So-net無料ブログ作成

11/4 今日の水郷 [釣行記]

昨日は北浦で参加人数多目のトーナメント、今日と明日はマリーナのクラシック大会。利根川まで出ればさほどバッティングもないかとは思いつつもまだ増水の影響が残っている感じなので今日は大人しく岸釣りであちこち周ってみました。

が、結果はボウズでした。岸釣りでこんなに苦労するとは思いませんでした。

霞水系でのバスボートの釣りははっきり言って釣れないです。平均レベルのトーナメンターでも0~3尾の間がほとんどだと思います。よっぽど岸釣りの方が釣れます。そして自分は冬の岸釣りが大好きなのですが、真冬に比べれば11月なんてかなり容易な時期に思えます。なので今日は5尾くらいは釣れるだろうと思っていたのが大間違いでした。

朝はシャロークランク各種の投げ比べ。ここ最近入手したものが何種類もあったのでその特徴を把握すべくじっくり投げ較べてみました。朝からそんなことをしていたくらい余裕綽々だったわけです。

ちなみにフィールドの水位はほぼ平水近くにまで落ちていましたが、増水からの減水したてという感じで水は泥濁り、足元もぬかるんでいるような場所が多かったです。

そろそろ釣るかと新利根川でマット撃ち。結構本気で撃ちまくりましたが完全ノーバイト。

濁りが強いから狭い場所に入り込んでいる魚の目の前にワームを落としてリアクションで喰わせないと駄目かもしれないと思い、某所のフィルターユニットの隙間にイモ50を落としていきましたがこれも空振り。

これはいかん、増水の影響がなかったであろう千葉県某所に移動してスパイニーアックスでじっくり攻めるもここでもノーバイト。

それでも焦りはありませんでした。茨城県某川の夕方のフィーディング場でスパイニーアックスをスイミングさせればおそらく釣れるはずだからです。

案の定、16時を過ぎた頃から2連続ヒット。ところが1尾目は身切れ(と思う)、2尾目はランディング直前でポロリ。2連続のミスは痛かったですが間違いなくチャンスタイムです。集中力を上げて次のバイトを待ちましたが、ポツポツ降り出した雨が強烈な降りに変わってきました。今日は晴れ予報だったので雨具を持っていきませんでした。

一旦車に退避し様子を見ました、一度、少しだけ小降りになったタイミングで釣りを再開しましたが10分も経たないうちに再び激しい雨に。今日は雨具も着替えも持っていなかったのでここで強制終了になってしまいました。

岸釣りもしっかり通い込んで本気で取り組まないと結果が出せないですね。11月中はなるべくボートで、12月からは例年通りに岸釣りに精を出すつもりでいます。

171104-1.jpg

久々に行った新利根川での1コマ。堰がミズヒマワリで埋め尽くされていました。またエライ増えたな~。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。