So-net無料ブログ作成

完璧なゴミ拾い [物申す!]

以前にも記したのですが、スミスではゴミ拾いの活動をされている団体には専用のゴミ袋を提供させてもらっています。

170723-1.jpg

カタログで遡ってみると、1991年のカタログからゴミ袋の記載があった。
171026-1.jpg
(写真は1993年のカタログ)

勿論、ゴミ袋の提供は今でも続けています。が、カタログへの掲載は2001年から途絶えてしまっていました。もう16年も経っているわけですから、最近ではスミスがゴミ袋を提供しているという事を知らないという人も多くなってしまいました。

そこで自分はもう1度、スミスからのゴミ袋提供サービスをもっと公にアピールしていき、各地のフィールドにおけるゴミ拾い活動のサポートを促進したいと考え、会社の了承も得ることが出来ました。今後はカタログやWEBなどでアピールしていきたいと考えています。

171026-2.jpg
(BFCさんによる灰塚ダムの清掃活動)

ところで、どうして2001年からは公にアピールすることを止めてしまったのか。当時の状況を知る人から詳細を伺うことが出来ました。

問題は、フィールドで収集したゴミの処理にありました。フィールドで集めたゴミが、あってはならない場所に大量に捨ててあった。そしてゴミ袋にはスミスの社名が印刷されていた。結果、スミスにクレームの連絡が入るようになった。そういうことです。

折角フィールドでゴミ拾いをしたとしても、その処理方法を間違えると、それ自体が不法投棄になるのです。

仲間を集めて釣り場でゴミ拾いをする。皆で頑張って大量のゴミを回収した。さてそのゴミ、どこに捨てます?
  • 帰り道の高速道路のPAにあるゴミ箱に捨てる:不法投棄です。
  • コンビニのゴミ箱に捨てる:不法投棄、営業妨害です。
  • 釣り場付近のゴミ集積場に捨てる:役所の許可がない限り不法投棄です。

町中にあるゴミの集積場に出して良いのは「家庭ごみ」。フィールドで拾い集めたゴミは家庭ごみではないのです。まぁ個人レベルで拾ったゴミであれば、物量的に家庭ごみと一緒に出しても許容範囲かと思いますが、これがある程度まとまった量になってくるとそうはいかない。

では、仲間を集めてゴミ拾いをやろうとしたらどうすればいい?

まずは該当地域の役所に相談しましょう。場合によっては役所が処分してくれるケースがあります(この場合は、置き場を指示されると思います)。
でももしそれがなかった場合はどうするか。その場合はゴミ処理業者にお願いするしかない。

そう、釣り場で拾い集めたゴミの処理にはお金が掛かる。吉田幸二さんが代表を務める水辺基盤協会の53upで参加費用が発生するのはそのため。これは仕方のないことなんです。

釣り場のゴミ拾いをするのは素晴らしいことです。とても意識の高い釣り人だと思う。けれども覚えておいて欲しい。釣り場で集めたゴミの処理も大事なんだという事を。これをおろそかにすると、何と自らが不法投棄をすることになってしまうんです。

問題のないゴミ処理があって、はじめて完璧なゴミ拾いと言えるのです。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。