So-net無料ブログ作成
検索選択

メッキロッド新モデル ベイライナーMK [自社製品]

スミスでは2009年にメッキ・カマス専用ロッドとしてベイライナーCFというロッドを発売しました。当時のメッキゲームというのはバスロッドやトラウトロッドの流用がほとんどで専用ロッドというのは皆無でした。私が知る限り、メッキ専用ロッドというのはベイライナーCFが初だったと記憶しています。

ベイライナーCFの外観はフロントグリップを排して直接ブランクタッチ出来るデザイン、ベリー~ティップにかけてのマイクロガイド設定と当時としては先鋭的なもので、その発売に際しては社内でも否定的な声の方が実は圧倒的に多かったです。バスロッドならともかく、メッキ釣りをする人がこんなはっちゃけたデザインのロッドを求めているのか?というものでした。ちなみに自分もどちらかと言えば否定的な見解でした。

ただ、複数人のメッキアングラーがテストに携わってくれており性能面で優れているのはわかりました。問題は果たして市場がこれを受け入れるかどうかだろうと思っていました。しかしながらこの当時斬新だったロッド、好評価をいただくことが出来、ロングセラー商品となったのでした。

あれから年月が経ち、あれだけ先鋭的だったベイライナーCFでさえももはや古臭さを感じるものになっていました。特にガイドスペックです。PEラインの使用が当たり前になり、一時期はLDBガイドも多用されたことがありましたが、現在ではKガイドの使用は絶対条件と言っていいでしょう。しかも今年はSICリングがS型という薄いリングに進化しており、Kガイドの完成度が上がったタイミングでもあります。

170511-1.jpg

そして今年、ベイライナーCFの後継機種、ベイライナーMKが発売となりました。しかしこのベイライナーMK、初代のベイライナーCFが斬新さを売りにして登場してきたのに対し、あえて保守的なコンセプトと言えるかもしれません。人によっては前モデルとあまり変わらないという印象を持つ人が多いかもしれません。少なくともグリップデザインは大きな変更点がありません。ロッドの調子も大きく変わったという印象はしないでしょう。

では、前モデルと較べて何が変わったのかというと、ガイドの仕様が薄型SICリングのKガイドになったこと、2ピースモデルが新たに加わったことが挙げられます。

勿論ブランク設計自体も変わっています。が、例えば感度を上げるために高弾性カーボンを使ったりだとか、パワーを上げるために多軸カーボンを使うだとか、そうした市場ウケを重視した素材はあえて使っていない。メイン素材は24tの低弾性カーボン。目新しい素材ではないし、突出した性能を有している素材でもない。正直、セールスポイントにはしづらい素材です。でもあえてそれを採用したのには理由があって、ミノートゥイッチの間、タイミング、リズムの取りやすさを重視したから。

コンセプト的には保守的かもしれませんが完成度はさらに向上したと感じられます。何せ、長時間ひたすらミノーをトゥイッチする釣りなのですから扱いにくいロッドでは腕が疲れてしまいますよね。

今はまだシーズンではありませんが、メッキ用ロッドのベイライナーMK、新発売となりました。メッキアングラーの皆様には是非ともチェックしていただきたい製品です。

【BL-681L/MK】
・グリップ脱着式1ピースモデル
・LENGTH:6'8"
・WEIGHT:81g
・LURE:1~6g
・LINE:PE0.3~0.8
・POWER:Light
・PRICE:¥30,000+税

【BL-661ML/MK】
・グリップ脱着式1ピースモデル
・LENGTH:6'6"
・WEIGHT:86g
・LURE:2~10g
・LINE:PE0.3~1.0
・POWER:MediumLight
・PRICE:¥30,000+税

【BL-702ML/MK】
・2ピースモデル
・LENGTH:7'
・WEIGHT:89g
・LURE:3~12g
・LINE:PE0.3~1.0
・POWER:MediumLight
・PRICE:¥31,000+税

gill-bf.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー