So-net無料ブログ作成

ラトリンラッキー13?! [ヘドン]

初めてこれを手にした時、これは何だ?と思った。現行品のヘドン・ラッキー13なのですが、振るとチャリチャリと軽い音がする。内部が欠けている?でもラッキー13はそんな複雑な構造なんてしていない。

171101-1.jpg

ちなみに自分が見付けたそのラッキー13は現行のBBR。プラドコ定番カラーのものでチャイナ製。スミスで塗装・組み立てをしているファクトリーカラーに関しては、もしそのようなものが混在していたら途中の過程で弾かれるだろうから存在しないと思います。

その後の情報で、どうやらプラドコ定番品の近年物のラッキー13にはこうしたラトル入り?のものが極少量存在しているようです。内部破損やゴミが入っているわけではなく、ガラスだかプラだかのビーズらしきものが1粒、本体内に入っているようです。

ヒロ内藤さんに確認したところ、もちろん正規の仕様ではなく不良品と判断されるとの事。でも一体どうしてこんなものが存在するのかはわかりません。何らかの偶発的な要因でビーズが混入してしまったのか、はたまた工場の工員が面白半分にやってしまったのか。

スミス側でその存在をプラドコ社には伝えてあるので、今後はそのようなものは出て来ないと思います(多分)。ん?ということはラトリンラッキー13って超絶レアものってことになるのかも?あの有名なソリザラだとか、ザラⅡボディーのウンデッドだって厳密に言えば当時の不良品だったもの。それが現在では高い価値が出ているわけだから何がどう転ぶかはわからない。

あぁ、あのラトリンラッキー13、買っておけば良かったなぁ。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー