So-net無料ブログ作成

3/5 東京湾メバカサ便 [釣行記]

おいコラ!人の釣果報告にばかり頼っていないでちゃんと自分でも根魚大将メバピンピンで魚を釣ってこいや!!という天の声が聞こえた気がしたので、アイランドクルーズの須江キャプテンに助けを求めて行ってきました。

昨夜も波風は弱くライトゲーム日和。というか、そういう日にしか自分が乗船しないだけ。

この日の乗船者は自分も含めて計4名。タックルを見ると皆さんカサゴ用のワームもセットされていて一安心。中にはメバルしかやらないつもりでいる人もいらっしゃるので、そうなるとあまりカサゴ狙いを強く希望するのも気が引けてしまうんです。ちなみに自分はメバルよりもカサゴを釣りたい少数派の人です。

ただ最近、カサゴはやや低調とのこと。でも今日の乗船者の人達は1名(自分)を除いて皆釣りウマっぽいし、大丈夫でしょう!!

18:30出港の4時間便です。終盤にかけてが潮止まりに近いのでカサゴは最後に狙うとの事。メバルと違ってカサゴは潮止まり前後でも充分釣りになります。それまではメバル狙い。

170306-1.jpg
170306-3.jpg
170306-4.jpg
170306-7.jpg

この日、サイズは小さいながらもメバルはかなり好調。レンジがやや下の方かな?という気がしたので自分はちょっと重目のジグヘッド(ジグヘッドタケちゃん1.8g)にメバピンピンを組みましたが、この日の状況にはこのウェイトが丁度良かったと思いました。結構沈めてから引いて出るようなバイトもそれなりにあったからです。

170306-2.jpg

メバピンピンでカサゴも釣れました。カサゴが釣れるくらいワームを沈めていたということです。

また、ボートで流す釣りで、しかも片舷に何人かが並んで投げる状況です。軽いジグヘッドでフワフワ誘うような釣りはペース的に合わない。岸釣りでは0.5~1.2g程度のジグヘッドを多用する人が多いと思いますが、ボートメバル乗合船の場合は2g前後のジグヘッドもあるといいはずです。

この日、自分はメバル用のタックルセレクトをミスりました。この釣り、20cmを超えるような、時には尺近いメバルもヒットします。そうなるともちろんボートに備え付けのランディングネットで掬うわけですが、20cm台半ばくらいまでのサイズならなるべく躊躇せず抜いてしまいたい。そう思って、繊細なメバルロッドではなくあえてソリッドティップのバスロッドを持ってきたのですが、これがバイトを弾きまくりでした。やはり専用品が一番だなぁと痛感しました。

終盤、潮止まりも近くなってきたということで待ってましたのカサゴ狙い。消波ブロック撃ちです。ん?いつもなら3投に1回は当たる印象ですが、確かにちょっとアタリが遠いかな?

170306-5.jpg

とはいえそんなにシビアな釣りではないので根魚大将のジグヘッドリグでポツポツと釣っていきました。この日のヒットカラーはナチュラルグロー、グローピンク。何故かオレンジにはノーバイトでした。

170306-6.jpg

ジグヘッドリグ以外にはリーダーレスダウンショットも使いました。消波ブロックの穴に撃ち込んだら一撃ヒット!そこから一気に引きずり出すのもスリル満点。グローピンクの根魚大将をバックリ喰っていました。やっぱりカサゴ釣り、楽しい!!

ボートでのカサゴ釣り、自分は当初ベイトフィネスタックルにテキサスリグで釣っていました。多分それがこの釣りの王道です。でも自分は今回、硬目のスピニングタックルに変えました。乗合なので、自分が投げやすい場所で釣りができるとは限りません。船中のどの位置からでも小さなモーションで投げられるスピニングの方がいいと自分は思いました。チャーターボートで投げやすい釣り座が確保されているのなら、ベイトタックルの方がベターだとは思いますけど。

それと、今回はテキサスリグも止めてジグヘッドリグとリーダーレスダウンショットをメインにしました。一番の理由は、リグを作り直す際の手間。ボート釣りで魚が釣れている時というのはバタバタと釣れている時が多い。チャンスは短いです。その最中にラインブレイクでもしてリグを作り直すとなると時間が勿体無い。ジグヘッドリグなら、あらかじめワームも刺しておけばアッという間にリグが出来る。リーダーレスダウンショットも同じ理由。

テキサスリグでもそんなに手間は掛からない、という人もいるでしょう。自分もバス釣りではそんなことは絶対に思いません。でも夜の釣りだと結構手間取る。老眼だと特に(涙)。

デメリットももちろんありますが、乗合船のいいところは皆で和気藹々と楽しめることでしょうか。この日も船首のいい場所は、皆で譲り合って交代しながらの釣り。船首で1尾釣ったら、後ろに下がって他の人に前へどうぞと声を掛ける。アイランドクルーズのお客さんは皆さんそれを普通にやれる。これって、なかなか凄い事だと思います。だって岸釣りだと我先にいい場所に入ってそこを陣取って、となりがちですよね。場所取りがエスカレートしてトラブルになることもあるし、嫌な思いをすることもあります。

絶対的とは言いませんが、ボートで釣りをされる人は皆さん心に余裕がある人が多い気がします。釣果のみならず、周囲の気遣いなどに嬉しくなったりもする。昨夜もホッコリ気分で釣りを楽しめました。同船者の皆さんありがとうございました。

gill-bf.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー