So-net無料ブログ作成

ストライクフロッグ [スミスルアー]

日本で最も古いバスフィールドというと芦ノ湖。その次が相模湖、津久井湖、富士五湖あたりでしょうか。そして当時異彩を放っていたのは千葉の雄蛇ヶ池でしょう。この池こそが、日本のリリーパッドゲームのルーツに違いありません。そして当時この池で最も使われていたルアーはハリソンのスーパーフロッグでしょうね。

130820-1.jpg

当時のフロッグと言えば、スーパーフロッグとガルシアフロッグが2強。まぁ、自分が持っていたのはコーモランのかへるくんでしたが・・・
また、ライギョ釣りのパイオニア的な人達がイチオシしていたのもハリソンスーパーフロッグでした。

しかしこのルアー、モデルチェンジされるたびに改悪されていってしまった。一番評価を受けているのは初代と2代目。3代目は使えるレベルだけれども悪くなった。4代目以降は使い物にならん・・・といった評価をする人が多い。もっとも、アメリカでの評価がどうだったのかはわからないですけど。

以降、これに代わるルアーというのはヒックリージョー位だったと思います。これもまぁ、当時の自分には高くて買えなかったですが。

そうこうしているうちに時代は中空フロッグが主流になったわけですが、カエル本来の伸縮するような脚の動きというのが出せるものがあまりない。昔の人(自分含む)って、ツルッとした中空フロッグだと動かしていて何となく物足りないんですよね。

というわけでスミスが作りました。昔ながらのフロッグを。昭和のオジサンバサーには涙モノです。発泡樹脂を使った非中空のフロッグです。脚の素材はPVC。

01.GR
170602-1.jpg

02.OL
170602-2.jpg

03.PI
170602-3.jpg

04.BR
170602-4.jpg

05.YL
170602-5.jpg

06.BK
170602-6.jpg

これ、昔にあったらどんなに良かったでしょうね。昭和のオジサンバサーの皆さんはノスタルジーに浸りつつ投げてみて下さい。

・ボディー長:50mm
・自重:約14.5g
・¥1,200+税

・7月発売予定

gill-bf.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー