So-net無料ブログ作成

2/1 根魚大将で狙う東京湾のカサゴ釣り [釣果報告]

相変わらず根魚大将で狙う東京湾のカサゴが絶好調!今回もアイランドクルーズの須江キャプテンから釣果報告を頂きました。

昨晩がメバカサチャーターだったので後ろからやらせて頂いたのですが、結果としては全部3投以内には間違いなく釣れてました。シーズン真っ只中という事もあると思うのですがやはり根魚大将強いな。というのが正直な印象です。

170205-1.jpg
170205-2.jpg
170205-3.jpg
170205-4.jpg

で、一つ気付いた事があります。今回は入手した4色(ナチュラルグロー、レッド・レッドフレーク、オレンジ・ゴールドフレーク、グリパン・オレンジ)でひとまず釣ろうと思って投げていたのですが、先にも申した通りあっという間に4色全てで釣れました。ただ、一つだけ全然釣れない色がありました。自分で持っていたピンクグローです。

やはり、色の効果ってあるのかなーと思っていたのですがどうやら色ではなさそうです。では何が釣れない原因かというと、恐らくですが匂い・味です。僕の使っていたピンクグローは前回使った使い古しを投げていたのですが、それだけ全く当たらないのです。で、新しいピンクグローを出したらすぐ釣れました。

あまり、フォーミュラー系はバス釣り時代から信じていなかったのですが、間違いなく効果があるんだど痛感した昨晩でした。たまたまかもしれませんが笑

カサゴ釣りは夜間のゲームなのでどうしてもグロー系やアピールカラー(オレンジ)に頼ってしまうケースが多いのですが、レッド/レッドフレークでも釣れていますね。状況によりカラーの選り好みはあると自分は感じていますが、カサゴの魚影が濃いスポットで釣りをしていますので何でも釣れちゃう?!のかもしれません。何せ、投げて沈めりゃ釣れちゃう状態ですからねアイランドクルーズさんのカサゴ狙いは。さすが、イイ場所知ってます。

ワームのフォーミュラ効果に関しては魚種によっても違うように思いますが、バスや根魚系では確実にあると思います。

今回須江キャプテンが指摘しているように、使い古し(=フォーミュラが抜けている)よりも新鮮な(!)ワームの方が釣れる。根魚大将もそうですが、昔にスミスで販売していたスーパーベイト社のワームなどで何度も同じ経験をしています。なのでもし使い古しのワームを使用する場合はフォーミュラを塗布するだとか、使用前にフォーミュラに漬けておくことも効果があります。

自分は試していませんが、ワームの本体にカッターナイフで切り込みを入れるという方法もあるそうです。切り込みを入れることで本体内のフォーミュラ成分を外に出すという意味合いですね。

東京湾のカサゴ釣りはとにかくバイトが多い。だからこそわかることもあります。何を投げても釣れちゃうような状況下で、使い古しのワームを使った途端にバイトが途絶える、ましてや周囲では相変わらずバイトが出続けていたとしたら、その原因はほぼ特定できますよね。よく釣れる釣りだからこそ、色々と試せることもあるのです。

gill-bf.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー