのかもしれませんね。いろいろとエリアを変えることによって簡単に釣れる魚を探し、それでもどうしても食わなければ、パフォーマンスベイトの出番ですね!(笑)

本日 ラージ:45up×1本・40up×2本・40cm以下×5本 total 8本

Tさんの釣果報告を読んで、霞ヶ浦釣れてるじゃん!と思って楽勝ムードで行くときっと痛い目に遭います。先週の週末に行われていたトーナメントにしても、上位陣のウェイトは凄いですがリミットメイクできている人は少ないです。

今は確かにプリスポーニングとアフター(ポスト)スポーニングが混在していると思います。難しい時期ではありますが、自分自身の読みが試されるという意味では面白いとも言えます。本湖と流入河川でも季節の進行度合いは違うでしょう。

クランクベイトでも釣っていますが、使用ルアーがファッツオーというのがいいですね(笑)。なんでもTさん、最近はオールドストームルアーの収集にもハマッてしまったようです。

ちなみにファッツオー、色にもよるみたいですが最近では1万円近いプレミア価格で取引されているものまであるのだとか。昔、まさかファッツオーに希少価値が出るなんて誰も想像しなかったですよねぇ。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 釣果報告 ブログトップ