So-net無料ブログ作成

5/12 今日の三島湖 [釣行記]

自分は昨年の12月以降戸面原ダムに何度か行っていたのですが、3月下旬を境に猛烈な勢いで釣れ始めました。多い人で40~50尾、中には100尾釣ったという人もいます。そして連日50オーバーの大型も釣れている。これほどの釣果が出る湖が今後関東に現れることはないと思います。

そして現在、戸面原ダムは人気に火がついて週末のボート予約が取れない(汗)。早いうちから押さえておけばいいのでしょうけど、悪天候に当たらないことを確認してから予約しようとするともう埋まってしまっているのです。もっとも、バス釣り用のボートは25艇限定なので多くはないのですが、平日でも埋まってしまっていることがあるようです。

180512-1.jpg

じゃあどこ行く?ということで前回貧果に終わった三島湖に行ってきました。三島湖もバス釣り用の貸しボートは各店30艇までです。でもボート屋さんが4軒あるので、キャパシティはあります。昨日の昼に予約を入れたのですが、大丈夫でした。今日は石井釣舟店さんを利用したのですが、お客さんは15艇程でした。ベストシーズンの週末でも30艇が埋まるという事はなさそうです。

180512-4.jpg

とはいえ4店舗のお客さんが湖面に浮くわけですから週末はそれなりに混雑しているという印象です。そして三島湖はボートやフローターの持ち込みもOKなのでアルミボートやフローター、フロートボートの人も多く見かけられます。勿論ヘラの人もいますし、今日の湖面も賑やかでした。

それにしても1ヶ月前の三島湖釣行は酷かった。小型3尾というありえない撃沈でした。さすがに自己嫌悪に陥りました。今日は同じ失敗は繰り返さないと心に誓って臨みました。とはいえ水曜日にはこちらでも相当な量の雨が降った。その結果、たった1日で水位が2mも上昇したばかり。だ、だ、大丈夫か?!

前回の釣行では本湖方面をメインにしたのですが今回はまるっきり違う湖で釣りをしているつもりで臨みたい気持ちもあり、鯨島周辺と豊英方面に向かってみました。

それにしても三島湖は水が綺麗。一気に2mも増水したばりというのに水に透明度があります。そして岸沿いには小バスやブルーギルがチョロチョロ泳いでいる。前回とは生命感が桁違い。今日はイケそう!

虫(モッサ)、パワーフィネス、ノーシンカーを3本柱にしてたまに気分でノイズィーや中空フロッグを織り交ぜていく展開。

虫は小バスとブルーギルのチュプチュプバイトの猛攻(汗)。グッドサイズも出たけれどスッポ抜け。ただ、大増水直後ということもあり本気喰いしてくる魚が少ない。もう少し状況が落ち着いてくれば好転しそうです。

メインにしたのは浮きゴミ周りのパワーフィネス。でも、前回もそうだったのですがこれが全然釣れない。浮きゴミの下に居そうなんだけどな・・・ふと思い立って、スモラバを止めてイモグラブ50に替えてみました。イモグラブが形状がシンプルだからスリ抜けも良く、自重があるので薄い浮きゴミ程度のカバーなら攻められる。

すると、フォールでズシン!と来た。これは抜けてしまいましたがこの一発でイケると確信して撃ち続けるとまた来た。

180512-2.jpg

今度はミスなくキャッチ。43cm。

180512-3.jpg

さらに撃ち続けて45cm。

もう前回の借りは返しましたね。でもまだ時間はたっぷりある。

180512-5.jpg
180512-6.jpg
180512-7.jpg

ひたすらパワーフィネスイモを撃ちまくり、30cmクラスを3尾。三島のバスはスモラバよりもイモの方がお好みみたい。

鯨島周辺は散々探ったので、次は豊英方面の川筋を上がってみました。上流方面は少し濁っていました。時折バスが見えるものの喰いそうな気配はなし。

180512-9.jpg
180512-8.jpg

岩盤に向かって何気なくスパイニーアックスをフォールさせてみるとズッシリとしたバイトが来ました。アワセると重い。ただ、引きはそんなに強くない。あれ?でも見えてきた魚は案外大きいぞ?さほど苦も無く3lbタックルで釣り上げたバスですが痩せてはいるものの長さはある。ジャスト50cm!片目が死んでいてちょっと可哀想なバスでした。

今日は50cm、45cm、43cm、30cmクラス×3の計6尾。本湖方面を狙った人は二桁釣っていた人もいたようなので数的にはイマイチですが、サイズを考慮すると悪くはないでしょう。

週末だと湖上はそれなりに混みます。ひっきりなしにボートが往来する中での釣りになる。ストレスだけれどもそれはまぁ仕方がない。でもそんな中でもしっかり釣果が出るのであれば行く価値は充分あると思います。ボート屋さんの応対も懇切丁寧で気分も良かったし、また行こうかな。

gill-bf.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー