So-net無料ブログ作成

8月 根魚大将で狙う小樽・石狩のロックフィッシュ [釣果報告]

小樽のロックフィッシュアングラーTMRさんからの根魚大将による釣果報告です。やはり釣れる魚種が本州とは違うので見ていてとても新鮮です。

8/13
本日は石狩市北部の実績ポイントでの釣行です。13:00に釣行開始。
今日も、テトラポットの穴釣りがメインの為、3.5gスティックシンカーのMKリグ+根魚大将2.8インチのピンクグローでテトラの隙間に落とし込んでいきます。すると…
170829-1.jpg
ワームが写ってないのが残念ですが、31cmの良型クロソイがヒット!
ピンク系のワームは初めて使ったのですが、その後のデイ、ナイト、様々な状況の釣行でもポツポツと釣れ、安定した釣果をもたらす器用なカラーだと感じました!

8/15
本日はお盆の帰省がてら、留萌市、増毛町、石狩市の実績ポイントに寄ってきました。16:00に釣行開始。
帰省がメインの為、あまり時間はとれませんでしたが…
170829-2.jpg
170829-3.jpg
170829-4.jpg
カジカ、ガヤ、26cmのクロソイが釣れました!
リグは3.5~7gのMKリグで、ワームは根魚大将2.8インチのレッド・レッドフレーク、ピンクグローを使用しました!
短時間でも釣果をもたらしてくれる根魚大将、流石です!

8/19
本日も小樽市での釣行です。23:00に釣行開始。
今日は、5gジグヘッド+根魚大将2.8インチのレッド・レッドフレークや、シャッド系ワーム2.5インチを使い、リフト&フォールやボトムパンプで探ると…
170829-5.jpg
170829-6.jpg
170829-7.jpg
170829-8.jpg
約2時間で、マゾイ、シマゾイ、ガヤが計7匹釣れました!
フォール主体でシャッド系を使用するとマゾイ、ボトムパンプ主体で根魚大将を使うとシマゾイと、攻め方やワームを変える事で魚種を釣り分けられ、ゲーム性のある釣行となりました。
シマゾイキラーの根魚大将!流石です!笑

8月の釣果報告という事で情報としてはまだ新しいです。夏枯れという言葉で表されることがあるくらい、真夏の海では釣果が芳しくなかったりもするものですが、さすがはロックフィッシュの本場北海道は夏枯れ知らずですね。ベストシーズンの釣果はさらに期待できそうですね!

gill-bf.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

7~8月 根魚大将で楽しむ夏のロックフィッシュゲーム [釣果報告]

ソルトベイトフィネスの使い手OKさんの釣果報告が久しぶりに届きました。釣果報告は久しぶりでしたが、相変わらず釣りには行きまくっているようでした(笑)。ほぼ日課となっている名古屋港をはじめ、キジハタを求めて尾鷲や越前海岸まで出掛けたり。実に充実した日々を送っているようです。

ご無沙汰致しております。

根魚大将を使用しての釣果を纏めてお伝え致します(^^ゞ

北へ南へと走りまわっておりました(*^^*)

170828-1.jpg
尾鷲方面でフリーショットにセットして小さいながらもキジハタ

170828-2.jpg
170828-5.jpg
越前海岸でワインド系ジグヘッドにセットしてカサゴとキジハタ

170828-4.jpg
170828-3.jpg
名古屋港ではダート系ジグヘッドにセットしてクロソイ

夏のライトロックゲームを満喫しております!

それでは、釣果がございましたらなるべくこまめに報告させて頂きます(*^^*)

根魚大将でシーバスまで釣れているようですね。自分も以前は、シーバスはクロー系やホッグ系のワームは喰わないと思っていたのですが、自分自身も東京湾で根魚大将を投げてシーバスを連発させてしまった経験をしてから、釣れるんだなぁと。

根魚大将は使い手によって色々なリグで用いられます。テキサスリグ、リーダーレスダウンショット、ビフテキリグ、ジグヘッドリグ等。そしてジグヘッドに関してはこれまた色々な形状のものがあるわけですが、OKさんはダート系やワインド系のジグヘッドも使っているとのこと。根魚大将はアームやテールなどパーツが多いワームなのでダートアクションなどは起きにくいと思うのですが、ダート系ジグヘッドをあえて使う理由があるのかどうか、或いは何かチューニングをされているのかな?とOKさんの釣り方には興味が尽きないです。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

8/27 ご近所シーバスと野島堤防カサゴ [釣行記]

関東ではまたもや猛暑が復活してグッタリ気味だったのですが、8月27日の日曜日は曇天で気温も高くないとのこと。本当かな?そうした話を真に受けて出掛けてみたら結局炎天下だったなんてことが何度もある(笑)

まぁ、仮に暑かったとしても朝だったら大丈夫だろうと思い、近所のドブ川Bで朝練シーバス釣り。釣り始めてすぐにソコリを迎えてしまうという悪条件ではありましたが、最近来ていなかったので川の状態を知りたく、出掛けてしまいました。

案の定水深激浅。シャロークランクがボトムノックしている。こりゃ釣れないなと思ったのですが、AR-Wピンテールのジグヘッドリグとディプシードゥ1でそれぞれヒット、バラシ。実は今期、グラスコンポジットロッドを使うようにしたのが裏目に出ている気がしてなりません。ナイロンラインと合わせているので、伸びが大き過ぎるのかも。今度からロッドはカーボンに戻そう。

そうこうしているうちに完全ソコリ状態になって川の流れも止まってしまった。こうなると釣れない。帰るかと思ったのですが、何故かスーパーミスティー(SP)でセイゴクラスをキャッチ。その数投後にもスーパーミスティーにチェイスがあった。

170827-1.jpg
(小さかったので抜き上げました。ランディングにネットは使っていませんが地面に置く際の下敷き代わりに使っています)

ドブ川のソコリ時間、パタパタ動くフラットサイド系が効くような気がしていたのですが、何となく確信に変わってきました。でも、シーバス狙いに本気でミスティーを投入するのはきっと自分位でしょう。

朝練は2時間ちょっとで終了。うむ、確かに今日は涼しい感じがします。それならば第二部へとGO(アホです)。

第二部は神奈川県の野島堤防に久し振りに渡りました。カサゴ狙いです。若干の余裕を持って出掛けたつもりが途中で道を間違えました(汗)。12時の便に何とかギリギリ間に合いました(遅れたら次の便まで4時間近く待つ羽目になるのでホッ)。

170827-10.jpg
(週末はさすがにこの人出。自由に場所移動するのは難しい)

以前に野島堤防に来た際、自分は根魚大将で攻略したのですが、サイズはともかく数では周囲の常連さんに圧倒的に釣り負けていました。というのも、野島堤防のカサゴは数は多いもののサイズは小さい。なのでここでは、メバル用のタックル、メバル用のワームでカサゴを狙うというスタイルが定着しているのです。

何かしっくりこないなぁと思いつつも、野島スタイルを学ぶつもりで今日はメバルタックル1本で挑みました。

170827-2.jpg
170827-3.jpg
170827-4.jpg
170827-5.jpg
170827-6.jpg
170827-7.jpg

結果、爆釣!というほどではありませんでしたが、数的には20尾以上釣りました。20cmクラスは3尾ほどで、他は全てチビガッシー。メバピョンピョン+ジグヘッドタケちゃん1.8gが一番効きました。

ベイトタックルだとちょっとオーバーパワーと感じるカサゴですが、メバルタックルで狙うと、20cm前後のカサゴが猛烈ダッシュで根に潜るというのが実に新鮮(笑)。喰った直後の瞬間的なパワーが凄く、これは25cm近いんじゃ?と思いきや全然小さいという。
良型ほど、ガンッ!とひったくるようなバイトの出方。直後、一気に離さないと根に潜られる。メバルタックルだと20cmのカサゴでも充分スリリングな釣りに思えました。これはアリだなぁ。

170827-9.jpg

この堤防では、手の平未満のチビガッシーは比較的どこでも釣れます。けれどもある程度良型のカサゴは、いかにもという大きな崩れがある場所だとか、常に波が打ち付けて大きくサラシ状になっているような場所とか、とにかく一等地に陣取っているというのが印象的でした。なかなか週末には好ポイントに入れないんですけどね。

170827-8.jpg

ただ、この野島堤防、安易にアプローチできる沖提ではありません。潮位が高い日には堤防の上まで波が来る日もあるし、風が強い日には波飛沫も浴びる。常連の黒鯛師さんの多くは、天気に関わらず上下レインウェア着用です。今日も正午過ぎ頃はまぁまぁ波飛沫で濡れました。ある程度の覚悟をして出掛けるか、潮位が低く風や波もない日を選んで行くか、どちらかです。そんな沖提ですが、おそらく関東でカサゴが一番釣れる場所だと思います(ボート除く)。

今日は何だか中身の濃い一日でした。一日に2回も釣りに行く自分が悪いのですが、疲れました・・・

ks-bf34.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

6月 根魚大将&黒鯛大将で狙う小樽・石狩のロックフィッシュ [釣果報告]

本日も小樽のTMRさんからの釣果報告、6月分です。色んな魚が釣れてます!いいなぁ。

6/3
本日も小樽市での釣行です。
今日は久々のデイゲームで、比較的人が少ないフィールドに行きました。13:00に釣行開始。
ジグヘッド+根魚大将2.8インチのレッド・レッドフレークをセットして、沈みテトラの穴を探ると…

170826-2.jpg
170826-3.jpg
22cmのシマゾイと、カジカが釣れました!
その後、根魚大将を根掛かりロストした為、黒鯛大将2.8インチのアマモグリーンにワームチェンジすると…
170826-4.jpg
170826-1.jpg
ハチガラと、ガヤが釣れました!
1時間程の釣行でしたが、根魚大将、黒鯛大将のおかげで多様な魚を釣る事ができました!

6/8
本日も小樽市での釣行です。今日は、流れの弱い浅場に無数のガヤが見えている状況で、活性が高いのでは?と期待感が高まります。22:00に釣行開始。
早速、7gドロップシンカーのMKリグ+根魚大将2.8インチのレッド・レッドフレークでボトムバンプすると…
170826-5.jpg
ワームが写ってないのが残念ですが、シマゾイがヒット!
ワームカラーをナチュラルミノーに変えて、フォール主体で狙うと…
170826-6.jpg
マゾイがヒット!やはり活性は高い様子です。
その後も、ポツポツとヒットを重ね、2時間で計10匹程釣れました!
表層にはガヤ、中層にはマゾイ、底にはシマゾイと、魚種によってレンジが違っており、リグの動かし方を変える事で魚種が選べて楽しい釣行となりました。
170826-7.jpg
レギュラーサイズのシマゾイ2匹は持ち帰り、アクアパッツァにして食べました。根魚大将でサクッと釣れてくれるおかげで、調理時間を確保でき、釣果もお腹も満足する結果となりました!

6/11
本日は石狩市での釣行です。
石狩市は、札幌市近郊である為釣り人は多く、砂地のスポットが多い為、ロックフィッシュの絶対数は少なめな印象です。
13:00に釣行開始。
今日は、テトラポットの穴釣りがメインの為、3.5gスティックシンカーのMKリグ+根魚大将2.8インチのレッド・レッドフレークでテトラの隙間に落とし込んでいきます。すると…
170826-8.jpg
ワームが写ってないのが残念ですが、27cmの良型シマゾイがヒット!かなりの引きでした!

しばらくの間、MKリグ+根魚大将を使って感じたのですが、周りの釣り人が釣れてない状況や、他のワームでは釣れない状況でも、シマゾイを釣りあげられることが多いです!

シマゾイは他のソイ類より捕食が下手なのですが、じっくり底を狙えるMKリグのボトムパンプやずる引きなら「食べやすそう!」と感じて、口を使いやすくなるのか?
微弱な水流でも機能するカーリーテールが絶妙な生命感を演出しているのか?
一口サイズの甲殻類シルエットがはまっているのか?
ちゃんとした理由はわからないのですが、とにかくシマゾイを引っ張り出してくれるワームです!!
今後もシマゾイキラーとして活躍してくれると信じています!

MKリグというのはバス釣りで言うところのリーダーレスダウンショット(直リグ)ですね。やっぱり効くんだなぁ。

自分がこれまで釣ったことのあるソイというと、クロソイ、ムラソイ、マゾイです。で、先日岩手でマゾイが連発した際に言われたのが、食べるのであればマゾイが一番おいしいということでした。通常釣った魚をリリースする人でもマゾイだけは数本持ち帰る人がいるほどだそうです。自分は食べたことが無いのですが、そのように教えてもらっていたのでロックフィッシュの中で一番おいしいのはマゾイなんだろうなと思っていたわけです。

が、TMRさんのお勧めはシマゾイ!だってマゾイも釣れているのにシマゾイを持ち帰ったということはこちらの方がおいしいということなのでしょうからね。

ちなみに、ムラソイを食したという人がいたのですが、身が硬くてイマイチと言ってました。触った感じもゴツゴツしてますもんね。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

3~4月 根魚大将&黒鯛大将で狙う小樽のロックフィッシュ [釣果報告]

北海道の小樽から、根魚大将黒鯛大将のヘビーユーザーだというTMRさんからドカーンと釣果報告が届きました。黒鯛大将って北海道でも売っているお店があったんだ(驚)。

言うまでもなく、北海道は東北と並んでソイ・アイナメといった北方系ロックフィッシュの本場です。ただ、TMRさんの釣果報告から感じられたのは東北とはまた釣れる魚種が違うという事でした。丁度、北海道でのロックフィッシュについて色々知りたいと思っていたところでもあり、非常にありがたい釣果報告となりました。

3月~8月までの釣果報告をまとめていただいたのですが、まずは春先である3~4月の釣果報告を紹介します。

3/25
こんにちは。私はベイトフィネスによるおかっぱりライトロックを楽しんでいる田村という者です。メインフィールドは北海道の小樽市です。
小樽市は札幌市近郊である為、釣り人も多く訪れ、全体的にかなりハイプレッシャーな場所が多い印象です。
ですが、ロックフィッシュの種類は豊富で、アブラコ(アイナメ)、クロソイ、マゾイ(キツネメバル)、シマゾイ、ガヤ(エゾメバル)、カジカ等、様々な魚種を狙えるフィールドでもあります。

本日訪れたのは、メインフィールドである小樽市の防波堤です。18:00に釣行開始。
まだ春先で水温も低く、活性が高くない為、スローな動きを意識しながら色々なワームを試しましたが、なかなか反応がありません。
そこで、5gスティックシンカーのMKリグ+黒鯛大将2.8インチのグロー・シルバーフレークにて、ボトムシェイクからの5秒ステイを試すと、それが状況にピッタリマッチ!
170825-1.jpg
ランガンで、ほぼ1キャスト1ヒット状態!
170825-2.jpg
4時間で、約20cm弱のシマゾイ、ガヤ(エゾメバル)が計20匹ほど釣れました!
私のメインリグであるMKリグはフックが自由に動く為、高浮力素材の黒鯛大将を使うとボトムで立ち姿勢となり、スローなのに視覚的アピール力があって、この時期のロックフィッシュに効果抜群でした!
初めて黒鯛大将を使いましたが、一発でファンになりました!笑

3/27
本日も小樽市での釣行です。
前回、黒鯛大将が好調だった為、根魚大将も購入して21:00に釣行開始。
今日は濁りがきつく、釣り人が多いため底荒れもしているのか、どんなリグ、ワームを試してもあたりすらない渋い状況。ボウズも覚悟しながら、3.5gスティックシンカーのMKリグ+根魚大将2.8インチのオレンジ・ゴールドフレークにて、ボトムパンプで探っていくと…
170825-3.jpg
なんとか1匹釣り上げる事ができました!
2時間で、この1匹だけでしたが、北海道ではレアな部類に入るハチガラ(ムラソイ)だった為、喜びもひとしおです!
また、厳しい状況でも釣果を出す、根魚大将のポテンシャルの高さを感じました!

4/24
本日も小樽市での釣行ですが、今日は初めてのフィールドにやってきました。21:00に釣行開始。
事前情報では、アブラコが釣れる可能性があるとの事でしたが、いざ実釣してみると、水深が浅く、水温も低い為、厳しいかな?という状況。
3.5gジグヘッド+色々なワームを試しますが、大きいワームだとあたりはあってものせる事ができず、小さいワームだと、アピール力不足なのか食いついてきません…
そこで、黒鯛大将2.8インチのグロー・シルバーフレークに付け替え、ボトムパンプで探っていくと…
170825-4.jpg
1投目でレギュラーサイズのシマゾイゲット!
2.8インチという、アピール力がありながら一口サイズである、絶妙なサイズ感のおかげで釣れた1匹だと感じました!

4/30
本日も小樽市での釣行です。18:00に釣行開始。
今日も根魚大将のアピールカラーをセットしてキャストしますが、あたりも少なくなかなか渋い状況。
そこで、3.5gドロップシンカーのMKリグ+根魚大将2.8インチのナチュラルミノーにて、リフト&フォールすると…ドスッと押さえ込む様なバイト!
170825-5.jpg
レギュラーサイズのシマゾイでした!
その後も数匹釣れましたが、どの魚も地味目なカラーであるナチュラルミノーでしか反応しませんでした。
後々になって考えると、その日のベイトは小魚だったのでは?と思いましたが、小型ホッグ系でありながらベイトフィッシュパターンでも釣果をあげてしまう、根魚大将のナチュラルミノー、流石です!

小樽で釣れる魚種は多いそうですが、TMRさんの釣果で特に目立つのがシマゾイ。東北にもいないことはないようですが滅多に釣れることはないようで、やはり北海道ならではの釣果と言えるのでしょう。クロソイやマゾイとはまた行動パターンや釣り方も違うのですかね?

北海道、修学旅行でしか行ったことが無いのですが(苦笑)ロックフィッシュ釣行、いつか行けたらいいなぁ・・・

ks-vspec.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ドレスドフック マテリアル考 [タクティクス]

近年はビッグベイトやクローラーベイトの台頭により製品にフェザーフックが装着されているものが増えました。フックメーカーから別売されるようにもなった。いい時代になりましたね。

でも、何でもかんでもフェザーフックで一括りにされているケースが多い気がします。

フライタイイングをする人ならば基本中の基本。大して難しいことではないのでルアーアングラーにも是非とも覚えておいて欲しいマテリアルの基本。それぞれに特徴があり、その特徴を理解した上で使い分けることが大事なのです。

【基本は3種】

フライマテリアルには膨大な種類がありますが、ここではルアーのフックに装着することを前提としてマテリアルを絞ります。マテリアルは大きく分けて3種に分類されます。

1.フェザー
2.ヘアー
3.シンセティックマテリアル

フェザーは鳥の羽根。ヘアーは獣毛。ルアーアングラーはこれをゴチャマゼにしてしまっている人が多い。この手のフックはDressed hookと総称されます。日本ではこれが何でもかんでもフェザーフックと呼ばれている気がします。

170824-1.jpg

あなたのルアーに付いているそのフック、本当にフェザーフックですか?

(つづく)

ks-bandocraw.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヘドン2018ニューカラー [ヘドン]

4月に公開されたはずのPRADCO2018ウェブカタログ。

170420-1.jpg

たまに覗いてみたら、あれ?!いつの間にか中身が更新されてないか?ブーヤの新しいクランクベイトなんて出ているし。I CAST SHOWに合わせて更新したのかもしれません。

それはそうと、ヘドン。
自分としては、もういつカタログ落ちになってもおかしくないんじゃないかと思っていた「スピッティンイメージ」「ポップンイメージ」「スイミンイメージ」の3兄弟。だって年々カラー数が減っていくんですもの。在庫がなくなったカラーからカタログ落ち、ゆくゆくはアイテム自体が終了になるんだろうと思えてなりませんでした。

元々はエクスキャリバーブランドで発売されていたこれらのプラグ。それがヘドンブランドから発売されるようになったものの、やはりヘドンとはちょっと方向性が違うというかなんというか。少なくとも日本のトップウォーターフリークにはまるで人気がない。

でもスピッティンイメージは凄くいいです。本当は今はなきJr.、それも旧型がいいんですけれど。
そしてポップンイメージはスミスのT越専務がメチャクチャお気に入り。動かしやすくて本当に良く釣れると言ってました。ヒロ内藤さんもポップンイメージは多用するプラグのようです。
ただ、自分たちがどんなに気に入っていようと、売れないものは生産中止になるのが自然ですからね。これらのプラグはそろそろ危ないんじゃないかと心配していたのです。

ところが何と!これらのプラグに新色が3色加わったようです。PRADCO、これらのルアーまだやる気だったんだ(笑)。何だか少しホッとしました。カタログ落ちとなったらまた必要分を確保しないといけないなぁと思っていたので。

【BAC】Bay Anchovy
170822-1.jpg

【ESH】Emerald Shiner
170822-2.jpg

【NFH】Needle Fish
170822-3.jpg

上写真はスピッティンイメージですが、ポップンイメージ、ポップンイメージJr.、スイミンイメージに共通のカラーとなります。

これまではホログラム系カラーが多かったのですが、今回のカラーはスケルトン系カラーとなっています。まぁ、選択肢は多い方がいいですよね。
個人的には、スピッティンイメージはホログラムカラーで決まりなんですけど、どうせだったらボーンカラーだとか、反射板入りのカラーもあるといいなぁ。

gill-spiny2.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

8月中旬 根魚大将で狙う越前海岸のアコウ釣り [釣果報告]

ライトソルトゲーム界のユーチューバー、Mさんからの釣果報告です。今回は動画は無し、というのか他社テスターさんの動画撮影が主体で、その合間での釣果だそうです。

Mさんの動画はその筋ではかなりメジャーな存在ですので、最近では名の知れた各社のフィールドテスターやメーカースタッフの出演も多いのです。レベルにもよりますが、動画の撮影・編集が出来る人というのは釣り業界ではかなり重宝される存在です。
自分も仕事上、関東でバス釣りの動画撮影・編集が出来る人を探しているのですがなかなか見付からなくて困っているところです。どなたか居ません?

この度は某ワインド系のワームを得意とするテスターさんの撮影目的で福井県・越前海岸に行ってまいりました。

ワインド釣法でもアコウやカサゴといった根魚が釣れるのですが、私はそのテスターさんの目の前にしても使うワームはお馴染みの「根魚大将2.8インチ」です。(笑)

仕掛けは「根魚大将2.8インチ+2.5g直リグ」の組み合わせです。

このところ海が荒れ気味だったからか、あまりアコウが捕食の為にウロウロしているように感じませんでしたのでそれほど遠投することなく、テトラの際を攻める釣りスタイルを中心に行っていきました。

と言っても、今回は基本的に、そのテスターさんの撮影がメインでしたので、ほとんど釣りをしていないのですが撮影の合間に、こそこそっと釣りをした結果、アコウ(キジハタ)を3尾キャッチできました。

170820-1.jpg
170820-2.jpg
170820-3.jpg

これが根魚大将の威力!

今回は私自身の釣果は期待していなかったのですが、ちゃっかり釣れてくれる根魚大将の存在は本当に頼りになります。

ありがとうございます!

ワインドで反応する魚と根魚大将で反応する魚は違うでしょうからワインドの釣り残し?を獲った感じでしょうかね。

こそっと釣りをしてサクッと3尾キャッチするあたりはさすがですけれど、撮影対象者(主役)よりもハイペースで釣ってしまうと場の空気が悪くなるので(笑)あくまでコソコソっと釣りをすることが大事ですね。

gill-bf.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

8/18 黒鯛大将で狙う広島チヌゲーム [釣果報告]

広島の学生チヌハンターOTさんの釣果報告です。関東~東北では梅雨のような夏になっているのですが、広島の夏はどうなんでしょう?自分は夏風邪引いて体調崩してしまいました。

今回は1.8gジグヘッドに黒鯛大将ウミグモカラーでの釣果です!
満潮で水深が2メートルほどになった小規模河川の壁際をリフト&フォールして底を叩きながら移動するという釣り方で2匹かけて1匹獲りました!

170819-1.jpg

リフト&フォールで底を叩いていたのですが、ワームが浮力を持っているのでフックが上がるので安心して叩けました!やはり根掛かりが怖くないという所は重要でした!

ルアーではない、いわゆる「黒鯛釣り」は前打ちなどに代表される壁際への落とし込みの釣りなんですよね。OTさんが黒鯛大将で実践している、壁際でのリフト&フォールというのもそれに通じるものがありそうです。

それにしても、1.8gのジグヘッドなんですね、軽い!それに加えて黒鯛大将は浮力を持たせた素材を使っているのでなおのことフォールスピードはスローになると思います。きっとそのフォールスピードもキモなんでしょう。しかもこの軽いリグをベイトタックルで使っているようなので、バスで言うところのベイトフィネススタイルになるのかな。テクニカルな釣り・・・面白そうですね。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヘドンロングTシャツ2017 [ヘドン]

10月下旬にヘドンロングTシャツを発売します。で、生産スパンを考慮して既にお店からの注文を受けています。

秋に長袖シャツを販売する、その2ヶ月前から注文を集めている、至って普通の事なんですけれど洋服店で売るわけではなく釣具店で販売するとなると実はちょっと勝手が違う。暑い時期に長袖を案内してもなかなか注文がもらえないのです。でも今年、関東以北は冷夏のようだからちょっとは注文入るかな?

今回は胸元にDOWAGIACのデザインをあしらいました。このマーク、1921年のヘドンのカタログにあったものを転用したものです。ベースカラーは3色。

【ネイビー】
170818-1.jpg

【オリーブ】
170818-2.jpg

【チャコール】
170818-3.jpg

いずれも素材は綿100%(5.6oz)です。

サイズはM、L、XL。日本サイズです。数名に試着してもらったところ、いくぶん袖が長目に感じるという意見が多かったので、サイズに迷うようなら小さい方を選ぶといいと思います。参考までに自分は172cmでMサイズです。

価格は¥3,500+税

ヘドンサポートショップ専売商品となります。スミスでは9月21日に受注を締め切り、9月22日より生産に取り掛かりますので、確実な入手を希望される方は9月中旬頃までにヘドンサポートショップに注文を出して下さい。製品入荷は10月下旬を予定しています。どうぞよろしくお願いいたします。

ks-bf34.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー