So-net無料ブログ作成

東京湾メバカサ2018シーズンイン [釣果報告]

今年も東京湾のボートで狙うメバカサ(メバルカサゴ)便が始まりました。アイランドクルーズデカメバルトーナメントの上位ランカーS野さんが早速乗船したとの事で、その釣果報告を送っていただきました。

新年 初釣りとして1月上旬にメバル・カサゴのボートゲームに行ってきました。

メバル・カサゴともに絶好調とは言い難いちょっと渋めの状況でしたが、メバピンピン、メバピョンピョン、根魚大将を使って釣果を得ることができました。

今回はメバルとカサゴの両方を狙えるポイントで釣りをしました。

180108-1.jpg
180108-2.jpg

メバルのタナは底付近でしたので、メバピンピンやメバピョンピョンのジグヘッドリグ(ヘッドウエイト2g)を使いテンションフォールで攻めました。ピンピンとピョンピョンの使い方は同じでフォールかただ巻きです。

180108-3.jpg

同じポイントで仕掛けをボトムまでフォールさせるとカサゴがヒットする状況でした。

180108-4.jpg

渋い状況でしたが一口サイズのこれらワームが活躍しました。

一方、シンカーウエイト7〜10gのリーダーレスダウンショットリグやテキサスリグを使って底を重点的に狙うとカサゴだけを手返し良く狙うことができました。
ワームは根魚大将2.8inです。

いずれのワームもばっくり喰われて口の中にフッキングすることがあるため、リリース前提の釣りではバーブレスフックが必須です(そもそもボートのルールとしてバーブレス必須ですが)。

メバカサのシーズンは始まったばかりです。今シーズンもどんどん釣行を重ねて尺超えのメバカサを狙っていこうと思います。

メチャメチャ楽しいんですよボートで狙うカサゴ釣り。テキサスリグを消波ブロックに目掛けてピッチングで攻めていくとか、まんまバス釣りスタイルなのです。でもバス釣りとの大きな違いはバイト数です。かなり頻繁にアタリがありますから。魚のサイズゆえかスッポ抜けも多いですけど、とにかく熱くなれる釣りです。

メバルの場合は岸釣りよりも重いジグヘッドを用意することをお勧めします。数名が並んで釣りをしますし、ボートも常に動いでいるので手返しを考えると1.5~1.8gくらい、タナが深い時もあるので2g台のジグヘッドもあると重宝します。

こんなことを書いていたら無性に釣りに行きたくなってしまいましたが2週続けて土曜日出勤だし(涙)、その翌週はフィッシングショーなので自分は当面お預けのようです。フィッシングショーが落ち着いたら自分も行ってみようと思います。

gill-spiny2.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。