So-net無料ブログ作成
検索選択

5/3 今日の水郷 [釣行記]

ようやく今シーズン初の霞ヶ浦にボートを出しました。久し振りなもので状況把握が出来ておらず、ひとまず気になる場所を広く探ってみることにしました。

麻生の沖ブロック、天王崎~小高間の消波提、妙技、洲の野原・・・完全に「無」!!お手上げでした。

午後からは勝手知ったる北利根へ。アシ・・・無。ハードボトムクランキング・・・無!こりゃ打つ手なしか?!

ふと護岸際に放ったバンドゥクローのダウンショット。すると物凄い勢いでラインが沖に向かって走り出した。あぁ、この喰い方はキャットフィッシュだなとは思いつつも、さすがにここまでアタリ1つなかったためキャットフィッシュでもいいから魚の引きを味わいたいと思っていたのも事実(笑)。

アワセを入れるとやはりズッシリ重い。やっぱりねぇ。でも、グルングルンしないなぁ?

魚体が見えた。いいサイズのバス!ネット、ネット(大慌)!!

170503-1.jpg

47cmのバスでした。今日唯一のバス。1バイト1フィッシュでした。

170503-2.jpg

最近、意図的にバンドゥクローを軽いリグで使っています。今日は2gのダウンショット。最近は1/8ozのテキサスリグでも使っています。

170503-3.jpg

いかんせん霞水系、利根川は水深が浅い場所が多い。重いシンカーだと一瞬で着底してしまうので、折角のワームをアピールさせ切ることが出来ません。バンドゥクローは2g台のリグでもパーツがしっかり動きます。これまではタックルバランスも考慮して3/16ozを基準にすることが多かったのですが、今シーズンはシンカーを軽くしてタックルの方をベイトフィネス用のリールにしました。重いリグだとかえってコントロールしにくくなるというデメリットがあるものの、軽量リグと組んだバンドゥクローをストレスなく放り込める。これはなかなかいいぞ、と思っていた矢先のヒットでした。

gill-bf.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー