So-net無料ブログ作成
2018年04月| 2018年05月 |- ブログトップ
前の10件 | -

2018-05-20 [製品開発]

先日、若手のソルトゲームフィールドテスターの人からこんな要望が来ました。

とあるメバル用プラグを***な使い方をしたら特徴的な面白い動きになった。しかもこの動きに対するメバルの反応が非常にいい。この動きをするプラグを開発してもらえませんか?というもの。

よくあのルアーをそんな使い方しようだなんて考えたねぇ!と感心しきり。やっぱり若い人の発想は柔軟で面白い。

ただ、その使い方をすると動きは面白いかもしれないが致命的な欠点が生じる。単純にそれを真似てカタチを起こしたところで欠点は解消しない。欠点を解消しようとすると動きの良さは失われてしまう。
そもそも、カタチが特異過ぎて売れそうもない。ソルトの場合は特にそれが顕著な分野でもあるので。

だからこのルアーの開発に関しては前向きな返答を出さなかった。その場でハッキリと断ってもいいレベルだったかもしれない。開発の方向性が今一つハッキリとは見えないし、それを実現したところで売れるものになるという気がしない。

180520-1.jpg

でも何となく心に引っ掛かるものがあり、自宅でバルサを削り始めた。この程度のモノだったら30分位で手軽に作れます。塗装は面倒ですけど。

提示された形状のものとは全くの別物ではありますが、同じ動きが出せればいいわけだよね。これで上手くいけば提示品に存在した致命的な欠点も発生しない。

幾つか試作をしてみて、動きが出せなければボツ。もし狙い通りの動きが出せて、フィールドテストの結果もいいとなれば、製品化するか否かを会社に判断してもらうことになる。

ただ、こうした案件はルアー造りをする立場の人間としてはなかなか面白い。ドコドコの製品が良く売れているから似たようなものを作れ、などと商売的な事を言われてしまうと気持ちが萎えてしまいますが、ルアーの動きがこうだと魚の反応がああで、というものを目指すというのが気持ち的には一番燃える。開発案件としては一番難しいんですけどね。

ただまぁ、製品化に繋がる可能性は10%くらいかな。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

間もなく受付締め切り、ヘドンTシャツ2018 [ヘドン]

ここのところ都心でも一気に暑さを感じるようになりました。そろそろTシャツの出番です。そして以前にこのブログでも紹介した、今年のヘドンTシャツの受付期限が迫ってきました。

スミスでは5月22日の段階で販売店からの注文を締め切ります。注文を受けた枚数しか制作をしませんので、これ以降は注文を受け付けられません。ですので入手希望の方は今週末中にヘドンサポートショップまで注文を出していただけるのが間違いありません。

製品入荷は6月下旬を予定しています。この頃には間違いなくTシャツの出番ですね。

【アーミーグリーン】
180402-2.jpg

【オートミール】
180402-3.jpg

【ライトイエロー】
180402-4.jpg

サイズはM、L、XLの3サイズ。価格は¥3,800+税となります。

どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m

gill-spiny2.jpg
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

モッサ入荷!! [その他]

パフォーマンスベイトシリーズの一番人気「MOSSA」。この製品の開発をしたのは自分ですが、何故か自分の手元にモッサがほとんど残っていない。

何故だ?沢山買い込んだはずなのに。

モッサは毎回早い段階でメーカー在庫が売り切れてしまう。もっと沢山作れば、とも思うのですが、虫系は時期モノでもあるので9月を過ぎると売れなくなってしまう。その時点までに売り切らないと翌年のシーズンまで在庫を抱えてしまう事になる。生産数量を決めている担当者としてはそれは避けたいと考えるので少し抑えた数を工場に発注しているというわけです。それでもまぁ、バス用のワームとしては多目の数ではあるのですけど。

で、メーカー在庫が切れてしまってから要望を出してくるフィールドテスターの人がいる。言ってくるのが遅い、遅いのよ・・・
とはいえ彼らのトーナメントの成績というものも考慮しないといけませんので止む無く自分の私物から提供する羽目に(泣)。昨年は何度もそのような事があり、しまいには開発途中段階の試作サンプル品まで出す羽目になった。当然、自分の手持ちはほぼスッカラカンになってしまったというわけです。

モッサを開発したのは自分なのにモッサをほとんど持っていない、思う存分に使えないというもどかしさ。

180517-1.jpg

が、先日思いがけずモッサをまとめて入手することが出来た。訳あってとある販売先から商品をまとめて引き下げてくることがあったのです。その中にモッサがあった!当然、全て自分がお買い上げ。これで当面は大丈夫かな。

そしてそれとは別途、今シーズン分のモッサがスミスに入荷してきました。検品作業を経てから出荷に移りますのであと数日で店頭に出回ることになるでしょう。

今シーズンもモッサは品薄状態確定です。今年は例年以上に販売店からの注文が多かった気がします。集計してみたところ販売店からの受注数が生産数を上回っているものが多かった。

既にメーカー欠品確定しているのは

【モッサ1.6インチ】
03.ダークシナモン/ブルーフレーク
04.ウォーターメロンペッパー
05.ライトシナモン/グリーンフレーク
07.グリーンパンプキンペッパー
14.ブラック
17.ホワイト

【モッサ2.2インチ】
03.ダークシナモン/ブルーフレーク
04.ウォーターメロンペッパー
07.グリーンパンプキンペッパー
14.ブラック
17.ホワイト

今シーズン、モッサのお買い求めはお早めに!!

gill-bf.jpg
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5月中旬 根魚大将で狙う越前海岸のガシラ釣り [釣果報告]

ライトソルトゲームのユーチューバーM野さんから越前海岸のガシラ釣りの釣果報告をいただきました。

ガシラというと夜釣りのイメージがありますが今回は夕マヅメのデーゲーム。動画もあります。明るい方が動画で見てもよくわかりますね。

この度は福井県・越前海岸でのガシラ(カサゴ)釣りで根魚大将2.8インチを使わせて頂きました。

ガシラ釣りといえば、夜釣りのイメージがあるかと思いますが、日本海側の例年通りですと、5月のGWくらいからガシラは朝夕マズメ時に釣れるようになり、逆に夜釣りでは釣りにくくなります。

詳しい理由はわかりませんが、とにかく明るい時間帯なので、テトラ帯といった夜釣りでは危険なポイントでも釣りやすくなるので、釣り人としてはとてもありがたい状況です。
(もちろん、ライフジャケットやフェルトスパイクなどの安全対策をしっかり行ったうえでの話ですが。)

狙うポイントはテトラの際です。
フィールドに着くと、とりあえず沖にキャストしたくなるところですが、意外と、テトラ際の足元にもガシラは居着いています。

テトラの際と言っても、水深1mにも満たない激浅ポイントなので、多くの人は敬遠しがちなのですが、想像以上に釣れる有力ポイントなのです。

まずは根魚大将2.8インチに1.8gジグヘッドをセットします。

テトラ際を攻めると、「ドンッ!」とわかりやすいアタリがあります。

テトラに潜られないように、一気に釣り上げます。

180516-1.jpg

しかしながら、どうも1.8gジグヘッドでは海藻を突っ切らないようで、わずかながら重量アップの2.2gジグヘッドに変えて挑みます。

すると、狙い通りガシラが連続ヒット!

180516-2.jpg
180516-3.jpg
180516-4.jpg
180516-5.jpg

可愛いサイズばかりでしたが、ガシラ特有の明確なアタリを堪能出来るのが、この釣りの醍醐味でしょうか。

この度も根魚大将2.8インチのおかげで楽しい釣りができました。
ありがとうございます!

【当日の様子はこちら】


夕マヅメですがかなりのハイペースで釣れていますね!でも夕マヅメでこれだけ釣れるのならば夜になるとさらに凄いのではと思ってしまいますが、不思議とこれからの時期は夜釣りは思わしくないのだとか。

思えばシーバスだって昔は夜釣りが当たり前でした。シーバスというと冬の釣りというイメージがあったことも一因なのかもしれません。それが今や、夏季になるとデーゲームというのが常識になった。ガシラに関しても、この時期は夜、この時期はデーゲーム、というのが確立されてくることでしょう。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2018アブスピニング考 [リール]

ガタが来たスピニングリールを5台ほど断捨離してしまった事で、2台程の新規追加を考えている今日この頃です。

どうしたらいいんだべか・・・
と、何を買おうかと悩んでいる間がまた楽しいのかもしれません。

180515-1.jpg

今年のフィッシングショーのピュアフィッシングさんのブースに新しいスピニングリールが何機種か展示されていました。あまりじっくりと触れる時間もなかったのですが、話題のRevo MGXtremeは手にしてみました。
確かに軽い。巻いた感じもいい。でもMGXと大して変わらないんじゃない?というのがその時の感想でした。ここまでいらないなと。

ただ、後日知った話ですが中のパーツはMGXよりも精度の良いものを使っているのだそうです。ローラーベアリング、オシュレート機構のパーツ等。そうそう、そういう見えない部分の改良こそが大事なんですよ。アブのスピニングに欠けているのは精度だから。巻きの重さとか、いきなり固着するだとか、突発的に逆転するだとか(これはダイワもですが)、そういう根本的部分の解決が先決だと思っています。

MGXで問題視されていたこれらの事項が改善されていればかなりいいリールと言っていいと思います。ただ、ハイエンドだけあってそれなりの価格、自分にはとても複数台は買えない。

180515-2.jpg

そしてフィッシングショーにロキサーニというスピニングリールも展示されていました。聞いたことが無い名前、廉価版のようなのでオーラシリーズの後継なのかなと思いつつ、この時はさほど興味が沸かず手には取らなかった。

でも、よくよく考えてみたら実売価格¥10,000前後でジュラルミン(アルミ)ギアが搭載されているのって凄い。MGXtreme1台の予算でこれなら3台も買えてしまう。

Revoスピニングシリーズで自分は好きになれないスプールの大きな穴もこのシリーズにはない。スプール重量からくるバランス云々なんかより、スプールシャフトに水や埃、砂などが直接入り込まないようにガードする方がよっぽど大事。軽さなんてそこそこレベルでいいんですよ・・・

でもロキサーニスピニング、せめてあと20g軽くならなかったのかな(爆)。2000番はまだしも、2500番で228gというのはちょっと重い。自分の言っている事、矛盾してます?

このリール、リールフット部分までアルミなんですね。残念、冬の釣りが好きな自分はリールフットが金属だと冷たく感じるので駄目なんですよね。

そう考えるとやっぱりMGXtremeが気になるところですけど貧乏人故になかなか厳しい。多分最終結論としては、お金がないから購入見送り、になりそうな気がします。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ブラック、選手交代 [ゲーリーヤマモト]

ゲーリーヤマモトの製品で、ここにきて引き合いが増えてきているものがあります。それはテナガホッグ。新製品というわけでもないのにどうして今頃になって引き合いが増えているのでしょうか?

実はゲーリーヤマモトアメリカ本社の意向により、生産アイテム及びカラーを大幅に絞ることになったのです。そのため多数のアイテムが販売休止になってしまう。クロー系のワームも多数販売休止することになってしまった。つまりテキサスリグで使えるアイテムが大幅に減ってしまうことになります。どうやらその影響でテナガホッグの引き合いが増えているようです。

ただですね、スミスとてゲーリーヤマモト本社から伝えられていることは同じ。そして1色当たりの最低生産数量というのが大幅に増えてしまったのであまり売れないカラーというのは今後の生産はほぼ出来ないと見ていいです。在庫が無くなり次第にそのカラーは終了となる。実は2018年のカタログにおいても、042、340、330、354の4色がカタログから消えました。来年はもっと落ちることになるでしょう。

テナガホッグを企画立案からデザインまで担当したのは自分です。カラーラインナップを組む際、ブラック系をどうしようか迷いました。ソリッドの020か、レッドフレーク入りの051か・・・。

180513-2.jpg

しかし最終的に自分が採用したのは340のミステリースパークルブラック。ブラックにレッド、ブルー、グリーン、シルバーなど様々なカラーのフレークが入っている。自分は331の次にこのカラーで多くバスを釣っている筈です。それくらい信用している色でもあります。

しかしながらその340もカタログ落ちとなりました。辛いなぁ。

180513-1.jpg

とはいえ基本色は最低限抑えなくてはいけません。そのため今年から340に変わって新たに020のソリッドブラックを加えました。面白味はないけれど、釣果は確かですからね。

それにしても今後、ゲーリーヤマモトのワームはどうなってしまうんだろう。基本色くらいしか定番に残らなくなってしまうのではないかと危惧しています。豊富なカラーの中からお気に入りの色を見付け出すのも楽しみの1つだと思うのですけどねぇ。

gill-spiny2.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5/12 今日の三島湖 [釣行記]

自分は昨年の12月以降戸面原ダムに何度か行っていたのですが、3月下旬を境に猛烈な勢いで釣れ始めました。多い人で40~50尾、中には100尾釣ったという人もいます。そして連日50オーバーの大型も釣れている。これほどの釣果が出る湖が今後関東に現れることはないと思います。

そして現在、戸面原ダムは人気に火がついて週末のボート予約が取れない(汗)。早いうちから押さえておけばいいのでしょうけど、悪天候に当たらないことを確認してから予約しようとするともう埋まってしまっているのです。もっとも、バス釣り用のボートは25艇限定なので多くはないのですが、平日でも埋まってしまっていることがあるようです。

180512-1.jpg

じゃあどこ行く?ということで前回貧果に終わった三島湖に行ってきました。三島湖もバス釣り用の貸しボートは各店30艇までです。でもボート屋さんが4軒あるので、キャパシティはあります。昨日の昼に予約を入れたのですが、大丈夫でした。今日は石井釣舟店さんを利用したのですが、お客さんは15艇程でした。ベストシーズンの週末でも30艇が埋まるという事はなさそうです。

180512-4.jpg

とはいえ4店舗のお客さんが湖面に浮くわけですから週末はそれなりに混雑しているという印象です。そして三島湖はボートやフローターの持ち込みもOKなのでアルミボートやフローター、フロートボートの人も多く見かけられます。勿論ヘラの人もいますし、今日の湖面も賑やかでした。

それにしても1ヶ月前の三島湖釣行は酷かった。小型3尾というありえない撃沈でした。さすがに自己嫌悪に陥りました。今日は同じ失敗は繰り返さないと心に誓って臨みました。とはいえ水曜日にはこちらでも相当な量の雨が降った。その結果、たった1日で水位が2mも上昇したばかり。だ、だ、大丈夫か?!

前回の釣行では本湖方面をメインにしたのですが今回はまるっきり違う湖で釣りをしているつもりで臨みたい気持ちもあり、鯨島周辺と豊英方面に向かってみました。

それにしても三島湖は水が綺麗。一気に2mも増水したばりというのに水に透明度があります。そして岸沿いには小バスやブルーギルがチョロチョロ泳いでいる。前回とは生命感が桁違い。今日はイケそう!

虫(モッサ)、パワーフィネス、ノーシンカーを3本柱にしてたまに気分でノイズィーや中空フロッグを織り交ぜていく展開。

虫は小バスとブルーギルのチュプチュプバイトの猛攻(汗)。グッドサイズも出たけれどスッポ抜け。ただ、大増水直後ということもあり本気喰いしてくる魚が少ない。もう少し状況が落ち着いてくれば好転しそうです。

メインにしたのは浮きゴミ周りのパワーフィネス。でも、前回もそうだったのですがこれが全然釣れない。浮きゴミの下に居そうなんだけどな・・・ふと思い立って、スモラバを止めてイモグラブ50に替えてみました。イモグラブが形状がシンプルだからスリ抜けも良く、自重があるので薄い浮きゴミ程度のカバーなら攻められる。

すると、フォールでズシン!と来た。これは抜けてしまいましたがこの一発でイケると確信して撃ち続けるとまた来た。

180512-2.jpg

今度はミスなくキャッチ。43cm。

180512-3.jpg

さらに撃ち続けて45cm。

もう前回の借りは返しましたね。でもまだ時間はたっぷりある。

180512-5.jpg
180512-6.jpg
180512-7.jpg

ひたすらパワーフィネスイモを撃ちまくり、30cmクラスを3尾。三島のバスはスモラバよりもイモの方がお好みみたい。

鯨島周辺は散々探ったので、次は豊英方面の川筋を上がってみました。上流方面は少し濁っていました。時折バスが見えるものの喰いそうな気配はなし。

180512-9.jpg
180512-8.jpg

岩盤に向かって何気なくスパイニーアックスをフォールさせてみるとズッシリとしたバイトが来ました。アワセると重い。ただ、引きはそんなに強くない。あれ?でも見えてきた魚は案外大きいぞ?さほど苦も無く3lbタックルで釣り上げたバスですが痩せてはいるものの長さはある。ジャスト50cm!片目が死んでいてちょっと可哀想なバスでした。

今日は50cm、45cm、43cm、30cmクラス×3の計6尾。本湖方面を狙った人は二桁釣っていた人もいたようなので数的にはイマイチですが、サイズを考慮すると悪くはないでしょう。

週末だと湖上はそれなりに混みます。ひっきりなしにボートが往来する中での釣りになる。ストレスだけれどもそれはまぁ仕方がない。でもそんな中でもしっかり釣果が出るのであれば行く価値は充分あると思います。ボート屋さんの応対も懇切丁寧で気分も良かったし、また行こうかな。

gill-bf.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4~5月初旬 根魚大将で狙う名古屋港のロックフィッシュ [釣果報告]

そういえば最近名古屋港の主であるOKさんから報告がないなぁと思っていましたが、実はちょっと苦戦していたようです。季節的には悪くないと思うのですが、どうしたことでしょう?

すっかり春も陰りを見せ、夏の兆しを感じる伊勢湾ですが、魚たちの活性は良好です。
マイクロベイトパターンが多くなりつつありますが、水質がクリアな日は根魚大将2.8inと3.4inの出番もあり、スイミングメインで楽しんでおります!

180509-1.jpg
180509-2.jpg
180509-3.jpg

暑くなりますとキジハタも楽しみになってきますが、水温が上がりきるまでは近場でのライトロックゲームを楽しんでみたいと思います。

季節的には悪くないはずですよね、実際に魚の活性も良かったようですし。
ただ、魚がマイクロベイトに偏食していたようです。水質がステインな状況だとその傾向が強くなるのだとか。こうなるとさすがに根魚大将の2.8インチでさえもベイトにはマッチしません。そんな時には無理せず小型のピンテールなどを使うのがいいのでしょう。

ロックフィッシュも一昔前はホッグ系さえあればいいというイメージがありましたが、やり込んでいくとそれ一辺倒では通用しない状況があることを痛感するようになります。自分も現在、オーシャンパフォーマーの新しいロックフィッシュ用ワームを何点か試作中です。通用しない状況というのをなるべく打ち消していきたいです。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ストライクプロ X-バスター [他社製品]

昨年の秋に貸しボートでのバス釣りが解禁となった戸面原ダム。現地でヘラ釣りをしている人に聞いたところによると、ヘラ仕掛けにブルーギルが掛かった際には遊ばせずにサッサと上げるのだそう。掛かったブルーギルをあまり遊ばせすぎているとどこからともなくデカバスが現れてブルーギルをパクリと喰ってしまうのだとか。そんなことは一度や二度の話ではないそうです。ご想像の通り、ヘラの仕掛けにデカバスが掛かるとなるとそれはもう大変なことになるわけで。

そう言いつつも、50cmオーバーのデカバスを釣り上げたことがあると自慢気に語るヘラ釣りの方なのでした(笑)。でももちろん、出来れば掛けたくない魚でしょうね。

その話を聞いて自分が持ち込んだのがこのルアー。ストライクプロのX-バスター。

180508-1.jpg

体高のあるシルエットはブルーギルを意識したバスに効くんじゃないかと期待しました。ですが結果は釣れませんでした。戸面原ダムは大型が多い湖であるにもかかわらずビッグベイトで釣ったという話はほとんど聞きません。濁りが強い時が多いので効かないようです。水が澄んでくれれば効く時もあるだろうと思い、いつも持参するようにはしているけれど・・・。

ストライクプロ社というのは台湾のルアーメーカーで、パイク用のバスタージャークというルアーは世界的にも名作の名高いルアーです。バスタージャークをシーバス用にアレンジしたモデルはスミスでも販売しています。

180508-2.jpg

X-バスターはいわゆるビッグベイト系のルアーです。スローシンキングモデルとサスペンドモデルがあります。自分が所有しているのはスローシンキングモデル。17cmで88gあります。

スローシンキングという表記の割には随分と速く沈んでいきます。普通のシンキングと理解しておいた方がいいです。ジョインテッドクローSSの3倍は早く沈んでいく。ゆっくりとヒラを打たせながら泳がせたいな、と思って買ったのですがだいぶイメージが違いました。同じレンジをキープさせながら泳がせようとすると、ちょっとせわしなくルアーを泳がせて来ることになります。そして結構うるさく響くラトル入りです。

じっくり魅せて誘って喰わすというよりは、大型ルアーに素直に反応するような魚を求めて手返し良く探っていくのに向いたルアーなのかもしれません。

ちなみに¥1,500で買いました(笑)。この手のルアーとしては安いと思います。¥4,000のルアーを思い切って使うのはちょっとビビりますが、¥1,500だったら気兼ねなく思いっきり使えます。特攻用ビッグベイトとしていかがでしょう。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5/5 シラスミノーLSPで狙う東京湾ボートメバル [釣果報告]

相変わらず尺メバル狙いの熱いゲームが続いている東京湾のボートメバル。GWも釣りまくりのS野さんから釣果報告が届きました。

ボートメバルに行ってきました。
良型狙いからスタート。
定番のチェリーブラッドLL70S(ホタルHGG-Gとゴーストグローイカ)で27cm、28cmの良型メバルをキャッチ!
水面が荒れているときは、チェリーブラッドLL70Sが使いやすいです。

潮止まり前後の活性の低い時間帯は型狙いではなく20cm前後が数釣れるポイントで釣りをしました。
風裏の凪のポイントです。
メバルは水面直下のベイトを意識しているようでした。
シラスミノーLSPの水面直下タダ巻きに好反応でした。
夜光虫がでていたので、メバルのチェイス・バイトが見えてとても楽しかったです。

180506-1.jpg
180506-2.jpg
シラスミノーLSP。典型的なシンペンではシラスミノーLSPほど水面直下をゆっくり引けません。LLF、LSP、LLSはどれもキャラが立っていて、いずれも欠かせないルアーです。

S野さんが使用したシラスミノーLSPはキャスティングさんの特注カラー。横浜磯子店で購入したとの事。ちなみにマットオレンジとマットピンクがあります。今回はマットオレンジが活躍したようです。あえてサスペンドモデルを選ぶところや、その色合いといい、東京湾のメバルゲームをわかっているなぁというスペシャルカラーですね。

自分もGW中に1度くらいはボートメバルに出掛けたかったですが、空いている日に限って強風。もちろんそれでも出艇はするのでしょうし魚も釣れるのでしょうけど、自分は根性無しなので波のない日に釣りがしたい。なかなかそういう好条件と自分のスケジュールがシンクロしませんが、今月中になんとか行ければなぁと思っています。

gill-spiny2.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -
2018年04月|2018年05月 |- ブログトップ