So-net無料ブログ作成
検索選択

気になるリップレスジャークベイト・タイニーバスターJr. [他社製品]

バス釣りの世界は流行というものがあります。流行りのルアーというものを皆が使いたがる。近年では、デカミノーでしょうか。

けれども、周りと同じことをしている限りは周りと較べて抜きん出た結果を出すことは難しい。だからもし周りよりも釣りたいと思うのならば、あえて周りが使わないものを使うという考えがあってもいいと思います。

ここで言う周りが使わないモノというのは周りが使わないクランクベイト、周りが使わないスピナーベイトとかそういうことではなくて、ジャンル的に使われていないもの。琵琶湖にしたって、アラバマリグとビッグスプーンの流行り始めの爆発力は凄かった。それまで誰も使っていなかったものを先行投入するとその威力は計り知れない。そうしたモノをもし自分だけの武器に出来たとしたらそれはもう釣果が約束されたようなものでしょう。

自分が注目しているジャンルのルアーがあります。それはリップレスジャークベイト(海外ではグライドベイトとも呼ばれる)。

この手のルアーはパイクやソルトウォーターゲームにおいては世界的にメジャーなジャンルですが、バスには人気がありません。効果がないからでしょうか?自分はそうではないと思う。

バス歴の長いシニアアングラーであれば、昔にあったリョービのバスクルーダーの突出した威力を知っている人もいるはずです。私の先輩にも、バスクルーダーの使い手がいました。フラッシングと伴いながら左右にスイッ、スイッとダートするバスクルーダーに次々とバスがヒットしていった。その光景は今でも鮮明に覚えています。けれどもバスクルーダーはもうない。何かその代わりになるものとそれを使いこなす技術を習得すれば、自分だけにしか釣れないバスがきっといるはず。そう思って、幾つかバス用で使えそうなものを試しています。思うような結果はまだ出ていません。

【タイニーバスターJr.】
170501-1.jpg

このジャンルで世界的に有名なストライクプロ社バスタージャークのスモールサイズ版。バスにはこのサイズがジャストでしょう(6.8cm、10.3g)。

いわゆるミノーを指すジャークベイトと、リップレスジャークベイトの大きな違いはそのレンジキープの原理です。フローティングであれサスペンドであれ、ミノータイプの場合はリップによる潜行能力がレンジキープ力を生んでいます。それに対してリップレスジャークベイトの場合は沈下力でレンジキープをするしかありません。だからリップレスジャークベイトはどれもシンキングなのです。

タイニーバスターJr.は比較的速いスピードで水平フォールします。そのため、ある程度速いピッチで連続トゥイッチを加えても浮き上がりが少なく一定層をトレースしてこれる。さすがの使いやすさです。

トゥイッチを入れても、航跡を変えるほど左右に大きくはダートしません。多少左右にブレる程度です。しかしながら、ボディーを強くロールさせます。力強く翻りながら動く、というとイメージしやすいかもしれません。

中層にいるターゲットの捕食スイッチを入れられるルアーなのではないかなと思います。状況がマッチして、さらに上手く使いこなせるのならば必ずや結果が出せるルアーだと思います。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(3)  コメント(0)