So-net無料ブログ作成

11/23,24 根魚大将で狙う名古屋港のロックフィッシュ [釣果報告]

発売直後の根魚大将3.4インチで爆釣を経験したOKさん。その後の釣果報告も入ってきました。

相変わらず、海に通っておりますが、今回は根魚大将の2.8inと3.4inを併用して参りました。
特に3.4inは自重を利用した軽量リグが使用出来るので、スタック回避率が高く、重宝致しております。

171129-1.jpg
171129-2.jpg
171129-3.jpg
171129-4.jpg

尚、今回も元気なカサゴとタケノコメバルが釣れましました!
今週も。。。ほどほどに通ってみますよ~(^-^ゞ

相変わらずガッツリ釣っておられます(笑)。これだけ釣れたら寒いとか言ってる場合じゃないですね。

で、根魚大将3.4インチ。これまでの2.8インチだとどうしてもヘビーウェイトシンカーとは組み合わせにくいという実情がありました。これが3.4インチですと、1oz前後のヘビーウェイトシンカーと組んでもシルエット的な違和感はだいぶ軽減されています。特にタングステンシンカーであればシルエットが小さいので尚の事問題はありません。自分も3/4ozとの組み合わせで良い結果を出しています。

でも、OKさんは全く逆の発想。3.4インチならではの自重を活かしてあえて軽量のジグヘッドリグを組んでいます。ベイトフィネスの使い手であるOKさんらしい選択だと思います。2g弱のジグヘッドでも3.4インチと組み合わせれば良く飛ぶとのことです。確かに根魚大将2.8インチで2.2g、3.4インチは4.5gあるのでその差は大きいです。そして軽いジグヘッドリグだとスタック率も低く、重宝しているようです。

根魚大将3.4インチは軽いジグヘッドでも良く動きますので使っていて違和感を感じることもないと思います。このサイズでここまでよく動くホッグ系は他にはあまりないはずです。中層に浮き気味の魚を狙うには軽量ジグヘッド+根魚大将3.4インチ、イイと思います。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。