So-net無料ブログ作成

夜な夜なジグ作り [その他]

これまで自分が愛用してきたラバージグ。ストライクキングのブーツレガージグに始まり、色々と使ってきました。ジグの流行に関してもフットボールジグ、スモールファインラバージグの台頭などがあったりして、その都度色々なものを買っては試してきた。

でも、なかなか自分の理想とするものがない。これについては製品の完成度というよりは自分の好みに合うかどうかという意味合いにおいてです。そして自分の気に入ったものが見付かったとしても、それが市場に安定供給されていないということも多かった。

そんなこともあって、結局最後はジグを自作することになった。とは言ってもジグヘッド自体は市販のもの。それに塗装を施してラバーを巻く。当時はジグを巻く人は多く、ジグヘッドやラバーは猛烈に売れていたはずです。

ジグを自作することのメリット。まず第一には自分の好みに仕上げられる。スカートさえ揃えてまとめて作っておけば入手不能にはならない。そして何より、安く仕上げられる。例えばフットボールラバージグにしても、市販のものを買えば¥500はするでしょう。これが自作であれば1個あたり¥200もしない。まぁ、自分の手間をどう捉えるかにもよりますが。

最近はめっきりジグの自作からも離れていたのですが、パワーフィネス用のスモラバが必要になってしまったのでまた作るようになった。市販品のジグもあれこれ試したのですが、自分に合うものが見付かりませんでした。ヘッド形状が引っ掛かりやすい、ラバーの量が多過ぎる、ラバーが太い、ラバーのカッティングが気に入らない、フックが太過ぎる、等々(職業柄、拘り過ぎなのかもしれません)。

そして市販品はやっぱり高い。自分自身もメーカー側の人間なので原材料費や工賃などを試算すれば妥当な額であることはわかりつつも、貧乏な自分としては安く上げたい。

でも困ったことが起きた。使っていたジグヘッドが廃盤になっているようでどこに行っても売ってない。他には使えそうなジグヘッドがないんですよね。ちなみにがまかつさんのアーキー26(2.6g、3.5g)、コブラ27(3.5.g)という製品です(これとて100%満足しているわけではないのですが、かといってこれよりいいと思えるものもありません)。

180314-2.jpg

ネットで検索したところ、とても実店舗には行けそうもない遠方のショップに在庫を発見。これを買い逃したらまた探すのに苦労をするだろうということで通販でジグヘッドの爆買い決行。ジグヘッドだけで¥10,000以上買い込む人はそうそういないに違いない(笑)。

180314-1.jpg

これでしばらくは大丈夫だ!ニンマリしながら夜な夜なラバージグを作っています。

でも最近はジグを自作する人が減ったように思います。完成品を買ってもらった方が単価が高いので釣り業界的には望ましい事であるのには違いないのですが、あれこれ工夫をしながら自分好みのジグを作り上げていくというのも面白いんだけどなぁ。

gill-bf.jpg
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 2

出張中の元埼玉民

スミスのハニーホールはカバージグとしてほぼ文句なしの
優秀なジグでしたね。
大好きでした。
by 出張中の元埼玉民 (2018-03-15 16:32) 

IKE-P

ハニーホール自分も大好きでした。今でも幾つかはボックスに入れてあります。
by IKE-P (2018-03-15 23:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。