So-net無料ブログ作成
検索選択

4/30 今日の利根川 [釣行記]

今週末も霞ヶ浦水系はトーナメントが開催されていたので自分は利根川に出ました。

先週もかなり苦戦をしたのと、今日の天候が晴天だということもあってスピニングタックルも積みました。

朝は巻き物から。とはいえボートの準備を終えて利根川で釣り始めるのは7:30前後ですから、朝マヅメは終わっています。今日はやや水位が低く、実績のあるアシ際なども底まで見えてしまっていました。時間も時間なので、水深のある場所を攻めるのが得策だろうなと思いました。

170430-1.jpg

沖目の沈み消波ブロックをテナガホッグのヘビーダウンショットで撃って2本キャッチ。結局この釣りになってしまうんですよね、自分の場合は。

ですがこの後はノーバイトの時間が続きました。テキサスリグを撃ったり巻き物をしてみたりもしましたがポストスポーニングで喰い渋っているのでしょうからさらにスローな喰わせの釣りが正解なんだろうと思いました。ただ、広大な利根川でそれをやろうとすると結構辛い。そんなスローな釣りをしなくたって別のポイントを撃てばアッサリ釣れちゃうんではないか?という気持ちになってしまうからです。

170430-3.jpg

けれども、ここは絶対に間違いないという場所を絞ってテナガホッグのノーシンカーでスローに攻めました。本当はファットヤマセンコーの3インチがお勧めなのですが意外と入手するのが難しく、自分の場合は使い古しのテナガホッグを二次利用しています。

170430-2.jpg

頑張った甲斐あって2尾追加(笑)。今日は結構風も強く、そんな中でノーシンカーをひたすらリフト&フォールさせていく釣りでバイトを拾うのはなかなか神経の擦り減る釣りではありました。

今日はさほど強風は吹かない予報だったはずですが、昼間に吹いていた南風が東寄りに向きを変え、利根川を吹き抜けてきてしまいました。14時を過ぎる頃から白波が立って荒れてきた。昔、アルミボートで利根川を釣っていた時にはこうした荒れ方を一番恐れていました。ドンブラコッコと波を被りながら帰るのも大変でした。ですが今の愛艇は何の不安もなく波の中を突っ走っていけます。とはいえ、釣りを続けるのも困難なほど吹いてきてしまったので今日もちょっと早上がりでした。

ks-bf34.jpg
nice!(3)  コメント(0) 

4月下旬 根魚大将で狙う伊勢湾ロックフィッシュ [釣果報告]

先日、伊勢湾をホームとするOさんが尺クラスのクロソイを釣り上げました。

170429-1.jpg

東北であればまさしも、伊勢湾ではなかなかのサイズではないでしょうか。が、この際はチヌ狙いで黒鯛大将を使っていたとのことで残念ながらある意味、本命ではなかったのです。

けれどもそれだけのサイズのクロソイなんて本命として狙う価値は充分あるでしょう。

ということで、根魚大将を携えて良型のクロソイを求めて釣行されたようなのですが、なかなか上手くはいかなかったようです。

今回もいつもの伊勢湾に根魚を狙いに行って参りました。

もちろん、使用ルアーは[根魚大将]です!

大潮の満潮時のエントリーで潮止まりから下げ始めを狙いました。

ジグヘッドをボトムから少し浮かせ、スイミング気味に、根魚大将をしっかりアクションさせるイメージでリトリーブしますと。。。

可愛いらしいタケノコメバルとカサゴが釣れました。

170429-2.jpg
170429-3.jpg

残念ながら、今回はお目当てのクロソイは釣れませんでした。
どうも自分は狙うと釣れないアングラーのようです(^-^ゞ

次回もスイミングを意識してチャレンジしたいと思います。

もちろん、タケノコメバルやカサゴも根魚ですから本命のうちには入るでしょう。関東ではカサゴですらなかなか釣れないというのが現実なのでうらやましいです。

最近、関東では夜間になるとやたらと風が強くて海には行けなかったり、無風が予想される日にはメバカサ乗合が満員で乗れなかったりと、なかなか海には行けず根魚のバイトが恋しくなってきました。ただ、5月の下旬には毎年恒例の岩手訪問を予定しています。今回は例年以上に釣りには時間を割くつもりでいるので、今から楽しみです。

gill-mossa.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

4/25 パフォーマンスベイトで攻める霞水系 [釣果報告]

てっきり鯰人(なまんちゅ)に鞍替えか?と心配もしたのですが、8ヶ月ぶりにバス釣りに復帰した下町の爆釣王Tさん。長期のブランクも感じさせずに霞水系で釣りまくりのようです。

2017年4月25日(火) 霞ヶ浦 5:00~8:00、9:00~17:30

天気:晴れ 気温:8~22℃ 水温:14.5~21℃ 風:1~6m 水位:普通? 水色:マッディー 潮:大潮
状況:中サイズはプリ?大きいのはアフター?

諸事情もあり、8ヵ月振りとなるバス釣りに行ってきました。今回は霞本湖と流入河川での釣りです。

170427-1.jpg

最初は小規模河川に行くも水の悪さが気になります。単に雨の濁りといった感じではない泡ブクブク状態です。アシ撃ちをするも全く釣れないのでルアーをサイズダウンして『テンタクローラー』(コーク)のジグヘッドワッキーに、釣り方もアシ撃ちから少し離れたブレイク狙いにチェンジすると30半ば位ながら無事今年の初バスをGETすることができました!!

170427-2.jpg

同じ釣り方でベイビーな子も1匹追加!やはり食い渋りの時にはボリュームが少なく、一か所で複雑なアクションが出せる『テンタクローラー』は有効ですね!しかし、後が続かず霞の別のエリアに移動するべく船を上げていると、地元の人がやはりもうここは田んぼの代掻きが入っていると教えてくれました。

170427-3.jpg

というわけで代掻きの影響がないエリアまで車で移動、先程のエリアよりも全然ましな水です。そして水深のある倒れたアシに『BFシュリンプ3.4"』(レッドクロー)の7gビフテキリグを滑り込ませると、ラインが重々しく横にスライドしていきます!しっかりとフッキングを決めるとなかなかの重量感、コンディションのいい46㎝を釣ることができました!

170427-4.jpg
170427-5.jpg

今まで『BFシュリンプ3.4"』はすり抜け性能抜群なジカリグで使うことが多かったですが、今回は時期的にすり抜け性能に食わせの要素も意識してビフテキリグで使用しました。案の定すり抜け性能も良好なうえ、よりガップリと食わせることができたと思います。

170427-6.jpg

暫く同じように倒れたアシをランガンしながら釣っていくと、さらに2本追加することができました。いずれもアシ際に『BFシュリンプ3.4"』を落としてすぐにラインが走るような当たりなので活性は低くはないようです。

170427-7.jpg
170427-8.jpg

夕方に近づき風も吹いてきたので風の当たるアシ+チョコレート護岸をクランクで攻めると友人と共にポツポツと釣ることができました。

170427-9.jpg

最後は前回釣れなかったものの、かなり可能性を感じたエリアにロングドライブです。やっぱり霞水系は広大なエリアを走り回って釣りをするのも大きな魅力の1つですね♪

そして、狙いの人工の壁にガレ場が絡むスポットに着き、この水系で最も信頼しているベビーファットイカ(パンプキンペッパー/チャートリュースペッパー)逆刺しを壁際に落とし、数度バックスライドアクションを繰り返していると、コンッ!というバイトの後にラインが走ります!ナイスファイトをいなしネットに収まったのはグッドコンディションの40㎝でした!

170427-10.jpg
170427-11.jpg

そしてリリース後同じスポットに投げるとまたもやコンッ!といいバイト!同サイズの魚を追加することができました!もう少し水深があればよりスライド幅の広いファットイカを使いたいところですが、このような激浅なポイントではスタックしづらくフッキングミスの少ないベビーファットイカの方が好みです。

170427-12.jpg
170427-13.jpg

今回はエリアによって魚の活性が大きく異なっているように感じました。特に今時期は産卵や田んぼの影響でその差が顕著にでるのかもしれませんね。いろいろとエリアを変えることによって簡単に釣れる魚を探し、それでもどうしても食わなければ、パフォーマンスベイトの出番ですね!(笑)

本日 ラージ:45up×1本・40up×2本・40cm以下×5本 total 8本

Tさんの釣果報告を読んで、霞ヶ浦釣れてるじゃん!と思って楽勝ムードで行くときっと痛い目に遭います。先週の週末に行われていたトーナメントにしても、上位陣のウェイトは凄いですがリミットメイクできている人は少ないです。

今は確かにプリスポーニングとアフター(ポスト)スポーニングが混在していると思います。難しい時期ではありますが、自分自身の読みが試されるという意味では面白いとも言えます。本湖と流入河川でも季節の進行度合いは違うでしょう。

クランクベイトでも釣っていますが、使用ルアーがファッツオーというのがいいですね(笑)。なんでもTさん、最近はオールドストームルアーの収集にもハマッてしまったようです。

ちなみにファッツオー、色にもよるみたいですが最近では1万円近いプレミア価格で取引されているものまであるのだとか。昔、まさかファッツオーに希少価値が出るなんて誰も想像しなかったですよねぇ。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(3)  コメント(0) 

ソルト用ワーム 一時モニター募集 [その他]

現在、パフォーマンスベイト(バス用ワーム)の一時モニターを募集しているのですが、ソルト用のワームも併せて募集することとしました。

対象となる製品は
160123-2.jpg
黒鯛大将2.8インチ(対象魚:チヌ限定)
161102-1.jpg
メバピンピン(対象魚:メバル限定)
161102-2.jpg
メバピョンピョン(対象魚:メバル限定)
の3種となります。いずれか1つの製品を使っていただき、釣果報告を提出していただきます。

それぞれ若干名を募集いたします。ルアープレゼント企画ではありませんので任務をきちんと遂行できる方に限らせていただきます。よろしくお願い致します。審査基準が厳しいので採用率は低いですが、我こそは!という方のご応募をお待ちしております。

【応募条件等】
  • メールにて、該当商品での釣果報告を随時入れていただける方。釣果写真必須
  • フィールドの地域は問いません
  • シーズン中、1ヶ月あたりの平均釣行回数をお知らせ下さい。月4回以上を最低条件とします
  • シーズン中、1回の釣行あたりの平均釣果をお知らせ下さい。即戦力を求めていますのでとにかく釣る人を優先します
  • メーカーの正式なモニター・テスターではありません。支給されたルアーを使い切り次第、任務完了となります。プレゼント企画ではありませんので責任を持って任務を遂行できる方に限ります
  • プロ・アマ問わず、他社ルアーメーカーのサポートを受けている方からの応募はご遠慮下さい
  • 報告内容が優秀と判断される方には、追加で商品を提供の上、継続を依頼するケースもあります

  • ご希望の方はメールにて mail.gif までご応募下さい
  • 件名は必ず「モニター応募」として下さい(件名未記入のメールは開封せず削除します)
  • 希望商品を明記ください(例:黒鯛大将2.8インチ)
  • 氏名、連絡先(携帯番号、フリーメールでないメールアドレス)、ホームフィールド、釣行回数、平均釣果、アピールコメントを記載して下さい
  • 採用者の方には追って返信致します。その際に送付先を聞きますので、応募段階で送付先は明記しないで下さい
  • 採用者には対象商品2パックを提供します
  • 色は希望して下さって結構です(2色)。在庫状況により希望に沿えない場合もございます
  • 締め切りは5月7日(日)とさせていただきます
  • 採用者にのみ連絡を致します。あいにく採用されなかった方にはメールの返信はありません。ご了承下さい

また、お店で購入された方からの釣果報告ももちろん大歓迎。こちらも写真を添えて mail.gif までお寄せ下さい。報告内容が優秀と思われる方には逆にこちらから一時モニターをお願いするかもしれません。

やる気のある方からのご応募お待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。

ks-vspec.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

今年も好調フラグラブin利根川 [水郷BASS.com]

本日も水郷BASS.comフォトトーナメントへのエントリーを紹介します(本ページはまだ更新していません、すみません)。

4月24日にアキラさんが利根川でキャッチしたバスです。サイズは23cmと24cmとのこと。ヒットルアーはアキラさんの得意ルアー、フラグラブ

今年初釣行&初バスです。

170425-1.jpg
170425-2.jpg
170425-3.jpg

水位がやや低かったこともあってか、岸際には反応ありませんでした。消波ブロック帯の真ん中〜沖寄りをテキサスで撃っていたらバイトがありました。今年もまたフラグラブに頼ることになりそうです(笑)

170425-4.jpg
170425-5.jpg
170425-6.jpg

この日の2匹目はボイル撃ちでした。1センチだけサイズアップでした。グッドサイズは何処へ…(笑)

自分も土曜日に利根川に行ったばかりなので、自分なりに把握していた利根川の状況とアキラさんの報告内容を照らし合わせることが出来、興味深かったです。自分はシャローの消波ブロックはほとんど攻めなかったです。魚の気配をほとんど感じなかったからです。ですが、アキラさんは比較的浅い消波ブロックも攻めているようです。ちゃんと攻めれば釣れるんだなぁ!しかもバスがボイルしていたってマジですか?!

そしてルアーに関しては、信じる者は救われる?ゲーリーのフラグラブ。状況によるルアーの使い分けというのは勿論重要なことなのですけど、絶対的な自信ルアーで貫いた方が結果が出るという事は少なくないです。自信に勝るものなし、といったところでしょうか。

ks-bandocraw.jpg
nice!(3)  コメント(0) 

テナガホッグでテトラ撃ち [水郷BASS.com]

ここにきて水郷界隈での釣果が一気に上がってきたようです。水郷BASS.comフォトトーナメントへのエントリーも複数寄せられてきています。

本日紹介するのは4月22日に北利根川でTSOさんが釣った30cm。ヒットルアーはテナガホッグ。テトラ撃ちでの釣果とのことです。

テトラ撃ちでの1本です。
今日は19連勤中の13日目。幸い午後からの仕事なので、3時起床で4時半潮来市内某河川の現場着。準備をしているとすでに複数のアングラーが水際に。出遅れています。間をあけて釣り開始。9時自宅着という時間縛りがあるので、下手に移動できません。ここで釣りきるしかない状況。しかし、次から次へと後続のアングラーが入ってきて、終いには私の進行方向前方数メートルへポイントイン。近い。あまりに近いです。後ろからも別のアングラーがやってきて後方竿2~3本分しかありません。笑っちゃいますね。

170424-1.jpg

釣果はやむなく移動した先でのヘビダン。ファーストポイントではネコリグで3バイトほど得ていましたが、抜き上げ寸前のバラシ、フッキング直後のバラシ、バイト有るものせられず。と、自分のリズムが合っていません。残り時間を得意な釣りでリズムを重視したのがプラスに働きました。小さいですが、「釣った」という一本です。おかげで連勤中ですがリフレッシュ完了。次回サイズアップ投稿に向け準備したいと思います。

19連勤というのはなかなかハードですね(汗)。自分だったら早起きして釣りに行くだけの元気はないかも。

土曜日の1級ポイント、さすがに早朝からプレッシャーは高そうですね。先行者が多いようであれば、後続の人は一旦別のポイントに回って欲しいかな。自分も岸釣りの時は同じような思いをすることが多いので。まぁ、もう少しすれば釣れる場所も一気に拡大しますから多少は分散する・・・といいのですが。

ちなみにTSOさん、テナガホッグは密集したテトラの中も釣りやすいと感じているのだそうです。開発者の自分に言わせると、まさにその通りです。テナガホッグはあえて触角がカーリーテールではありません。理由は複数ありますが、カバーへの絡みを抑えてスルッと入りやすいことも狙いの一つです。テトラというよりはマット系の水生植物を意識しました。

自分などは、先行者に撃たれた後の消波ブロック撃ちなどではあえてテナガホッグやイカの逆刺しノーシンカーを落とし込むこともあります。テキサスリグやダウンショットでは着水点の真下しか攻められませんが、ノーシンカーのスライドフォールでは意図しない消波ブロックの隙間などに入り込んでいくので他の人に拾い切れていない魚が獲れることもあります。色々と使えるワームなのであれこれ試してみて欲しいです。

それとTSOさんのお仕事、どうか代休が取れますように(笑)。

gill-spiny2.jpg
nice!(3)  コメント(0) 

4月中旬 黒鯛大将で伊勢湾のチヌ狙い、釣れたのは・・・ [釣果報告]

ベイトフィネスタックルを手に伊勢湾を釣り回っているOさん。黒鯛大将でチヌを狙っているようですがなかなかチヌは釣れないようです。チヌ、居れば釣れるというものでもないようですね。東京湾にだってチヌは居ますけど、ワームで狙って釣るという話は聞きません。おそらくOさんの行くポイントも、チヌは居るのでしょうけどワームでは釣れないポイントなんじゃないのかな・・・確証はないですがそんな気がします。

でもさすがはOさん。なかなか凄い獲物を釣り上げたようです。

今回は黒鯛狙いで伊勢湾にエントリーして参りました。

ポツポツと情報は入るものの、自分はなかなか釣果を出せないでいますが。。。

ベイトフィネスタックルにジグヘッド、黒鯛大将をセットし、実績のあるポイントにエントリー致しました。

ボトムをズル引きしながら、時折ステイ。。。

そして、ピックアップ寸前でアタリが出ました。

恐らく黒鯛では無いであろうと思いながらも期待しますが。。。

170423-1.jpg
170423-2.jpg

上がってきたのは31.5㎝のベッコウゾイ(タケノコメバル)でした。

黒鯛大将をボトムでズルズル引いた時の、根魚との相性が良すぎます(笑)。

次回も黒鯛狙いで黒鯛大将を使用してみたいと思います!

尺超えのベッコウゾイ!!これはめちゃくちゃ羨ましい。これをベイトフィネスタックルで釣るのはかなりスリリングな展開だったでしょうね。

ヒットルアーは黒鯛大将のオレンジ。ちなみにこの色、黒鯛大将で一番人気のカラーでもあります。

gill-bf.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

4/22 今日の利根川 [釣行記]

今日は愛艇にて出撃。霞ヶ浦水系はトーナメントとバッティングしていたので利根川に出ました。

170422-1.jpg

結果は3バイト2フィッシュと撃沈。

朝のうちは水門操作により流れが強く発生しました。霞ヶ浦水系は流れが生じると条件が悪化しますが利根川の場合はそうでもありません。むしろ流れがプラスに作用することもあります。ただ、急激に水位が低下していくためシャローの魚が動いてしまうのと、フリーフォールで誘う釣りは難易度が高くなります(真下に落とせない)。

朝のうちは水中堤防の先端付近をトレースしたスピナーベイトに追尾有り。が、キャットフィッシュでした。釣れなくて良かった、スピナーベイトにヒットするとワイヤーを捻じ曲げられて壊されてしまうのです。

170422-2.jpg

水温が16~17度台だったので一応シャローのアシもチェック。雰囲気は悪くないですがもう少しかな。

170422-3.jpg

何だかんだで安定しているのは消波ブロック。今日などは顕著でしたが利根川の場合、岸際の水が澄んでいて、流れの当たる部分が濁っていることがあります。どちらに重点を置いて攻めるかによってワームのカラーチョイスが変わります。今日のヒットルアーはテナガホッグの358(ダークパンプキン/パープル&エメラルドフレーク)とAR-Wピンテール3.25インチのウォーターメロン/グリパンブルーでした。

今日はいつもより早上がりして、V6マリンの故・奥村社長の遺影に手を合わせてきました。なおV6マリンさんにボートを駐艇している人は気になっていると思いますが、会社名は変わるものの今後も事業を継続されるそうで、安心していて大丈夫のようです。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(3)  コメント(0) 

PRADCO 2018カタログ [その他]

ヒロ内藤さんからPRADCOの2018年カタログが出来上がったと連絡がありました。

170420-1.jpg

上の画像はWEBカタログにリンクを貼ってありますので是非ご覧下さい。なお、昨年よりPRADCOのカタログはWEBカタログのみになっています。

まずは気になる新製品を2点紹介します。

1つはボーマーの「ジョインテッドウェイクミノー」。捻りのないストレートなネーミング(笑)

170420-2.jpg

その名の通り、ジョイントボディーのウェイクアクションミノー。最近はあまりウェイキングも聞かなくなりましたが、ボーマーの旧タイプのボーン素材ロングA(15A)がイイという話、ありましたね。そのボーマーからウェイキング専用ミノーが発売になったというわけです。

ちなみにウェイキングというと、ヒロ内藤さんがジョインテッドレッドフィンにウェイトチューンを施して使っていたのを御存知の人も多い事でしょう。内藤さん曰くこのジョインテッドウェイキングミノー、チューンを施したジョインテッドレッドフィン以上に良いらしいです。特にいじる必要もなく完成度の高いウェイキングが出来るとなればこれはなかなか良さそうです。

が、今のところは1サイズのみ。13cm強、20.6g、フックサイズは#2です。個人的にはこの下のサイズが欲しいところ。

そしてもう1つはブーヤの「プランク」。なんとポッパーにリップが付いた?!これは斬新かも。

170420-5.jpg

自分が愛用しているポッパーで、スミスのチャグポップがあります。動かして、出ない。それでは回収~という時にほんのりとウォッブルアクションを起こす。この時に追尾していたバスが慌てて喰ってくることがあるのです。チャグポップの場合はカップ形状が独特なのでこの動きが出ていました。

プランクの場合はリップを付けてあるので、ポッピング要素で寄せて、クランクモードに移行してヒットさせるという2段階操作をより意図的に演出できます。見方によってはイロモノ系に見えるかもしれませんがこれは釣れると思います。ちなみにウェイトは7.75g。これが売れたら是非3/8ozクラスも作って欲しいな。

そして実は今回、新製品ばかりではなくて復活したルアーが3種ほどあるのです。

1つはボーマーのファットA。

170420-3.jpg
170420-4.jpg

どうしてこれを廃盤にするのか理解に苦しみましたがようやくここにきて復活。なんとなくB06Fの目付きが変わったような気もしますが・・・気のせいか?幾つか所有しているファットA、ロストさせるのが恐ろしく実戦から遠ざけていましたが、これでまたファットAが使えます。

そしてコットンコーデルのクレージーシャッド。

170420-6.jpg

これも自分が中学生くらいの頃から存在を知っていたルアー。もちろん幾つか所有もしていたはずですが、いつの間にか手元には残っていませんでした。誰かにあげてしまったかな。で、特に気にも留めていなかったのですが、廃盤になってしまったため慌てて探して大阪のかのうさんでゲット。復活するのだったら、別に慌てて探さなくても良かったかな?

でも今回の復活、新色も加えられているのですがブルーギルカラーとかブルーバックヘリングなんて何だか今までのクレージーシャッドの雰囲気とはガラリと違う印象です。学生の頃は大人しかった女の子に数年ぶりに再会したら、メイクも服装もド派手になっていてビックリ!なんて、そんな感じ・・・かな?でも、新しい印象のクレージーシャッドも是非投げてみたいところです。

そしてスミスウィックのラトリンログARA1200も復刻!要は2本フック、ショートボディーのフローティングラトリンログ。

170420-7.jpg

これ、廃盤になった際に買い足しておこうと思ってあちこち探したのですがとうとう見付けられずじまいでした。巷でラトリンログというとARB1200かASDRB1200を使っている人が多いと思いますが、こじんまりとしたフィールドで釣るならARA1200の方がサイズ的に合っているというケースも多いと思います。

復活してくれてホッとしました。でもラトリンログ、置いてくれているお店が少ないんですよねぇ。

以上、オジサン的には新製品以上に、既に実績のあるルアーが復活してくれたのが嬉しいというお話でした。

ks-bf34.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

4/22,23はルアーフェスタin仙台2017へ! [イベント]

今週末は毎年恒例となったルアーフェスタin仙台が開催となります。その名の通りルアーオンリーのイベントではありますが、今や東北一の規模を誇るフィッシングショーと言っていいのではないでしょうか。

160425-1.jpg
160425-2.jpg
160425-3.jpg
160425-4.jpg
(昨年のスミスブース)

スミスブースは各ジャンルの新製品を展示予定ですが、スペースの都合上どうしても展示品が限られますので全てのアイテムは展示出来ないというのが実情です。悪しからず御了承下さい。

そして、ルアーフェスタスミスブース名物?の衣料品アウトレットは今回も実施予定。アウトドア衣料のデッドストックをドーンと大放出。かなりのお値打ち価格で放出しますので、是非チェックをお願いします。

釣具関係のアウトレット販売としては、B級品のラバーネットを用意しています。いずれも使用には差し支えないものを格安で放出します。数に限りがございますので品切れの際はご容赦下さい。

ちなみに自分はイベント関係の担当を外れたこともあって今回のルアーフェスタin仙台は不参加です。東北地区担当の営業員N氏と、私の後任で広報責任者となったF氏の2名が対応してくれるはずです。

お近くの方は是非。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(2)  コメント(0)