So-net無料ブログ作成

REVO4 SXである理由 [リール]

次にベイトリールを買うならアレだな・・・と狙っていた機種があったのです。先日、思いがけず店頭で中古品に遭遇?!今年に出たばかりのリールなのにもう中古が置いてあるの?でもどう見ても新品同様。不具合も見当たらずすかさずリアクションバイト。元々高いリールではない上、さらにお手頃価格で入手することが出来ました。このリール、主用途として中空フロッグ用にと考えています。

中空フロッグって皆さんどう使っているのでしょう。フルキャスト?ピッチング?スキッピング?利根川へボートで出ると、冠水した樹木系ブッシュの下にはスキッピングで撃ち込みたくなります。一方、生え揃ったアシ際を狙っていくのであればピッチングで手返し良く狙いたいところ。自分の場合は投げることはほとんどなく、スキッピングかピッチングの2択になります。

多くの人がボートからフロッグを使う際のタックルはスキッピングを想定して組んでいると思います。でも、延々と続くアシ際などを撃っていく場合はピッチングの方が出番は多い。そして困ったことに、スキッピングとピッチングではリールのブレーキ性能に求められる要素というのがまるで違う。スキッピングでは水面を叩いてもバックラッシュしない強めのブレーキ設定が求められますし、ピッチングでは軽い力でも低弾道でルアーを撃ち込めるようにブレーキ力は最小限に抑えたいところです。この2つは相反する要素なので、これまでなかなか気持ち良く使えるリールがありませんでした。

アブにはマグネットブレーキと遠心ブレーキの両方を備えたインフィニブレーキという機構があります。自分はこれまでむしろ否定派だったのですが、今回初めてインフィニブレーキのリールを導入してみることにしました。
スキッピングではマグ+遠心をそれぞれ強めにセッティング。ピッチングではマグをMIN設定にして遠心ブレーキをメインに。このリールだったら1台で状況に対応できるのではないかと期待しているわけです。でももし使い物にならないようだったら即手放すつもり。

180613-1.jpg

今回購入したのは4世代レボのSX-HS-Lというモデルです。ジャパンモデルではなく各国で販売されているグローバルモデル。レボシリーズの中では上位機種という位置付けではありません。でもSXでなければいけない理由が2つあった。

1つは上述したインフィニブレーキであること。上位機種のPREMIERとSTXは可変遠心ブレーキで、下位機種のS、Xではマグネットブレーキ。SXだけがインフィニブレーキ搭載機種でした。

そして真鍮ギアであること。ジャパンモデルのレボエリートにはインフィニブレーキのモデルがあるのですが、メインギアの素材がジュラルミンです。ジュラルミンギアの方が軽く、現行のジャパンモデルの上位機種はほぼジュラルミンギア仕様になっています。ただ、アブのジュラルミンギアの巻き心地はお世辞にもいいとは思えません。一方、アブの真鍮ギアはなかなかのものです。シマノには及びませんが巻き心地はかなり滑らか。どうしても自重が若干重くはなってしまいますが、自分は真鍮ギアの方が好みです。

この2点をクリアしているアブのリールはレボSXしかなかったというわけです。

不調だった愛艇の船外機の修理も完了し、すぐにでも利根川に繰り出したい!早くこのリールを使いたい!でもそんな時に限ってメチャクチャ忙しくて当分釣りに行けないんですよこれが(涙)

gill-spiny2.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー