So-net無料ブログ作成
検索選択

隅田川のシーバス釣りが禁止に?! [物申す!]

綺麗なルアー、可愛いルアー、所有欲を満たすルアー、思い入れのあるルアー。釣り人にとってルアーは宝物です。でも忘れてはいけない、ルアーは凶器でもある。

だからこそ昔から、キャスティングを行う際は後方に人がいないかをちゃんと確認してから、と言われているのです。

何せ、ルアーには幾つものハリが付いている、それも一度刺さったら抜けないカエシ付のハリがです。釣り人の中にはうっかり自身に、下手をすると同行者にハリを刺してしまって大変なことになったという人も居ることと思います。

それでも、釣り人の間であればまだマシなのかもしれない。そもそも釣り針の危険性を承知の上で釣りをしているはずですから。

でも、釣りとは全然関係のない一般の人に危険な思いをさせるのはまずい。道を歩いていたらいきなり凶器が飛んでくるなんて、さすがに今の世の中で許される事ではありません。

昨年の秋、都政に対して都民の方から「隅田川でのルアー釣りを禁止にして欲しい」と要望が挙げられた。この要望を挙げた人自身も、過去に橋の上を歩いていて何度か危険な目に遭ったことがあるのだそう。

この要望を受け、東京都建設局第五建設局では隅田川の水神大橋周辺での投げ釣りを禁止としたのです。

そして今月に入り、東京都建設局第六建設局での管轄区域となる隅田川流域の各所においても、投げ釣りを禁止とする看板が各所に設置されました。こちらは水神大橋の看板とは異なりテラスを歩行する方に対しての危険性を指摘しているため、その看板が橋周辺のみならず第六建設局管轄下のテラス全体を指していると解釈するのが妥当かもしれません。

水神大橋の事例が引き金となり、他の箇所も連鎖的に投げ釣り禁止となったと言えるでしょう。

100829-1.jpg

自分も一時期、隅田川でシーバス釣りをしていました(多くの人が釣りをされている場所より、かなり上流ですが)。ジョギングや散歩される方が後方を通過する際にはもちろんロッドを振りかぶるような真似はしませんでしたし、ルアーを橋の上に投げてしまうようなことももちろんない。ただ、散歩中やジョギング中の人が不意に近付いてくることもありました。「釣れますか?」という具合にです。だからなおさら、周りに注意していないといけない場所でもありました。

隅田川は全国的に見ても非常に珍しい場所だと思います。歩行者が行き交うテラスに釣り人もいた。この光景は、隅田川と都内の運河くらいのものじゃないかと思います。他の地域には思い当たるケースがありません。

隅田川では昔からそれが当たり前の光景だったので、釣り人側の認識も少し薄れがちだったかもしれない。しかしながら、一般の人が「怖い」「危ない」と感じることがあれば、結果はこうなる。

人が大勢押しかけてゴミ問題や駐車問題が発生したわけではない。何か悪質なマナー違反があったわけでもない。意図的でない釣り人のミスキャストが危険を生んだ。

マナー問題とは少し違う気がするので難しいところですが、自分のスキルも含めた上で、人を危険に晒さない事は最優先で考えて欲しいです。

gill-bf.jpg
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー