So-net無料ブログ作成
検索選択

4月上旬 メバペンマグナムで狙う若狭湾のメバル釣り [釣果報告]

ライトゲームユーチューバーMさんからの釣果報告が届きました。若狭湾でのゲームなのですが、ターゲットはメバルとカサゴの2本立て。釣法についてもワーム、さらには大型トップウォータープラグでも。色々と楽しめてうらやましい限りです。

もちろん今回も動画有り!

この度は4月上旬:福井県・若狭湾メバル&カサゴ釣りに行ってまいりました。

お馴染みの根魚大将でカサゴ狙い。というのはもちろんなのですが、新たなチャレンジとしてさすがに大きすぎるだろうと突っ込みたくなる「メバペンマグナム」でメバルを釣ること。

・・・だったのですが、近くでメバルを釣っている人が「今、ボトムで釣れていますよ。トップウォーターはキツイんじゃないです?」と一言。

そこで、固い決意もいきなり萎えてしまって、メバピョンピョンと1.3gダート系ジグヘッドの組み合わせでボトム付近を攻めます。

一旦、ボトムまで落とし、それこそ「ピョン・ピョン」とダートさせてテンションフォール。

すると、「コツン」とアタリが伝わってきます。
すかさずフッキングすると、約20cm前後のメバルが釣れてくれました。

170413-1.jpg

その後、どっちみち、ボトムで釣るのなら「根魚大将2.8インチ」を使ってカサゴを釣ろうと、7gシンカーのテキサスリグで海藻地帯のボトムを攻めます。

キャスト後、海藻を突っ切ってボトムまで落とし、軽くシェイク。

しばらく放置していると

「ゴツン」

と明確なアタリ。

サイズは漁港で釣れる平均サイズといったところでしょうか。

170413-2.jpg
170413-3.jpg
170413-4.jpg
170413-5.jpg
170413-6.jpg

「ドラマティックに30cmオーバーのカサゴ!」

みたいなことは無いですが、これだけの安定した釣果。
お世辞抜きで、さすが根魚大将です。

根魚大将のおかげで楽しく釣りができましたので、さあ、ここからは本日の課題、メバペンマグナムでメバルを釣ることに専念します。

レオンさんが瀬戸内海でメバペンマグナムを始め、CB70DRIFT SWといった大きいサイズのプラグでメバルを釣っているYouTube動画があり、

「瀬戸内海だから釣れるんでしょ?若狭湾じゃ通用しないよ。」

と思い込んでいたのですが、なんだか最近は妙に心が揺れ動かされるのです。

「大きいサイズのプラグでメバルを釣りたい!」と。

というわけで、ここからは、先ほどのように、近くでメバルを釣っている人が「今、ボトムで釣れていますよ。トップウォーターはキツイんじゃないです?」と言われようが何だろうが、メバペンマグナムでやり通します!

たとえ完全なボトムパターンでも一晩中投げ通すことで、何がが見えてくるかもしれませんから。

そして、しばらく釣れない時間が過ぎていきます。
やはりボトムのパターンなのでしょう。

メバルのボイルは全くありません。

・・・しかし!

「パシャッ」とメバペンマグナムが泳いでいるであろう付近からメバルの捕食音が聞こえてきました!

残念ながらフッキングはしておりませんでしたが、このような「パシャッ」という捕食音が時々聞こえてくるようになってきました。

そして運命の午前3:30。

「ビシャッ」と少し大きめの捕食音と共に、ロッドにブルブルという振動が!

きたーァ!メバペンマグナムできたー!!

とにかく海藻に潜られないように、ゴリ巻きします。

海藻に潜られることなく、意外とすんなり近くまで寄ってきましたが、引き上げる寸前で急に暴れます。最後の抵抗です。

しかし、ここは中弾性のバスロッドを使用していますし、ラインも伸びるナイロンラインを使用していますので、暴れられてもショックを吸収してバレにくいはず。(メバルはヒットさせてからフックアウトしてしまうと、一気に釣れなくなります。ですのでタックル選びは、一度かけたら絶対にバラさないようにする。を心掛けておりました。)

170413-7.jpg

そして無事に釣り上げることが出来ました。

24cmのメバルです。
うーん、大きなサイズのプラグで釣れると嬉しさ倍増です。

瀬戸内海だけじゃない。
若狭湾でも大きいプラグでメバルが釣れる!ことが実感できました。

170413-8.jpg

その後、一尾追加。サイズは20cm前後だったので、意外と普通サイズのメバルでも釣れるんだなと確認できました。

この度も根魚大将をはじめとしたスミス製ルアーのおかげで楽しい釣りができました。本当にありがとうございます!

【当日の模様はこちら/メバペンマグナム編】


バスのトップウォーターゲームのように視覚で楽しめるゲームではないですけど、ルアーの方角から水音が聞こえてくるんですね(笑)。

メバペンマグナム、発売された時には私自身も「デカッ!」と思ったのですが、これがコアな人達にはかなりウケていまして、フィッシングショーの会場などで話をすると「よくぞこのサイズのプラグを出してくれた」とか「このサイズ待ってました」なんて声も非常に多かったのです。

確かに生産数自体はレギュラーサイズのプラグ(メバペンメバルなど)に比べれば多少抑えてはいます。それでも少ない数というわけではないですし、メーカー在庫も品薄になる程売れています。悲しいかな、バス用のルアーなどより全然売れていますね。

関東の人間からすれば、若狭湾も充分大型ルアーで狙えるフィールドじゃないかと思ってしまいます。都市部だといくら釣っても小メバルばかりというところも少なくありません。目安としては、20cmを超える魚が釣れる場所であればメバペンマグナムでも全然狙えるようです。東京湾でもボートゲームならば特に問題なく釣れます。意外と小型もアタックしてくるので、それもキャッチに繋げたいと思うようならフックは小型のものに交換してもいいと思います。

gill-bf.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー