So-net無料ブログ作成
検索選択

5/14 東京湾メバカサ便 [釣行記]

昨夜は久し振りにアイランドクルーズさんのメバカサ便にお邪魔しました。昼間に用事があっても夜釣りなら釣りに行けるので忙しい人にもピッタリ。ただ、就寝時間が遅くなるので翌朝がツライのが欠点でしょうか。

今回はシゲ船長便に初乗船。自分以外は常連さん2名で、そのうち1名は顔見知りのSさん。ここのところ強風続きだったのですが、この日も強くはないものの東寄りの風が吹いており、波の中での釣りとなることは必至。横浜界隈は東風だと東京湾内の風下になってしまうからです。

まだほんのり明るい18:30に出船しました。最初のポイントでは壁撃ち。同船者の2名には前方で撃ってもらい、自分は後方で釣り始めました。前方で釣っているベテラン2人の釣りを観察するには絶好。自分がやるよりも、きっとこの釣りに手慣れた2名がすぐにパターンを見つけ出してくれることでしょう(笑)。何とも他力本願ですが、しょっちゅうメバカサ便に乗っている常連さんには到底敵わないというのは身を以って実感していますから。

ところが何故か、後方で釣りをしている自分ばかりが連発してしまった。どういうこっちゃ?!自分、いつの間にかメバル釣り上手くなったのか(爆)?

170515-1.jpg
170515-2.jpg

この時自分が使っていたのはチェリーブラッドLL70SホタルイカSP。それを聞いたSさん、それまでは自信ルアーである他社某製品を使っていたのですが、同じくチェリーブラッドLL70Sに替えてキャスト。 すると1投目でヒット!!そしてその後も連続ヒット。
「チェリーブラッドすごい!今まで全然アタリがなかったのに」
と、あまりの結果の違いに驚いていました。
(実話です。脚色していません)

ヒットしてくるレンジは表層付近です。それならこれでも釣れるのではないか?とSさんが取り出したのはCB70ドリフト。要はチェリーブラッドLL70Sのフローティングタイプ。すると不思議なことにそれではあまり釣れない。チェリーブラッドLL70Sに戻すと再びヒットが続きました。メバルが表層付近でヒットしているのは間違いないのですが、極僅かなレンジの違いで大きな差が付いているようでした。

170515-3.jpg
170515-4.jpg
170515-5.jpg

この日のこのポイントは間違いなくチェリーブラッドLL70Sがハマっていました。3人で釣っていてもこのルアーの独壇場でした。

その後、シゲ船長が東風を考慮しつつ選んでくれたポイントで釣りをしました。最初のポイントでは私が連発だったのですが、やはりその後ベテラン2人はコンスタントに数を伸ばしていき、力量の差を見せ付けられました。あれ?Sさん、シンペンをサイズダウンしましたね?
「このポイントはメバル自体のサイズが小さいように感じたのと、釣ったメバルが吐いたバチが小さかったので」とSさん。な、なるほど・・・さすがの観察眼。こういう細かいところに臨機応変に対応できないと駄目ですね。

170515-7.jpg

試しに自分もルアーをサイズダウンさせてシラスミノー48LLSを投げると、あ、本当だ。釣れますね。やはりマメにルアーを替えてみるものですね。

170515-6.jpg

中にはあまりヒットがないポイントもありました。軽く流した程度では「ここダメっぽいね」と判断しそうなもの。けれどもそういう場所はグッドサイズがポツリと出るようです。自分もチェリーブラッドLL70Sで27.5cmをキャッチできました。

終盤、シゲ船長はウネリの中をポイントに向かいます。到着した場所もまた思いっきりウネっています。外房のジギングレベル?でも波のピッチが不規則な分、こちらの方がタチが悪いかも。しかも夜だし。でも本当にこの大波の中で釣るんですか?!全然メバル釣りのイメージがしない。

船上も大きく揺れているので足腰の弱いオッサンは船首に立って釣るのは無理。だってどこかに掴まっていないと転がってしまいそう。もっとも、私以外の2名は若いし、慣れているので平気で釣りをしていましたが。

けれどもなかなかバイトはない。ようやく同船者の人が掛けた。ん・・・なかなか上がってこない。シーバスか?
そして上がってきたのは、出た~!尺メバル!!釣った本人は本当に嬉しそうでした。そりゃそうですよね、バスアングラーが50アップ釣り上げたようなものですからね。しかもその後、その人がまたまた尺に迫るグッドサイズをキャッチ。凄い!!

一度この場所を離れ、別の場所を釣ってから最後にまたこのポイントに戻ってきました。相変わらずの荒れ具合。その中で今度はSさんが掛けた!これもデカイ。またまた尺メバル登場。今シーズン、寸止めサイズに泣いていたSさんの今シーズン初の尺超えだったらしいです。ヒットルアーはこれまたチェリーブラッドLL70SホタルイカSP。実は乗船時に、自分がSさんにプレゼントしていたもの。差し上げたルアーが活躍してくれて自分も嬉しい限り。

それにしても、こんなにウネリが大きく荒れているポイント、よっぽどの確信が無いことには普通は入らないと思います。とにかく釣り辛いし、アタリも少ない。それは承知の上で常連客のスキルを信用して(1名除く)選んだ場所というのもあるでしょうし、ここなら大型メバルが出るという確信がシゲ船長にはあったのでしょう。大荒れの中でボートポジションを取る操船技術もさることながら、さすがの一言です。

自分は尺超えは釣れませんでしたが、27.5cm筆頭に良型多数で数的にも二桁釣れているので十分です。ちなみに今回、カサゴ狙いは無しでした。まぁ、これだけ良型メバルが連発している状況なのでこちらを狙うのが得策でしょう。

ベストシーズン真っ盛りのボートメバル、確かにこの釣りは凄い。60~70mm程度のシンペンを持って是非行ってみて下さい。でも実はアイランドクルーズさんのメバカサ便、5月一杯で終了なので、残されたチャンスはあと僅かですよ。

ks-bandocraw.jpg
nice!(2)  コメント(0)