So-net無料ブログ作成

ドレスドフック マテリアル考・6 [タクティクス]

マラブーは広義においてはフェザーの1種ではありますが、いわゆる「綿毛」。

171207-1.jpg

フワフワした質感はマラブー独特のもので、水中での動きにおいては他のマテリアルとは一線を画すものです。

171207-2.jpg

管理釣り場のニジマスを釣る際、マラブーを用いたニンフフライは数釣りの最終兵器ですし、海外ではマラブージグがクラッピーフィッシングなどでの定番です。

ステイ、或いはデッドスローリトリーブにおいてもマラブーは水中で勝手にポワンポワンと動き続けます。あまり一般的ではありませんが、小型ルアーのトレブルフックにマラブーを取り付けると高い効果が得られます。

最近は羽根物のビッグプラグにもマラブーを巻いたフックが装着されているものがあります。マラブーというのは、ヘアー、フェザー、シンセティックマテリアルなどあらゆるドレスドフックのマテリアルの中でも最も自発的な動きに優れたものです。ポーズ時や僅かな動きにもポワンポワンと反応して魚を誘ってくれることが期待できます。

171207-3.jpg

もちろん自分でトレブルフックにマラブーを巻いてみるのも面白い。この場合、水中では想像以上にマラブーが拡がるのでボリュームを控え目にして巻くのがコツです。

そして、ドレスドフック全般に言えることですが、マラブーは特に使用後に水気が残ります。何もしないと濡れたままの状態が長く続くのでフックが錆びやすい。使用後は水分を良く取り、乾いた状態で保管するように心掛けて下さい。

以上でドレスドフックの話は終了です。最近はフックの性能が一段と上がったせいか、プラグに標準装備のフックでは満足できず、お気に入りのフックに交換する人も多くなりました。ただ、ドレスドフックは完成品の種類も少なく、バリエーションがないので交換したくても出来ない、そんな人がいると思います。

それであれば是非、自分でマテリアルをタイイングしてみて欲しい。そしてどうせ自分でタイイングするのなら、ただ市販品を真似るのではなくオリジナリティで勝負して欲しい。そのためにはまず、基本的なマテリアルのことを知って欲しい、そう思って書いてみました。

オリジナルのドレスドフックで良い釣りを!

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー