So-net無料ブログ作成
検索選択

テンタクローラーで再現するテナガエビパターン [水郷BASS.com]

ここのところ水郷BASS.comフォトトーナメントへのエントリーが続いていて嬉しい限りです。

今回は常連のRinさんからのエントリーです。5月21日に横利根川でキャッチした30cm。ヒットルアーはテンタクローラー

テンタクローラー、ダウンショットで使う際、ネコリグのようにボディーにフックを刺して使ってみました。かなりいい感じでしたので、そのまま使っていたところ今回のバスゲットとなりました。

170612-1.jpg

6月はテナガエビの季節です。これからに備え、エビ系のカラーを購入しようと思いました。釣れましたら、また、投稿します。

ダウンショットワッキーですかね。テクニカルな釣り方ですね。

こんな方法はどうかな?と思いついて、リグって、足元で泳ぎを確認する。おぉ!いい泳ぎだ。これは釣れそう。
そう思えたらしめたものです。釣れる気満々で釣りを続けられますから。集中力も持続できるでしょうしね。

で、Rinさんのように見事バスが釣れるというわけです。

ところでRinさんのコメント、なかなか鋭いことが書いてありました。これからのテナガエビシーズンに向けてエビ系カラーのテンタクローラーを使いたい、と。

テンタクローラーはテール側に2本、側面に4本の細長いアームが生えています。ボディーは細身だし、シルエットは確かにテナガエビに近いです。それを意識して開発されたものではないのですが、Rinさんの言う通り、かなりテナガエビパターンにはテンタクローラーがハマりそうな気がします。


(テンタクローラーアクション動画 by Tさん)

gill-bf.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー