So-net無料ブログ作成

カーディナルの終焉・・・じゃなかった [リール]

アブガルシアのUSAサイト上からスピニングリールのエントリーモデルであるカーディナルシリーズ(STX、SX、S)が消え、その代わりにマックスシリーズ(プロマックス、シルバーマックス、ブラックマックス)が新製品としてラインナップされました。

170113-1.jpg

価格帯やスペック的に見て、マックスシリーズは明らかにカーディナルシリーズの後継でした。ということはつまり、ここでカーディナルの名が途絶えるものと思いました。

が、日本では新たなスピニングリールのエントリークラスとしてカーディナルⅡシリーズが発売になるようです。

170201-1.jpg

写真で見比べてみると、色やスプールのブランキング穴の違いこそありますけど、マックスシリーズがベースとなっていることに間違いなさそうです。ボディー、ローター、ハンドル、ドラグノブといったパーツ形状が同じ。

ということで、日本ではカーディナルの名はエントリークラスのスピニングリールとして今後も継承されていくようです。

先代のカーディナルSTXを店頭で見掛けた時にも思ったのですが、何だか「高そう」に見える(笑)。アブのリールに詳しくない人に見せたら、ハイエンドのレボシリーズと見分けが付かないんじゃないかと思うほど。まぁ、日本メーカーのエントリークラスのスピニングリールも似たようなものですけどね。パッと見では高いモデルと安いモデルの区別がつきにくい。

格好良くて手頃な価格のリール、イイじゃないですか。昔のエントリークラスは見た目も相応に安っぽかったものですが今のエントリークラスのリールは本当に格好いい。

ただ、ビギナークラスが手にすることが多いであろうエントリークラスのリール、軽さやドラグ性能や巻き心地が高級機よりも劣るというのは仕方がない。でもライントラブルが出やすいリールはビギナーには勧められない。アブの従来モデルのエントリークラスはその点が日本メーカー製に及ばなかった。

アブもレボLT以降はラインローラーの形状が変わりだいぶ改善されたと聞きます。エントリークラスのカーディナルⅡシリーズ、現物はまだ見たことがありませんが、ライントラブルの出にくいリールになっていればいいなぁと思います。

このクラスのリールは普段ハイエンド機を使っている人にしてみればとてもメインで使う気にはなれないと思います。でも、予備として所持しておくのはアリかと思います。だってメインのリールを修理に出したら、しばらく戻って来ないじゃないですか。その間の繋ぎとしては有用かと思います。人に貸す際にも、気兼ねなく使ってもらえますし。

ハイエンド機を複数台買い揃えられるお金持ちはそうして下さい。それが一番いいです。でも自分にはそれは無理なので、メイン機以外にエントリークラスのリールも数台所有しています。案外出番は多くて重宝しています。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー