So-net無料ブログ作成

3月初旬 根魚大将で狙う若狭湾のライトロックフィッシュゲーム [釣果報告]

ライトロックフィッシュゲームのエキスパートでありユーチューバーでもあるMさんから根魚大将での若狭湾のカサゴの釣果報告が届きました。

今回も動画有りです!

この時期の日本海側は北寄りの風が強く吹きます。その結果、漁港内に浮きゴミが多く溜まってしまうようです。バスアングラーだったら浮きゴミ攻略はお手の物だと思いますが、今回はMさんがあえてガード付マスバリを使ったダウンショットリグで攻略しています。Mさんは常に新しいことにチャレンジするタイプのアングラーですね。

この度は3月初旬:福井県・若狭湾でのライトロックフィッシュゲームに行ってきました。

今回のポイントは比較的カサゴが釣りやすい漁港なのですが北西の風が吹くと、すぐに浮遊物がわんさか溜まってしまう場所です。

海藻もビッシリ生えている場所がほとんどなので、普通にジグヘッドをキャストするとあっという間に引っかかってしまいます。

その反面、多くの釣り人が敬遠しがちな竿抜けポイントであることも事実。上手く攻めることで、ウブなカサゴと出会える確率もアップするわけです。

そこで、今回はダウンショットリグに信頼と実績の根魚大将2.8インチをセットし、寒さでショートバイトが多くてもキチンとフッキングするようにウィードガードのあるワッキーリグ用のフックを使用してみることにしました。

今回は根魚大将のレポートとともに、「ワッキーリグ用のウィードガード付フック」をあえて使ってみた使用感もお仕えできればと思います。

カサゴはクローワームのお尻を目がけてバイトしてくるので、根魚大将のお尻の部分にチョン掛けします。

これでショートバイトが多くても、フッキング率がアップし、さらに根がかりも防げるのでは?という狙いです。

現地に着き、数等キャストすると、何やらヒット。

170315-1.jpg

小さいなー、と思いながらも釣り上げると、なんとメバルでした。

一般的にクローワームにメバルがバイトしてきても、オフセットフックを使用していると、なかなかフッキングしないのですが、アッサリ釣れたところを見るとやはりフッキング率はかなり高いのではないかと感じました。

そしてその後、思ったよりもカサゴの活性が高いと判断して、アクションを比較的、大きく動かすことにしました。

2回~3回ほどシャクってテンションをかけた状態でフォール。を繰り返します。

根魚大将はフォール中も髭の部分やハサミがユラユラと誘いをかけてくれるので大雑把なアクションをしても、しっかりとカサゴを誘ってくれるのがありがたいです。

そして「ガツン」と明確なアタリ。カサゴはこの明確なアタリが快感なんです!

170315-2.jpg
170315-3.jpg
170315-4.jpg
170315-5.jpg
170315-6.jpg

フッキングもばっちり決まって海藻と浮遊物溢れる中から次々カサゴを引っこ抜いていきます!

楽しく、そして優越感に浸れる瞬間です。(笑)

というわけで、ワッキーリグ用のウィードガード付フックは
【フッキングの良さと根がかり回避力の両方を兼ね備えた存在で、ロックフィッシュに使うのはアリだ。】
と感じました。

しかし、欠点も判明しました。それは
【ウィードガードが柔らかすぎて、すぐに変形し、フックから外れてしまい、ウィードガードとしての効果がなくなってしまう】
というものです。

ちょっとしたウィード対策としてなら完璧なのでしょうが、今回のように浮遊物で海面が埋め尽くされているような状況では、強度不足だったのかと思います。

素直に通常のオフセットフックを使っていればよかったのかもしれませんが、状況次第では「ワッキーリグ用のウィードガード付フック」は重宝する。

という結論になりました。

それにしても、この度も根魚大将のおかげで楽しい釣りができました。
ありがとうございます!

【当日の模様はこちら】


冒頭でいきなりメバル!根魚大将でです。マスバリだからこそ掛かった魚なのでしょうけど、もしかしたら掛からないだけで、実は結構ホッグ系にもバイトしているんですかねぇ。

ロックフィッシュの釣りではオフセットフックがスタンダードです。今のところは。でも、漁港でカサゴやムラソイ、タケノコメバルといった小型の根魚を狙うのであればガード付マスバリも大いにアリだと思います。フッキング率であればオフセットフックを上回るでしょう。今回Mさんが使っていたフックはちょっと繊細なものなので、がまかつ318やデコイのショットガードなどを使うとまた印象が変わるかもしれませんね。

リグに関してもテキサスリグ一辺倒ではなく、ダウンショット、リーダーレスダウンショット、ジグヘッドリグを筆頭に、色々使い分けてみるとより釣果が伸びそうな気もします。ライトロックフィッシュゲーム、奥が深い釣りです。

gill-spiny2.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー