So-net無料ブログ作成

フリースシャツ愛・2 [その他]

冬場釣行の際に着用するのに大のお気に入りなのが数年前に購入したユニクロのフリースシャツ。買い足そうと思っていたのですが、もうユニクロでは売っていない。どこかにフリースシャツがないかな、と色々探してみたけれど・・・
というのが前回までの話。

そんな折、相方がセシールの通販にあるのを発見。セシールってメンズ物なんてやっていたんだ?!てっきりレディース物ばかりなのかと思っていました。通販での購入はサイズ感がイマイチわからないので不安でしたが、¥2,000ちょっとだからまぁいいかと2枚を入手。幸い、自分にはMサイズでピッタリでした。

180110-1.jpg

うむ、悪くはないけどユニクロ製フリースシャツと較べてみると生地が薄くて柔らかい感じがします。造りがしっかりしているのは明らかにユニクロ製の方かな。ただ、柔らかい分着心地はとても良いです。ですのでこれはこれで愛用して行こうと思います。洗濯を繰り返しても毛玉が出来なければいいな。

ブルーチェックとグレーカモの2色を入手しましたが、グレーカモは実物を見るとちょっと部屋着っぽい気もしました(笑)

180110-2.jpg

そうそう、自分は選びませんでしたがこんな色もありました。この色は大久保幸三さんカラーですね。大久保さんいかがです?

フリースシャツではありませんが、厳寒期の着用になかなかイイと思えるシャツを見付けました。GUの裏ボアフランネルチェックシャツという製品です。

180110-3.jpg

川崎の実店舗で、¥3,000ちょっとで購入しました。今ならもっと安くなっていると思います。オンラインショップの価格で¥1,990+税でした。

180110-4.jpg

GUというとユニクロの廉価版的なイメージを持っていましたがこのシャツに関しては造りが非常にしっかりしています。裏地がボアになっているのでかなり暖かいです。ちなみに袖までちゃんと裏ボアになっています。これ、厳寒期以外に着るとかえって暑いくらいかもしれません。なお、洗濯すると乾かすのに時間が掛かります。冬場だと1日では乾ききれないです。

自分は昔、タラスブルバ(※)の服ばかり着ていた時期がありました。当時はまだ学生でお金もあまりないのに、高いアウトドアウェアにお金を掛けてしまっていたんですね。

※アシックスが展開していたアウトドアブランド。当時の日本を代表するアウトドアブランドであり、ルアー・フライマンのステータスでもあった。現在はブランド自体が消滅

でも当時着ていた高価なアウトドアブランドのネルシャツなどより現在のユニクロやGUのシャツの方がよっぽど造りがいいと思います。洗濯を繰り返して長期間着用しても、生地のダメージだとか色褪せの度合いなどが少ないと思いますもの。アウトドアウェア系のネルシャツなどは「着るほどに味が出る」なんて言われていましたけど、今思えばそれってメーカーの逃げ口実ですよね(笑)。単に生地が傷んで、色褪せしているだけでしたね。

ks-vspec.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー