So-net無料ブログ作成

ヴィヴィッドライブで狙う若狭湾のカサゴ釣り [釣果報告]

関東のカサゴ釣りではさほど大きなワームというのは使わないです。それだとなかなか釣れないからです。魚のサイズが小型中心であることと、プレッシャーによるものもあるでしょう。神奈川の某沖提も、メバル用のワームをカサゴ用として使う人が多い。

ヴィヴィッドライブは4インチ、全長10cmほどのシャッドテールワームです。元々はジグヘッドリグでのただ巻きでシーバスを釣るために開発したもの。ただ、ロックフィッシュやフラットフィッシュ狙いでこれを使ってくれる人ももちろんいました。ロックフィッシュに関しては、ある程度のサイズのアイナメ、ソイ、ハタ類ではもちろん問題ないと思います。

でも今回Mさんは若狭湾のカサゴ狙いでヴィヴィッドライブを使用。大きくないのかな?と思いましたが若狭湾ではそんなことはないみたいですね。

この度は若狭湾にカサゴ釣行に行ってまいりました。

本当はテトラ穴釣りをしようと考えていたのですが、目的のポイントは波が荒くとても危険な状況だったため(天気予報では穏やかな予報だったのですが)急きょ場所移動。不本意ながら内湾の奥まったシャローエリアですることに。
ここは潮通しはあまり良く無いですが、海が荒れていても、比較的穏やかなので釣りをする分には問題ありません。

そして、いつも通りの根魚大将+5gシンカーのテキサスリグをセット。
数投して海藻に絡まったため、「グイッ」と引っ張ると・・・

「ベキッ!」

なんと、バットの部分からロッドが折れてしまいました。(汗)

一気にモチベーションダウン。

当初の予定だった穴釣りを中断。
そして今度はシャローエリア用の7.8フィートのロッドも折れる。

というアクシデントに見舞われ、車に戻り、どうしたものかと考えた結果、穴釣り用に用意していたタックルでシャローエリアを攻めることにしました。

・・・というか、これしか選択肢がありませんから。(苦笑)

穴釣り用に用意していたのは、バス釣りフローター用5フィートのロッドにベイトフィネス用リールをセットしたもの。

先ほど、シャローエリアにベイトフィッシュの群れが泳いでいたので、ヴィヴィッドライブ+3.5gジグヘッドをセット。

海藻の切れ間に落とし込んで使いますが、さっぱりヒットしません。

先ほどのベイトフィッシュの群れと言い、もしかしたら、完全なベイトフィッシュパターンか?!

と思い、今度は海藻の上をストレートリトリーブ。

すると、「ドンッ!」というアタリ。

アタリはカサゴっぽいですが、釣り方はメバルを釣るようなやり方。

もしかしたら、大型メバルか?!

と一瞬期待したものの、すんなり上がってきたのは、お馴染みのカサゴでした。

170629-1.jpg

しかしながら、完全なるベイトフィッシュパターンと判断し、海藻の上をストレートリトリーブし続けます。

すると、どんどんカサゴが釣れます!

170629-2.jpg
170629-3.jpg
170629-4.jpg
170629-5.jpg
170629-8.jpg
170629-9.jpg

3キャスト3尾釣れる時もあり、パターンが完全にハマった瞬間だと確信できました!

中には「トラギス」の仲間と思われる魚を吐き出したカサゴもいました。

170629-6.jpg
170629-7.jpg

消化具合から「吐き出した」というよりも、元々トラギスの体半分はカサゴのお腹からはみ出ていたと思われます。

170629-14.jpg

今まで根魚の「ベイトフィッシュパターン」と言っても、ハタ系の魚ではよく聞く話ですが、カサゴでは、ここまで極端に魚食に偏っている状況は、私自身、経験がありません。(逆の甲殻類パターンでベイトフィシュ系のワームに無反応だった時は時々あります。)

どちらかというとそういう傾向があるかな?

という場合が多く、クローワームを使っても、それなりに釣れる場合が多かったのですが、ここまで極端に結果に差が出るとより根魚釣りの奥の深さを感じました。

170629-10.jpg
170629-11.jpg
170629-12.jpg
170629-13.jpg

お馴染みのカサゴですが、ヴィヴィッドライブのおかげでお馴染みでは無い釣り方で釣れましたのでこの度もとても勉強になる楽しい釣りができました。

ありがとうございます!

1日にロッド2本破損はイタイ・・・そんなツイてない日もあるんですねぇ。自分の知人は車にロッドを立てかけたまま車を発進させてしまい一気に4本折った人がいます。相当ショックだったようです。そりゃそうですよね。

でも釣果は素晴らしい。ベイトフィッシュパターンがモロにハマったようでヴィヴィッドライブで連発だったようです。

ホッグタイプだけ持ってりゃいいってわけではないみたいです。根魚釣りは奥が深いですね。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

サムライボートサービス [その他]

20数年前。JB戦に出場する為、琵琶湖のマリーナを訪れていた時の事。琵琶湖のバスボートスタイルを見て驚いた。軽自動車やセダンでマリーナにやってくるボートオーナーの多い事。そしてボートはマリーナの人が重機で昇降をしてくれる。

関東の湖では、ボートは自分自身で上げ下ろしをするのが基本でした。だからトレーラーボートとなると車は四駆にヒッチを付けるのというのが当たり前だった。四駆に乗っていない人がバスボートを所有するというのは考えにくかったのです。

だから、好きな車に乗りつつもボートライフを楽しんでいる琵琶湖ボーターの皆さんがとても羨ましかった。関東にもこんなマリーナがあったらなぁと。

自分はずっとカートップのアルミボートでした。でもさすがに年齢を考えるとキツくなった。一度ギックリ腰も経験している。バスボートもいいけどなぁ・・・でも自分の車にヒッチを付けて牽引するのは嫌。そんなことを考えていたら、霞ヶ浦水系に、スタッフがボートの上げ下ろしをしてくれるマリーナがあると知る。V6マリンサービスさんでした。

ここしかない!と思いました。そしてボートも購入してV6マリンさんに駐艇もさせてもらって現在に至るというわけです。

実際、ここに駐艇されている方は愛車にヒッチを付けていない人も多い。車種も様々。軽自動車の人もいる。別に牽引するわけではないから車は関係ないですものね。まさしく自分が昔に琵琶湖で見て羨ましいと感じていたボートスタイルがここにありました。こうした、スタッフによるボート昇降をしてくれるマリーナというのは霞ヶ浦水系でもV6マリンさんとハーツマリンさん位だと思う。自分はV6マリンさんがなかったらバスボートは買っていないだろうと思います。

ボートを購入する際、色々と教えて下さったのはV6マリンの奥村社長でした。その奥村社長が4月に亡くなり、ショックでしたし、V6マリンもどうなってしまうのかと思いましたが・・・

170628-1.jpg

V6マリンのスタッフだった高橋さんが新たにサムライボートサービスを立ち上げ、V6マリンの業務を継承してくれました。V6マリンに駐艇していた人は、引き続きサムライボートサービスでボートライフを楽しむことが出来るとのことで安心しました。

ここにきて新ホームページも立ち上がったようなので、上画像にリンクを貼っておきました。

自分の駐艇場所、例年暑い時期になると草茫々になってしまう。この時期はちょっとでも放置するとアッという間に雑草が伸びてしまいますからね。草が伸びると虫も多くなるし、早朝に準備していると朝露で足元が濡れてしまうんです。でも今年はマメに草刈りをしてくれているようで、全然気になりません。今のところはね(笑)。こういう部分、今までより良くなった気がしますし、これからも大事にしていって欲しいです。強いて言えば、もうちょっとしっかり砂利を入れて欲しいかな。

何はともあれ、今後のサムライボートサービスさんに期待です。

ks-bf34.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

必読、殺さない駆除釣り大会 [その他]

170627-2.jpg

どこかのオッサンによって召集されたこの人達。中には前日まで名古屋だったという人も(汗)。翌日に群馬とはなかなかハードだったねぇ(と、他人事のように言ってみる)。

この人達はバス関連雑誌の関係者なのです。ライター、カメラマン、編集者などなど。「Basser」「ルアーマガジン」「Rod and Reel」「アングリングバス」「TOP☆TOU」。全てのバス雑誌の関係者が一堂に集いました。

170527-1.jpg
170527-2.jpg

皆さんが取材しに来たのは5月27日に群馬県の中野沼で開催された外来魚駆除釣り大会。それぞれプロのライター、カメラマン、編集者であるわけですから、出来上がる記事もそりゃもう素晴らしい出来です。

170627-1.jpg

現在、これら5誌の最新号が発売になったところです。日本初、殺さない駆除を実現したこの日の釣り大会。その様子が上記5誌の全てに掲載されています。

是非、お買い求めの上、御覧下さい!!

なお、Basserさんの記事につきましては つり人社さんのWEBマガジン SiteBでもご覧いただけます。併せてご覧いただければと思います。

gill-mossa.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

水郷エリア花火大会情報2017 [イベント]

関東ではいよいよ梅雨本番といった印象ですが、それが明けるともう夏。暑さに弱い自分が最も苦手な季節到来です。

で、夏と言ったら花火です。それはいいのですが釣りの帰り道に渋滞にハマらないよう事前に情報を仕入れていくのも大事です。

ということで例年掲載していますが、水郷エリア周辺の花火大会予定です。

8月1日(火) 水郷おみがわ花火大会 香取市
8月12日(土) とりで利根川大花火 取手市
8月19日(土) 水郷潮来花火大会 潮来市
8月19日(土) いなしき夏まつり花火大会 稲敷市
10月7日(土) 土浦全国花火競技大会 土浦市

なお、花火大会の日程、各トーナメントの日程は 水郷イベントカレンダーにまとめて掲載してあります。作った自分が言うのも何ですが、それぞれを調べる必要がありませんので便利です。どうぞご利用下さい。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

6/20 テンタクローラー炸裂の霞水系 [釣果報告]

昨日は私のホゲ釣行記を掲載しましたが、もちろん霞水系でも釣る人はちゃんと釣ります。下町の爆釣王Tさんも余裕の20本キャッチだそうです。

2017年6月20日(火) 霞水系 4:00~12:00、15:00~19:00

天気:晴れ 気温:17~27℃ 水温:23℃ 風:2~5m 水位:雨により若干増水? 水色:マッディー 潮:若潮 状況:アフター回復?

 今回は友人と霞水系の河川及び本湖で釣りをしてきました。時期的には最も釣りやすい季節ですが、ドピーカンの夏日だったこともあり有効な釣り方は限られていたようです。

170625-1.jpg

 朝のゴールデンタイムからスタートするも1時間近くノーバイト。日も高く昇った頃にようやくこのフィールドで最強の、『ベビーファットイカ』(363-156.グリーンパンプキン/ブラック&スモールブルーフレーク-チャートリュースペッパー)のアシ撃ちで釣れましたがなかなか渋いようです。

170625-2.jpg
170625-3.jpg

 そこでよりスローに釣るべく『テンタクローラー』(04.ウォーターメロンペッパー)の2.5gダウンショットリグに変更すると、やっとポロポロと釣れだしました!ボトム付近をノーシンカー状態でフワフワとさせたかったのでリーダーは25cm程とりました。

 今時期はテナガエビの最盛期なのでそれがはまったのかもしれません。事実釣れたバスの口の奥からテナガエビのヒゲや腕が見えているバスも数匹釣れました。

170625-4.jpg
170625-5.jpg

 少し余裕がでてきたのでクランクやスピナーベイトなども試しますが、ハイピッチで小刻みな動きのクランクで2本釣れたもののやはりスローな釣りの方がマッチしているように感じました。

170625-6.jpg

 エリアもザックリと見て回りましたが朝一に入った水通しのいいエリアの縦ストが良さげに思えたので入り直し、『テンタクローラー』のDSをストラクチャーから少し離れたところまでズル引いていると、グ~ッとラインが走ります!合わせを入れると今までの魚とは違う重々しいファイトで楽しませてくれたのは41cmのグッドコンディションのバスでした!

170625-7.jpg
170625-8.jpg

 天気がピーカンなので時間の経過と共に厳しくなると思いきや、逆に活性が上がったのか、それともわかりやすいカバーに付き始めたからなのか、意外にも暑い中いいエリアに入るとポロポロとヒットが続きます。サイズはまぁ、あれですが・・・『テンタクローラー』のDSが活躍してくれました!

170625-9.jpg
170625-10.jpg

 その後もいろいろと回りましたが再び先程40upが釣れたポイントに戻ってきて同じスポットに『テンタクローラー』のDSをキャストするとまたもや重々しいバイト!フッキングも決まりファイトを開始すると、ベイトフィネスタックルなのもあり50近くの魚に感じました。

 チラッと見えた魚体もぶっとくてデカそうです!慎重なやり取りの末ネットに収まったのはスーパーグッドコンディションなバスでした!が、メジャーに当てると44㎝しかありません。もっとデカいと思っちゃいました^^;

170625-11.jpg
170625-12.jpg

 調子がでてきましたが、友人が早めに帰るとのことでここでは2本の40UPを含む15本を釣り12時前にはスロープへと戻りました。そのままここで釣りを続けた方が無難に思われましたが、やっぱり本湖のビッグフィッシュを求めて釣り場を移動、昼寝の後3時前に再スタートです!

170625-13.jpg

 全然ポイントがわからないので船を走らせながら魚探で少しでも水深のあるハードボトムを探し、そこに生えるアシなどを『BFシュリンプ3.4"』(03.ダークシナモン/ブルーフレーク)の5gフリーリグで撃っていきます。すると大きくはありませんが連発でヒット!エビを意識してふわりとノーシンカー状態で落としたかったのでフリーリグを試してみました。『BFシュリンプ3.4"』は対応リグの広さも魅力です。

170625-14.jpg
170625-15.jpg

 一流ししましたが、まだいそうな感じがしたので再度『テンタクローラー』のDSで丁寧に探り直すとさらに2本追加することができました!やっぱり今回はテナガエビを意識した『テンタクローラー』がピンポンな気がしました。DSでゆっくりと動かすと6本のピンテールがエビの触覚や手足に見えるのかもしれませんね。スローな釣りにはなりますが、『テンタクローラー』の食わせ能力には目を見張るものがあります。

170625-16.jpg
170625-17.jpg

 そして所々あるブッシュでは、キッチリとワームをボトムまで届けるために『BFシュリンプ3.4"』の10gジカリグでカバーを貫通させました。これならスルスルとカバーを躱しながら魚の元まで到達してくれます。今までの時期は食わせの要素を重視してビフテキリグ等をメインに使っていましたが、これからの時期はカバー貫通能力、リアクション効果が期待できる重めのジカリグが有効になってきます。

170625-18.jpg
170625-19.jpg

 そしてドラマは突如訪れました。チョコレート護岸を『ビバーチェ 1/3oz ウィローリーフタンデム』(09.BSブルーシャッド)で手早くチェックしていると、もう少しでロッドティップまで戻ってくるというタイミングで巨大な魚が急浮上してきて、大口を開けてビバーチェを丸飲みにしました!(◎_◎;)一瞬何が起こったか理解できませんでしたが、極太でメチャ重い73㎝の迫力満点の雷魚でした!新品のビバーチェが死亡しなかったのは幸いでした(^^;『ビバーチェ』は本当に浮き上がりにくく、早く巻いても使いやすいですね♪

170625-20.jpg

 しかしその後は夕マズメのゴールデンタイムにもかかわらず、雷魚様の祟りか!?2時間ノーバイトで終了となりました。結果から言えば、5本追加することができましたが移動せずに最初の場所で粘っていたほうが数もサイズも釣果的には上回っていたと思いますが、いろいろとチャレンジできて今回も楽しい釣りとなりました!

ライギョデカイ!フィッシュグリップをちゃんと持っていたようで良かったですね。霞ヶ浦水系ではライギョやキャットフィッシュが掛かるケースがあるので、大型のネット、大型のプライヤー、フィッシュグリップは用意しておくのがいいです。

テンタクローラー、テナガエビの接岸時期にはやっぱり効くみたいですね。

20本釣ってもTさん的にはあまり釣ったことにはならないそう。昨年は70本釣った日もあり、過去にも30本を下回ったことはほとんどないというのですからTさん的にはこれでも貧果らしいです。

自分もまたアルミボートに戻ろうかな・・・まだ手放してはいないんです。でも、準備や後片付けに体力使うので、オッサンにはキツくてねぇ。

ks-vspec.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

6/24 今日の水郷 [釣行記]

今日は愛艇で湖上に出ました。

前週、写真撮影の仕事で篠塚プロのボートに同船させてもらいましたがさすがの釣果でした。自分では到底出せない釣果。今霞ヶ浦に向かったら、少なからず篠塚プロの釣りを意識してしまいそう。でも自分はそういうことはしたくないと思うので、あえて北浦方面をメインにしました。自分の力で魚、探したいですし。

でも甘くはなかったです。今日はノーフィッシュに終わりました。自分の駄目さ加減を痛感しました。

さて、久しぶりに自分の釣りに行けるとなると、あれこれと新規投入するものがあったりします。

1つにはリールのベアリングを替えてみました。長年使っている1台のリール、ベアリングが痛んでしまい回転性能が悪化、使っていてストレスになっていました。いつもならばミネベアのベアリングに替えるのですが今回はお試しで某社のベアリングに変更。2個で¥3000台という高価なもの。価格相応の素晴らしい性能に変わっているかと期待したら・・・メーカー純正ベアリングとほとんど変わらないレベルでした。勿論、悪くはないですよ。でも、過大な期待をするとガッカリしますね。

もう1つは、先週新品で駆け込み購入?したバグリーのキラーB1。ドミニカ製バグリーですが、自分はこの時代のものをほとんど使っていない。どんなものだろうね?せっかくなのでシャロークランクで可能性がありそうな外浪逆浦の某所で投げてみました。

な、なんだコレ?泳ぎがスカスカしている。早く引くと飛び出しちゃう。水の掴みが非常に悪いハズレ個体でした。バグリーのプラグでここまで外れを引いたのは初めて。ガッカリ。
と思っていたらヒット!でもすぐにバレてしまいました。まさかこのバスが今日唯一のヒットになろうとは(苦笑)。このスカスカした泳ぎが良かったなんてわけはないと思うけれど。

そしてもう1つ、個人的な興味から試していることがあるのですが、明らかに効果が感じられるというレベルに達しておらず、現時点では伏せておこうと思います。

今日は朝だけ外浪逆浦に入りましたが、それから午後までひたすら北浦を周りました。釣れたのはスモラバにヒットしてきたキャットフィッシュのみ。浅い場所をやれど、深い場所をやれど、バスの気配は感じられませんでした。

20数年前、当時猛烈に釣れたスラッグゴーのヘビキャロもこの時代ではな~んにも当たりませんでした。丁度今頃の時期、良かったはずなんですけどね。

170624-1.jpg

取水塔はカワウに占拠されてました。

それにしても厳しくなったなぁ、北浦。まさか6月にノーフィッシュを喰らう時代が来るなんて思いませんでしたよ・・・

ks-bandocraw.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

産業管理外来種パブコメ、始まる [物申す!]

産業管理外来種という言葉を御存知でしょうか?これは外来種であっても産業面で重要な存在であり、その代替性がないもの。そしてその利用にあたって適切な管理が必要となるもの、と定義されています。

それって、モロにオオクチバスが該当するじゃないか!と思って、環境省のパブリックコメントが募集された際に「オオクチバスこそ産業管理外来種に含めるべきだ」という意見を送りました。自分と同じ意見を送った方は多かったはずです。が、結果的に産業管理外来種に指定されたのは「ニジマス」「ブラウントラウト」「レイクトラウト」の3種でした。

160227-3.jpg

ニジマスは確かに日本の内水面では欠かせない存在でしょう。でも、ブラウントラウトやレイクトラウトなんて産業面においてはオオクチバスの足元にも及ばないのにねぇ・・・

それはさておき、この産業管理外来種に関するパブリックコメントの募集が6月15日から始まっています。管轄は水産庁です。締め切りは7月14日。

どういうことか簡単に説明すると、産業管理外来種という括りに指定した魚種(ニジマス、ブラウントラウト、レイクトラウト)をこれからどうやって管理していこうか、そのための指針をまとめたので意見を下さい、ということです。

場合によっては今後のニジマスの放流などにも影響が出る可能性がある内容です。管理釣り場では施設の改善が求められる場合があるかもしれない。

これまでこうしたパブリックコメントというのはバスアングラーが関係するものが多かったのですが、今回はトラウトアングラーの皆さん、内容を一読して意見を送ってみて欲しいと思います。

gill-spiny2.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第2回アメリカナマズ釣り大会in布目湖 [物申す!]

20~30年前は関東でもバスは良く釣れました。二桁なんて普通でした。それが今ではどうでしょう?トーナメントを開催しても半数がノーフィッシュなんてザラにある。で、関東の人間としては、関西、四国、九州なんて行ったら今でも沢山釣れるんだろうな~なんて妄想を抱きがちですが、中には関東のデスレイクとほとんど変わらないようなフィールドも多いようです。

つまり、バス(オオクチバス)は全国的に激減しているのです。歴史の古いフィールドほどその傾向は強い。もはや「バス釣り場」とは言えないような湖も出てきている。

バスは減っている。にも関わらずリリース禁止となる地域は増えている。それは何故か。オオクチバスではない外来魚が増えたことが原因です。具体的にはコクチバス(スモールマウス)とチャネルキャットフィッシュです。これらが増加して対策が検討されるようになると、その効果はさておき、釣り上げた際の再放流を禁止しようということになる。そうすると、数的には微々たるものに過ぎないはずのオオクチバスまで巻き沿いを喰らう。

オオクチバスが減少傾向である一方、逆に生息域を拡大している外来魚もいる。だからこうしたケースは今後も増えていくと予想しています。

オオクチバスのリリース禁止をこれ以上拡大させないために必要な事は、新手の外来魚の拡散、繁殖を抑えることが最も大事です。そしてそれを釣り人側が、漁協や行政などとタッグを組んで積極的に取り組むことです。

霞ヶ浦水系や利根川水系で繁殖しているチャネルキャットフィッシュ(アメリカナマズ)。この魚が、奈良県の布目ダムで確認されています。チャネルキャットフィッシュの急増ぶり、他魚への影響というのは霞ヶ浦水系でバス釣りをしている人なら充分に認識しているでしょう。この魚の拡散は何とかして抑えなくてはいけない。

ただ、この魚がダム湖で大繁殖をしたという例は日本ではまだありません。布目ダムにおいても、霞ヶ浦のように大量に生息しているというレベルにはまだ達していない。ただもちろん、放置すべき存在ではなく、湖のどのような場所に居るのか、何を食べているのか、そうしたことを調べる必要もある。もちろん、この魚の繁殖や拡散は防いでいかなくてはいけない。

ということで、7月15日(土)奈良県の布目ダムにおいて釣獲調査を兼ねたアメリカナマズ釣り大会が開催されます。主催はNHC(日本へらぶなクラブ)、JOFI奈良、布目川漁協の共催となります。

170621-1.jpg
170621-2.jpg

釣り上げられたアメリカナマズは生態調査の検体として、そして現地で調理されて食材として参加者に振舞われることになります。

アメリカナマズの釣り大会?そんなの俺には関係ないよな・・・なんて思っているバスアングラーの方、いませんか?

皆の釣り場をこれから先も楽しめるように守っていきたい、バスの有効活用、そしてヘラブナやワカサギも含めて、内水面の釣りを衰退させずに盛り上げていきたい。そのために本気で取り組んで行動している人がいることを知って欲しい。このアメリカナマズ釣り大会は、その人が企画し実行しているものなのです。

せめて布目ダムでバス釣りを楽しんでいる方々には、自分には関係ないなんて考えず、協力してあげて欲しいなぁと切に願います。

gill-bf.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

安定のスパイニーアックス [水郷BASS.com]

本ページの更新が追い付いていませんが、 水郷BASS.comフォトトーナメントのエントリーを多数いただいています。皆さんどうもありがとうございます。

本日紹介するのは常連のRinさんが6月10日に横利根川でキャッチした33cm。ヒットルアーはスパイニーアックス

この日もテンタクローラーを使っていたのですが、なぜかバラシと根掛りしまくりでバスキャッチならず。スパイニーアックスのダウンショットに切り替えて1本取れました(ただし、他に3本ぐらいばらしています)

170620-1.jpg

スパイニーアックス、他のワームと比べてちょっと固めのような気がしますが、持ちがよく持ちがよいためコスパが良いです。さらに毛の効果か、尻尾が垂れず水平に浮くところもよい感じです。次回はスパイニーとテンタクローラー両方でエントリーできるよう頑張ります。

自分もストレートワームのワッキーリグでバラすことがたまにあります。幾つか理由はあると思うのですけど、自分の場合はアワセた際にマスバリの針先がワーム本体に刺さってしまっているということが多かった。ワームがバスの口の中で折れ曲がり、アワセを入れた際にバスの口ではなくワーム本体に刺さってしまう。試行錯誤をしましたが、こればかりは改善策が見出せていません。

そして自分的にも切り札的存在のスパイニーアックス。Rinさんもおっしゃるように、ちょっと硬くないですか?と言われることがあります。

本体にビッシリと毛が生えたスパイニーアックス。これを動かした際には普通のワームと較べて水の受け方が非常に強いのです。だから柔らか過ぎると、動かした際に曲がり過ぎてしまう。曲がり過ぎてしまうとその戻りも遅くなるので、連続した動きを出そうとした際にワームが追従しきれなくなる。結果、良い動きが出ないのです。ですので、スパイニーアックスはボディーの硬度をやや上げているというのが真相です。

自分も寒い時期の岸釣りではスパイニーアックスに頼りっぱなしになる日も多いです。決してオールラウンドなストレートワームではありませんが、これほど頼れる4インチストレートはなかなかありません。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

キラーBとカールおじさん [他社製品]

現在はテナントから撤退してしまったようなのですが、自分がたまに買い物に行くレイクタウンというショッピングモールの中にルアーショップがありました。当然、買い物に行った際には軽く立ち寄ることがあった。

そこでセール品になっているバグリーのルアーを見付けた。これはラッキー。一体何のルアーだろう?そこで自分が目にしたものは・・・

キラーBでした。パッケージにはそう書いてあった。でもそのキラーBはスケール彫刻が入っており、リアルアイが装着されたものでした。素材はABS製。ショックだった。これは自分が知っているキラーBじゃない。

モデルチェンジしてしまったのか。そう思いましたが、自分が馴染み深いバルサ製で愛くるしいキラーBもまだ店頭に並んでいたので、両タイプを併売しているのだろうと思っていました。

話は変わって、今では日本製のルアーも高くなりました。ABS製でさえ高い。バルサのハンドメイド物はもっと高い。それに比べて、バグリーのクランクベイトは塗装も美しいし、動きもいい。価格だって¥1,500~1,800程度で買える。最近あらためてバグリーのクランクベイト、イイなぁと。実用的な価格でこれだけの品質を持つバルサ製クランクベイトって他にはないじゃないですか。

170619-1.jpg

そう思って、自分が所有しているバグリーの在庫を整理し、いくつかを実戦投入しようと目論んだのです。でも、ちょっと足りない。新しく買い足そうと思いました。今ってどんな色があるんだろう?そう思って調べてみて愕然とした。

バルサ製のキラーBは廃盤になっていた。例の、ABS製のキラーBに切り替わってしまっていました。それどころかハニーBさえもバルサ製からABS製に切り替わっていた。バグリーに残る唯一のバルサクランクはバルサB1とB2のみになっていた。そして自分が好きだったカラーは大幅にラインナップから消えていました。塗装工程の複雑なカラーは止めてしまったのかもしれない。

即座にキラーB1の在庫があるお店をネットで検索してみました。うっ、既に完売しているところが多い・・・。

170619-2.jpg

幸い、まだ少しだけキラーB1が残っているお店があって、慌てて幾つか買ってきました。好きな色を選べるような状況ではありませんでしたが最後の在庫を自分が買うことが出来た。ギリギリセーフでした。もっと欲しかったけど。

学生の頃から憧れのブランドだったバグリー。当時の自分には決して安くないルアーでしたが、少しづつ買い揃えていった。印旛水系では本当に良く釣れた。

バルサBはガチのカバークランカー向き。自分にはそれよりもやや味付けがマイルドなキラーBの方が合っていた。けれどもこの先、もうバルサ製キラーBの新品を入手することは出来ない。

昔からあるルアー、お店に行けば大抵置いてある。欲しくなった時にいつでも買えるルアー。バグリーのルアーはこの先もきっとそうなんだろうと思っていました。でも、その予想だけは間違っていたようです。

よくよく考えてみたら、キラーBいいよね、なんて言いつつも前回キラーBを買ったのはいつの事だ?カールのカレー味っておいしいよね、なんて言いつつも最後にそれを買って食べたのはいつの事だ?

愛用してりゃいいってもんじゃない。絶やさないためには買い続けることが大事。それを長年怠っていた自分は、キラーBやカールが販売中止になっても文句は言えない立場ですね・・・。

ks-bf34.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー