So-net無料ブログ作成
検索選択
釣果報告 ブログトップ
前の10件 | -

2月中旬 メバピンピンで狙う越前海岸のメバル釣り [釣果報告]

冬の日本海、それも夜となると半端じゃなく寒そうですが、そんな中でも越前海岸にメバル釣りに通う珍士さんからまたまたメバピンピンでの釣果報告をいただきました。

前回はかなり苦戦されていたようですが、今回はこの寒さの中でも越前海岸のポテンシャルが垣間見える釣果が得られたようです。

池島さんこんにちわ。
珍士です。

早速ですが、メバピンピンの釣果報告を致します。

釣行日:2月中旬
場所:福井 越前海岸 漁港の外側
気温:1℃(さむいっす)
水温:9℃(さむいっす)
波:1.5m程度のウネリあり
水質:ステインクリアー
釣果:メバル8匹(うち一匹他社ワーム)
タックル
ロッドベイライナーCF BL-68SL/CF
リール:月下美人2004
ライン:フロロ2.5lbs
ルアー:メバピンピン(#04)+ジグヘッドタケちゃん1.2g
     メバピンピン(#04)+尺ヘッド0.9g(アワビチューン)

二月中旬の平日の夜、4時間程度釣りに行ってまいりました。
現地に着くと平日の夜にもにもかかわらず、ヤリイカ狙いアングラーの赤と緑のLEDウキが海に浮き堤防が賑わっていました。
ここでは釣りが出来ないので、お話を伺うと状況は宜しくなく二時間で1匹しかイカが釣れていない。また今は潮が止まりまったく釣れていないとのでした。
メバルも釣れないことは無いでしょうが、結構厳しい釣りになると思いつつイカ釣りアングラーさん達からわかれ釣行開始!

情報通り、まったく流れがありません。メバルの活性も宜しくない様子。
水温低下の影響を受けるシャローエリアから、飛ばしウキを用いて水温が安定していそうな遠投し探ってみても無反応。しばらく寒さに耐えつつ探しの釣りを行っていました。
この間、2時間程度飛ばしウキを使用し釣りを行いましたがまったくつれません。
しばらくしてなんとか飛ばしウキで一本を他社ワームで釣りましたが・・・・この釣りはこの時期にこう言う釣りは向いていないと実感しました。

これまでに表層付近は居ない、釣りにくいと判断できましたので底方向をメバピンピン(#04)+タケちゃんジグヘッド1.2gで探りを入れしばらくするとコッっという感触が手元に伝わり小さいですが何とか2本目を追加できました。
アタリからするとやはり渋いんだと思います。
魚が居たのは中層より下のレンジ、藻の存在を感じる付近でした。ただどこでも良い訳ではないらしくカレントを感じる藻場付近に居る模様。追いかけてくるというより、目の前付近を通してあげてフォール中にリアクションで取るといったような感じでした。

ここで魚の居るところがわかったので下記の比較検証行ってみました。

藻に引っ掛けて釣るのにはどのセッティングが良いかの検証
①メバピンピン(#04)+ジグヘッドタケちゃん1.2g
②他社2インチワーム+メバル流弾丸1.3g
③メバピンピン(#02)+Jazz尺ヘッド0.9g
170221-1.jpg
170221-2.jpg
170221-3.jpg
170221-4.jpg
170221-5.jpg
170221-6.jpg
170221-7.jpg

私の感覚になりますが結果として
①はやはりベストバランス。藻に引っかからない訳ではなく、藻からはずし易くその後フォールさせやすいといった印象。
②は藻に引っかかりすぎて不向き。
 おそらくロングシャンクの細軸ということで魚が乗りやすい分、藻に掛ける釣り方は本引っかかりしすぎ不向きでした。
③は良い感じです。ナイトなのでダート性能はわかりませんが、①同様に藻から外しやすく釣りが成立しました。

検証から、メバピンピンはショートシャンクフックであればどのメーカーのジグヘッドを使用しても釣れる。
ただし、私の藻に引っ掛ける使い方において①と③においては①にアドバンテージがありますよ。 ①と③重量を除いた違いですが、先端形状の差で外しやすさに影響があるのかな?と思っておりますが・・・・まだよくわかっていません。
この件は次回以降、何が違うのかの検証も引き続き行っていこうと思います。

池島さんには申し訳ないですが、この日は1.2gよりも0.9gのほうにアタリが多かったので③の釣果が6匹です。
不思議なもので、やはりメバルにも好みがあるのかたった0.3g程度の差でもフォールスピード等に影響があるのかアタリの数が変わることにジグヘッドの重さって重要な要素なのだなと思いました。

今回は釣行時間短めでしたので釣果的には全8匹です。
最初から飛ばしウキで遊んでなければもっと釣れたはず・・・・・・・すいません。。。。

厳しい状況下ですが、メバピンピンよく釣れますよ!
今回は文章増えすぎるので、次回の釣果報告の際に報告させて頂きますが・・・・・

実は『メバピンピンでなければ釣れなかった状況がでました!』
(他社ワームでアタリなし。メバピンピンだとアタリが出る=釣れるということです。)
まだワンシーズン通して使用しておりませんが、この極寒気で釣れているルアー=強いなので今後、私のメバルを釣るために必要なルアーとして使用させて頂くのは間違いないです!!

今後もメバピンピンを使用してメバルを釣るのはいうまでもありませんが、池島さんも知らなかった!と思うようなメパピンピンの隠れた性能を探しつつメバル釣ってきますね(゜∀゜)ノ
では、簡単ではありますが釣果報告とさせて頂きます。

珍士

メバル釣りはバス釣りほどリグの選択肢が多い釣りではありません。ワームの形状も似通っているし、あとはジグヘッドリグ、距離を出したい時はフロートリグが思いつきますけど、挙げられるのはその程度でしょう。

けれどもその限られた選択肢の中で、しっかりとリグやワーム、ジグヘッドの種類までを使い分けることで差が出るのも間違いないようです。

自分もこれまで幾つもワームを開発してきたのですが、製品化されて発売されると自分が思いもつかなかった方法で釣果を上げるという人は確かにいます。そうした報告を頂けるのも開発者としては結構楽しみだったりします。メバピンピンはシンプルな形状ですしサイズ調整も出来ることから、自分の想定外の使い方もあるかもしれません。

珍士さんはリグ毎の特徴を把握しながら使い分けているようですから何か面白い釣り方を見出してくれそうですね。

gill-spiny2.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2/12 メバピンピンで狙う東京湾のメバル釣り [釣果報告]

昨年度のアイランドクルーズデカメバルトーナメント優勝者のSさんからメバピンピンでの釣果報告をいただきました。東京湾でもメバピンピン爆釣中のようです。

昨晩もメバカサ乗合に乗ってきました。
たまたま乗客が私一人だったので、須江船長のガイドで、良型狙いのメバル釣りを楽しみました。

今回は、タナが浅くタダ巻きが有効でした(前回は、タナが深くカーブフォールが有効でした)。
シャッドテール系とピンテール系では、今回は、ピンテール系の方がアタリが多かったです。
メバピンピン(04オレンジグロー/CR、07クリアー/PKグロー)で、20〜27cmを10匹程度キャッチ、他のワームの釣果も合わせると、最大28cmで計18匹キャッチでした。

170213-1.jpg

写真の1匹は、23cm程度だったと思います(前回はクリアー/PKグローの写真だったので、今回は新たに入手したオレンジグロー/CRの写真を送ります)。
(27cmは、ルアー付き写真はありません...。)

良型の写真を撮れたら、また送ります。(めざせ尺メバル...!)

Sさん、ご自分ではライトゲーム歴はさほど長くないと謙遜されるのですが、同船すると釣っていくペースが尋常じゃない(汗)。振り向くとロッドが曲がっているという感じです。

通常メバルをルアーで狙うとなるとさほど多くの種類のルアーは使わない人が多いと思います。特にワームに関してはほとんどの人がピンテールオンリーなのではないでしょうか。Sさんの場合はとにかく持ち駒が多い。シャッドテールも使うし重めのジグヘッドも使う。それらを状況やポイント毎に的確に使い分けて結果を伸ばしていくという印象です。

そんなSさんがこの日の状況に合っていると判断したメソッドはメバピンピンのただ巻きだったようです。サイズも数も素晴らしい!

この土日、風さえ弱ければ自分もメバカサ便に乗りたいなぁと思っていたんですよね。何度も天気予報を見返していましたが、断念しました。200psを積んだマイボートを持っている人間が言うのも何ですけど、結構揺れには弱いもので・・・

ks-vspec.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2月上旬 メバピンピンで狙う越前海岸のメバル釣り・2 [釣果報告]

寒気の影響で北陸地方の積雪も凄いことになっているようです。とても魚釣りどころではない状況なのではないでしょうか。

今回、珍士さんからメバピンピンによる越前海岸でのメバルの釣果報告をいただきましたが、これは大雪が降る前の釣果だそうです。ただ気温は猛烈に低いようで、0度前後の中での夜釣り!!メチャクチャドMな釣り(笑)。でも自分も似たような場所に住んでいたとしたら、魚が釣れるとなれば寒かろうと行ってしまうんでしょうね。

日付:2月上旬

場所:福井県 越前海岸エリア

使用タックル
ロッド:ベイライナーCF BL-68L/CF
リール:08月下美人2004
ライン:フロロ2.5lbs
ルアー:メバピンピン04+ジグヘッドタケちゃん1.2g

釣り場とても寒いですw
いよいよ日本海の冬の本領発揮というか連日の高波と気温低下の影響からかメバルがとても渋くなってきてしまいました。
この釣行した日は風は1m/s程度の曇り晴れという天候だけはマシな方でしたが、波浪警報がでておりショア側にもウネリによる波が入っている+道中電光掲示板の表示温度は1℃、水温を計測すると一桁代の9℃でした!! 
釣るにはとても厳しい状況でして、まず、困ったのが以前より「ここに居る」というところにまずメバル含め魚が全くいませんでした。
ウネリと気温低下により深場に魚が移動したのと、プリスポーンの影響からかいつもであれば居る場所に全く魚がおらず大苦戦しました(´ω`)
170212-1.jpg
170212-2.jpg
もう通常の釣りをしてもメバルは喰ってこない状況と判断し、リアクション狙いの釣りをして何とか‥‥一本取りましたよ。。。

実釣時ふと気が付いたのですが、このメパピンピンとジグヘッドタケちゃんのセッティング、藻スタックに強いですね。テクニカルに釣る場面に向いていると感じました。
元々ダートさせる設計ですが、私が激シブの際に多用する藻にわざと軽くスタックさせてからの復帰+ダート&フォールのリアクション的な釣り方にとても合っています!
おそらくショートシャンクであることと、マス(重心)の集中によりメバピンピンとのバランスが絶妙でアクション時、回転したり針が下向く等のブレが無い分フックがしっかり上を向いている恩恵で藻にスタックしにくいんじゃないかと。
※試しに違うワーム(2インチ)+ロングシャンクのジグヘッド(1.3g)投げたんですが、高確率で引っかかりました(;´・ω・)
この辺りはまた実釣にて試していきますね。

大きいのが陣取っている一等地の藻の下側・・・・人が攻めてない、攻められないスポットにルアーを届けることができれば大きいメバルを!っと思っています。
現に今回のメバルも藻スタックに強いから獲ることのできた貴重な一匹でした!
小さいサイズで申し訳ありませんが(;^ω^)

ただぼそっと、欲というか要望なのですがメバピンピンのちょっと大きく太い(2~2.2インチ)のサイズ追加検討をお願いしますw大きいメバル狙い専用!で!!
より大きいメバルを狙って釣りやすくなると思いますので!

この時の釣りのことは、自身のブログにも書いてありますので、もしよろしければお読みいただけると嬉しいですw
http://www.fimosw.com/u/frodo69/fh642torvihzyc

とても釣るには厳しい状況ですがまた頑張って釣ってきますね!!
では簡単ではありますが失礼します。

是非また頑張って釣って来て下さい!・・・と言いたいところですが、積雪があると何かと危険も伴うでしょうから無理のない程度にして下さいね。

それにしても凄まじい寒さの中でよくぞ魚を釣ってきましたね。この1尾の価値は大きいでしょう。

また、メバピンピンのサイズアップモデルのご要望ありがとうございます。昔、大阪支社のスタッフから同じような要望を受けてメバーム・ピンテールロングというサイズアップ版のワームを発売したことがあるのですが、想像を遥かに超えるレベルで全然売れずに(苦笑)すぐに廃盤になったという苦い思い出があります。当時と今とでは時代もだいぶ変わったとは思いますが、どうなんでしょう?

gill-spiny2.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2月上旬 メバピンピンで狙う越前海岸のメバル釣り [釣果報告]

今シーズンのメバリングで要注目のワームといったら、そりゃあもうメバピンピンメバピョンピョンでしょう。

何故かって?それはこのブログの管理人が開発関係者だからです(爆)

とはいえ、ユーザーの方から寄せられる釣果報告は信用できる情報です。今回は越前海岸でメバリングを楽しまれている珍士さんから釣果報告が届きました。

始めまして、釣果報告をさせて頂きます珍士(ちんし)と申します。
早速ですがメバピンピンを使用しメバルを釣って来ましたのでご報告させて頂きます!

釣行日:2月上旬
場所:福井県 越前海岸
ルアー及びリグ:最後にまとめてあります。

いやー寒いですね!2月にもなると極寒の外気温4℃釣り人にとってはちょっと厳しい季節に突入いたしましたが、海水温って意外と暖かく11~12℃程度あるので、多少渋いですがメバルはまだまだ元気いっぱいで釣ることができます!
福井 越前海岸の現状として海草(ホンダワラ)がどこに行っても生えていると思いますが・・・・。
今回訪れたポイントも海草はじめメバル釣りの基本である
●テトラorゴロタ
●カレントやプチサラシ
●明かり
こちらをキーワードに場所を選定し釣りをしてきました。
では、事前説明はここまで!実釣行のご報告をさせて頂きます。

現地に着くと冬の日本海には珍しく波と風が穏やかでとても釣りやすい状況。
まず第一投目。
投げる→着水→ゆっくり巻く→「!」アタリ→ハイ釣れました(*'ω'*)
170207-2.jpg
サイズは・・・・可愛い漁港かな?っと思うようなサイズでしたが、早速のメバルの居場所を特定!
この一匹が釣れるかで今後の釣りの組立が変わる為、貴重な一匹となります。
170207-3.jpg
170207-4.jpg
170207-5.jpg
メバルの場合一匹釣ればその周辺に他のメバルも大抵一緒に居ますので、サクサク~っと釣れる魚を釣って行く感覚で釣り上げていきます。連続で釣れると本当に楽しいですね!メバルってヽ(゚∀゚)人(゚∀゚)人(゚∀゚)ノ

今回メパピンピンを投げた場所は小さいワンド形状の藻と藻の間。
こういったところは流れてくるプランクトンや小さい甲殻類、極生の幼魚が溜まりやすくメバルたちの食堂になってるんだと思います。
メバピンピンはまさにそのようなベイトライクの大きさなので、投げて巻くだけで簡単に釣り上げることが出来ました(b´∀`)グッ

しばらくすると反応がなくなりましたので、小移動。
今度はサイズUPを狙います!
狙った場所はプチサラシが絡む藻場。水中の大きい岩が少しだけ海面に出ており波とぶつかって小規模なサラシが形成される場所なのですがこういった誰か見ても居そうという場所に大きめの魚がついている場合が多いです。
おそらく大きい魚=強いなので、そういった一級ポイントは平均より大きめサイズの魚がついていることが多いのでそちらを狙ってみることにしました。

この際、波とサラシで流されてきた餌を演じる為、「波に乗せてルアーを送り込むイメージ」で釣りを行いました。
リールはもちろん巻くのですがサラシで出来た流れに軽量ジグヘッド+ワームを流すのでただ巻くだけではルアーが沈みジグヘッドが藻にスタックし引っかかるので竿先をチョイチョイっと軽く跳ねさせます。
こうすることで藻がらみ回避と、泡でパニックになったベイトを演じることが出来ます。

このような感じで狙った場所にルアーを投げてチョイチョイ・・・・チョイチョイっとしていると「ツココ」っという小気味よい感触が手元に伝わり・・・・「!」っとw
( ^ω^)おっ ジジッジっとドラグが鳴りましたよ!ロッドも今までのメバルと異なりグングングンっとしなります。
ちょっといいサイズのご様子ですよw

170207-6.jpg
‥‥そして、よっこいしょっと祝水揚げ。いらっしゃいませ!いらっしゃいませ!
うん。ちょっと大きい子ですね!!計測すると20cm・・・・楽しかったけど欲を言えば25cmは超えてほしいところでしたね( ;´д`)ゞ
170207-7.jpg
もっと大きい子を釣りたいな!っという気持ちとは裏腹にここではもうアタリが出なくなりまして・・・この後もポイント開拓しつつほかの釣りをしたのですが、追加はカサゴの小さい子が一匹追加出来ただけ・・・・。タイミングが終わったのかアタリ無く終了です。
また次回、より大きいサイズを狙いつつメバルを釣っていこうと思います一様気持ちというか目標としては越前で尺超えメバルの水揚げがターゲット!
コミットとして25cm以上としておりますので今後ともよろしくお願いします(゜∀゜)ノ

あそうだ、ワタクシこと珍士はブログも書いておりますのでよろしければこちらもお読みいただけるとうれしいです。
今回の釣果を「少しの事実を過剰表現」しやりたいように自由奔放に書いておりますので注意してお読み下さいw
http://www.fimosw.com/u/frodo69/fh642to8itm3d9

珍士の当日タックルスペックは下記画像をご参照ください。
170207-8.jpg

ではまた!魔法技術者 珍士でした(´・ω・`)ノシ!!

最近は尺メバルを狙うなんていうアングラーもいますけど、実際に狙うとなると尺はおろか25cmもまあまあ高い壁じゃないのかと思います。珍士さんはひとまず25cmを目標とされているようですが、越前海岸では充分狙っていけるサイズなのでしょうかね。

自分的には、数時間で5尾とか充分にうらやましい内容ですけれど、珍士さんのように各種の条件から良いスポットを絞り込んでいるからこそ出せる釣果なんでしょうねぇ。

ks-vspec.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2/1 根魚大将で狙う東京湾のカサゴ釣り [釣果報告]

相変わらず根魚大将で狙う東京湾のカサゴが絶好調!今回もアイランドクルーズの須江キャプテンから釣果報告を頂きました。

昨晩がメバカサチャーターだったので後ろからやらせて頂いたのですが、結果としては全部3投以内には間違いなく釣れてました。シーズン真っ只中という事もあると思うのですがやはり根魚大将強いな。というのが正直な印象です。

170205-1.jpg
170205-2.jpg
170205-3.jpg
170205-4.jpg

で、一つ気付いた事があります。今回は入手した4色(ナチュラルグロー、レッド・レッドフレーク、オレンジ・ゴールドフレーク、グリパン・オレンジ)でひとまず釣ろうと思って投げていたのですが、先にも申した通りあっという間に4色全てで釣れました。ただ、一つだけ全然釣れない色がありました。自分で持っていたピンクグローです。

やはり、色の効果ってあるのかなーと思っていたのですがどうやら色ではなさそうです。では何が釣れない原因かというと、恐らくですが匂い・味です。僕の使っていたピンクグローは前回使った使い古しを投げていたのですが、それだけ全く当たらないのです。で、新しいピンクグローを出したらすぐ釣れました。

あまり、フォーミュラー系はバス釣り時代から信じていなかったのですが、間違いなく効果があるんだど痛感した昨晩でした。たまたまかもしれませんが笑

カサゴ釣りは夜間のゲームなのでどうしてもグロー系やアピールカラー(オレンジ)に頼ってしまうケースが多いのですが、レッド/レッドフレークでも釣れていますね。状況によりカラーの選り好みはあると自分は感じていますが、カサゴの魚影が濃いスポットで釣りをしていますので何でも釣れちゃう?!のかもしれません。何せ、投げて沈めりゃ釣れちゃう状態ですからねアイランドクルーズさんのカサゴ狙いは。さすが、イイ場所知ってます。

ワームのフォーミュラ効果に関しては魚種によっても違うように思いますが、バスや根魚系では確実にあると思います。

今回須江キャプテンが指摘しているように、使い古し(=フォーミュラが抜けている)よりも新鮮な(!)ワームの方が釣れる。根魚大将もそうですが、昔にスミスで販売していたスーパーベイト社のワームなどで何度も同じ経験をしています。なのでもし使い古しのワームを使用する場合はフォーミュラを塗布するだとか、使用前にフォーミュラに漬けておくことも効果があります。

自分は試していませんが、ワームの本体にカッターナイフで切り込みを入れるという方法もあるそうです。切り込みを入れることで本体内のフォーミュラ成分を外に出すという意味合いですね。

東京湾のカサゴ釣りはとにかくバイトが多い。だからこそわかることもあります。何を投げても釣れちゃうような状況下で、使い古しのワームを使った途端にバイトが途絶える、ましてや周囲では相変わらずバイトが出続けていたとしたら、その原因はほぼ特定できますよね。よく釣れる釣りだからこそ、色々と試せることもあるのです。

gill-bf.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1/4 根魚大将で狙う東京湾のカサゴ釣り [釣果報告]

2日前、アイランドクルーズさんに乗船した際のこと。
須江キャプテン「今月初めにメール送ったんですが、届いています?」
え?!届いていないと思うんだけどなぁ。

帰宅後にメールフォルダをチェックすると、ごみ箱フォルダの中にて発見。言い訳すると、どうも最近迷惑メールが多かったのです。「請求書」とか「お見積り」とか「注文請書」なんていう件名で怪しい添付ファイルが付いているのが多い。もちろん開封せずそのまま削除です。

その流れで「あけましておめでとうございます」という件名で添付ファイルが付いていたメールを削除してしまっていました。スミマセン須江さん。

で、そのメールの内容ですが、1月からスタートしたメバカサ便でのカサゴが根魚大将で好調に釣れていますよ!というものでした。

170130-1.jpg
170130-2.jpg
170130-3.jpg
170130-4.jpg

ボートで狙う東京湾のカサゴは1~2月がベストシーズンだそうです。岸沿いの消波ブロックを撃っていく数狙いのパターンの他、アタリ自体は少なくなるもののディープの根周りを狙うサイズアップパターンもあるのだとか。そうなるとある程度のヘビーシンカーを使う釣りになるのでライトクラスのロッドよりはバスロッド等の方が向いてそうですね。

ただ、メバカサ便の乗合ではメバル釣りの方が圧倒的に人気です。乗船者の意向にもよりますがカサゴはサブメニュー的な位置づけという印象。なのでカサゴオンリーで行きたいと思ったら乗合ではなくチャーターボートでないと難しいです。そのうち、カサゴ狙いの同志を募集してみようかなぁ?

gill-spiny2.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月初旬 根魚大将ビフテキリグで狙う三河湾ロックフィッシュ [釣果報告]

バスフィッシングの世界で次々と考案される新リグ。近年はビーンズシンカーを用いたリグ「ビフテキリグ」なるものがあります。そしてこれはバスのみならず海でのロックフィッシュにも効果が高いようです。

今回はMさんが三河湾で根魚大将のビフテキリグを使った実釣を行ってきてくれました。果たして根魚大将とビフテキリグの組み合わせは如何に。

この度は1月初旬に愛知県・三河湾でのライトロックフィッシュゲームに行ってきました!

メバリングも視野に入れていたのですが、強烈な爆風で、1g前後のジグヘッドを使ったやり方ではかなり厳しい状況です。

そんな時は根魚大将を使ったライトロックフィッシュゲームが強風時でも比較的ストレスなく楽しむことが出来るかと思います。

爆風で、さらに向かい風。5gシンカーをを使って何とかキャストしますが、あまり飛ばないですね。

しかしながら、根魚は壁際の常夜灯に照らされた明暗部でヒットすることが多いので、遠投する必要は無いので安心です。

壁際を狙っていると、強風ながらも明確なアタリ。根に潜られるとやっかいなので、一気に引っこ抜きます。

170124-1.jpg

すると、釣れたのはタケノコメバルです。

このポイントは基本的にタケノコメバルが多く生息していて、その次にムラソイ、そしてカサゴ。ごく稀にヨロイメバルという希少種も釣れるのですが、この数年はお目にかかれていません。

170124-2.jpg
170124-3.jpg
170124-4.jpg

今年こそはヨロイメバルが釣れないかと思いつつ、今回釣れたのはすべてタケノコメバルでした。

170124-5.jpg
170124-6.jpg

爆風の中でアクションが雑になりがちでしたが、それでもキチンと釣れてくれる根魚大将は本当に頼りになる存在です。

この度も根魚大将のお陰で楽しい釣りができました。
ありがとうございます!

なお、今回も当日の様子を動画撮影されていたようです。ビフテキリグがどういうものなのかイマイチわからないという方、動画内でMさんが解説してくれているので参考になりますよ。根魚大将とのマッチングも上々のようです。

【当日の様子】


真冬の夜で、おまけに爆風。寒いだろうなぁとは思いつつもこれだけタケノコメバルが釣れるのなら行っちゃいますよねぇ。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

メバピンピンでシーバスGET! [釣果報告]

今回は昨年末に武田栄さんがメバピンピンで釣り上げた獲物を紹介します。でも、シーバスですけれど(笑)。

この日、武田さんがメバル狙いで入ったポイントなのですがシーバスがボイルしていた模様。こういう時、メバルなどの小型魚は怯えてしまって喰わないんですよねぇ。

170110-1.jpg
170110-2.jpg

というわけでまずはメバピンピンでシーバス確保!!タックルはもちろんライトゲーム用でお見事キャッチ。

170110-3.jpg
170110-4.jpg
170110-5.jpg

で、シーバスを釣り上げた後はメバル達も安心したようで、メバピンピンで連発だったようです。

冬でも海は熱いですね!!

gill-spiny2.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

釣果続々、メバピンピン&メバピョンピョン [釣果報告]

今月初旬に発売になったばかりのメバピンピンメバピョンピョン。早速発売直後から釣れているとの報告が武田栄さんやその周囲の方々から寄せられてきました。

161221-1.jpg

オレンジグロー/チャートのメバピンピンで。マヅメ時の時間帯でしょうか、デイとナイトの狭間。派手目のカラーが効いたようですね。

161221-2.jpg

これは武田さんがデーゲームで釣り上げたアイナメ。メバピョンピョン+ジグヘッドタケちゃん2.3gのダート釣法にてキャッチ。随分胸ビレが赤い魚ですね。大阪ってアイナメ釣れるんだ?!でもやっぱり狙って釣るまでには至らないようです。釣れたらラッキーといった感じでしょうか。

161221-3.jpg

メバピンピンでガシラ(カサゴ)!自分はメバル以上にカサゴが好きかも。なのでうらやましいです。

161221-4.jpg

当然の事ながら、本命のメバルもバッチリなようで。

メバピンピン・メバピョンピョンの一時モニターも募集中です。よろしくお願いします。

gill-bf.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

12月上旬越前海岸 根魚大将で釣れたのは・・・ [釣果報告]

本来のターゲット以外の魚種も案外釣れてしまう根魚大将2.8インチ。今回は外道と呼ぶには嬉し過ぎるあの魚をゲット!!今回もお馴染のMさんからの釣果報告です。

12月上旬の福井県・越前海岸某漁港にアジングに行った時のことです。

漁港に流れ込む用水路で何やら魚の気配が感じられます。

河の流れ込みといった汽水域ではシーバスやチヌなどが釣れるかもしれないと思い、まずは、アジング用のタックルで何か釣れないかなとキャストしてみます。

しかし無反応。

次に根魚用に用意していた根魚大将をキャスト。仕掛けは7gシンカーを使ったダウンショットリグ。

すると「モゾッ」としたアタリがあったので合わせてみたところフッキングに成功。

・・・暴れるけど根魚っぽくない雰囲気です。

そして姿を見ると、なんとヒラメです!

161209-2.jpg

全長18cmのいわゆるソゲサイズですがそれでも、こんなところでヒラメが釣れるなんて驚きです!

161209-1.jpg

根魚だけでは飽き足らず、ついにヒラメまで釣ってしまう根魚大将2.8インチ。スゴすぎます!!

この度も根魚大将のおかげで良い釣りができました!ありがとうございます!

【ヒラメが釣れた時の動画はこちら】


海のワームフィッシングは意外な魚が釣れるところもまた面白い。外道と言いつつ、ヒラメは嬉しいですよね。夜釣り、しかも汽水の用水路だそうで、およそヒラメが釣れるロケーションではないですね。Mさんもさぞやビックリされたことでしょう。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 釣果報告 ブログトップ